ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ビジネスチャンス」最新記事一覧

戦略を立てるために理解すべきこと
IoTのビジネスチャンスはどこにある? 素通りできない「5つの戦場」とは
IoTは「1つの市場」ではない。独自のチャンス、課題、キープレーヤーが存在する「5つの重要な戦場」と見るべきだ。まずは戦場の力学を知っておきたい。(2016/11/22)

週刊「調査のチカラ」:
ポストSMAPから人工知能の未来、最新インバウンド動向まで 調査で占う「次の商機」
話題の新技術がビジネスとして「モノになりそう」な時期からポストSMAPの動向まで。調査データから「次なるビジネスチャンス」を読み取る。(2016/10/8)

エンプラ週末こぼれ話:
「AWSの支払いはこれで」――クラウドの普及でクレカ業界に新たなチャンス?
クラウドの普及でビジネスが変わるというのは、よく聞く話ではあるが、どうやらクレジットカード業界にも影響を与えているようだ。クレディセゾンが新たなビジネスチャンスを見いだしたのは、AWSを利用しているベンチャー企業だった。(2016/9/30)

「ピカチュウ見せれば10%引き」の店も 「Pokemon GO」1週間、ビジネスチャンスもトラブルも
Pokemon GOの国内配信開始から1週間。経済効果を見込む企業などがある一方、操作に気を取られた交通事故が相次ぐなど、波紋も広がっている。(2016/7/29)

TIS株式会社提供Webキャスト
電力小売市場への新規参入を支えるITシステムサービスと市場動向を解説
2016年4月から電力小売市場が完全に自由化された。新市場への参入を検討している事業者も300社を超えるとされており、ビジネスチャンスの拡大が期待されている。そうした中、新規参入企業向けに提供されているITシステムにも注目が集まる。(2016/7/8)

自動運転技術 SBドライブ インタビュー:
5Gからドライバー育成まで、ソフトバンクが自動運転でやろうとしていること
「なぜソフトバンクがクルマ?」という社内の疑問の声に対し「自動運転にビジネスチャンスがある」と声を大にして説得したのは、30歳の中堅社員だった。「自動車メーカーやサプライヤとは競合しないが、ソフトバンクグループができることは多い」と語るSBドライブ 社長の佐治友基氏らに話を聞いた。(2016/7/5)

ESEC2016特別企画:
PR:IoTデバイスのビジネスチャンスを生み出す「Microsoft Azure Certified for IoT」
マイクロソフトの「Microsoft Azure Certified for IoT」は、OSやデバイスの種類を問わずクラウドへつながることを無料で認証するプログラムだが、単純な認証にとどまらず、さまざまな角度から「IoTビジネス」を推進するプログラムでもある。ESEC2016の会場で垣間見えたその魅力を紹介する。(2016/6/1)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「IoTで全てがつながることの価値」
IoT(Internet of Things)でモノとモノがつながると、どんな未来が実現するのだろう? そしてそこには、どんなビジネスチャンスがあるのだろう? 身近な自動車を例に考えてみましょう。(2016/5/2)

あなたの隣の「人工知能」:
なぜ、IoT×人工知能で“住みよい街作り”ができるのか
ビジネスからゲーム、メディア、医療、行政の分野まで、あらゆるところに進出し始めているIoTと人工知能。この技術は私たちの暮らしや働き方をどのように変え、どんなビジネスチャンスを生み出すのか――。今回は街作りとの関係を見ていこう。(2016/4/21)

GEに聞く、IoTでビジネスが一変する理由
2012年に「インダストリアル・インターネット」というビジョンを掲げ、IoTへの取り組みをいち早く始めたGE。IoTという大きなトレンドに対し、同社は“企業や産業の垣根を超えたビジネスチャンス”を感じているという。その理由とは……。(2016/4/20)

