ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

  • 関連の記事

「Business Analytics」最新記事一覧

ビジネスアナリティクス、ビッグデータの文脈(1):
ビジネスアナリティクス、機械学習の進化とSASの新アーキテクチャ
統計解析、予測分析でリーダー的存在の米SASが、同社製品群の大部分を新アーキテクチャに移行すると、2016年4月に発表した。これを、ビジネスアナリティクスの世界全般における動向との関連で探る。(2016/5/10)

特集:インフラエンジニアのためのハードウェア活用の道標(2):
クラウド時代だからこそ知っておきたいハードウェア動向――今後のストレージ活用で押さえておきたい3つのキーワードとは
なぜ今ハードウェアの知識が求められるのか。今回は、ガートナー ジャパンの鈴木雅喜氏に、「クラウド時代だからこそ知っておきたいハードウェア動向」「今後ストレージをビジネスで活用する上で押さえておきたい3つのキーワード」について聞いた。(2016/4/8)

インメモリの高速DBで分析性能を強化:
Tableauがデータベースベンダー「HyPer」を買収
TableauがインメモリDBベンダー「HyPer」を買収した。分析製品の強化につなげる。(2016/3/16)

12cへの移行がクラウドのメリットを最大化する:
PR:Oracle Database 12cを核としたオラクルのクラウド戦略はなぜOPEX削減にも効果があるのか
製品名にクラウドの名を冠した「Oracle Database 12c」が、さらなる進化を続けている。オラクルのハイブリッドクラウド戦略で核となる同製品が指向する次世代のデータ管理アーキテクチャとは、どのようなものなのだろうか?[パブリッククラウド][プライベートクラウド/データベース統合][Oracle Database 12c][Oracle Cloud][Oracle Mutitenant][Oracle Enterprise Manager](2016/3/15)

IDC Japanと、トップシェアのEMCジャパンが対談:
PR:オールフラッシュストレージは当たり前になったか、もっと当たり前になれるのか
オールフラッシュストレージ製品が話題になっていることはたしかだが、まだ大企業のデータベース高速化が主な用途ではないのか。今後オールフラッシュストレージはどう使われていくのか。ストレージ製品市場の動向に詳しいIDC Japanの鈴木康介氏と、国内オールフラッシュ製品市場において「EMC XtremIO」がトップシェアというEMCジャパンの渡辺浩志氏に、アイティメディア ITインダストリー事業部 エグゼクティブエディターの三木泉が聞いた。(2016/3/7)

Gartnerが2016年版 市場評価レポートを発表
BI/BA製品の「リーダー」は3社のみ、大変動ランキングに波紋
GartnerがBI/BA製品に関する2016年版の評価レポート「Magic Quadrant」(マジッククアドラント)を発表した。ベンダーのランキングには幾つかの大きな変化があった。(2016/3/3)

データを味方にビジネスを勝ち抜く、分析基盤の作り方
2カ月でグローバル規模の分析基盤を整えた、ヤンマーグループの事例に学ぶ
ビジネスで生み出されるデータを集計・分析し、さまざまな場面に生かす取り組みが関心を集めている。2カ月という短期間かつ低コストで、グローバルの分析基盤構築に成功した、ヤンマーグループの事例を紹介する。(2016/2/19)

Microsoft、顔認識技術応用の“あなたを犬に例えると”ツールを公開
Microsoftが昨年公開の顔写真から年齢と性別を当てるサービスに続けて、写真からどんな犬に似ているかを判定するWebサービスを公開した。サティア・ナデラCEOは「真剣で非常に知的なジャーマンシェパード」という判定だった。(2016/2/12)

Computer Weekly製品導入ガイド
自社に合ったビッグデータアプライアンスの選定
ビッグデータ分析の分野はまだ比較的成熟度が低い。支出に見合った価値を保証するため、ビッグデータアプライアンスは慎重に選ぶ必要がある。(2016/1/27)

勝ち抜くための組織づくりと製品アーキテクチャ(12):
画像センサーメーカーに学ぶ、事業創造のヒント
今回は、「事業創造」について考えてみよう。決してたやすいことではないが、“事業領域の拡大”というのも、立派な「事業創造」の1つである。ここでは、あるイメージセンサーメーカーを例にとり、同社がどのように「事業創造」を実現させたのかを見てみよう。(2016/1/25)

Computer Weekly製品導入ガイド
データウェアハウスとしてのSAP HANA
企業はインメモリデータマート向けのSAP HANAと、他のデータウェアハウスを統合したSAP Business Warehouseを利用している。(2016/1/13)

