ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

「Boeing」最新記事一覧

日本勢、ボーイング次世代機「777X」設備投資活発 富士重は100億円新工場
最新鋭の生産設備などを導入し、今年度内に稼働を始める予定。(2016/10/25)

プライムサービス専用航空貨物機「Amazon One」、地元航空ショーでお披露目
Amazon.comが、プライムサービス強化のためにリースした専用航空貨物機(ボーイング767-300)をシアトルの年次航空ショーで初披露した。現在米国で11機が稼働しており、段階的に40機にまで増やす計画だ。(2016/8/8)

パナソニック アビオニクス CSS:
ボーイング新型旅客機「B777X」のキャビンサービスシステムに採用
パナソニック アビオニクスの「キャビンサービスシステム(CSS)」がボーイングの新型旅客機「B777X」型機に採用された。(2016/4/6)

米軍事情報を盗んで中国へ、中国籍の被告が罪認める――米司法省
被告は中国国内の人物と共謀して米Boeingなどのコンピュータに侵入し、重要情報を盗んで米国から中国へ不正に送っていたことを認めたという。(2016/3/25)

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:
ボーイング787の導入で何が変わったのか?
日本から未就航だった都市へ、新規路線の開設ラッシュが続いている。その立役者として活躍するのが、ボーイング787だ。“ドリームライナー”の愛称を持つ787は、何を実現したのか?(2016/1/6)

NASA、火星有人探査に向けて宇宙飛行士を米国で公募開始 2017年春に選抜結果発表へ
米航空宇宙局(NASA)が火星有人探査を視野に入れた宇宙飛行士の公募を米国で開始した。採用された候補者は訓練の後、BoeingやSpace Xが開発中の有人宇宙船での飛行や国際宇宙ステーション(ISS)での長期滞在などのミッションに従事する。(2015/12/15)

IoTデータが持つリスクを排除するには:
コネクテッドカーのセキュリティリスクは制御システムだけではない
一般的な自動車でさえボーイング747の7倍にもなるプログラムコードが含まれており、加えてコネクテッドカーではさらに複雑なセキュリティ対策が必要になるという。研究者らが考案するコネクテッドカーのセキュリティシステムのアイデアを紹介する。(2015/12/3)

SpaceX、NASAの宇宙飛行士ISS輸送契約を獲得 2017年に実施へ
イーロン・マスク氏率いる宇宙開発企業SpaceXが、米航空宇宙局(NASA)からISSへの宇宙飛行士輸送の契約を獲得した。実施は2017年になる見込み。NASAはBoeingとも同様の契約を結んでいる。(2015/11/22)

使えるクラウドCAE:
PR:ボーイングが、解析効率を90倍向上し主翼を68kg軽量化できた秘訣とは?
製品の複雑化・多様化が進む中、設計開発の上流からCAEを活用するニーズは高まっているが、高度なシミュレーションに必要な大きなCAE環境を所有する負担は大きい。しかし、ボーイングをはじめ製造業100社以上が活用する「使いたい時に簡単に使えるCAE」を実現する方法が存在する。(2015/11/17)

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:
キャセイパシフィック航空が70機目のボーイング777を受領
キャセイパシフィック航空は2015年9月、70機目となるボーイング777を受領した。同社の国際線ネットワークの拡充と、その戦略における777の位置付けを考察する。(2015/11/13)

工場ニュース:
ボーイング777X向けの新工場を名古屋に建設、ロボットを利用して自動化推進
川崎重工業は、航空機製品の生産・組み立て工場である名古屋第一工場内に、ボーイング777Xを製造する工場を建設する。(2015/9/28)

製造マネジメントニュース:
ボーイング次世代機を日本メーカー5社が製造、調達規模は5年で4兆円越え
ボーイングの次世代旅客機「777X」の主要部品の一部製造を、三菱重工業、川崎重工業、富士重工業、新明和工業、日本飛行機の国内航空機メーカー5社が行うことが決定した。(2015/7/24)

Boeing、「レーザー核融合ジェットエンジン」の特許を取る
プラズマシールドの特許を持つBoeingが、今度は「レーザー核融合ジェットエンジン」の特許を取ったことが明らかになったという。(2015/7/14)