最も注意すべきはデータプライバシー
あなたの情報を集める“スマート家電”、ベンダーが陥る罠とは?
IoT(モノのインターネット)に接続する機器を視聴に投入したい企業は目先のビジネスチャンスに目がくらんで、簡単なトラップにあっさりとかかったりする。そんなみじめなことにならない3つのポイントを確認する。(2016/3/18)

ホワイトペーパー:
“将来性のあるモバイル企業”になるヒント
モバイルがもたらすビジネス・チャンスを手にするために、既にモバイル戦略で結果を出している「モバイル戦略リーダー」たちの回答から成功へのヒントとアドバイスをつかもう。(2016/2/8)

ホワイトペーパー:
データセンターの「相互接続」はどのようなビジネスチャンスをもたらすか?
グローバルなビジネス展開においてデータセンターに求められる要件とは何だろうか? 現在の企業が検討すべきデータセンターサービスの選定要件と、「相互接続」がもたらすビジネスチャンスを解説していこう。(2015/12/9)

ポイントは消費行動の分析
訪日外国人「年間4兆円の購買力」を売りにつなげるには?
訪日外国人の急増というビジネスチャンスを小売業・流通企業はもうけにつなげることができるのか。鍵は外国人の消費行動分析だ。「訪日前」「訪日中」「帰国後」という3つの切り口から売上向上のヒントを紹介する。(2015/12/4)

FA メルマガ 編集後記:
日本のインダストリー4.0の“空白地”は誰が埋めるのか
“空白地”は課題でもあり、ビジネスチャンスでもある。(2015/11/6)

短納期かつ高精度を実現!:
ビジネスチャンスを逃さないOTP内蔵電池保護IC
ミツミ電機は2015年10月10日まで開催された「CEATEC JAPAN 2015」でウェアラブル機器にも対応したリチウムイオン電池関連ICの新製品を展示した。(2015/10/14)

医療と食マーケティングと塩分濃度の関係
2014年度、日本の医療費が40兆円を超えた。このままでは団塊の世代が後期高齢者となる2025年度以降に、国家財政が医療費で破たんしかねない。ここにビジネスチャンスがある。(2015/9/28)

ビジネスチャンスは大きいが……:
自動運転車、普及の課題は技術ではない?
ドイツのIT業界団体が行った調査によると、コネクテッドカーや自動運転車をビジネスチャンスと捉えている企業は多く、関連業界はおおむね歓迎モードだという。自動運転車の普及の障壁となっているのは、実は技術的な課題ではないようだ。(2015/9/18)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
JR北海道からSL拝借、東武鉄道に「ビジネスチャンス」到来
とてつもなく楽しいニュースだ。東武鉄道が2017年を目標に蒸気機関車の運行を準備しているという。JR北海道で活躍の場を失った機関車を借り受け、ついに大手私鉄がSL観光列車に名乗りを上げた。その背景に、東武鉄道のシニア顧客獲得がありそうだ。(2015/8/14)

急増するアプリケーション需要に柔軟/迅速に応える
わずか15分でサービスイン、超短時間システム構築が可能にするビジネスチャンスとは
ITを使ったビジネスの進展により、企業が活用するアプリケーションの数は急増している。パブリッククラウド並みの迅速性を持ちながらもエンタープライズ用途としての信頼性があるIT基盤が必要だ。その解決策とは。(2015/7/31)

モノづくり×ベンチャー インタビュー(4):
IoTで広がるビジネスチャンス、愛知県に見る地方発ベンチャーの育て方
政府が掲げる「地方創生」の方針やベンチャーキャピタルによる投資額の増加もあり、地方発のベンチャー企業の育成が盛り上がっている。愛知県名古屋市で2003年からベンチャー企業の育成に取り組む「あいちベンチャーハウス」を取材した。(2015/6/23)

基幹系データを売り上げに直結させる現実解:
PR:ワークスタイル変革! メインフレームデータをビジネスチャンスに生かす安全・確実な方法とは?
メインフレーム上にある基幹データはビジネス機会を掘り起こす宝庫。基幹データをモバイルやWebで参照できれば収益向上のチャンスは大きく広がる。これまでは実現することが難しかったメインフレームのデータを柔軟に活用するための現実解を紹介する。(2015/6/23)

