ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

  • 関連の記事

「Brazos」最新記事一覧

関連キーワード

プロセッサ/マイコン:
新時代到来! ヘテロジニアス・コンピューティング最新動向【前編】
2014年1月14日、ヘテロジニアス・コンピューティングに向けたフレームワーク「HSA」(Heterogeneous System Architecture)をハードウェアレベルで初めてサポートするAMD Aシリーズプロセッサ“Kaveri”が正式に発表された。HSA対応アプリケーションの開発プラットフォームとしても期待を集めているKaveriを中心に、HSAの現状と今後を探る。(2014/2/6)

第2世代の省電力CPUコア“Jaguar”でIntelを追撃:
AMDが次世代APUを発表、タブレットや薄型ノートPC向けに省電力化を加速
AMDは“Temash”と“Kabini”の開発コード名呼ぶ省電力APUを、新しいAMD Aシリーズの下位モデルとして追加。また、上位モデルでは現行のAMD Aシリーズで採用するTrinityコアの改良版となる“Richland”に移行することで、パフォーマンスアップを図る。(2013/5/23)

企業の課題に対応するオフィスPC:
PR:ビジネスの現場が望む「省コスト・省スペース・省電力」を満たす1台──「Endeavor NB51E」実力診断
企業の大きな課題としてのしかかる「節電/省エネ」。日本企業のPCニーズを熟知するエプソンダイレクトが提案する「2013年度の新オフィスPC」はどんな性能か。新シリーズ「Endeavor NB51E」の実力をチェックする。(2013/2/26)

インテルとAMDとNVIDIAの次の一手は?:
大解説! 省電力なCPUとSoCの最新事情を整理する
PCが大きく変わろうとしている。タブレット市場の急速な伸びがPC市場に影響を与え、インテルもAMDもNVIDIAもタブレットデバイスを視野に入れたCPUの強化を図っている。(2013/2/21)

2013 International CES:
AMD、新型APU「Temash」「Kabini」「Richland」の概要を公開
2013年上期に出荷予定のSoC採用APUと2013年下期登場予定の28ナノプロセス採用APUの概要が明らかに。2013 CESでは、搭載デバイスのサンプルも登場する。(2013/1/8)

2012年PC秋冬モデル:
すべてのモデルでWindows 8。ディスプレイをグリンと開く“Yoga”も登場──レノボ「Idea」シリーズ
レノボ・ジャパンは、IdeaPad、IdeaCentreの新モデルを発表した。液晶ディスプレイが底面までぐるりと開く“Yoga”など、Windows 8対応モデルがそろう。(2012/10/18)

COMPUTEX TAIPEI 2012:
AMD、“Brazos 2.0”と“Trinity”を台北でアピール
AMDは、6月6日に新しいFusion APUを訴求する説明会を台北市で行った。会場には“Trinity”採用ノートPCや、新しいフォームファクタのデバイスも登場した。(2012/6/6)

頼りにするのは“Piledriver”と“Streamroller”:
「第2世代FXは2012年。28ナノプロセスは2013年」──AMD、2013年までのロードマップを公開
AMDは、2月2日(現地時間)に米国で「AMD Financial Analyst Day」を行い、2012〜2013年におけるロードマップを明らかにした。(2012/2/3)

ビジネスニュース オピニオン:
28nm APUの発注中止は自然な流れ、 AMDはロードマップ変更を示唆
AMDの複数の情報筋によると、同社はロードマップに重大な変更を加える可能性があるという。(2011/12/1)

“Sabine”のコストパフォーマンスは?:
もはや“3万9900円のノートPC”でもここまで使える時代――「HP Pavilion g6-1100AU」に驚く
ついこの前までNetbookでワイワイ騒いでいたかと思ったが、気が付けば、もっと“使える”ノートPCまで驚くほど安くなっていた。その代表格ともいえる1台をレビューする。(2011/8/2)

SSD搭載の11.6型モバイルPC:
バッテリー残量を気にせず使えるモバイルサブ機――「Pavillion dm1-3000」を試す
Fusion APUを採用する「HP Pavillion dm1-3000 Notebook PC」は、11.6型のコンパクトなボディに、必要十分な性能と公称10時間以上のバッテリーライフをつめこんだモバイル機だ。128GバイトSSDを搭載した直販モデル(7万9800円)の使い勝手を見ていこう。(2011/4/7)

イマドキのイタモノ:
「Zacate」は“いい”mini-ITXマザーボードになれるのか
Fusionの省電力モデル“Zacate”ことAMD Eシリーズを搭載するマザーボードが市場に登場してきている。その多くはmini-ITXだが、その性能はどうなのか?(2011/2/18)

Zacate搭載マザーボード図鑑付き:
その進化は第2段階──「AMD Asia Pacific Fusion Tech Day」
アジア太平洋州の関係者に向けてFusionの優位性を訴求するAMDのイベントで、Fusionが目指す将来の姿が示された。(2011/1/27)

従来モデルと徹底比較:
「VAIO Y(YB)」の真価を問う――“AMD Fusion APU”搭載モバイルノート
ソニーの「VAIO Y(YB)」は、AMDの最新プラットフォームを採用したモバイルノートPC。インテルプラットフォームの従来機と比較しながら、その実力をチェックした。(2011/1/13)

2011年PC春モデル:
AMD Fusion APU搭載の11.6型モバイルノート――「VAIO Y(YB)」
ソニーはVAIOの2011年春モデルに、11.6型ワイド液晶とAMD Fusion APU搭載のモバイルノート「VAIO Y(YB)」を追加した。1月29日に発売する予定だ。(2011/1/12)

元麻布春男のWatchTower:
2011年初頭、PC業界とその周辺を見渡して思うこと
新年早々、インテルやAMDの投入する新しいGPU統合型CPUが注目を集めている。2011年、PC、タブレット、スマートフォン、電子書籍端末はどうなっていくのだろうか。(2011/1/5)

VAIO Z、MacBook Air、そして……:
2010年を彩ったモバイルノートPC
2010年に盛り上がったデジタルガジェットといえば、スマートフォンやタブレットが思い浮かぶが、実はモバイルノートPCも豊作だった。印象的な名機を振り返りたい。(2010/12/31)

元麻布春男のWatchTower:
2011年のAMDは“APU”で総攻撃
AMDが2010年のFinancial Analyst Dayを開催した。金融アナリスト向けだが、最新ロードマップと“決意”を示す重要な機会。今回はどんな決意を示しただろうか?(2010/11/15)

AMD TFE 2010:
動く「Northern Islands」と「Llano」と「Zacate」で自慢する
AMDが台湾で行っているAMD TFE 2010では、“次世代”のGPUとAPUを実際に動かして、その性能を訴求した。競合の「3倍で半分」というLlanoの実力を垣間見る。(2010/10/20)

元麻布春男のWatchTower:
Analyst Dayで分かった「Bulldozer」の強味
Nehalem、Westmereと世代更新が進むインテルに対し、AMDは「2011年」まで待ちの構え。その2011年に大きく変化する新世代CPUの概要が明らかになる。(2009/11/13)

AMD、CPU+GPUのハイブリッド製品を2011年にリリース
AMDは2010年に初のデスクトップPC向け6コアプロセッサを、2011年にCPUとGPUを組み合わせたAPU製品の第一弾を投入する。(2009/11/12)

AMD、超軽量・低価格ノートPC市場への参入を表明
AMDはハイエンドサーバ用45ナノメートルOpteronとHPC向けの新しいグラフィックスチップを発表。「Yukon」でNetbook市場に参入する計画も明らかにした。(2008/11/14)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。