ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「若手エンジニアたった1人のメーカー経営」最新記事一覧

特選ブックレットガイド:
“理想の製品づくり”に挑む1人家電メーカーの奮闘記
スタートアップのバイブル!?(2016/6/20)

メカ設計 メルマガ 編集後記:
製品に込められたストーリー
素敵な製品には、素敵な開発ストーリーがあるものだと思います。(2015/2/3)

メカ設計 メルマガ 編集後記:
問題はオタク趣味そのものではない
逮捕者が「スポーツマン」だとスルーなのに、「オタク」だと騒ぐ人たち。(2014/11/18)

MONOistミーティング冬レポート(2):
「お金がない」「技術がない」「製造・販売できない」「アイデアがない」は諦めるべきか?
メイカーズのビジネスについて考える「MONOistミーティング」の第2弾が開催された。「アイデアを具現化しよう!」と題したディスカッションでは、「ツールやモジュールの提供者」と「設計・製作の実践者」が語り合った。(2014/1/24)

【MONOistイベント】3Dプリンタの話題も!:
ベンチャー企業や町工場で面白製品開発にはげむ面々が一堂に集結
面白製品を“自分の手で”世に送り出す夢をかなえるには? ――MONOist主催のイベント「MAKERSたちのビジネスをつなぐ、3Dツールと町工場」では、日々、面白製品を開発する人たちによる生トークをお届けするイベントをお届けします。“一人家電メーカー”ビーサイズ八木さんの3Dプリンタ・トークにも要注目です。(2013/5/10)

いまどきエンジニアの育て方(15):
市場のニーズを知れば、設計の意義が見えてくる
開発の後工程が製造ならば、前工程はマーケティングや企画に当たります。若手の育成というとどうしても技術に偏りがちですが、新人のころから市場や顧客を知る機会を与えるのはとても大切です。仕様書通りに設計するだけよりも、市場の動きや顧客のニーズを知った上で設計した方が、若手にとっても面白くやりがいのある仕事になるはずです。(2012/11/27)

電子ブックレット(メカ設計):
若手エンジニアたった1人のメーカー経営
若手でマルチなエンジニアが、たった1人きりでデザイン家電開発に取り組み、世界的デザイン賞も受賞。今回はその開発の軌跡を紹介する。(2012/8/22)

“理想の製品づくり”に挑む:
若手エンジニアたった1人のメーカー経営(後編)
1人きりのデザイン家電開発秘話の後編。パイプの形状、熱対策や評価、量産、営業……さまざまな過程でのエピソードを紹介する。(2012/3/16)

“理想の製品づくり”に挑む:
若手エンジニアたった1人のメーカー経営(前編)
若手でマルチなエンジニアが、たった1人きりでデザイン家電開発に取り組み、世界的デザイン賞も受賞。今回はその開発の軌跡を紹介する。(2012/3/14)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。