飛行機の中で寝やすくなる? Boeingが睡眠サポートシステム特許
旅が快適になるかも。(2015/4/12)

工場ニュース:
名古屋第一工場内に新工場を建設、ボーイング787増産に対応
川崎重工業は、名古屋第一工場内(愛知県弥富市)に、ボーイング787を増産するための新工場「東工場」を建設したと発表した。現行機種の787−9型に加え、787−10型の前部胴体を生産する。(2015/4/6)

SF的“プラズマシールド”が現実に? Boeingが特許取得
“プラズマシールド”で軍用車などを守る技術の特許をBoeingが取得し、「フォースフィールドだ」と話題になっている。(2015/3/24)

編集長ヨシオカのシアトルレポート:
コンコルドが一般道路を横断! その訳は……
1月31日朝、シアトルのボーイングフィールド近辺で、引退したコンコルド、エアフォースワン、コンステレーションが一般道を横断する、という出来事がありました。ちょっと珍しいシーンだったので、写真たっぷり&動画でご紹介します。(2015/2/10)

工場ニュース:
ボーイング777Xの中央翼組み立て工場を新たに建設
富士重工業は、愛知県半田市にある半田工場敷地内に、新たな航空機の組み立て工場を建設することを発表した。(2015/1/20)

自然エネルギー:
二酸化炭素を半減、航空機用のバイオ燃料
米ボーイングは2014年12月3日、バイオ燃料である「グリーンディーゼル」を用いた世界初のフライトテストに成功したと発表した。二酸化炭素排出量を半減できる他、現在のジェット燃料とコスト面で競争可能だという。(2014/12/18)

ジャンボ機のシート、自宅にいかが 引退した747-400Dの客席、ANAショッピングサイトで販売
引退したジャンボ機・ボーイング747-400Dの客席シートがANAのショッピングサイトで抽選販売される。(2014/12/17)

さらにゆったり快適に〜「JAL SKY SUITE 787」就航開始
ボーイングの最新鋭機787は、広いキャビンや快適な機内環境で知られる。JALが787-8、787-9に導入する「SKY SUITE 787」が12月から就航を開始した。(2014/12/12)

工場ニュース:
三菱重工、ボーイング787増産に向け下関と名古屋の設備増強
米ボーイングの「787」向け複合材主翼の増産を受け、下関造船所と名古屋航空宇宙システム製作所の設備を増強。オートクレーブ(複合材硬化炉)や自動積層機などを増設する。(2014/8/28)

電子ブックレット/自然エネルギー:
「燃料0」で世界一周、ボーイング747より大きな?飛行機
Solar Impulseは太陽電池とリチウムイオン蓄電池だけで飛行する航空機。乗員の健康が許す限り、いつまでも飛行できる「永久飛行機」だ。第1世代の機体は世界記録を8つも持っている。2013年5月に第2世代の試験飛行を始め、2016年3月からは初の世界一周飛行を試みる。(2014/6/26)

仕事をしたら“空”を飛べた:
えっ、前の飛行機を抜いてもいいの? パイロットの知られざる世界
パイロットといえばエリート中のエリートというイメージがあるが、飛行機を操縦しているときどんなことを考えているのだろうか。JALでボーイング777の機長を務める近藤さんに話を聞いたところ、意外な答えが返ってきた。(2014/6/18)

自然エネルギー:
「燃料0」で世界一周、ボーイング747より大きな?飛行機
Solar Impulseは太陽電池とリチウムイオン蓄電池だけで飛行する航空機。乗員の健康が許す限り、いつまでも飛行できる「永久飛行機」だ。第1世代の機体は世界記録を8つも持っている。2013年5月に第2世代の試験飛行を始め、2015年3月からは初の世界一周飛行を試みる。(2014/4/15)

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:
ボーイング787の快適さはやはり別格──ユナイテッド航空、成田/デンバー線で実感
トラブル続きで一時期は利用を敬遠する旅行者も出ていたボーイング787だが、その快適さはやはり別格! 2013年6月に開設されたユナイテッド航空の成田/デンバー線で、異次元のフライトを体験した。(2014/3/28)

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:
巨大なゾウさんが空を行く? ジャンボ機エピソード集
1970年にデビューして以来、世界の空で活躍を続けてきたボーイング747。ジャンボ機ならではの裏話やこぼれ話も少なくない。今回は、そんなエピソードを集めてみた。(2014/2/21)

