ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「景気回復」最新記事一覧

4年で1億台以上も消滅! 凋落するPC市場に未来はあるのか?
PC市場の縮小が止まらない。米ガートナーなどの調べによると、この4年でPC出荷台数は1億台以上も減少、市場規模は約3分の2になってしまった。このままこの市場は縮小の一途を辿るのだろうか……?(2016/7/28)

生活保護世帯、過去最高に 高齢者が初の半数超
生活保護を受給した世帯が過去最高に。高齢者世帯が初めて全体の半数を超えた。(2016/6/1)

スピン経済の歩き方:
「石原さとみの眉が細くなったら日本は危ない」は本当か
女優・石原さとみさんの眉がどんどん細くなっている。彼女のファンからは「そんなのどーでもいいことでしょ」といった声が飛んできそうだが、筆者の窪田さんは「日本経済にとって深刻な事態」という。なぜなら……。(2016/5/31)

「離職率10%未満」ホワイト企業だけの会社説明会、就活生の心に刺さったか
離職率の低さや休暇の取りやすさなど労働環境が良い中小企業を集めた合同企業説明会が大阪で開かれた。“ホワイト中小企業”のラブコールは学生たちに響くのか。(2016/5/16)

デトロイトモーターショー2016 レポート:
2016年のデトロイトショーを彩った和製スポーツカーの競演とセダンの復権
「デトロイトモーターショー2016」では、和製スポーツカーの競演や、ピックアップトラックの各社の新モデル、そしてセダンの復権が垣間見えた。各社のエコカー開発競争や、ディーゼルエンジンの排気ガス不正問題と向き合うVolkswagenグループの姿勢もうかがえた。華やかさを取り戻しつつあるデトロイトモーターショーを振り返る。(2016/2/19)

機械vs人間の競争、行きつく先は……?
囲碁ソフトが欧州のプロ棋士と対戦して5戦5勝したという。今ではコンピュータは人間と同じように微妙な判断も行えるようになっているのだ。将来、両者の競争はどのように進んでいくのだろうか……。(2016/2/17)

ロバート・ウォルターズ グローバル給与調査:
2016年の雇用動向見通し
ロバート・ウォルターズ・ジャパンは、日本を含む世界24カ国の雇用動向と職種・業種別の給与水準をまとめた「グローバル給与調査 2016」で2015年の傾向と2016年の雇用動向見通しを発表した。(2016/2/12)

キャリアニュース:
製造業の人材不足で一段と売り手市場に――グローバル給与調査2016
ロバート・ウォルターズ・ジャパンが「グローバル給与調査 2016」で2015年の雇用傾向と2016年の見通しを発表。製造業の多くの分野で採用が活発化し、人材不足が続くエンジニアの確保が2016年は一段と困難になると分析している。(2016/2/12)

スピン経済の歩き方:
「下流老人」「老後破産」報道の正しい受け取り方
「下流老人」「老後破産」といった言葉をよく目にするが、こうしたネガティブなワードを私たちはどのように受け止めればいいのか。筆者の窪田氏は……。(2016/2/2)

来週話題になるハナシ:
バブル到来? 過去最高の売り上げを記録した高級品とは
景気回復の追い風もあり、近年世界的にシャンパンの売り上げが好調だ。2015年は3億1200万本が出荷され、ついにシャンパンの売り上げが過去最高を記録したという。(2016/1/29)

人口減少時代に備えたビジネス変革:
PR:デジタルサイネージを活用する札幌市交通局、業務可視化で価値創出
少子高齢化で人口減少が進む今、生活に欠かせない社会インフラである鉄道がビジネスモデルの変革を迫られている。乗車料金以外の収入源として着目するのは広告。デジタルサイネージに注力する札幌市交通局は、クラウドやBPMといったITの力を使い、広告価値の向上に挑んでいる。(2016/3/10)

政策の大転換期を迎えた:
エネルギー・シフトが及ぼす各業界へのインパクト
多くの産業でエネルギーにかかわるさまざまな状況が世界規模で変化している。各産業でどのような変革がなされるのかについて紹介する。(2015/12/3)

中国の市場規模は全体の約30%に:
2016年半導体市場は前年比1.4%増の緩やか成長へ
世界半導体市場統計(WSTS)は、2015年秋季の半導体市場予測を発表した。スマートフォン市場の成長率が低いことや中国株の暴落が影響し、2014年と比較して0.2%増と予測している。(2015/12/3)

