ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「景気回復」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「景気回復」に関する情報が集まったページです。

トップは「ほかにやりたい仕事がある」:
社会人の転職理由、「給与・評価への不満」「休みを増やしたい」が増加
待遇や休暇への不満が原因で転職を考える人が増えている――パーソルキャリア調べ。(2018/5/24)

主要企業、収益増加で国内景気に自信 9割が「拡大傾向」と調査で回答、人手は不足懸念
過去最高水準にある企業収益などが景況感の改善につながっている。(2018/5/7)

他に狙いは?:
今の大学1年生の就活日程が東京五輪で変わるは本当か
2021年卒業予定の大学生の就職・採用活動の日程が再び変更される可能性が強まっている。今の大学1年生が対象となるが、経団連が、就職活動ルールの見直しに着手したからだ。(2018/4/11)

検証 働き方改革:
残業規制に中小企業「『働くな』と言うに等しい」、医療現場「患者残し帰れるか」
政府が今国会の成立を目指す働き方改革関連法案は残業時間の上限規制が盛り込まれている。残業時間は「過労死ライン」とされる月100時間未満、年720時間以内が上限だ。(2018/4/11)

今の大学1年生の就活日程、東京五輪で変わる?
2021年卒業予定の大学生の就職・採用活動の日程が再び変更される可能性が強まっている。東京五輪で「説明会や面接の会場が不足する」というのが理由だ。だが、五輪は建前に過ぎないとの見方も。(2018/4/6)

地方発!次世代イノベーション×MONOist転職:
基盤技術企業の強化で安定雇用へ――高付加価値型ものづくり技術振興雇用創造プロジェクト(岩手県)
「次世代の地域創生」をテーマに、自治体の取り組みや産学連携事例などを紹介する連載の第18回。岩手県による雇用構造改善のための取り組み「高付加価値型ものづくり技術振興雇用創造プロジェクト」を紹介する。(2018/4/6)

「留年採用」東急エージェンシーが開始 「留年生のポテンシャル、高く評価」
広告代理店の東急エージェンシーが「留年採用」を開始。留年生専用の応募枠を新たに設置した。「“留年生のポテンシャル”を高く評価し、積極的にサポートする」としている。(2018/4/4)

専門家が解説:
若手には新鮮 「社歌」はなぜ盛り上がっているのか
日本の企業文化として根付いてきた「社歌」。制作の狙いやプロセスは大きく変わっている。多くの社歌を取材してきたジャーナリストの弓狩匡純氏に、最新トレンドや効果的な取り組み方について聞いた。(2018/3/28)

花見シーズン到来:
1個5000円も登場 花見弁当が高額化する理由
本格的に花見シーズンが到来した。景気回復の影響もあってか百貨店では高額な花見弁当が売れている。一方、通年販売される弁当では価格の2極化が進んでいる。その理由とは?(2018/3/23)

「高アル」で缶べろ?:
「ストロング系」ビール・缶酎ハイ人気のウラに厳しい家計事情
ビール類の出荷量が13年連続で最低を更新する中、アルコール度数の高いビールや缶酎ハイの販売が好調だ。(2018/3/15)

矢野経済研究所:
サブスクリプションへの移行は「時期尚早」、国内CAD/CAM/CAEシステム市場
矢野経済研究所は「国内CAD/CAM/CAEシステム市場」に関する調査結果を発表した。2016年度、2017年度の推移と予測。そして、外資系ベンダーを中心に切り替えが進んだサブスクリプションモデルなどについて言及している。(2018/3/9)

親向けの採用ページも作成:
採用のカギは就活生の“親”? 「オヤカク」が増加している理由
売り手市場によって、新卒の確保に苦戦する企業。内定辞退者を軽減させる対策として「オヤカク」を実施する企業が増えているという。(2018/2/28)

新興企業の成長に必要な経営視点とは?
成長企業がいま知っておくべき、スピード経営基盤の考え方とは
日本経済の回復に伴い、急成長を狙う企業も多いだろう。そんな企業に抜けがちな視点がバックオフィス業務の重要性だ。公認会計士にいま知るべき経営基盤の考え方を聞いた。(2018/2/23)

