ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「人材流出」最新記事一覧

えっ、シャープ「雇用維持」ちゃうの!?……鴻海に人員削減策
シャープの買収を決めた鴻海が、同社従業員の削減に踏み切る可能性が出ている。(2016/5/16)

1000人を上回るリストラの可能性も:
えっ、シャープ「雇用維持」ちゃうの!? 鴻海に人員削減策
シャープの買収を決めた台湾・鴻海精密工業が従業員の削減に踏み切る可能性が出ている。6月末までに買収を完了して鴻海傘下で再出発するシャープだが、従業員の雇用不安は消えていない。(2016/5/16)

「な ん て 日 だ !」 シャープ公式アカウント、鴻海傘下入り交渉に“無常観”
シャープが鴻海傘下に入る交渉に重点を置く方針を明らかにして以降、シャープのTwitter公式アカウントが揺れる胸中を吐露している。(2016/2/17)

「私を嫌いになっても製品嫌いにならないで」シャープ公式アカウントが話題
経営再建中のシャープが台湾の鴻海精密工業の傘下に入る交渉に重点を置く方針を明らかにして以降、シャープ製品を宣伝しているTwitter上の公式アカウントが、揺れる胸中を吐露したつぶやきで話題を集めている。(2016/2/16)

Weekly Access Top10:
シオカラーズの歌声に涙する
生演奏でライブアレンジとか、反則だと思います。(2016/2/1)

介護離職ゼロへ企業の本気度 セミナーや手厚い資金……仕事との両立支援
介護を理由とする離転職者が年間10万人超という事態を受け、介護離職ゼロを掲げる政府は今年、介護休業制度の見直しに乗り出す。介護を担う中高年層は管理職や経営幹部など職場で重要な役割を担う世代で、人材流出は企業にとって深刻な問題だ。(2016/1/29)

シャープ社員、3カ月で4692人減……うち数百人は自主退職 人材流出ショック深刻
シャープの連結社員数が3カ月で4692人減少。自主的な退職も相次いでおり、再建に必要な人材流出の懸念は高まっている。(2016/1/28)

シャープ社員、3カ月で4692人減
経営再建中のシャープは、全世界の連結社員数が昨年12月末で4万4164人となり、9月末から4692人減少したことを明らかにした。(2016/1/28)

最新のIT技術で変わる医療の現場:
PR:“データ”を医療サービスの向上、病院経営の武器に――ときわ会 常磐病院のDWH/BI活用
「病院内で利用しているさまざまなシステムのデータを集約/分析するDWH/BI基盤を整備し、医療サービス向上や経営効率化の推進力とする」──福島県いわき市の常磐病院で進められているこの取り組みが、大きな成果を生みつつある。そのDWH/BI基盤を担うのが“Oracle Database 12c on ODA”だ。[プライベートクラウド/データベース統合][パブリッククラウド][高可用性/災害対策][Engineered System][Oracle Cloud][Oracle Enterprise Manager](2016/1/14)

キャリアニュース:
優秀な人材の流出を防ぐ「リテンション」に7割弱の企業が意欲
エン・ジャパンが「エン 人事のミカタ」を利用している221社を対象に調査したところ、人材の外部流出を防ぐ「リテンション」を既に実施している企業は3割、今後積極的に取り組む予定の企業が7割弱あることが明らかになった。(2015/7/24)

データセンター担当者なら押さえておきたい
2016年以降も影響を持ち続ける“決定的なITトレンド” 10選
長期にわたってデータセンターに影響を与える真のトレンドは、テクノロジーに過剰な期待が集まった後に生まれるものだ。2016年以降も間違いなく影響力を持ち続ける10個のトレンドを紹介する。(2015/7/16)

飛躍:
ASEAN経済共同体(AEC)がもたらすインパクト
ASEAN地域の成長に向けて各国が一体となった取り組みとして、2008年からASEAN経済共同体構想が進められている。4つの戦略目標が設定されているが実現すれば、自由な経済活動が対外投資も呼び込み、ASEAN経済は更なる発展が期待される。(2015/4/27)

ビジネスニュース 企業動向:
TSMCが元社員を告訴、サムスンに技術漏洩か
TSMCは、28nmプロセス技術などに関する機密情報をSamsung Electronics(サムスン電子)に漏洩(えい)した疑いで、TSMCの元研究開発員を提訴するという。(2015/2/12)