アパレルメーカー事例に学ぶ:
PR:中堅・中小企業だからこそ海外展開で業務クラウドが必須な理由
収益を上げるために海外市場に打って出たいが、コストも時間もかけられない……。そんな悩みを抱える中堅・中小企業を支援するクラウドサービスをご存じだろうか。アパレルメーカーの成功事例などを基に紹介する。(2015/10/1)

生活定点のデータは1992年から:
博報堂が公開する”生活定点”、データと日経平均との関連性から分かることとは?
日々の経済状況は、私たちの生活を如実に反映したものです。しかし、自分の意思や心理が経済状況とどのような関係性にあるかを、感覚として把握するのは難しいです。本稿では、その関連性を数字で明らかにします。(2015/9/30)

来週話題になるハナシ:
米国系航空会社の業績が、好調なワケ
米国系航空会社の業績が好調だ。飛行機の利用者が増えているという単純なものではなく、航空券に付随するサービスの売り上げが年々増えているのだ。例えば……。(2015/9/28)

キャリアニュース:
優秀な人材の流出を防ぐ「リテンション」に7割弱の企業が意欲
エン・ジャパンが「エン 人事のミカタ」を利用している221社を対象に調査したところ、人材の外部流出を防ぐ「リテンション」を既に実施している企業は3割、今後積極的に取り組む予定の企業が7割弱あることが明らかになった。(2015/7/24)

中堅・中小企業を先手必勝へと導く「一歩進んだIT活用」を学ぶ【第1回】
攻めのIT活用でつまづく中堅・中小企業 小規模企業に見習うべき姿勢とは
中堅・中小企業が激しいビジネス環境の変化を生き抜くためには、IT活用がますます重要になってきている。だが、根強い現状維持志向が一歩先を行くIT活用の大きな障壁となっている。こうした状況の打開策とは。(2015/6/3)

リクルート、Web系の新卒採用で「30歳以下・既卒」も応募可能に 「面接でスーツ着用禁止」「オンライン面接OK」
「新卒採用を、もっと自由に」――リクルートのWeb関連職の新卒採用で、応募条件に「30歳以下」と明記。既卒者や就業中の人、フリーターも応募できる。(2015/5/29)

ゼネコン大手4社、収益性改善進み、3社増益 15年3月期
景気回復に伴う民間設備投資や公共事業の増加により鹿島を除く3社が増収増益となった。(2015/5/14)

電力供給サービス:
関西が4.2%減で最大の落ち込み、2014年度の販売電力量は10地域すべて減少
2014年度の電力会社10社の販売電力量は軒並み前年度の実績を下回った。最も大きく落ち込んだのは関西で、次いで九州、東京の順に、市場規模の大きい地域が3%を超える減少率になった。一方で1%未満の減少にとどまった北陸と沖縄では、産業用の需要が前年度を上回る回復ぶりだ。(2015/5/1)

電力供給サービス:
10年間で需要が減っていく東京電力、増える予想は関西電力など7社
電力会社が策定した2015年度から10年間の供給計画を見ると、従来のような楽観的な需要予測ばかりではなくなってきた。東京電力は2024年度までの販売電力量が年平均0.6%の割合で減っていくと予想している。2016年度に始まる小売全面自由化で競争が激化することを織り込んだ。(2015/4/6)

求人募集を効果的に:
ネオキャリアとマイクロアドデジタルサイネージが業務提携――新卒採用広告を共同で配信
新卒採用支援事業を手掛けるネオキャリアと、マイクロアドデジタルサイネージ(以下、MADS)は3月24日、業務提携を締結したことを発表した。これにより、MADSが提供するデジタルサイネージアドネットワーク「MONOLITHS」を活用した新卒採用特化型の広告配信サービス「Broad Career」をスタートする。(2015/3/24)

読者調査で分かったIT刷新トレンド
Windows移行に、Docker利用――2015年の注目プロジェクトはこれだ
次々に登場している重要なITサービスを速やかに利用するには、まず既存環境を適切なレベルにまでアップグレードしておくことが不可欠だ。ITインフラが時勢に後れを取っていると、その企業自体が時代に取り残される。(2015/2/19)

3分で分かるビジネス戦略:
組織力を測る「良い会社診断」とは――パソナキャリアカンパニーの試み
Business Media 誠では注目を集めている企業のビジネス戦略を知るために、連載「3分で分かるビジネス戦略」をスタートしました。今回は「パソナキャリアカンパニー」の戦略をご紹介します。(2015/2/18)

3分で分かるビジネス戦略:
強みは「ビッグデータの活用」、リクルートキャリアの戦略
Business Media 誠では注目を集めている企業のビジネス戦略を知るために、連載「3分で分かるビジネス戦略」をスタートしました。今回は「リクルートキャリア」の戦略をご紹介します。(2015/2/16)