内定出しの早期化も影響:
大卒の内定率、過去最高の86% 景気回復で採用意欲向上
2018年卒の大学生の就職内定率が、過去最高の86%となった――厚生労働省・文部科学省調べ。(2018/1/17)

特集「Connect 2018」:
2018年、フリーランスになってみる?――PE-BANK・櫻井社長
企業とフリーランスのエンジニアをつなぎ、フリーランスエンジニアの活躍を支えるPE-BANK代表取締役社長 櫻井多佳子氏に、フリーランスエンジニアを取り巻く状況や、向き/不向きなどを伺った。(2018/1/9)

海外旅行は過去最高:
年末年始をどう過ごす? リゾート・近場の海外が伸びている
2017年の年末年始は、海外旅行に行く人の数が過去最高になりそうだ。(2017/12/27)

なんで1000円も? 「森林環境税」という名の増税 消費増税で所得はウン十万の目減り
年末の税制改正に向けて増税論議のオンパレードだ。年間千円の税金を徴収する「森林環境税」と呼ぶ増税案が決まる見通しだ。そのうえ、サラリーマン世帯の給与所得控除の削減やたばこ税の増税までも実施される方向だ。(2017/12/6)

MONOist10周年特別寄稿:
この10年で3D CADを巡る言葉は移り変わり、これから10年も学び続ける
MONOist開設10周年に合わせて、MONOistで記事を執筆していただいている方々からの特別寄稿を掲載しています。今回は「3D設計推進者の眼」を執筆いただいている飯沼ゲージ製作所の土橋美博氏による寄稿です。(2017/10/25)

5000兆円欲しい! → 作りました 本当にありそうなデザインの「5000兆円札」が欲しい!
ハイパーインフレ不可避。(2017/10/18)

コンサルタントが語る組織活性化のポイント:
若手社員が辞めない職場づくりとは?
若手社員(とくに入社3年未満)が会社に求めているものとは?(2017/9/18)

政策に手詰まり感:
「安倍トレード」逆回転せず、自民大敗で政策停滞に懸念も
東京都議選の自民党大敗を金融市場は冷静に受け止めており、株買い・円売りのいわゆる「安倍トレード」の巻き戻しは起きていない。(2017/7/4)

今後、ITサプライヤーが注力すべき施策とは:
国内IT市場は2019年まで堅調、では2020年以降は? IDCが市場予測
IDC Japanが2021年までの国内IT市場予測を発表。2017年は対前年比2%増、2019年までは堅調さが続くと予測する一方で、2020年以降はそれまでの投資増の反動によって、成長率は1%未満にとどまると予測。この予測結果を踏まえ、ITサプライヤーが今後取るべき施策も提言した。(2017/6/5)

脱税、粉飾決算、偽装……:
“コンプラ違反”倒産、16年度は減少 好景気が影響
「コンプライアンス違反」による倒産、2016年度の傾向は?――東京商工リサーチ調べ。(2017/4/10)

厚労省・文科省調査:
今春卒大学生の内定率、過去最高 景気回復など影響
今春卒大学生の就職内定率(2月1日現在)は90.6%で、過去最高を記録した――厚生労働省と文部科学省調べ。(2017/3/21)

IHS Industrial IoT Insight(4):
IoTの活用が期待される自動車産業、新興国が再びけん引役に
今後の製造業の発展に向けて必要不可欠とみられているIoT(モノのインターネット)。本連載では、IoTの現在地を確認するとともに、産業別のIoT活用の方向性を提示していく。第4回は、IoTの活用が期待されている自動車産業について、主要各国市場の動向について説明する。(2017/3/6)

製造マネジメントニュース:
トヨタの米国生産能力は限界、トランプ政権の影響は見通し困難
トヨタ自動車が2017年3月期(2016年度)の第3四半期(4〜12月)決算を発表した。連結販売台数は北米をはじめとする各市場で好調で、為替相場が円安に振れることにより通期では利益面も改善する見通しだ。ただ、米国のトランプ政権の影響を見通すのは難しいとしている。(2017/2/7)