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:
ジャンボ機ボーイング747は、いかにして誕生したか?
2014年3月31の那覇から羽田へのラストフライトで、ついに日本の空から姿を消すジャンボ機──ボーイング747-400。日本人に最も愛されたこの名機は、いかにして誕生したのか? その歴史を、改めて振り返ってみよう。(2014/2/14)

JAL、国際線のボーイング767に“1ランク上”の新型シート導入
日本航空が進める居住性と快適性を向上した新型シート戦略「SKY SUITE」。国際線の中距離路線で使うボーイング767の改修が終わり、報道陣に公開されました。(2013/11/29)

機内でマンガ、「SKY MANGA」のラインアップが拡充
JALのボーイング787でサービス展開中の「SKY MANGA」が8月にラインアップを拡充。(2013/7/30)

自然エネルギー:
太陽電池の効率競争に新たな1歩、ボーイング子会社が37.8%を達成
ボーイングの子会社Spectrolabが、シャープのそれまで持っていた太陽電池の世界記録を破った。太陽電池の変換効率が1ポイント違うと、得られる年間発電量には大きな差が生まれる。太陽電池は既に大規模な価格競争下にあるが、それでも効率向上の努力が必要だ。(2013/4/17)

全日空ボーイング787型機が緊急着陸 乗客が現場の様子を実況ツイート
ツイートは写真付きのものもあり、事故現場の非日常的な空間を切り取っている。(2013/1/16)

BMWとドリームライナーの共通点、カーボンファイバーのリサイクル技術で協業
BMWは2013年後半に発売するEV「BMW i3」に炭素繊維強化樹脂(CFRP)ボディを採用する予定だ。「787」の機体の大部分をCFRPで製造しているボーイングとリサイクル技術で提携する。(2012/12/18)

材料技術:
BMWのEVとドリームライナーの共通点は炭素繊維強化樹脂、リサイクル技術で協業へ
自動車分野での量産採用が始まりつつある炭素繊維強化樹脂(CFRP)。2013年後半に発売する電気自動車(EV)「BMW i3」のコックピットにCFRPを採用するBMWは、同様に「B787ドリームライナー」の機体の大部分をCFRPで製造しているボーイングと、CFRPのリサイクル技術で提携する。(2012/12/18)

フォトリポート:
スペースシャトル「エンデバー」、ボーイング747に載ってアメリカ大陸横断
スペースシャトルをボーイング747の上に載せる「ピギー・バックライド」と呼ばれる輸送方法を使い、エンデバーが米大陸を横断。その様子をヒューストンからリポート。(2012/9/21)

JAL、国際線ボーイング777の全シートを「ワンランク上」に刷新
JALが2013年1月から国際線で開始予定の新サービス「JAL NEW SKY PROJECT」。ボーイング777-300ER型機の新シートを披露した。(2012/9/13)

ウインドリバーに聞く業界動向:
標準化・コンソリデーション化が加速する航空・宇宙/防衛分野
航空・宇宙/防衛分野における組み込みシステム開発の現状とは? 取り巻く環境とは? NASAの火星探査機やボーイングの旅客機、アメリカの軍用機などで多くの採用実績があり、長年、同分野に携わってきたウインドリバーに話を聞いた。(2012/8/16)

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:
ジャンボよ、永遠に! シンガポール航空747-400ラストフライト搭乗記
約40年にわたって世界の空を飛び続けてきたシンガポール航空のボーイング747の歴史に、ついにピリオドが打たれた。「SQ747/748」という便名を冠したこの特別便で、世界中から集まった多くのファンとともにシンガポール/香港を往復した。(2012/5/25)

何かがおかしいIT化の進め方(53):
優れたシステムを作るための“思考力、人間力”とは?
前回は、アップルやボーイングの例を示しながら、「個々の要素技術を最適な形で組み合わせて全体を構成する技術」の重要性を述べた。今回はこの問題を少し掘り下げてみる。(2012/4/20)

