ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ブルース・チゼン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ブルース・チゼン」に関する情報が集まったページです。

Adobe、創業25周年に花を添える新製品を発表
創業25周年の節目に臨み、Adobe Systemsはオープンソースプロジェクトを発表した。(2007/12/14)

Adobe、CEO交代――ナラヤンCOOが昇格
AdobeのCEOを7年間務めたブルース・チゼン氏に代わり、シャンタヌ・ナラヤン社長兼COO(最高執行責任者)が12月1日付で新CEOに就任する。(2007/11/13)

Adobe決算、過去最高の売上高
Adobeの3〜5月期決算は、Creative Suite製品とAcrobatの好調な売り上げに支えられ、増収増益となった。(2007/6/15)

インターネットアプリで火花を散らすMSとAdobe、チゼンCEOは「真の革新」を強調
MicrosoftとAdobeがラスベガスのNABカンファレンスで火花を散らす中、ブルース・チゼンCEOは都内のホテルで、「ユーザー体験に真の革新を起こす」と話した。(2007/4/17)

アドビ、新プラットフォームの「Apollo」をアピール
アドビ システムズが2007年度第1四半期の業績を発表と、新プラットフォーム「Apollo」のデモを行った。(2007/4/17)

Adobe、37%の増益
Adobe Systemsの12〜2月期決算は、売上高は業績予想並みの6億4940万ドル、純利益は前年同期比37%増で、業績予想を上回った。(2007/3/21)

Adobe、新CFOにEMCのギャレット氏
2006年11月に前任が就任半年で辞任して以来、CEOが兼務していたAdobe Systemsの最高財務責任者に、マーク・ギャレット氏が任命された。(2007/1/25)

Adobe、過去最高の売上高で増収増益
Adobe Systemsの9〜11月期決算は過去最高の売上高を記録。ブルース・チゼンCEOは、買収したMacromediaの統合が順調だとコメントしている。(2006/12/15)

Adobe、半年でCFO辞任
Adobe Systemsのランディ・ファー氏が、最高財務責任者の職を辞任した。具体的な辞任理由については明らかにされていない。(2006/11/11)

Adobe、新CFOを任命
新CFOのランディ・ファー氏は、ハイテク業界で約30年にわたり財務と経営に携わった経験の持ち主。(2006/5/20)

Adobeのビジョンは「婚約指輪」と同じ? PDFとFlashも統合へ
来日したAdobeのチゼンCEOは、ニューアドビの新しいビジョンである「エンゲージメントプラットフォーム」を「婚約指輪」にたとえた。「情報が相手の心を動かすには、婚約指輪のような表現力が必要だ」(チゼン氏)(2006/4/21)

Adobe決算、売上高が過去最高に
Macromediaの買収を完了したAdobeの9〜11月期決算は、売上高が19%増で過去最高となった。CFOの辞任と日本法人の新社長も同時発表された。(2005/12/17)

Macromedia MAX 2005 Report:
企業顧客に照準を合わせるMacromedia、Flex 2とFlash Player 8.5のα版を公開
Macromedia MAX 2005でリンチ執行副社長は、Flashプラットフォームのロードマップを明確にするとともに、αバージョンが公開されたばかりの「Flex 2」と「Flash Player 8.5」の詳細を説明した。(2005/10/18)

やっぱりPDFとFlashは統合? アドビCEOが語るマクロメディア統合計画
米アドビシステムズのCEO、ブルース・チゼン氏が来日。マクロメディア合併後の同社の方向性について語った。(2005/9/29)

Adobe、6〜8月期業績で前年比21%の売り上げ増達成
Adobeの6〜8月期決算は、売り上げは前年比21%増、利益(GAAPベース)は同39%増となった。第4四半期には14〜19%の増加を見込んでいる。(2005/9/16)

Adobeの3〜5月期業績、CS2とAcrobat効果で過去最高売り上げ
Adobeの3〜5月期決算は、4月に発売したCreative Suite 2の売り上げなどに支えられ、過去最高の売上高を達成した。(2005/6/17)

ジョブズ氏はなぜ「Intel Inside」を選択したのか?
WWDCでの基調講演の後、ジョブズCEOはインタビューに応じ、IBMとの関係やIntelとの製品開発の可能性について語った。(2005/6/7)

AdobeがMacromediaを34億ドルで買収
FreeHandとIllustrator、GoLiveとDreamweaver。戦場を変えながら常にライバル関係にあった2社、Adobe SystemsとMacromediaがついに合併した。(2005/4/18)

PDFも統合〜「携帯ブラウザはコアエンジンになる」ACCESS
携帯ブラウザに、HTMLに留まらず各種フォーマットのデータを解釈・表示させる。それがACCESSの狙いだ。SVGやVoiceXML、PDFビューワなどの機能を統合する考えも話された。(2004/11/22)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。