注目の米国情勢にも言及:
トヨタ、16年4〜12月期営業益32.5%減 通期は上方修正
トヨタ自動車が発表した2016年4〜12月期連結業績は、営業利益が前年同期比32.5%減の1兆5554億円だった。17年3月期通期見通しは、為替の円安傾向により業績予想を上方修正している。決算会見で役員が米国情勢の見通しやスズキとの提携などについて語った。(2017/2/7)

人材不足に効く、働き方改革:
PR:ある会社の挑戦 業務効率が上がり、働き方も変わった! 法人向け「Office 365」は中小企業の味方
中堅・中小企業にとって、切実な問題になっているのが「人材」の確保だ。いま政府が力を入れている「働き方改革」は、人材不足対策にも有効な施策として推進されている側面がある。ITを活用することで課題を解決し、業務の効率化と柔軟な働き方を実現したとある企業のケースを紹介しよう。(2016/12/28)

矢野経済研究所 AGV(無人搬送車)調査:
FAで堅調な伸びを見せる無人搬送車、他業界への普及は
工場などで機材搬送に利用されているAGV(Automated Guided Vehicle:無人搬送車)。FA向けに堅調な成長が見込まれており、流通などにも広まる可能性を秘めている。(2016/10/19)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
シベリア鉄道の北海道上陸に立ちはだかる根本的な問題
日本のロシアに対する経済協力について、ロシア側がシベリア鉄道の北海道延伸を求めたという。JR北海道は鉄道事業を縮小し、ロシアは極東という辺境へ線路を延ばす。その背景を探ると、どうやら日本と世界は鉄道に対する認識そのものに違いがありそうだ。(2016/10/7)

4年で1億台以上も消滅! 凋落するPC市場に未来はあるのか?
PC市場の縮小が止まらない。米ガートナーなどの調べによると、この4年でPC出荷台数は1億台以上も減少、市場規模は約3分の2になってしまった。このままこの市場は縮小の一途を辿るのだろうか……?(2016/7/28)

生活保護世帯、過去最高に 高齢者が初の半数超
生活保護を受給した世帯が過去最高に。高齢者世帯が初めて全体の半数を超えた。(2016/6/1)

スピン経済の歩き方:
「石原さとみの眉が細くなったら日本は危ない」は本当か
女優・石原さとみさんの眉がどんどん細くなっている。彼女のファンからは「そんなのどーでもいいことでしょ」といった声が飛んできそうだが、筆者の窪田さんは「日本経済にとって深刻な事態」という。なぜなら……。(2016/5/31)

デトロイトモーターショー2016 レポート:
2016年のデトロイトショーを彩った和製スポーツカーの競演とセダンの復権
「デトロイトモーターショー2016」では、和製スポーツカーの競演や、ピックアップトラックの各社の新モデル、そしてセダンの復権が垣間見えた。各社のエコカー開発競争や、ディーゼルエンジンの排気ガス不正問題と向き合うVolkswagenグループの姿勢もうかがえた。華やかさを取り戻しつつあるデトロイトモーターショーを振り返る。(2016/2/19)

機械vs人間の競争、行きつく先は……?
囲碁ソフトが欧州のプロ棋士と対戦して5戦5勝したという。今ではコンピュータは人間と同じように微妙な判断も行えるようになっているのだ。将来、両者の競争はどのように進んでいくのだろうか……。(2016/2/17)

ロバート・ウォルターズ グローバル給与調査:
2016年の雇用動向見通し
ロバート・ウォルターズ・ジャパンは、日本を含む世界24カ国の雇用動向と職種・業種別の給与水準をまとめた「グローバル給与調査 2016」で2015年の傾向と2016年の雇用動向見通しを発表した。(2016/2/12)

キャリアニュース:
製造業の人材不足で一段と売り手市場に――グローバル給与調査2016
ロバート・ウォルターズ・ジャパンが「グローバル給与調査 2016」で2015年の雇用傾向と2016年の見通しを発表。製造業の多くの分野で採用が活発化し、人材不足が続くエンジニアの確保が2016年は一段と困難になると分析している。(2016/2/12)

スピン経済の歩き方:
「下流老人」「老後破産」報道の正しい受け取り方
「下流老人」「老後破産」といった言葉をよく目にするが、こうしたネガティブなワードを私たちはどのように受け止めればいいのか。筆者の窪田氏は……。(2016/2/2)

