ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ブリヂストン」最新記事一覧

スマートファクトリー:
経産省のスマート工場実証事業を日立製作所などが受託
経済産業省が、第4次産業革命に向けた取り組みの1つとして推進するスマート工場の実証事業に対する委託先として、日立製作所、ムラテック情報システム、ミツイワの3社が採択された。(2016/6/22)

小寺信良が見た革新製品の舞台裏(5):
次の20年へ、電動アシスト自転車が迎える「第二の夜明け」
1993年に世界初の電動アシスト自転車「PAS」を発売したヤマハ発動機。この電動アシスト自転車という革新製品はいかにして生まれ、約20年が経過したこれからどのような進化を遂げようとしているのか。小寺信良氏が探る。(2016/6/21)

メルマガバックナンバー:
モノづくり総合版 メールマガジン 2016/06/16
「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」編集部が毎週木曜日にお届けしている『モノづくり総合版 メールマガジン』の内容をご紹介!(メルマガ配信日:2016年6月16日)(2016/6/17)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
人命に対する責任を人工知能に問えるのか
ブラックボックスに誰が責任を持つのか。(2016/6/16)

ITエンジニアの未来ラボ(11):
秀丸・xeyes・iOSシミュレータが動く! Windows 10、Xamarin、Cognitive Servicesの最新機能と活用例――de:code 2016基調講演
「de:code 2016」基調講演に、米マイクロソフト シニアバイスプレジデント兼チーフエバンジェリストのSteven Guggenheimer氏が登壇。最新の製品や技術、さらにはその活用例をデモショーケース形式で披露した。(2016/6/10)

スマートファクトリー:
人工知能でタイヤ成型工程の生産性を2倍に、ブリヂストンが進めるICT工場
タイヤ大手のブリヂストンはタイヤの生産性の向上に向け、ICT(情報通信技術)や人工知能技術を搭載した新たな生産システムを導入した。タイヤ成型工程において15〜20%の生産性向上を実現できたという。(2016/6/8)

世界に誇れる日本企業ランキング、1位は?
世界に誇れる日本企業といえば? 20〜60代の男女に聞いたところ、4年連続で1位だったのは……。リスクモンスター調べ。(2016/5/27)

世界を読み解くニュース・サロン:
舛添知事の“お金”の使い方に、なぜ不満を感じるのか
舛添都知事が政治資金の使い方をめぐって揺れている。海外出張にかなりの費用をかけているが、海外から見ても法外なのだろうか。実は米国でも州知事が海外へ出張して、ちょこちょこ問題になっているのだ。だが……。(2016/5/19)

タイヤ技術:
自動運転車のタイヤに求められることとは?
ブリヂストンは、栃木県那須塩原市のブリヂストンプルービンググラウンドで報道陣向けにタイヤ技術の説明/試乗会を実施した。タイヤがセンサーとなって路面の状態を判定する技術「CAIS(カイズ)」を搭載した車両や、次世代低燃費タイヤ「ologic」、運転時の疲労を軽減する「Playz」など、強みとする安全技術を実際に体験する機会を得た。こうした技術は自動運転車向けタイヤの開発にもつながっていきそうだ。(2016/4/20)

製造ITニュース:
「国内ユーザーの半数は製造業」、マイクロソフトのERPがクラウド化
日本マイクロソフトがクラウドベースのERP「Microsoft Dynamics AX クラウド」を発表。クラウド「Microsoft Azure」上でERPの全機能を利用できるようにするとともに、ライセンス形態をユーザー単位の月額課金となるサブスクリプションモデルに変更した。(2016/3/23)

オートモーティブ メルマガ 編集後記:
重要で高額な買い物なのに、タイヤは試す機会がなさすぎる
試着せずに服や靴を買うと失敗することがあるのに、タイヤは試せないんですか?(2016/3/22)

ブリヂストン「免震ゴム」強化 新製法開発 海外販売にも注力
ブリヂストンが地震の揺れを建物に伝えにくくする「免震ゴム」事業を強化している。(2016/3/1)

車を彩るお姉さん、お姉さん、お姉さん! 「NAGOYAオートトレンド2016」のコンパニオンを全力紹介
300を超える出展ブースの各所で、ドレスアップ&チューニング製品に華を添えるお姉さんたちに出会いました。名古屋、桃源郷。(2016/2/28)

オートモーティブ メルマガ 編集後記:
疲れるけど魅力的、クルマのスピードの楽しさ
首都高は湾岸線が一番好きです。(2016/1/26)

全力でお姉さんを紹介します! 「東京オートサロン2016」が幕張で開幕
今年は出展者数も出展車両台数も展示ブース総数も過去最大。つまり、過去最大のお姉さん祭り!(2016/1/16)

