ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「若手エンジニアたった1人のメーカー経営」最新記事一覧

MONOist編集部が語る:
製造業の今までの10年、これからの10年(後編)
2017年8月1日に10周年を迎えたMONOist。それを記念して編集部員が製造業とMONOistのこの10年と将来について語った。笑いあり、涙ありの熱いトークバトルの後編をお届けする。(2017/9/6)

特選ブックレットガイド:
“理想の製品づくり”に挑む1人家電メーカーの奮闘記
スタートアップのバイブル!?(2016/6/20)

メカ設計 メルマガ 編集後記:
製品に込められたストーリー
素敵な製品には、素敵な開発ストーリーがあるものだと思います。(2015/2/3)

メカ設計 メルマガ 編集後記:
問題はオタク趣味そのものではない
逮捕者が「スポーツマン」だとスルーなのに、「オタク」だと騒ぐ人たち。(2014/11/18)

MONOistミーティング冬レポート(2):
「お金がない」「技術がない」「製造・販売できない」「アイデアがない」は諦めるべきか?
メイカーズのビジネスについて考える「MONOistミーティング」の第2弾が開催された。「アイデアを具現化しよう!」と題したディスカッションでは、「ツールやモジュールの提供者」と「設計・製作の実践者」が語り合った。(2014/1/24)

【MONOistイベント】3Dプリンタの話題も!:
ベンチャー企業や町工場で面白製品開発にはげむ面々が一堂に集結
面白製品を“自分の手で”世に送り出す夢をかなえるには? ――MONOist主催のイベント「MAKERSたちのビジネスをつなぐ、3Dツールと町工場」では、日々、面白製品を開発する人たちによる生トークをお届けするイベントをお届けします。“一人家電メーカー”ビーサイズ八木さんの3Dプリンタ・トークにも要注目です。(2013/5/10)

いまどきエンジニアの育て方(15):
市場のニーズを知れば、設計の意義が見えてくる
開発の後工程が製造ならば、前工程はマーケティングや企画に当たります。若手の育成というとどうしても技術に偏りがちですが、新人のころから市場や顧客を知る機会を与えるのはとても大切です。仕様書通りに設計するだけよりも、市場の動きや顧客のニーズを知った上で設計した方が、若手にとっても面白くやりがいのある仕事になるはずです。(2012/11/27)

電子ブックレット(メカ設計):
若手エンジニアたった1人のメーカー経営
若手でマルチなエンジニアが、たった1人きりでデザイン家電開発に取り組み、世界的デザイン賞も受賞。今回はその開発の軌跡を紹介する。(2012/8/22)

“理想の製品づくり”に挑む:
若手エンジニアたった1人のメーカー経営(後編)
1人きりのデザイン家電開発秘話の後編。パイプの形状、熱対策や評価、量産、営業……さまざまな過程でのエピソードを紹介する。(2012/3/16)

“理想の製品づくり”に挑む:
若手エンジニアたった1人のメーカー経営(前編)
若手でマルチなエンジニアが、たった1人きりでデザイン家電開発に取り組み、世界的デザイン賞も受賞。今回はその開発の軌跡を紹介する。(2012/3/14)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。