電力供給サービス:
北海道の電力需要が減り続ける、ピーク時で前年比6万kW減
12月〜1月の北海道の需給状況を見ると、平日の最大電力が前年と比べて平均6万kW減っている。気温の影響を考慮して比較した結果で、震災前の2010年度からは37万kWの減少である。特に家庭用と業務用の減少が目立ち、11月に実施した電気料金の再値上げによる影響が早くも表れている。(2015/2/12)

ビジネスニュース:
特許戦略に変化の兆し、量より質へ?
米国特許庁によれば、2014年に認可された特許は30万674件で、2013年に比べて8%増加した。ただし、ある専門家は、特許戦略は今後、“量よりも質”に重点が置かれる傾向になると予想している。(2015/1/21)

VSN、ビジネスパーソンを対象とした「新年の意識調査」を発表――2015年の期待1位は「公衆Wi-Fiの普及」
VSNは、ビジネスパーソンを対象とした「新年の意識調査」を発表。2014年よりもさらに拡大しそうなものや新たに購入したいもの、期待しているものなどについて600人から回答を得た。(2015/1/5)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
誰かが描いたビジョンが、現実に
頭の中にある「夢のお話」が、いつか……。(2014/12/25)

日本国内の調査結果:
ランスタッド、労働者意識調査の結果を発表――景気回復、7割が「期待しない」
総合人材サービス企業ランスタッドホールディング・エヌ・ヴィーは12月11日、世界34の国/地域で実施した労働者意識調査「ランスタッド・ワークモニター」2014年第4四半期の結果を発表した。(2014/12/12)

電力供給サービス:
2013年度の電力消費量は国全体で0.3%増、自家発電が伸びる
資源エネルギー庁がまとめた2013年度のエネルギー需給実績によると、年間の最終エネルギー消費量は石油や都市ガスの減少により前年比0.9%の微減だったが、電力は0.3%の増加に転じた。電力会社の販売量が減る一方で、自家用の発電量が2.8%の伸びを示した。(2014/11/18)

2015年中盤まで緩やかなデフレ:
エスピーアイ、テレビスポットCM価格の最新市場概況を発表
マーケティング/広報宣伝活動に関する費用や価格、投資効果などについての測定やベンチマーキングを行うエスピーアイは11月4日、「テレビCM最新市場概況(テレビスポットCMマーケット単価の推移)」と「2015年半ばまでの中期予測」の分析結果を発表した。(2014/11/4)

【連載】ちょっと気になるWebキャンペーン:
第46回 「何よりもよい作品を作ること」 ワイデン+ケネディ トウキョウ代表 ブレイク・ハロップ氏が語る、クリエイティブエージェンシーの成長戦略
ナイキ韓国がワイデン+ケネディ トウキョウの協力の元、新キャンペーンを展開している。韓国で行われるキャンペーンの設計を東京の広告会社が行っているのは非常に興味深い。この事実を皮切りに、ワイデン+ケネディ トウキョウのブレイク・ハロップ氏に今後の成長戦略について話を聞いた。(2014/10/28)

電力供給サービス:
上半期の販売電力量は前年から3.5%も減少、産業用だけ微減にとどまる
電力会社10社が2014年度の上半期(4〜9月)に販売した電力量は前年比で3.5%も減少した。家庭向けの電灯が5.6%減、オフィス向けの業務用も4.4%減と大きく落ち込んだ。工場などが利用する産業用だけは景気の回復もあって0.8%減と小幅な縮小にとどまっている。(2014/10/20)

岡目IT八目:
IT投資減少は不景気のせいだけではない
多くの企業ではこれまで効果の期待できない不必要なIT投資がまかりとおっていた。それが結果としてIT投資の減少につながった一因であることは否めない。(2014/10/17)

企業IT市場の地域別動向、東名阪地域とそれ以外で二極化進む
2015年以降は東名阪地域でのIT支出の増加が見込まれるものの、それ以外の地方では抑制傾向が続くとみられている。(2014/9/29)

INSIGHT NOW!:
アベノミクス「第二の矢」は、むしろ経済に悪影響を与えている
アベノミクス第二の矢、公共事業による景気刺激政策は、費用対効果でみるとすでに正当化できないばかりか、民間投資の「クラウディングアウト」を生んでいる。公共投資はむしろ抑制し、民間国内投資を促す「第三の矢」への重点シフトを急ぐべきだ。(2014/9/12)