キャリアニュース:
外国人技術者や海外経験者の積極採用、高スキル職種の需要が地方で拡大――2015年転職市場のトレンド予測
人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパンが2015年の転職市場のトレンドを予測。2015年も活況が続く見通しだとしている。(2015/1/8)

飛躍:
国民皆保険へと動き出したインドネシアヘルスケア産業の魅力と落とし穴
世界第4 位の人口と豊富な中間層、近年の安定的な経済成長と日本に対する親近感の高さを背景に、インドネシアの位置づけはますます高まりつつある。中でもヘルスケア産業は、市場参入や新事業展開に期待が持たれているが“落とし穴”はないのか。(2014/6/2)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
キューバ選手の「鎖国解禁」 メジャーと他国球界に与える影響とその裏側
キューバの主砲が巨人へ移籍──日本球界に驚きと衝撃が走った。野球強国で知られるキューバ。これまで政府の意向で海外チームへの移籍にはいくつかの障壁があったが、何が変わったのか。このウラに何があるのか。ビジネスの観点から見てみよう。(2014/5/1)

気鋭の経営者に聞く、組織マネジメントの流儀:
起業家精神を刺激する「ひねらん課」
セプテーニ・ホールディングスは、ネットマーケティング事業を中心に、メディアコンテンツ事業、その他さまざまな事業を手がけている。今回は、社員約800人を有する同グループの社長・佐藤光紀氏に自身の組織マネジメント論について聞いた。(2013/12/4)

サカタカツミ「就活・転職のフシギ発見!」:
ビジネスパーソンの副業と、教育コストは誰が負担するのか問題について
古き良き雇用システムが崩壊する中、収入の支えとして副業をしよう、さらに「自分の強みや専門性を生かした副業ならベター」と考える人が増えています。この事象、従業員側と企業側の両方に意見を聞くと、まったく見解が異なるよう。その理由は?(2013/7/29)

IBM Connect 2013 Orlando Report:
「顧客や社員を巻き込め」── ソーシャルでビジネスを変革する健康保険会社や老舗百貨店
フロリダ州オーランドの「IBM Connect 2013」は2日目を迎え、ソーシャルソフトウェアを活用して顧客や社員らを巻き込み、ビジネスを変革している先進企業の事例が紹介された。(2013/1/30)

松岡功のThink Management:
意識調査にみるビジネスパーソンの本音
今回は、クレイア・コンサルティングが先頃発表したビジネスパーソンの意識調査結果から、職場での閉塞感や転職意向に焦点を当ててみたい。(2012/12/20)

「景気がよくなれば、転職を検討」――大企業を中心に拡大
今の会社や仕事に閉塞感を覚えている人はどのくらいいるのだろうか。ビジネスパーソンに聞いたところ、40.2%が「閉塞感がある」と回答した。クレイア・コンサルティング調べ。(2012/12/7)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
転職先は“世界”――そうした時代がやって来る
年収1000万円以上の転職サイト、そこでは転職希望者が利用料金を支払う。楽天イーグルス立ち上げにも関わった、とある日本人が目指すものとは?(2012/7/5)

PR:ワークスタイル変革へ、シトリックスの一貫したソリューションが実現するもの
サーバ仮想化が普及する以前から、シトリックスはWindowsアプリケーションのリモート実行/配信技術による“サーバサイドコンピューティング”の実現に取り組んできた。「いつでも、どこからでも、どんなデバイスからでも」業務が遂行できる環境を目指すソリューションだが、社会情勢の変化によっていよいよその真価を発揮しつつある。(2012/6/14)

海外ベストセラーに学ぶ、もう1つのビジネス視点:
職場を襲う、ジェネレーションギャップ
5世代の従業員は、どのようにして米国の職場を形づくっているか? 世代それぞれの強みと限界を認識し管理する方法とは。(2012/5/23)

勝間氏と4省庁が語るテレワークの今
このたびテレワークJAPANシンポジウム2012が開かれ、経済評論家の勝間和代氏や、経産省など各省庁のテレワーク担当者が考えを示した。(2012/5/8)