来週話題になるハナシ:
バブル到来? 過去最高の売り上げを記録した高級品とは
景気回復の追い風もあり、近年世界的にシャンパンの売り上げが好調だ。2015年は3億1200万本が出荷され、ついにシャンパンの売り上げが過去最高を記録したという。(2016/1/29)

人口減少時代に備えたビジネス変革:
PR:デジタルサイネージを活用する札幌市交通局、業務可視化で価値創出
少子高齢化で人口減少が進む今、生活に欠かせない社会インフラである鉄道がビジネスモデルの変革を迫られている。乗車料金以外の収入源として着目するのは広告。デジタルサイネージに注力する札幌市交通局は、クラウドやBPMといったITの力を使い、広告価値の向上に挑んでいる。(2016/3/10)

政策の大転換期を迎えた:
エネルギー・シフトが及ぼす各業界へのインパクト
多くの産業でエネルギーにかかわるさまざまな状況が世界規模で変化している。各産業でどのような変革がなされるのかについて紹介する。(2015/12/3)

中国の市場規模は全体の約30%に:
2016年半導体市場は前年比1.4%増の緩やか成長へ
世界半導体市場統計(WSTS)は、2015年秋季の半導体市場予測を発表した。スマートフォン市場の成長率が低いことや中国株の暴落が影響し、2014年と比較して0.2%増と予測している。(2015/12/3)

アパレルメーカー事例に学ぶ:
PR:中堅・中小企業だからこそ海外展開で業務クラウドが必須な理由
収益を上げるために海外市場に打って出たいが、コストも時間もかけられない……。そんな悩みを抱える中堅・中小企業を支援するクラウドサービスをご存じだろうか。アパレルメーカーの成功事例などを基に紹介する。(2015/10/1)

生活定点のデータは1992年から:
博報堂が公開する”生活定点”、データと日経平均との関連性から分かることとは?
日々の経済状況は、私たちの生活を如実に反映したものです。しかし、自分の意思や心理が経済状況とどのような関係性にあるかを、感覚として把握するのは難しいです。本稿では、その関連性を数字で明らかにします。(2015/9/30)

来週話題になるハナシ:
米国系航空会社の業績が、好調なワケ
米国系航空会社の業績が好調だ。飛行機の利用者が増えているという単純なものではなく、航空券に付随するサービスの売り上げが年々増えているのだ。例えば……。(2015/9/28)

キャリアニュース:
優秀な人材の流出を防ぐ「リテンション」に7割弱の企業が意欲
エン・ジャパンが「エン 人事のミカタ」を利用している221社を対象に調査したところ、人材の外部流出を防ぐ「リテンション」を既に実施している企業は3割、今後積極的に取り組む予定の企業が7割弱あることが明らかになった。(2015/7/24)

中堅・中小企業を先手必勝へと導く「一歩進んだIT活用」を学ぶ【第1回】
攻めのIT活用でつまづく中堅・中小企業 小規模企業に見習うべき姿勢とは
中堅・中小企業が激しいビジネス環境の変化を生き抜くためには、IT活用がますます重要になってきている。だが、根強い現状維持志向が一歩先を行くIT活用の大きな障壁となっている。こうした状況の打開策とは。(2015/6/3)

リクルート、Web系の新卒採用で「30歳以下・既卒」も応募可能に 「面接でスーツ着用禁止」「オンライン面接OK」
「新卒採用を、もっと自由に」――リクルートのWeb関連職の新卒採用で、応募条件に「30歳以下」と明記。既卒者や就業中の人、フリーターも応募できる。(2015/5/29)

ゼネコン大手4社、収益性改善進み、3社増益 15年3月期
景気回復に伴う民間設備投資や公共事業の増加により鹿島を除く3社が増収増益となった。(2015/5/14)

電力供給サービス:
関西が4.2%減で最大の落ち込み、2014年度の販売電力量は10地域すべて減少
2014年度の電力会社10社の販売電力量は軒並み前年度の実績を下回った。最も大きく落ち込んだのは関西で、次いで九州、東京の順に、市場規模の大きい地域が3%を超える減少率になった。一方で1%未満の減少にとどまった北陸と沖縄では、産業用の需要が前年度を上回る回復ぶりだ。(2015/5/1)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。