導入事例/液晶ディスプレイ:
ボーイング787のコックピット用ディスプレイにAQUOSの技術が生きる
シャープは、同社の液晶ディスプレイが「ボーイング787」のコックピット用ディスプレイに採用されたことを発表。液晶テレビAQUOSシリーズで培った表示技術「ASV」を初めて搭載した航空機専用ディスプレイだという。(2012/4/20)

ボーイング787、アメリカ上空でひと筆書きに挑戦する
軌跡をたどると「787」と「ボーイングのロゴ」が浮かびあがる。なんとも粋なテストフライトがアメリカで行われました。(2012/2/15)

JALのボーイング787、機内で電子漫画が楽しめる「SKY MANGA」
日本航空と小学館は、2012年3月から順次就航するボーイング787機内でエンターテインメントサービス「SKY MANGA」を開始する。国際線の全クラスの個人画面で提供する。(2011/12/8)

生放送を見た人も見ていない人も:
第2回「ビジネステレビ誠」は、ボーイング787&手帳&非常食の60分
毎月1回、誠編集部がお送りする生放送「ビジネステレビ誠」。2回目は放送時間を15分延長。忙しい人のための睡眠のとりかたやおいしい非常食の試食会など、盛りだくさんの内容になりました。(2011/11/17)

「ボーイング787」の魅力を解説 ビジネステレビ誠
「BusinessMedia 誠」による月1のビジネス情報番組「ビジネステレビ誠」の第2回。今回は航空ジャーナリストの秋本俊二さんがゲスト出演し、新型旅客機「ボーイング787」の魅力を語る。内田・鮫島法律事務所の伊藤雅浩弁護士によるビジネストラブルの相談コーナーや、“意外とおいしい”防災保存食品の食べ比べも。司会は、Business Media 誠の吉岡綾乃編集長。キャスターは、「誠Biz.ID」鷹木創編集長と「誠Style」の岡田大助編集長。配信は11月15日21時0分〜。(2011/11/14)

ボーイング787から保存食まで、ビジネステレビ誠第2回アーカイブ公開中
Business Media 誠の内容をギュッと詰め込んだ生放送『ビジネステレビ誠』。11月15日(火)21時から生放送した第2回は、誠 Styleで連載している秋本俊二さんがボーイング787の魅力を語ったり、レアな保存食を食べ比べしたりと盛り沢山の1時間となりました。(2011/11/10)

ボーイング787を徹底討論 今後の航空業界への影響は?
最新鋭中型旅客機「ボーイング787」が今後の航空業界へ与える影響について、航空ジャーナリストらが徹底討論する。出演者はジャーナリストの井上トシユキさん、航空ジャーナリストの秀島一生さん、秋本俊二さん。配信は10月27日22時30分〜。(2011/10/27)

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:
ANA特別塗装のボーイング787初号機が羽田に到着
ボーイングが開発を進めてきた次世代機787“ドリームライナー”がついに完成。9月26日にローンチカスタマーのANAに引き渡され、翌27日早朝にシアトルを発った787は、日本時間の9月28日午前9時過ぎに羽田に到着した。(2011/9/29)

次世代旅客機「ボーイング 787ドリームライナー」到着の瞬間 羽田空港からライブ配信
全日本空輸(ANA)に引き渡される、米Boeingの次世代型旅客機「ボーイング 787ドリームライナー」初号機が羽田空港に到着する様子をライブ配信する。到着予定は午前9時だが、運行状況により時刻が変更される場合もあるほか、当日の天候などの状況により生中継を中止する可能性もある。配信は9月28日8時30分〜。(2011/9/26)

次世代旅客機、いざ日本へ 「ボーイング 787 ドリームライナー」納入式典
全日本空輸(ANA)に引き渡される、米Boeingの次世代型旅客機「ボーイング 787ドリームライナー」初号機の納入式典をライブ配信する。同機は式典後の9月27日夜(日本時間)、米国を出発する予定。配信は9月27日0時30分〜。(2011/9/26)

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:
787就航へカウントダウン。初飛来した日本での“熱い1週間”が始まった
ボーイングの次世代中型機787が7月3日早朝、日本に初飛来した。翌7月4日には、羽田に完成したANAの新しい整備ハンガーでその機体を報道陣の前に披露。そして7月5日には大阪・伊丹に向けて飛び立った。787ドリームライナーの、日本での“熱い1週間”が続いている。(2011/7/5)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。