2015年の管理職報酬に変化はなし
昇給の鍵は“業務部門の御用聞き”からの脱却――IT部門幹部 報酬調査
IT部門の上級職は、デジタル化して急速に変化している市場に対応するため、IT戦略の軌道修正に努めている。2015年に変化がなかったのは、管理職の報酬くらいだろう。(2016/1/3)

あらゆるデータにSQLでアクセス:
米マイクロソフト、多様なデータの統合分析を可能にするMetanautixを買収
米マイクロソフトは2015年12月18日(米国時間)、Metanautixを買収したことを明らかにした。Metanautixは、多様なデータを統合することで、ビジネスデータ分析を支援する技術を持つ企業という。(2015/12/21)

実践 Splunk道場:
第1回 オペレーションを変えるマシンデータの活用とは?
ITシステムやセキュリティをはじめ、その運用をより良くしていくヒントはデータにあります。その分析プラットフォームとして注目されているSplunkの使い方を解説していきます。(2015/11/17)

Computer Weekly製品導入ガイド
カスタマーエクスペリエンス向上のためにCIOが取るべき5つの行動
IT職のアップグレード、指標の修正、構造改革、社内から社外への文化的シフトなどの行動が求められる。(2015/11/12)

即席!3分で分かるITトレンド:
毎週3分、情シスドリル コレ1枚で分かる「DataとInformationとIntelligenceの違い」
さまざまな「情報」を分析し、ビジネスにおける意思決定に活用する「ビジネスインテリジェンス(BI)」をより深く理解するキーワードが、「Data」「Information」「Intelligence」です。どれも日本語では「情報」ですが、3つに分けて考えるとBIの仕組みが見えてきます。(2015/11/9)

EMC Forum 2015リポート:
PR:EMCとユーザー企業が語った、第3のプラットフォーム時代への取り組み
EMCジャパンは2015年10月15日、東京で「EMC Forum 2015」を開催。国内企業のITが大きく変化しようとしているいま、現在から未来への橋渡しを同社が果たせるとアピールした。また、東芝、日本通運、富士フイルムの新たなITへの取り組みを、ユーザーが詳細に語った。基調講演とユーザーの講演を中心に、同イベントの内容をまとめた。(2015/11/16)

即席!3分で分かるITトレンド:
毎週3分、情シスドリル コレ1枚で分かる「ビジネスインテリジェンス(BI)」
業務データを迅速に分析・活用する手法として注目されている「ビジネスインテリジェンス(BI)」は、何をどう知りたいときに使えるのだろうか。BIを活用する業務の場面を交えながら、分かりやすく解説します。(2015/10/26)

Computer Weekly製品導入ガイド
ログデータから先進的なオペレーショナルインテリジェンスへの転換
サーバやセキュリティのログを分析してサイバー犯罪や社内の不正に対処し、ユーザーエクスペリエンスを最適化する紹介する。(2015/10/16)

ガートナーに聞く:
ビッグデータの重力とBIプラットフォームベンダーの新たな動き
ビッグデータの重力が、BIプラットフォームの世界全体を徐々に変えつつある。BI製品ベンダー各社は、新たな世界に向けた動きを強めていると、ガートナーのシンディ・ホーソン氏はいう。Amazon Web Servicesのこの分野での活動強化も、十分に考えられるようになってきている。(2015/9/18)

Database Watch(2015年8月版):
「Oracle Cloud Platform」は日本のオラクルユーザーのクラウド移行を助ける?
新しいIT環境のトレンドと既存の技術はどう共存できるでしょうか? 多くのITベンダーが両者の連携や統合を模索する中、日本オラクルもクラウドプラットフォームを軸に既存システムの“現代化”支援を打ち出しました。(2015/9/8)

PR:どの企業にも「隠れビッグデータ」は必ずある、CTCとシスコが提供する現実解とは
多くの国内企業において、ビッグデータに関する認識は高まり、焦点は「具体的に何をどうするのか」に移ってきた。そうした時期にタイミング良く、CTCがCisco UCSを採用した「ビッグデータパッケージ」の提供を開始した。CTCは自社の検証施設で自らが体験してきたCisco UCSの使い勝手を生かし、ユーザー企業がデータ活用に専念できるような環境を提供しようとしている。(2015/10/5)

データ分析を“次のステップ”へ:
PR:企業のデータ、可視化から未来の予見へ――新世代のBIツール「SAS Visual Analytics」とは?
データをビジネスに生かそうと、多くの企業でBIツールの導入が進んでいる。数多くのBIツールがしのぎを削っているが、それが結果に結び付かないケースも多いのが現実だ。データ分析への取り組みが失敗してしまう理由は、一体どこにあるのだろうか。(2015/8/24)

