ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「上司」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「上司」に関する情報が集まったページです。

新しい上司が心配だったけど…… パワハラで転職した主人公と上司の漫画にほんわかする人続出
この先の展開を……期待しちゃう。(2018/5/24)

村田製作所など実験:
上司・部下の面談をIoTで効率化 会話データから親密度を測定
村田製作所など3社が、IoTを活用して会話情報を取得・分析する実証実験を始める。会議室にセンサーを設置し、上司・部下の面談内容をチェック。発言の量やテンポを分析し、外部アドバイザーによる助言を行う。(2018/5/21)

山口義宏がマーケティング賢人と語る:
デジタルマーケターの成長と育成で大切なこと――板澤一樹氏:後編
デジタルマーケターの成長を促すために、上司や組織、そして本人が心掛けるべきこととは何か。リクルートのデジタルマーケティングを支えた板澤一樹氏に、自らの体験を交えて語ってもらった。(2018/5/18)

こうしす! こちら京姫鉄道 広報部システム課 @IT支線(8):
ブロックチェーンを導入したら、文書改ざんも上司のキマグレも防止できますか?
情報セキュリティの啓発を目指した、技術系コメディー自主制作アニメ「こうしす!」の@ITバージョン。第8列車のテーマは「ブロックチェーン」です。(2018/5/16)

ディルバート(553):
“上司監視システム”の効果は……
スマホアプリで上司の行動をチェックするディルバート。これも一種のIoT活用?(2018/5/10)

美咲が教える スマホ時代の歩き方:
「使いかけのコスメ」が大量出品 あなたの知らない「メルカリ」の世界(後編)
スマートフォンで流行しているサービスや使い方を、イマドキ女子の「美咲」が上司の課長に分かりやすく解説する連載。「メルカリ」の後編では、より実践的な内容を指南します。どんな商品を出品すると、売れやすいのでしょうか?(2018/5/7)

美咲が教える スマホ時代の歩き方:
「即決禁止」の独自ルールも あなたの知らない「メルカリの世界」(前編)
スマートフォンで流行しているサービスや使い方を、イマドキ女子の「美咲」が上司の課長に分かりやすく解説する連載。今回取り上げるのは「メルカリ」。人気フリマアプリですが、ちょっと独特な文化があるようです。(2018/5/1)

「早退していいよ。“僕が始末しておくから”」 優しいのに言動が物騒な「顔が怖い部長」のギャップ感にやられる
「理想の上司」の呼び声も。(2018/4/20)

上司は「自社では報じない」と判断:
福田財務次官のセクハラ被害者は「テレ朝記者」 1年半前から複数回
財務省の福田淳一事務次官によるセクハラ行為を受けていたのはテレビ朝日の女性記者だったことが判明。1年半ほど前から複数回、取材目的で福田氏と2人で会食した際にセクハラ行為を受けていた。「セクハラがあった旨を報じたい」と上司に相談したが、上司は見送ったとしている。(2018/4/19)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「もしかして、ブラック上司?」 ホワイト上司とブラック上司は紙一重
良かれと思っていろいろやっているが周囲からはブラック上司だといわれていないか?(2018/4/19)

「仕事覚えられないの、病気なんじゃないの?」上司のススメで受診したら ある意味ホラーな実体験漫画
おかしいのは、あなたじゃないかもしれない。(2018/4/17)

「戦隊」へ配属された新入社員がピンク係を拒否 既成概念にあらがう漫画がアツい
内勤希望だったのに、「若くてかわいいんだからピンクをやれ」と命ずるブラック上司とも戦うことに。(2018/4/13)

ディルバート(549):
期待の「上司キラー」
ディルバートが担当する採用面接に現れた応募者。ある意味“企業風土”を理解しているのかもしれませんが……。(2018/4/12)

PR:「会社のWeb会議システム環境を改善せよ!」 働き方を改革したがる上司のむちゃぶりに応えるには?
(2018/4/9)

美咲が教える スマホ時代の歩き方:
フォロワーだけが知る、Instagram「ストーリー」の24時間で起きていること
イマドキ女子の「美咲」が上司の課長に分かりやすく解説する連載。前回はInstagramの実態をお伝えしましたが、このInstagramの「ストーリー」で、ちょっと過激なことが起きているようです。(2018/4/4)

「夜に予定があるオーラを放つ」「先に上司を気持ちよく帰らせる」 KDDIが定時退社のプロ集団による「ビジネス帰宅部」を結成
まずこれが通用する環境作りを……。(2018/3/21)

上司・部下の認識に差:
上司が「おごりたくない」と感じる部下の食事代、ボーダーラインは?
30〜40代のビジネスパーソンが部下や後輩に食事をおごる際に、「高い」と抵抗を感じるラインはいくら?――SMBCコンシューマーファイナンス調べ。(2018/3/9)

