ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「情シスの本棚」最新記事一覧

情シスの本棚(番外編) 紹介書籍を抽選で3名様にプレゼント!:
最新の現場から届く「継続的デプロイ」「コードとしてのインフラ」などへの実践的なアプローチ(抽選で紹介書籍を3名様にプレゼント!)
アジャイル、DevOpsといった文脈において近年注目を集めている、「Webサイトやオンラインサービスの開発・運用」ノウハウ。書評連載「情シスの本棚」、今回は番外編として、Publickey 新野淳一氏による「ウェブオペレーション − サイト運用管理の実践テクニック」(オライリー)の書評を紹介する。(2014/11/28)

情シスの本棚(9):
システム開発のトラブル、根本原因は何?
「作る人」と「使う人」でビジネスゴールが異なっていると、真に役立つシステムを開発するのは難しい。ゴールを一致させる一つの方法とは?(2014/7/15)

情シスの本棚(8):
Ruby on Rails 4.1でDevOps環境を考慮した体系的な知識を付ける
エンタープライズ領域での高速なWebアプリケーション開発にも採用され始めているRuby on Rails。最新版である4.1の実践的な解説書が登場した。DevOps環境を前提としたチュートリアルが掲載されているなど、現代的な内容になっている。(2014/7/3)

情シスの本棚(7):
プログラミングの納得感が高まる「オブジェクト指向超入門」
考え方や仕組みに納得できれば、今よりもプログラミングやモデリングを使いこなすことができる。あらためてオブジェクト指向を学び直してみてはいかがだろう。(2014/5/21)

情シスの本棚(6):
グーグルに見る、リーダーの本当の役割
リーダーシップとは一方的に管理することではない。スタッフの共感を獲得し、創造力を引き出すことだ。(2014/4/22)

情シスの本棚(5):
ビジネス、起業でよくある失敗パターン
リーンスタートアップというと「スピード」や「効率」といった点が目を引く。だがその本質は、全てのビジネスにおいて重要な鍵となるものだ。(2014/3/26)

情シスの本棚(4):
進行中からにじみ出ている、プロジェクトの失敗理由
1つのソフトウェアに多数のステークホルダーが存在する今、全関係者の納得と安心を引き出すためには、プロジェクトの“計測データが語る声”に耳を傾ける必要がある。(2014/1/10)

情シスの本棚(3):
ビッグデータを使いこなす“現実的な”5つの条件
ビッグデータ活用の課題は分析ノウハウだけではない。分析に使うデータの精度が低ければ、導き出される分析結果の精度も低くなる。この問題を解決する方法とは何か?(2013/11/21)

情シスの本棚(2) アジャイル、スクラムで一番大切なこととは:
プログラミングは「創造」であり「製造」ではない
市場環境変化が早い現在、ソフトウェア開発においてもスピードや柔軟性が求められている。だが、価値あるイノベーションを起こすためには、アジャイルやDevOpsといった方法論以前に大切なことがある。(2013/10/22)

情シスの本棚(1):
設計レビューに私情を持ち込んでいませんか?
設計・開発・運用業務に役立つ書籍をピックアップして紹介する新連載「情シスの本棚」。第1回は、システム開発の現場で働く多くの人が思い当たるであろう、設計レビューの問題点と方法論を解説した書籍を紹介する。(2013/10/11)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。