Computer Weekly製品導入ガイド
小売大手M&S、データ分析で供給態勢を改善
Marks & Spencerはロジスティクスを改善するためのバックエンドプロジェクトを予測分析の革新へと膨らませ、取締役レベルの意思決定の原動力とした。(2015/6/29)

国内中堅中小企業、2016年は“攻め”のIT投資へ――IDC調査
中堅中小企業のIT投資は、2015年には消費税増税や円安の影響で前年比マイナス成長が予想されるが、2016年にはモバイルやクラウドなどへの戦略的投資が増えるとみられている。IDC Japan調べ。(2015/6/16)

全ての人が自在に使えるわけではない
次のExcelになる――セルフサービスBIの全社導入は可能か
ビジネスインテリジェンス(BI)やビジネス分析の分野において、セルフサービス型のツールが人気を集めている。だが、ビジネスユーザーに受け入れてもらうには、入念な導入計画が必要になる。(2015/6/9)

DMS2015開催直前! ブース出展情報:
製造現場のビッグデータ活用、“可視化と分析”で支援する日立ソリューションズ
日立ソリューションズ東日本は「第26回 設計・製造ソリューション展(DMS2015)」で、プロジェクト管理統合プラットフォーム「SynViz S2」や需要予測ソリューション「ForecastPRO」など、製造現場で求められつつあるビッグデータの活用にフォーカスしたさまざまな製品を紹介する。(2015/6/3)

PR:デジタル時代の匠たち〜目指すはビッグデータ時代の開拓者〜お客さまと共に、新たなビジネス機会を探求するプロたち
移り気で気ままな「個」客はどんなサービスを望んでいるのか、ビジネスの最前線で最適な意思決定を迅速に行うにはどんなデータが必要なのか、膨大かつ多様なデータから新たな価値を導き出すには試行錯誤が欠かせない。顧客に寄り添い、彼らも気がついていないデータの生かし方や洞察を見出し、顧客と一緒に新たなビジネス機会を模索するITのプロたちを追った。(2015/5/28)

「Cisco Data Center Forum 2015」レポート:
PR:GMOクラウド、ビデオリサーチが採用、次々に具体化するCisco UCS、Cisco ACIのビジョン
シスコシステムズ(以下、シスコ)は2015年4月17日、パレスホテル東京で、次世代データセンター向けソリューションを紹介するイベント「Cisco Data Center Forum 2015」を開催。同社のサーバー、ネットワーク製品が新たな段階に入っていることを印象付けた。その模様を詳しくリポートする。(2015/5/25)

Microsoftの顔写真での年齢/性別当てサイトが人気に(Azureのデモで)
Microsoftがビッグデータ解析サービスのデモとして紹介した顔写真から年齢と性別を当てるWebページ「How-Old.net」を公開した。Build 2015の基調講演での紹介中、リアルタイムで世界中から顔写真がアップロードされた。(2015/5/1)

Weekly Memo:
「BIソフト無料」を打ち出したマイクロソフトの意図
日本マイクロソフトがビッグデータ活用の促進に向け、無料のBIソフトとクラウドを組み合わせたサービスを発表した。この分野の新たなビジネスモデルになるかもしれない(2015/4/27)

Googleアナリティクス入門:
第1回 IT管理者も知っておきたいGoogleアナリティクスの概要
今やWebページも企業の「顔」の一つとなっている。その「顔」が十分に活用されているのか、確認するにはアクセス分析が効果的だ。しかし、具体的にはどうすればよいのか。本連載では、分析ツールとして広く利用されているGoogleアナリティクスの概要と、代表的なアクセス分析の方法について解説していく。(2015/4/23)

京セラドキュメントソリューションズ、グローバル統合データベースを構築
ERPやCRM、機械情報などの構造化データとカスタマーボイスなどの非構造化データを一元的に管理できる基盤を実現している。(2015/2/9)

Weekly Memo:
激戦区「ビジネスアナリティクス市場」の新潮流
2015年はビジネスアナリティクス(BA)市場がますます激戦区になるだろう。その新潮流として、企業システムにおけるBAの役割が大きく広がる可能性も出てきた。(2015/1/13)

製造ITニュース:
明日の出荷は“人工知能”との対話で決めろ! クラウド型「ワトソン」提供開始
IBMは新たに自然対話型人工知能「ワトソン」によるデータ分析をクラウドサービスとして利用可能な「IBM Watson Analytics」の提供開始を発表した。(2014/12/18)

日本オラクル、高速データ分析マシンの最新モデルを発売
高速分析専用アプライアンス最新版となる「Oracle Exalytics In-Memory Machine X4-4」の国内提供を開始する。(2014/12/2)