井上久男の「ある視点」(2):
技術者が“サラリーマン経営者”を見限るとき――躍進する中国自動車産業界を支える“侍エンジニア”
日本では新興国への技術流出を懸念する声が上がっているが、視点を変えてその背景を見ると、むしろ日本の抱える課題が浮き彫りになってくる。(2011/5/25)

変わりゆく中国の日系製造業(3):
中小製造業の「現地化が難しい理由」は間違いだらけ
中小企業の海外進出・現地化が失敗する理由は資本力などではない。震災を契機に現地取引が増える一方で、現地化に悩む日系中小製造業は何を強みにしていくべき?(2011/5/17)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
“辞めません、でも頑張りません”「新・ぶら下がり社員」が会社をむしばむ
やる気はないが与えられた仕事はこなす。こんな現状維持を望む社員ばかりになったら、会社は現状維持ではなく衰退していく。あなたの会社は大丈夫か。(2011/4/28)

Lotusphere 2011 Orlando Report:
ソーシャルはゲームを変える好機、経営陣の関与が成否を分ける
フロリダ州オーランドで開催中の「Lotusphere 2011」は2日目を迎え、午前の基調講演では、「どのようにソーシャルに取り組めばいいのか」がテーマに掲げられ、企業の責任者らは異口同音に「経営陣の関与が不可欠」とした。(2011/2/2)

「新・ぶら下がり社員」症候群:
辞めません、でも頑張りません――「新・ぶら下がり社員」現る
【集中連載】「辞めません。でも、頑張りません」。そう考える30歳前後の社員が増えている。そんな彼らのことを筆者は「新・ぶらさがり社員」と呼ぶ。目的がないゆえに、会社では時間を「潰す」ことに明け暮れ、常に70%の力で仕事に取り組む。そんな彼らの実態に迫る。(2011/1/13)

トークライブ“経営者の条件”:
優秀な人材がイノベーションの源泉――ワークスアプリケーションズ牧野CEOの人材戦略
人材を大切にする会社、あるいは「働きがいのある会社」とは、普通の会社と何が違うのか。会社を興して以来一貫して「人材獲得」にこだわり続けている経営者の考えを聞いた。(2010/10/26)

せかにゅ:
「MacBook Airに11.6インチモデル登場」のうわさ
MacBook Airの供給が少なくなっており、新モデル登場の前触れの可能性がある。現行よりも小さな11.6インチモデルが登場するといううわさも。(2010/10/7)

Editor's Voice:
日本企業の海外展開で求められる現地人幹部の抜擢
ITmediaエグゼクティブ編集部がいま最も注目しているのは、日本企業のグローバル展開です。企業の強み、弱み、文化などさまざまな要因が混じり合うため、とても難しいテーマです。(2010/9/17)

IT業界 転職市場最前線:
第16回 【転職市場】LAMP人気続く。SIerにも回復の兆し
不況で冷え込んでいたIT業界の転職市場に、回復の兆しが見え始めている。だが、業種や職種によって採用数や条件に大きな差異が生まれている。転職市場の動向を追い、自身のキャリア戦略立案に生かしてほしい。(2010/9/1)

IT業界 転職市場最前線(16):
【転職市場】LAMP人気続く。SIerにも回復の兆し
不況で冷え込んでいたIT業界の転職市場に、回復の兆しが見え始めている。だが、業種や職種によって採用数や条件に大きな差異が生まれている。転職市場の動向を追い、自身のキャリア戦略立案に生かしてほしい。(2010/8/23)

戦略コンサルタントの視点:
買ってはいけないベンダーを買わないために――安直なシナジーを信じてはいけない
企業が買収検討に合意すると、買い手は売り手の事業の価値・リスクを精査するためにデュー・デリジェンス(DD)と呼ばれるプロセスに入ります。今回はその中のビジネスデュー・デリジェンスについて、論じます。(2010/6/15)

カネタケの今日もせっせと業界研究:
第21回 人材に関する課題については「育成より採用優先」
IT業界就職ラボは、IT業界について研究し、情報発信を行う機関である。新米研究員カネタケは、ぐうたらしているところを所長に見つかり、膨大なデータを渡された。「学生の就職活動に役立つデータを報告せよ」。このミッションを遂行するために、今日もカネタケはせっせとデータの山に立ち向かう。(2010/5/18)