常見陽平のサラリーマン研究所:
人事異動は“深読み”しなければいけない、これだけの理由
人事異動の季節である。「自分の上司は誰だ?」「あの人が出世するのか」といった話題がつきないかもしれないが、楽しんでばかりいてはいけない。人事異動を深読みすることで、自分の未来が変わるかもしれないからだ。どういうことかというと……。(2018/3/9)

キャリアニュース:
上司に求めるもの、若手は「指示の分かりやすさ」
エン転職が「上司」についてのアンケート調査結果を発表。上司を尊敬する点として「人柄が信頼できる」を挙げた人が最も多かった。他に、若手は指示の分かりやすさや知識、経験の豊富さを、35歳以上はリーダーシップを尊敬する人が多かった。(2018/3/9)

こんな上司がいてほしい……! 情に厚い課長の漫画「今どきの若いモンは」のかっこいい名言に「かちょおおおお」の声が止まらない
部下・麦田との関係性の変化も……?(2018/3/6)

“猫部長”すくすく成長中! かわいさと美しさはそのまま社員を励ます姿に疲れが吹き飛ぶ
やっぱり最高の上司だった……!(2018/3/5)

ディルバート(543):
高給取りの理由
いつもながら(?)理不尽な上司命令をゴリ押しするボスは、“給料感覚”もフツウとはちょっと違うようで……。(2018/3/1)

上司と部下の会話量や盛り上がりを可視化 会議の“質”を判定――村田製作所の「NAONA」、Phone Appliと共同実証へ
村田製作所とPhone Appliは、“場”の雰囲気や盛り上がり、親密度といったデジタル化が難しい情報を空間情報として可視化するIoTソリューション「仮想センサプラットフォーム NAONA」の実証実験を開始。Phone Appliの社内会議をNAONAで分析し、会議やコミュニケーションの“質”を可視化する。(2018/2/27)

ひといくNow!人材育成の今とこれから:
嫌な上司、仕事ができない上司にイラつく人の共通点
嫌な上司や、苦手な上司との難しい関係をうまく乗り越えた人に話を聞いてみると、ある共通点が。そこに、苦手な人とストレスなく付き合うためのヒントが隠れていました。(2018/2/27)

ディルバート(542):
全く役に立たないナビゲーション
ダメ上司の下で働くのって相当ストレスフルなことですが、そもそも部下にプレッシャーをかけているなんて気付いていなかったりして……特にボスの場合。(2018/2/22)

ディルバート(541):
ネットワークづくりもラクじゃない?
女性の部下とランチに行くのも、あらぬ誤解が……なんて話す男性上司もいるようですし。(2018/2/15)

ディルバート(537):
下には下がいる
上司らしく(?)部下の仕事ぶりを注意するボス。そんなボスが“やる気のなさ”の評価基準にしているのは……?(2018/1/25)

世界を「数字」で回してみよう(46) 働き方改革(5):
あなたは“上司”というだけで「パワハラ製造装置」になり得る
今回のテーマは「労働環境」です。パワハラ、セクハラ、マタハラ……。こうしたハラスメントが起こる理由はなぜなのか。システム論を用いて考えてみました。さらに後半では、「職場のパフォーマンスが上がらないのは、上司と部下、どちらのせい?」という疑問に、シミュレーションで答えてみます。(2018/1/22)

コンサルは見た! AIシステム発注に仕組まれたイカサマ(1):
発注書もないのに、支払いはできません――人工知能泥棒
「間もなく上長の承認が下りるから」「正式契約の折りには、今までの作業代も支払いに上乗せするから」――顧客担当者の言葉を信じて、先行作業に取り組んだシステム開発会社。しかし、その約束はついぞ守られることはなかった……。辛口コンサルタント江里口美咲が活躍する「コンサルは見た!」シリーズ、Season2(全8回)は「AIシステム開発」を巡るトラブルです。(2018/1/15)

ディルバート(534):
上司を凌ぐ交渉術?
ボスから部下へ伝えられる仕事のワザ。部下がさらに磨きをかけることもありますが、そもそものワザが“ブラック”な場合は……?(2018/1/4)

『最後のジェダイ』公開記念:
シャアVS.ダース・ベイダー 上司にするにはどちらがいい? 激動時代におけるリーダーの条件
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』と『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦』が公開された2017年。両シリーズに登場する魅力的な、あまりにも魅力的な「敵」。ダース・ベーダーとシャア・アズナブルについて、作家の堀田純司さんがそのリーダーシップの違いを考える。(2017/12/22)

上司の言葉に惚れそうになるショート漫画「今どきの若いモンは」に反響 「かっこいい」「泣いた」「目指したい」の声
か、課長おおおおおッ!(2017/12/21)