Googleによるゲノム情報保管サービス「Google Genomics」により、私たちの未来はどう変わる?
ヒト一人のゲノム情報のデータ容量は100Gバイトにもなります。膨大なデータを保管しておくストレージが必要となりますが、ここに目を付けてビジネスチャンスに変えたのがGoogleです。(2015/6/7)

製造業のためのサービスビジネス入門(4):
IoTのビジネスチャンスをどう見つけるか?
IoT(モノのインターネット)の進展により製造業においてもサービスビジネス拡大が期待されています。本連載ではサービスビジネスの基本的な話を分かりやすく解説しています。4回目となる今回はサービスビジネスにおけるマーケティング戦略について解説してきます。(2015/6/5)

エネルギー業界の転職市場動向(6):
エネルギー分野に注目するIT企業とコンサルティング業界
電力小売の全面自由化をビジネスチャンスととらえ、業界を問わずエネルギー分野の取り組みが始まっている。IT企業やコンサルティングファームによる人材採用の動きも活発になってきた。専門性の高い2つの業界で進むエネルギー分野の転職市場について解説する。(2015/5/29)

日本人スタッフが人力でデータ入力:
PR:"タブレットに手書き"でペーパーレス化! 最安0円からアンケートや申込用紙が作れる「KAMIMAGE」
アンケートや申込用紙をお客様に手書きで記入してもらったり、建築工事や介護などの現場でスタッフが手書きでレポートを書いたり……という現場は多い。手書きした紙をデータ化するにはこれまで1カ月くらいかかることが多かった。しかしこれを最速15分で納品し、新たなビジネスチャンスを創造するサービスがあることをご存じだろうか?(2015/4/30)

人を使わない営業活動:
リコー“3Dプリンタ事業”の快進撃を支えた「クラウド×Webマーケ」
複合機やデジタルカメラといった事業を展開するリコーが、3Dプリンタ事業に参入して注目を集めている。新たなビジネスチャンスを追う同社だが、新領域の製品を取り扱うにあたって、営業活動がうまくいかないという問題も起きた。(2015/4/15)

日本の少子高齢化はビジネスチャンス――データ分析で2020年以降の日本を元気に
IoTの世界では、さまざまなデバイスでデータが作成され、蓄積されていく。このデータを有効活用することで、ビジネスを差別化することができる。データ分析は、来るべき2020年の社会をいかに変化させるのだろうか。(2015/4/13)

【連載】オムニチャネルマーケティングに挑む:
(後編)「ショールーミング」をビジネスチャンスに変える、ABCマートの逆転発想
通販の仕組みを実店舗に取り入れオムニチャネルを推進するABCマート。今後はどのような方向に注力していくのか。前編に引き続き、プロジェクトを推進するキーパーソンに話を聞いた。(2015/3/24)

表現のプロが教えるスピーチの兵法:
強いインパクトを残す名刺交換の方法
名刺交換は、仕事に必要なマナーとして心得ているものですが、実は、重要なビジネスチャンスの場であり、スピーチ表現の1つでもあります。今回は、名刺交換後の展開を有利に導く方法を考えます。(2015/3/13)

一から設計・構築する方法では、もはやビジネスのスピードに追従できない:
PR:開発のスピード・柔軟性と運用の安定性はどうすれば両立できるか?
市場変化が激しい今、ビジネスチャンスを確実につかむために、それを支えるシステム開発にも一層のスピードと品質が求められている。無論、速く作るだけではなく、リリース後も安定稼働でき、ビジネスの状況に応じて変更・改修するといった信頼性と柔軟性も同時に求められている。これらを実現するには、一からシステムを設計・構築する従来型のアプローチで対応するのは難しい。ではいったいどうすればビジネスに追従できるスピーディーなシステムの開発・運用を実現できるのだろうか? この課題に対し、日立製作所ではエンタープライズに適用できる“現実的なアプローチ”を用意しているという。(2015/1/19)