ビジネスマンの悩み相談室:
ホウレンソウをしない部下に悩む上司
今回は新年度に際して、多くのリーダーの方々に共通する悩みである「ホウレンソウをしない部下をどうしたらいいのか」についてお話ししたい。(2010/4/30)

ビジネスマンの悩み相談室:
「草食男子」の育成に悩む上司
日ごろお会いする企業のリーダーの方々から「最近の若手社員の考えがまるで分からない」という意見をしばしば聞く。上司としてどう対応すれば良いのだろうか。(2010/3/24)

【新連載】ビジネスマンの悩み相談室:
働かないバブル世代に悩む部下
日々奮闘するビジネスマンに悩みは絶えない。中でも特に厄介なのは、上司や部下に対する問題など職場における悩みである。新連載ではビジネスコーチングの見地から解決策を施していく。(2010/2/24)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
仕事の「できる人」から部下を「伸ばす人」へシフトする鍵
名選手は名監督にあらず。部下を観察し、実現するためのプロセスを一緒に考え共に学ぶリーダーが名監督になる。(2010/2/10)

海外から見た! ニッポン人エンジニア(2):
アジア9カ国のIT教授が語る、日本人技術者の特徴
時代を読む力は、生き残れるエンジニアの必須条件である。本連載では、海外と深い接点を持つ人物へのインタビューをとおして、IT業界の世界的な動向をお届けする。ITエンジニア自らが時代を読み解き、キャリアを構築するヒントとしていただきたい。 (2010/1/25)

世界で勝つ 強い日本企業のつくり方:
日本流と現地流の調和をどう生み出すか――ソフトブレーン・駒木専務
オフショア開発などで古くから中国進出に進出するソフトブレーンは、事業が軌道に乗るまでに人材面や社会環境の変化などのさまざまな課題に直面したという。それをどのように乗り越えて事業基盤を築いたのか、同社に聞いた。(2010/1/6)

IT業界 転職市場最前線:
第8回 業種によって求められる人財像に顕著な違いあり
平成の大不況の下、IT業界の転職市場は冷え込んでいる。だが、すべての企業が採用をやめたわけではなく、いつまでも採用が止まり続けるわけでもない。転職市場の動向を追い、来るべきときに備えよう。(2009/12/25)

IT業界 転職市場最前線(8):
業種によって求められる人財像に顕著な違いあり
平成の大不況の下、IT業界の転職市場は冷え込んでいる。だが、すべての企業が採用をやめたわけではなく、いつまでも採用が止まり続けるわけでもない。転職市場の動向を追い、来るべきときに備えよう。(2009/12/14)

IT業界 転職市場最前線:
起爆剤となるか? ソーシャルアプリ開発で採用ニーズ
平成の大不況の下、IT業界の転職市場は冷え込んでいる。だが、すべての企業が採用をやめたわけではなく、いつまでも採用が止まり続けるわけでもない。転職市場の動向を追い、来るべきときに備えよう。(2009/12/14)

PC向け動画配信、市場はまだ「ない」? JASRACシンポで議論
動画のネット配信ビジネスのトライアルはさまざまに行われているが、国内ではこれといった成功例がない。コンテンツのネット配信ビジネスは今後どうなるのか――JASRACシンポでNHKオンデマンドの責任者や夏野剛氏などが議論した。(2009/11/20)

相場英雄の時事日想:
どんな記者が引き抜かれていくのか? メディア界の2007年問題
団塊世代の大量離職が始まり、製造業などで技術の継承に支障が出ることを懸念された「2007年問題」。これまであまり報じられなかったが、実はメディア自身にも2007年問題が存在していたのだ。今回の時事日想は業界全体が抱えるこの問題にスポットを当てた。(2009/9/17)

IT業界 転職市場最前線(5):
エンジニア求人明暗。Web/金融は回復、SI系は低迷
平成の大不況の下、IT業界の転職市場は冷え込んでいる。だが、すべての企業が採用をやめたわけではなく、いつまでも採用が止まり続けるわけでもない。転職市場の動向を追い、来るべきときに備えよう。(2009/9/15)

IT企業のための人事制度導入ノウハウ(9):
報酬制度の設計・構築方法
IT企業の人事担当者に読んでほしい、人事制度導入ノウハウ。導入プロジェクト開始の準備から設計、導入、実際の運用まで、ステップごとに詳細に解説する。(2009/7/27)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。