コンテナ操作の職人技もデジタル化――M2Mで復権なるか? 鉄道貨物
貨物輸送に占める鉄道の割合は約1%に過ぎない。しかし、自動車に比べて環境負荷の小さな鉄道は、長距離・大量輸送における欠かせない存在だ。モバイルとIT、M2Mを駆使して鉄道輸送を支えるJR貨物の取り組みを追った。(2014/9/11)

電力供給サービス:
西日本で7月の販売電力量が大幅に減少、九州6.2%減、関西4.4%減
今年の夏は昨年ほど猛暑が続かなかったこともあって全国で電力の需要が減っている。7月の販売電力量は前年と比べて3.1%減で、特に西日本の減少率が大きい。最大の九州は6.2%減、次いで四国が5.9%減、関西が4.4%減になった。値上げを受けて企業の節電対策が進展した状況も見える。(2014/9/1)

ニコニコネット調査8月号 景気回復「感じられない」6割……「ねじれ評価」の原因は?
毎月実施されるニコニコネット調査の結果を解説する番組。司会は評論家の荻上チキ氏。配信は8月29日19時0分〜。(2014/8/28)

窪田順生の時事日想:
あれほど騒がれた「お台場カジノ」の話がぷっつりと消えた理由
石原さんや猪瀬さんが都知事だったころは「お台場カジノ」構想に前向きだったのに、なぜか舛添さんが都知事になってからは慎重な動きに。その背景には、何があるのか。(2014/8/26)

電力供給サービス:
7月の販売電力量は前年比3.1%も減少、7カ月ぶりの大幅減に
電力需要の減少傾向は今夏も続いている。電力会社10社が2014年7月に販売した電力量は前年と比べて3.1%の大幅な減少を記録した。家庭向けの電灯が4.1%減、企業が利用する業務用が4.9%減で、工場などの産業用も1.1%減だった。減少率が3%を超えるのは2013年12月以来である。(2014/8/25)

オフィスの停電対策、大丈夫ですか? 小容量UPS市場、増加傾向に
この時期は、停電時のリスクを軽減する「UPS」の需要が増える。市場全体は伸び悩む一方、小規模製品は増加傾向にある。矢野経済研究所調べ。(2014/8/20)

財務責任者の55%は「昨年に比べて、景気がよくなる」
グローバル企業の財務責任者(CFO)は、日本企業の今後1年間の景気をどのように見ているのだろうか。年間売上高が5億ドル以上のCFOに聞いた。アメリカン・エキスプレス・インターナショナル調べ。(2014/8/13)

2015年問題の本質を探る:
スクラッチ開発偏重が引き起こす人材不足
IT業界は大規模開発案件が集中したことで、「2015年問題」と言われる人材不足が深刻化してきている。しかし、これはIT需要に対して十分な供給体制が取れていないというIT企業側だけの問題なのだろうか? 需要側であるユーザー企業には問題はないのだろうか? IT人材不足を引き起している原因をユーザー企業、IT企業の両面から分析し、解決の方向性を探る。(2014/8/6)

Windows Serverの全バージョンを経験したITトレーナーが語る:
Windows Server 2003のサポート終了に思うこと
Windows Server 2003のサポート終了まで1年を切った今、あらためてWindows Serverの歴史を振り返ってみたい。また、今後のサーバーOSの方向性についても展望しよう。(2014/7/29)

海援隊ではないけれど:
研磨作業の効率改善が中小製造業を救う!? 研磨アドバイザー集団「研援隊」の挑戦
中小製造業の現場で課題となっている人手不足。すぐに人手不足が解消しない以上、当面の対応は業務効率の改善になってくる。そこで、中小製造業で広く利用されている「研磨」プロセスの業務効率を大幅に高めるべく、新たな提案活動を始めたのが住友スリーエムの研磨材事業部だ。同事業部が結成した研磨アドバイザー集団「研援隊」の取り組みについて担当者に聞いた。(2014/7/23)

電力供給サービス:
電力の販売量が2カ月連続で前年を下回る、家庭・企業ともに減少
2014年に入って増加傾向を見せていた電力会社の販売量が再び減少に転じた。6月は前年同月比で1.7%の減少になり、2カ月連続で前年を下回った。家庭向けが2.8%減り、企業向けも1.0%減った。増加が続いていた工場などの産業用が0.2%減少して、すべての用途で前年割れの状態だ。(2014/7/23)

中小企業の64.2%が「賃上げ」――産業別でみると
景気回復の影響を受け、「給与がアップした」といった声を聞くことが多くなったが、中小企業で働く人たちはどうなのか。東京商工リサーチが調べたところ、64.2%が賃上げを実施していることが分かった。(2014/7/8)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。