インメモリ技術のマルチテナント運用に向けた布石、SAPがHANA新版
SAP HANAの最新版では共通システム基盤でのマルチテナント対応や数百テラバイト級のデータをインメモリ展開した際の対応など、複数アプリケーションで同技術を本格運用した場合を見越した機能拡張が図られた。(2014/12/2)

PLMニュース:
米PTC、セールスフォースのデータとIoTプラットフォームとの連携を表明
IoTのデータとマーケティングのデータを連携させ、製品設計やカスタマーサービス、ビジネスの意思決定など、製品ライフサイクルにまつわるさまざまな場面で有効にデータを生かす。(2014/11/26)

ワトソンでツイート解析:
TwitterとIBM、ビジネス分析で提携
IBMの顧客はTwitterのfirehose(公開ツイートデータ)をIBMのWatson Analyticsなどのクラウドベースの解析サービスで分析し、意思決定の参考にできる。(2014/10/30)

日本HP、自社のERP移行ノウハウを生かした基幹システム向けマシンを発表
インメモリ技術「SAP HANA」を活用したデータベースマシンを発表した。同社とHPが共同で取り組んでいるERP移行プロジェクトなどの知見や技術を反映させたという。(2014/10/24)

事業分野はまだ広がるのか:
SAPを射程に入れたセールスフォース、5年後の姿は?
セールスフォースは5年後にどうなっているのか。同社会長兼CEOのマーク・ベニオフ氏は、Dreamforce 2014で、2020年に向けた事業計画の概要を紹介した。一方、社長兼副会長のキース・ブロック氏は、「SAPを追い越すことが目標」と語った。(2014/10/20)

Computer Weekly製品導入ガイド
ビジネスプロセス自動化がもたらす新しい世界
ビジネスプロセス自動化は、可能な限りの場面で人の存在を排除することにより、市場における変化のペースに対応する。(2014/9/26)

Maker's Voice:
IBMが開発する次のBIツール、データ分析に苦労する企業の福音になるか
ビジネスインテリジェンス(BI)ソリューションが世に出て久しいが、まだまだ誰もが活用する状況にはなっていない。IBMでBI事業戦略を手掛けるアリー・マワニ氏が、研究開発段階のBIツールを披露した。(2014/9/18)

位置/空間情報分析ツールが高成長分野に――IDC調査
IDC Japanの調査によると、2013年の国内BAソフトウェア市場は前年比成長率7.7%で、中でもBIツールと位置/空間情報分析ツールが高成長分野となっていることが分かった。(2014/9/1)

分析のカリスマから学ぶ
女性が増えると分析力アップ? 精鋭データサイエンスチームを作る7つの教訓
データサイエンティストが習得すべきプログラミング言語は何だろうか。また、彼らにはどのような指導が必要だろうか。チームにもっと女性を参加させるべき理由は何か。これらの疑問を含めた7つの項目に答える。(2014/8/27)

「企業の現実にマッチした仕組み」のために:
PR:多様なデータから“価値”を引き出す先鋭ビッグデータソリューションの全容
ビッグデータから真に役立つビジネス価値を引き出すためには、企業の基幹データや大量の非定型データといった多様なデータを容易に組み合わせて分析できる環境が必要だ。そして好機を逃さぬよう、分析結果はスピーディに得られなくてはならない──こうしたコンセプトの下、企業のビッグデータ活用をトータルに支援すべく設計されているのが、オラクルのビッグデータソリューションである。[ビッグデータ][Engineered System](2014/7/28)

ナレッジワーキング!!:
ビジネスに必要な視点はデジタルカメラが教えてくれた
物事を分析するときには、まったく異なる2つの視点から見ることが重要です。カメラ用語には「視点」「ビジョン」「フォーカス」など、モノの見方に関するキーワードがちりばめられています。(2014/6/12)

業務アプリ/ビジネス分析市場は継続成長、クラウド化が焦点に
IDCによれば、ビジネス分析市場は2018年まで年率4.8%成長が期待される。(2014/6/11)

ビジュアルなリポートで将来を予測する
データ分析のハードルを大きく下げる BAソリューションが注目される納得の理由
データ分析の重要性は分かっているが、BIツールでは現状の把握にとどまってしまう。またBAツールは使い方が難しく使いこなせない。その常識を覆す、ビジネスの将来予測も可能で簡単に使いこなせるツールとは?(2014/4/16)

経営課題とIT投資では「売上向上」も論点に――IDC
IDCがユーザー企業を対象に実施した調査では人材育成や販売/営業プロセスの強化、新規顧客の獲得などを挙げる回答率が高くなった。(2014/4/8)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。