「Microsoft Azure」で考える
パブリッククラウド導入におけるSIerの役割とは?
米Microsoftの「Microsoft Azure」などのクラウドプラットフォームには豊富なビジネスチャンスがある。事実、ITソリューションプロバイダーは、Microsoft Azureに付加価値を付けることによってビジネスを拡大している。(2014/11/11)

ポーター賞企業に学ぶ、ライバルに差をつける競争戦略:
産業用不動産への投資でオンリーワン 三菱商事UBSリアルティはなぜ果敢に挑戦できたのか?
産業用不動産に特化したJ-REITを展開する三菱商事UBSリアルティ。同社はどうして他社が参入しない分野にビジネスチャンスを見出したのか。そのユニークな戦略を聞いた。(2014/11/10)

灯台下暗し! 日常に隠れたビジネスチャンスの見つけ方
(2014/10/14)

3Dプリンタニュース:
3Dプリンタ販売台数を伸ばす中国、高品質素材の供給がビジネスチャンス!?
米ラックスリサーチは、中国市場における3Dプリンタ導入に関する調査結果を発表した。同調査によると、現在、中国は3Dプリンタ技術の開発と導入に注力しており、2018年時点での3Dプリンタ販売台数は現在の4倍となる3万7800台になる見込みだという。(2014/10/6)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
IoTはゼロをイチにできるか
ビジネスチャンスを創造するというIoTですが、新たなビジネス領域を開拓しているかというと、まだそこまでの効果は発揮していません。(2014/10/1)

企業は挑戦することを恐れるな
知らないと生き残れない“世界を変える3つの破壊的ITトレンド”
人々の働き方や生活を大きく変えるといわれる破壊的ITトレンド。ビジネスチャンスに生かすにはどうすればいいのだろうか。また、企業のイノベーションを阻害する要因とは何だろうか。(2014/9/25)

昨年よりも比率が上昇:
ビッグデータ活用に“不安”を感じる人は約半数、対策は?
ビッグデータ活用にビジネスチャンスを見出す人がいる一方で、プライバシーの問題から不安に思う人もいる。そういった不安を解消するには、どのような施策が必要なのだろうか。日立製作所と博報堂調べ。(2014/8/6)

中堅製造業のためのグローバルERP入門(1):
海外法人の“損益だけしか見えない”経営では、ビジネスチャンスはありません
日系製造業にとってグローバル化が避けられない環境になる中、中堅・中小クラスの製造業でもグローバル拠点の設立が必要とされるようになってきました。しかし、大企業と異なり、より効果的に、経営状況が適切に見える仕組みを導入しなければ中堅以下クラスの製造業にとっては勝ち目がありません。そこでより効率的にグローバル対応を進める仕組みとしてERPが再び脚光を集めています。本連載では、中堅製造業を対象にグローバルERPの価値と、失敗しない導入の仕方を解説します。(2014/7/29)

ナレッジワーキング!!:
ムダを探せ!
ビジネスにおいて「ムダだなあ」と思うことを放置していませんか。ムダな部分にこそ新たなビジネスチャンスの種があるのです。(2014/6/18)

自動車保険をビッグデータで分析――価格だけでなくサービスにより差別化
早稲田大学 IT戦略研究所は、ビジネスチャンスとしての自動車IT化の加速をテーマに「第42回 インタラクティブミーティング」を開催。損害保険ジャパン 取締役常務執行役員の徳岡宏行氏が登場。「道路運転情報(走行データ)の活用事例 自動車保険“ドラログ”」をテーマに、損害保険会社の現状やビッグデータを活用した自動車保険の将来像などを紹介した。(2014/5/27)