タイヤ技術:
ドライバーが運転で疲れにくくなるタイヤ、ブリヂストンが開発
ブリヂストンは、ドライバーの疲労を軽減する乗用車用タイヤ「Playz(プレイズ) PXシリーズ」を2016年2月1日から発売する。運転中にステアリング操作を微調整することがドライバーの疲労の原因である点に着目。車両のふらつきを抑制する設計により、ステアリングの微調整を減らしドライバーの疲労を軽減する。(2016/1/12)

材料技術:
TNGA向けのエンジンマウントと後部座席用シートパッド、ブリヂストンが新開発
ブリヂストンのエンジンマウント用防振ゴムと後部座席の座面用ウレタンシートパッドがトヨタ自動車の新型「プリウス」に採用された。ブリヂストンは低全高/低重心を追求した新型プリウスのTNGA(Toyota New Global Architecture)プラットフォームに対応するための技術を盛り込んで開発した。(2015/12/18)

企業動向:
ブリヂストンが北米に自動車用シートパッドの新工場、6億円を投資
ブリヂストンは北米で自動車用シートパッドの生産拠点を新設すると発表した。取引先のカナダの拠点に納入するため米国ニューヨーク州に新工場を設ける。設備投資は500万米ドル(約6億円)。2017年6月に本格稼働する。(2015/12/17)

タイヤ技術:
軽自動車のためのプレミアムタイヤ、ブリヂストンが5年をかけて開発
ブリヂストンは、同社のプレミアムブランド「REGNO」から軽自動車専用タイヤを発売すると発表した。REGNOらしい静粛性や乗り心地を軽自動車でも実感できるよう専用に設計を見直し、タイヤの性能にこだわる軽自動車ユーザーの増加に対応している。(2015/12/7)

タイヤ技術:
天然ゴム資源「パラゴムノキ」を侵す病魔を早期発見、ブリヂストンが新技術
ブリヂストンは、天然ゴムを産出する「パラゴムノキ」の病害の1つである根白腐病を簡易に診断する新技術を確立した。これまで、根白腐病であることを診断するのには、一定レベル以上の設備が必要で、総計3時間ほどの検出時間がかかっていたが、新技術は検査キットと電気ポットがあれば1時間以内で検査を完了させられる。(2015/12/1)

タイヤ技術:
タイヤがセンサーになる技術を世界初の実用化、2020年までに一般車に展開
ブリヂストンは、タイヤで路面状態をセンシングする技術「CAIS(カイズ)」が冬季の高速道路管理に採用されたと発表した。今後は、鉱山用トラックやバス、航空機などでの活用も見込んでおり、2020年までに一般の乗用車への展開も目指すとしている。(2015/11/26)

モータースポーツ:
世界最大のソーラーカーレースで最速タイムも準優勝に、工学院大学はなぜ敗れた
工学院大学が「ブリヂストン・ワールド・ソーラー・チャレンジ 2015」の参戦報告会を開催。最速タイムでゴールしたが、不可解なペナルティなどにより、トップのオランダチームに総合点で競り負け準優勝に終わった。しかし、早くも2年後の同大会でのリベンジに向け走り出し始めている。(2015/11/12)

東京モーターショー2015:
スーパーフォーミュラにタイヤ供給する横浜ゴム、「サイドフィンタイヤ」も展示
横浜ゴムは、長年ブリヂストンがタイヤ供給を担当していた全日本スーパーフォーミュラ選手権に、2016年からワンメイク供給を行うと発表した。(2015/11/4)

東京モーターショー2015:
空気のいらないタイヤ「ジャイロブレイド」は空気入りに劣らない乗り心地
住友ゴム工業は、「東京モーターショー2015」において、空気充てんが不要なエアレスタイヤテクノロジー「GYROBLADE(ジャイロブレイド)」を初公開した。樹脂スポークを使った空気のいらいないタイヤでは後発となるが「高いユニフォミティを確保できており、振動が少なく乗り心地の良いタイヤを実現できている」という。(2015/10/30)

蓄電・発電機器:
水素を満たすホースの限界を超えろ、ブリヂストンが82MPaの高圧モデルを製品化
ブリヂストンは水素ステーションなどで燃料電池自動車(FCV)に水素を充填する際に使用される高耐圧の水素充填用ホースを開発、今後本格的に販売を開始する。(2015/10/1)

蓄電・発電機器:
水素ステーションの設置費用半減へ、NEDOが7つのプロジェクト始動
高いコストが障害となり普及が進まない水素ステーションのコスト低減に向け、NEDOでは新方式の複合圧力容器蓄圧器など、新たに7つの研究開発プロジェクトを始動する。障壁を取り去ることで水素ステーションのさらなる普及拡大を目指す。(2015/9/10)