水曜インタビュー劇場(4年連続トップ3入り公演):
アドラーの岸見一郎さんに聞く、職場で嫌われる勇気
2013年に発売された書籍『嫌われる勇気』が、いまも売れている。ビジネス書のランキングでみると、4年連続でトップ3入りしていて、この数字は史上初の快挙だという。本書は対人関係の接し方などを深く掘り下げているが、職場での嫌な上司にどのように対応すればいいのか。著者の岸見一郎さんに聞いた。(2017/12/20)

企業カルチャーを変革するには
「上司がテレワークに否定的」をどう変える? 働き方改革のポイントを探る
「働き方改革」実現の施策として注目されるテレワークは、従業員の意識改革と適切なデバイスの導入が成功の鍵だ。テレワーク実施の事例からそのポイントを探る。(2017/12/20)

ディルバート(530):
契約書も空気も読めない上司
細かい字や長々とした契約書を読むのは確かに大変。でも、専門外の部下に要約させようとするなんて……。(2017/12/7)

PR:「自席で働くのは命令です」――化石化した上司に反抗してみた
ITmedia NEWS編集長とは馬が合わない。「同じフロアで仕事をしろ」とか「電話の近くで働け」とか、いつの時代の話をしているんだ。おまけに「チームのコミュニケーション」とか言って、雑談もしてくる。そんな上司と、ついに決別する日が……!(2017/12/4)

「いらない部下、かわいい部下」:
上司を“ヨイショ”する部下が出世できなくなった理由
かつては、上司に頻繁に飲み会やゴルフをともにする「腰巾着」「太鼓持ち」スタイルの部下が可愛がられやすく、出世も早かった。しかし、現代は上司から気に入られる部下の人物像が変化しているという。その理由を解説したのが「いらない部下、かわいい部下」(日本経済新聞出版社)だ。(2017/11/27)

ディルバート(527):
上司に部下の心は分かるのか?
マネージャーに“人を見る目”は欲しいもの。人望も厚くなるとは思いますが、ボスの場合は……?(2017/11/21)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
部下を伸ばす「デキる上司」の7つの新常識!
成長市場から成熟市場へとビジネスが変わった今、複雑化した顧客ニーズに対応する部下のマネジメント方法もまた、これまでと同じでは通用しない。(2017/11/16)

ディルバート(526):
ねえGoogle、ダメな上司の対処法を教えて
「マイクロマネジメント」のターゲットになったディルバート。で、ボスの言うマイクロマネジメントって一体なに?(2017/11/16)

「心が折れる職場」:
部下の心を折る職場は「飲み会なし」「上司がエリート」
労働時間や給与体系に問題のない、一見すると“ホワイト”な企業でも、特定の部署でメンタル不調者が続出するケースがあるという。一体何が問題なのだろうか。(2017/11/13)

ディルバート(524):
クレーマーにハマる人、共鳴する人
どうやらクレーマー社員の術中にハマってしまったディルバート。そして“モンスター上司”は……?(2017/10/26)

佐賀県がなぜかロケット団員を募集開始 公式サイトをニャースが占拠、謎のメモ書き残す
「美男美女の上司、個性的なポケモンがいっぱいでアットホームで楽しい職場です★☆★」。(2017/10/18)

上司「チーズ感が足りない」 デザイナーがダメ出しに全力で応えた結果、カオスすぎるカップヌードル広告が出来上がる
笹食ってる場合じゃねえ感。(2017/10/17)

ディルバート(518):
上司の理屈をかわす方法
プロジェクトが終わらない理由を巡り、ボスが始めたリーダーシップ論は、ツッコミどころが満載なようで……。(2017/9/14)

部下がついてこない上司には別の役割を ヤフーが語る「働き方改革の前にすべきこと」
今でこそ、爆速で次々と新サービスを生み出しているヤフーだが、過去には大企業病に陥り、スピード感が停滞してしまったこともある。そんな窮状から脱し、再び成長軌道に乗せるために、ヤフーはどんな改革を行ったのか。(2017/8/15)

PR:「会社に来て仕事しろ」という上司に、むりやりリモートワークさせてみた
筆者「なぜ会社に行かねばならぬ!」。(2017/8/14)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
成功する人は、教わり方が違う
教える、教えられる関係は、会社では上司と部下、スポーツではコーチと選手、習い事では先生と生徒など、いろいろなところにある。その心構えとは。(2017/8/3)

「上司のパソコンにイルカがいた」 シュールでクセになる山田全自動さんの浮世絵風作品が書籍化決定でござる
書き下ろしは30作品でござる。(2017/7/31)

“ドラクエをクリアするため”ユニークな有給申請が話題に 上司「クリアには日数が足りないから4連休にした」
なお、上司はFF派らしい。(2017/7/29)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。