クルマのIT化はビジネスチャンス――排出量ゼロ、重大事故ゼロを目指す
早稲田大学 IT戦略研究所は、ビジネスチャンスとしての自動車IT化の加速をテーマに「第42回 インタラクティブミーティング」を開催。日産自動車 総合研究所 モビリティ・サービス研究所 所長の三田村健氏が「自動車の電動化と知能化が目指すもの」をテーマに講演を行った。(2014/5/26)

ウエアラブルとビッグデータ:
本命は何? リクルートが“未来レストラン“で示した「スマホの次」
ウエアラブルとビッグデータ。ここに次のビジネスチャンスが埋まっていると考える人は多いかもしれない。ただ、形はまだぼんやりしている。先日行われた“未来レストラン“の実証実験イベントより、リクルートが「スマホの次」をどう考えているか、キーマンに話を聞いた。(2014/4/15)

Webブラウザでビル設備を管理
モノのインターネット(IoT)が実現する“スマートビルディング”とは
IT企業は、統合型ビルディングオートメーションシステムの導入や、設備管理の分野におけるモノのインターネット(IoT:Internet of Things)の採用が進めば、ビジネスチャンスが拡大すると期待しているようだ。(2014/2/27)

インフラストラクチャーの未来:
世界で水が足りない! 日本の企業は、世界の水メジャーに追い付けるか?
今後、人類が利用可能な淡水を作り、供給するためのインフラ需要が爆発的に伸びると予想されています。世界中の企業が大きなビジネスチャンスとして注目している中、日本企業の水ビジネスへの取り組みはどうなっているのでしょうか。(2014/2/18)

Microsoft MVP for Windows Embeddedが教える:
PR:Windows XP EmbeddedからWindows Embedded 8 Standardへ移行するための3カ条
組み込みシステム分野でもXPからのOS移行を真剣に検討すべきときがきた。今なお、多くの組み込み機器で稼働する「Windows XP Embedded」の延長サポートが2016年1月13日に終了を迎えるからだ。「まだ2年もある」と先送りにしていると、将来のビジネスチャンスを失いかねない。XPからのOS移行にどう向き合うべきか、失敗しないために今できることとは何か?(2014/2/12)

スマートフォンを楽しくする「nRF51 ブランクモジュール」:
PR:アプセサリーでビジネスチャンス拡大! 半導体サプライヤ ノルディックセミコンダクターのMAKERSビジネス支援とは?
半導体サプライヤのノルディックセミコンダクターが、MAKERSビジネスのバックアップに取り組んでいる。スマホ連携機能搭載のグッズが簡単に作れるブランクモジュールや、量産販売ルートを開拓するためのコンサルティングも行っている。2013年12月7日、東京で開催されたMONOist主催イベント「MONOist ミーティング MAKERSのアイデアを具現化する! いますぐできる製品開発と3D設計」では、同社日本担当カントリー・マネージャー 山崎光男氏が、今日のMAKERSムーブメントについての考えやビジネス支援について語った。(2014/1/15)

無線通信技術:
IoT時代に備える、簡単な無線接続をかなえる11の機器(前編)
モノのインターネット(IoT)の世界では、あらゆる機器を、いかに簡単に無線に接続するかが重要になる。無線ネットワークを容易に構築できるソリューションを提供できれば、小規模の新興企業にとって、大きなビジネスチャンスとなる可能性は高い。(2013/10/17)

ものになるモノ、ならないモノ(53):
スルー防止も? BLEがもたらすビジネスチャンス
最近、Bluetooth Low Energy(BLE)に関するニュースを目にする機会が多くなった。この新しいスキームを利用した、さまざまなサービスの可能性について考えてみたい。(2013/10/15)

田中淳子の人間関係に効く“サプリ”:
新たなビジネスチャンスを呼び込む魔法の言葉――「他に何かありますか?」
打ち合わせが終わったあと、付け加えるといいひと言がある。「他に何かありますか?」は、新たな仕事を呼び込む可能性を秘めた侮れない問いかけだ。(2013/8/8)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。