電気自動車:
パナソニックの太陽電池は世界に勝てるか、ソーラーカー世界大会の出場校を支援
ソーラーカーで約3000キロメートルの走破を目指す世界最大級のレース「ブリヂストン・ワールド・ソーラー・チャレンジ 2015」が2015年10月にオーストラリアで開催される。パナソニックは同大会に出場する東海大学チームとスポンサー契約を結び、同社の太陽光関連製品を提供する。(2015/9/1)

タイヤ技術:
ブリヂストンと住友ゴムが注目する天然ゴム資源「ロシアタンポポ」
タイヤの主原料である天然ゴムは「パラゴムノキ」から産出されている。パラゴムノキが熱帯で生育することもあって天然ゴムの生産地は東南アジアに集中しているが、このことはタイヤ産業にとっては大きなリスクになっている。そこで、パラゴムノキに替わる天然ゴム資源として注目されているのが「ロシアタンポポ」である。(2015/8/7)

工場ニュース:
インドネシアに自動車用防振ゴム生産のための合弁会社を設立
ブリヂストンとインドネシアのPT Astra Otopartsは、自動車用防振ゴムを生産する合弁会社設立のための合弁契約を締結した。合計投資金額は約16億円で、株式数比率はブリヂストンが51%、PT Astra Otopartsが49%となる。(2015/8/7)

モータースポーツ:
「惨敗から学び栄光つかむ」、工学院大が世界最大のソーラーカーレースに再挑戦
工学院大学は、新たに開発したソーラーカー「OWL(あうる)」を初披露した。2015年10月に開催される世界最大規模のソーラーカーレース「World Solar Challenge 2015」で悲願の優勝を狙う。(2015/7/27)

IT Leaders xChange サミット 2015 Springレポート:
PR:2020年に向け新たなビジネス機会創出を支援するマイクロソフト
2015年5月19日、日本マイクロソフト主催の「IT Leaders xChange サミット 2015 Spring」が開催された。IoTと2020年に向けたビジネス創出をテーマに、大手企業のCIOやマイクロソフト本社のキーマンから、数々の貴重な提言がなされた。(2015/6/30)

ブリヂストンとGEの意外な共通点
(2015/6/23)

タイヤ技術:
タイヤの転がり抵抗を測る日本唯一の“原器”は小平市にあった
東京都小平市にあるブリヂストンの中核研究開発拠点「技術センター」には、新たなタイヤを開発するためのさまざまな試験装置が設置されている。同社が報道陣に公開した、タイヤの転がり抵抗を計測する日本唯一の“原器”と呼べるような標準試験機や、時速400kmで走行中のタイヤの接地面を計測できる「アルティメットアイ」などについて紹介しよう。(2015/6/15)

国が選ぶ“攻めのIT”のトップランナー企業18社
経済産業省と東京証券取引所が“攻めのIT”に積極的に取り組む企業18社を「攻めのIT経営銘柄」として発表。投資家や経営層に周知することで、新事業の創出やビジネスモデル変革を導くなど、企業の収益性や競争力を高めるIT投資を促したいという狙いがある。(2015/5/27)

インテリアに:
廃タイヤを丸ごと1本使った大胆なBluetoothスピーカーが登場
モンドデザインは、廃タイヤを丸ごと1本使ったBlueotoothスピーカー「SEALスピーカー」を発売した。使用するタイヤは“140R12”。(2015/4/30)

製造マネジメントニュース:
中国化工集団がタイヤ大手のピレリを買収へ、本社拠点はイタリアから変えず
中国の国有化学企業である中国化工集団が、世界第5位のタイヤメーカーであるピレリを買収する。ただし、本社拠点や研究開発拠点、知的財産などはイタリア国内にとどめる契約になっている。(2015/3/24)

東京オートサロン2015 フォトギャラリー:
低燃費? そんなことよりかっこいいクルマだッ!――東京オートサロン2015
過去最高の来場者数を記録したカスタムカーの展示会「東京オートサロン2015 with NAPAC」。展示された数々のクルマの中から、筆者が気になったものをフォトギャラリー形式で紹介する。(2015/1/16)

FAニュース:
ブリヂストン、省エネルギー性能を付加した難燃性コンベヤベルトを開発
低燃費タイヤ「エコピア」で培ったゴム材料開発技術を応用し、難燃性を維持しながら、省エネルギー性能を付加したコンベヤベルトの開発に成功した。(2014/11/26)

タイヤ技術:
燃費が良くなるタイヤの新材料、ブリヂストンと花王が共同開発
ブリヂストンは、新たなタイヤ用ゴム材料を花王と共同開発したと発表。ブリヂストンの基盤技術「ナノプロ・テック」と、花王の界面制御技術の組み合わせにより、シリカを従来より多く含ませることのできるゴム材料の開発が可能になった。燃費性能やウェットグリップ性能を高めたタイヤの開発に貢献できるという。(2014/11/20)

