ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「情シスの本棚」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「情シスの本棚」に関する情報が集まったページです。

情シスの本棚(番外編) 紹介書籍を抽選で3名様にプレゼント!:
最新の現場から届く「継続的デプロイ」「コードとしてのインフラ」などへの実践的なアプローチ(抽選で紹介書籍を3名様にプレゼント!)
アジャイル、DevOpsといった文脈において近年注目を集めている、「Webサイトやオンラインサービスの開発・運用」ノウハウ。書評連載「情シスの本棚」、今回は番外編として、Publickey 新野淳一氏による「ウェブオペレーション − サイト運用管理の実践テクニック」(オライリー)の書評を紹介する。(2014/11/28)

情シスの本棚(9):
システム開発のトラブル、根本原因は何?
「作る人」と「使う人」でビジネスゴールが異なっていると、真に役立つシステムを開発するのは難しい。ゴールを一致させる一つの方法とは?(2014/7/15)

情シスの本棚(8):
Ruby on Rails 4.1でDevOps環境を考慮した体系的な知識を付ける
エンタープライズ領域での高速なWebアプリケーション開発にも採用され始めているRuby on Rails。最新版である4.1の実践的な解説書が登場した。DevOps環境を前提としたチュートリアルが掲載されているなど、現代的な内容になっている。(2014/7/3)

情シスの本棚(7):
プログラミングの納得感が高まる「オブジェクト指向超入門」
考え方や仕組みに納得できれば、今よりもプログラミングやモデリングを使いこなすことができる。あらためてオブジェクト指向を学び直してみてはいかがだろう。(2014/5/21)

情シスの本棚(6):
グーグルに見る、リーダーの本当の役割
リーダーシップとは一方的に管理することではない。スタッフの共感を獲得し、創造力を引き出すことだ。(2014/4/22)

情シスの本棚(5):
ビジネス、起業でよくある失敗パターン
リーンスタートアップというと「スピード」や「効率」といった点が目を引く。だがその本質は、全てのビジネスにおいて重要な鍵となるものだ。(2014/3/26)

情シスの本棚(4):
進行中からにじみ出ている、プロジェクトの失敗理由
1つのソフトウェアに多数のステークホルダーが存在する今、全関係者の納得と安心を引き出すためには、プロジェクトの“計測データが語る声”に耳を傾ける必要がある。(2014/1/10)

情シスの本棚(3):
ビッグデータを使いこなす“現実的な”5つの条件
ビッグデータ活用の課題は分析ノウハウだけではない。分析に使うデータの精度が低ければ、導き出される分析結果の精度も低くなる。この問題を解決する方法とは何か?(2013/11/21)

情シスの本棚(2) アジャイル、スクラムで一番大切なこととは:
プログラミングは「創造」であり「製造」ではない
市場環境変化が早い現在、ソフトウェア開発においてもスピードや柔軟性が求められている。だが、価値あるイノベーションを起こすためには、アジャイルやDevOpsといった方法論以前に大切なことがある。(2013/10/22)

情シスの本棚(1):
設計レビューに私情を持ち込んでいませんか?
設計・開発・運用業務に役立つ書籍をピックアップして紹介する新連載「情シスの本棚」。第1回は、システム開発の現場で働く多くの人が思い当たるであろう、設計レビューの問題点と方法論を解説した書籍を紹介する。(2013/10/11)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。