ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ビジネスマナー研修」最新記事一覧

短く」「分かりやすく」「見やすい」ビジネスメールを書くための17のコツを、サンプルと共に紹介します。

ビジネスマナー研修<メール編:確認>(17):
メール送信、その前に?
エンジニアが日々仕事で活用する電子メール。今回は凡ミスを防ぐための簡単なテクニックを伝授します。(2015/1/15)

ビジネスマナー研修<メール編:返信>(16):
メールの返信に部分引用を用いるのはマナー違反?
メールのやりとりが続いて引用文が長大になったときは「全文引用」と「コ●ー」のハイブリッドでスッキリさせよう。(2015/1/8)

ビジネスマナー研修<メール編:署名(シグネチャー)>(15):
相手によって変えてもよいのは?
相手によって変えてよいのは、「1. 態度」「2. 署名」「3. 性別」さて、どれでしょう?(2014/12/25)

ビジネスマナー研修<メール編:本文>(14):
「取り急ぎ、お礼まで」は失礼か?
「お客さまからお歳暮を戴いた! 早速お礼のメールを送らなくちゃ」というときのメール、末尾に何と書く?(2016/4/11)

ビジネスマナー研修<メール編:本文>(13):
結論と理由は、どちらを先に書けば良いのか?
メールは、結論→理由→詳細の順に書くと良い。ラブレターなら「好きだ(結論)」→「なぜなら(理由)」→「どんなところが(詳細)」?(2014/12/11)

ビジネスマナー研修<メール編:本文>(12):
メールの目的は、最初に書くべきか?
メールの目的は、最初にビシッと書くべきか、最後にガツンと念を押すべきか?(2014/12/4)

ビジネスマナー研修<メール編:本文>(11):
メール冒頭の「お世話になっております」は必要か?
朝のあいさつ「おはようございます」は社会人の基本ですが、メールの場合もあいさつは必須でしょうか?(2014/11/27)

ビジネスマナー研修<メール編:本文 宛名>(10):
「鈴木課長様」「課長 鈴木太郎様」「課長殿」――正しい宛名の書き方は?
「1 鈴木課長様」「2 課長 鈴木太郎様」「3 課長殿」――正しいメールの宛名はどれ?(2014/11/20)

ビジネスマナー研修<メール編:本文の構成>(9):
メール文の正しい「起承転結」とは?
ビジネスメールには、決まった流れがあります。「宛名で始まり署名で終わる」典型的なパターンを覚えておきましょう。(2014/11/13)

ビジネスマナー研修<メール編:送信者名>(8):
ローマ字表記の送信者はスパムっぽい?
メールの送信者名は、ローマ字表記と日本語表記どちらの方が相手に伝わりやすいでしょうか?(2014/11/6)

ビジネスマナー研修<メール編:件名>(7):
同じ相手に違う用件でメールするときの件名の付け方
メールのやりとりを続けているうちに、件名と内容にズレが生じてきました。件名をどのタイミングで変えるべきでしょうか?(2014/10/30)

ビジネスマナー研修<メール編:件名>(6):
Re:はReplyの略ではない――返信メールの件名は変更してもいいのか?
メールの件名に相手の名前が入っていたので、返信時に自分の名前に書き換えた。これ、正解? 不正解?(2014/10/23)

ビジネスマナー研修<メール編:件名>(5):
用件が2つあるときは「など」や「他(ほか)」でまとめない
2つ用件があるのに、タイトルの付け方を間違えたせいで1つ分しか返事がもらえなかった。そんな事態を防ぐためには?(2014/10/16)

ビジネスマナー研修<メール編:件名>(4):
「お願い」だけでは伝わらない
「お願い」とだけ件名に書かれているメールは、スパムなのか仕事の用件なのかが分かりません。後回しにされずに読んでもらうための件名の付け方とは?(2014/10/9)

ビジネスマナー研修<メール編:返信>(3):
メールの返信は何時間以内に送るべき?
ビジネスメールで「既読スルー」は問題外。では添付資料を受け取ったら、何時間以内に返信したらよいのでしょう?(2014/10/2)

ビジネスマナー研修<メール編:本文>(2):
視点は「あなた」で伝えよう
丸い卵も切りようで四角――ビジネスメールのマナーを会得して、仕事をうまく進めましょう。(2014/9/25)

ビジネスマナー研修<メール編:返信>(1):
やりとりは1往復半で終わらせよう
「短く」「分かりやすく」「見やすい」ビジネスメールを書くための17のコツを、サンプルと共に紹介します。(2014/9/18)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。