タイヤ技術:
タイヤを最後の最後まで使い切るセンサー技術、ブリヂストンが開発
ブリヂストンは加速度センサなどを利用して、タイヤの摩耗具合を検知できる新技術を開発したと発表。同社が開発を進めているタイヤセンシング技術群「CAIS(カイズ)」のコンセプトに基づくもので、商用車で行われているタイヤのローテーション時期の把握などが可能になるという。(2014/11/14)

元ブリヂストンのタイヤ開発者が語る:
未来のタイヤが19世紀のものと同じ形になる理由
工学院大学が開催したプレス向けセミナーにおいて、同大学 機械創造工学科教授の中島幸雄氏が「将来のタイヤ像を提案する」をテーマに研究内容を紹介。環境規制やエコカーの普及が進む中で「タイヤの形は19世紀のときと同じになる」と語った。(2014/11/14)

エネルギー列島2014年版(25)滋賀:
琵琶湖の南にメガソーラー40カ所、市民共同発電の勢いも加速
全国の自治体の中で原子力災害対策に最も力を入れているのが滋賀県である。再生可能エネルギーの導入にも取り組み、災害に強い分散型の電力供給体制を拡大中だ。平坦な土地が広がる琵琶湖の南側を中心に、地元の企業によるメガソーラーや市民共同出資の太陽光発電所が急速に広がってきた。(2014/9/30)

視点:
動くイノベーションを捉える
コンセプト主導型の製品開発以外でも、その場所を移動しながら発生するイノベーション。素材・部品から最終製品メーカーまで、企業がどのようにそれを捉え自分のモノにするべきかを考察する。(2014/8/19)

目指すは「ファミリー全員PAS」:
活況“電アシ”自転車市場、次の一手──ヤマハの新「スポーティPAS」に乗ってみた
「電動アシスト自転車」が好調だ。市場拡大をにらみ、メーカーは従来のママチャリタイプ以外のラインアップ拡充や施策も積極的にアピールし始めている。その活動の一環となる車種「スポーティPAS」に乗ってみた。(2014/7/17)

MONOistゼミ 2014 レポート:
タイヤは車体よりも先に最適化設計を採用――ブリヂストン事例など
MONOist主催 CAEカレッジ「事例から学ぶ! 設計者CAEの最前線」では、工学院大学 中島幸雄教授がブリヂストンにおけるタイヤの最適化設計事例について、サイバネットシステムの古市洋也氏が流体解析ツールと最適化ツールを使った小型軸流ファンの形状の最適化事例について紹介した。(2014/4/9)

工場ニュース:
ブリヂストンがロシアで新工場の鍬入れ式――2016年生産開始
ブリヂストンはロシアに新たに建設する新工場で鍬入れ式を実施した。新工場では乗用車用ラジアルタイヤをロシア、CIS市場向けに生産する。(2014/4/3)

タイヤ技術:
横浜ゴムと韓国クムホタイヤが技術提携の基本契約を締結、資本提携協議も継続
横浜ゴムは、韓国のクムホタイヤと技術提携の詳細を詰めるための基本契約を締結することを決めた。次世代技術の共同開発によって、高騰する研究開発費の抑制と競争力の強化を目指す。(2014/2/17)

第18回「震災対策技術展」横浜 リポート:
情報孤立地域をいかに救うか――災害発生時に役立つワイヤレス技術
第18回「震災対策技術展」横浜に出展した情報通信研究機構(NICT)は、災害発生時に通信手段が断絶された被災地とのネットワークを確立するためのシステムとして、「小型無人飛行機による災害時無線中継伝送システム」と「超高速インターネット衛星『きずな(WINDS)』用小型車載局」を披露した。(2014/2/12)

タイヤ技術:
「BMW i3」の新車装着タイヤ、ブリヂストンが狭幅・大径の新製品を供給
ブリヂストンは、BMWの電気自動車「BMW i3」の新車装着タイヤとして、狭幅・大径を特徴とする超低燃費タイヤ「ECOPIA EP500 ologic」を納入していることを発表した。(2014/1/10)

エコプロダクツ2013:
ブリヂストンの狭幅・大径タイヤは「AAAA」クラスの超低燃費、2014年中の採用も
ブリヂストンは、「エコプロダクツ2013」において、狭幅・大径を特徴とする超低燃費タイヤ「ECOPIA with ologic」を展示した。2013年3月に発表した「ラージ&ナローコンセプトタイヤ」を商品化したもので、2014年中にも量産販売される車両に採用される見込みだという。(2013/12/18)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。