ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「バイヤーズガイド」最新記事一覧

クレカ、Suica、FeliCa――「Apple Pay」日本上陸前に知っておきたいこと
iPhoneやApple Watchで決済ができる「Apple Pay」が、いよいよ日本に上陸するが、サービス開始前ということで、まだ不明瞭な点も多い。そこで「Apple Pay利用を見込んだiPhone 7のバイヤーズガイド」として、理解しておきたいことをまとめた。(2016/9/15)

ポケットに入れても安心、「絡みにくさ最優先」で選ぶイヤフォン5選
スマホや音楽プレーヤーに装着したイヤフォン、よく絡みませんか? コードをほぐしている姿は格好悪いし、面倒くさいし、断線するかも……。そこで絡みにくいイヤフォンを探してみた。(2014/8/11)

三匹が聴く!(最終回):
ヘッドフォン選びで悩んだときの最善策とは?――ヘッドフォン・バイヤーズガイド2014“春”(5万円以上)
ヘッドフォン特集もついに最終回。各社のハイエンドモデルが並ぶ、5万円以上&価格上限なしの頂上決戦だ。(2014/7/7)

三匹が聴く!:
オープンかクローズドか――ヘッドフォン・バイヤーズガイド2014“春”(実売3万円〜5万円編)
実売3万円〜5万円の価格帯には各社の高級モデルが並ぶ。その中でもっとも評価が高かったのは、あの製品だった。(2014/5/26)

3匹が聴く!:
個性が光りまくる逸品たち――ヘッドフォン・バイヤーズガイド2014“春”(実売2万円〜3万円編)
ヘッドフォン・バイヤーズガイドの第3回は、個性豊かな製品が集まった。まるでダイヤモンドのように輝くヘッドフォンから、某アニメで有名になった、あの製品まで注目のヘッドフォンが続々登場。音の評価も気になるところだ。(2014/5/7)

3匹が聴く!:
実は粒ぞろいの価格帯?――ヘッドフォン・バイヤーズガイド2014“春”(実売1万円〜2万円編)
今回は1万円から2万円のオーバーヘッド型を取り上げよう。比較的手に入れやすい価格帯ながら、ラインアップを見ると過去に話題になった人気製品がそろっている。(2014/5/2)

3匹が聴く!:
ポータブルタイプは見た目も重要!――ヘッドフォン・バイヤーズガイド2014“春”(実売1万円以下編)
耳の肥えた3人のレビュアーが注目のヘッドフォンを価格帯別に評価するバイヤーズガイド。前回までのインナーイヤー型に続き、今回からオーバーヘッドタイプを取り上げていこう。(2014/4/5)

3匹が聴く!:
ハイレゾ音源だってばっちり――イヤフォン・バイヤーズガイド2014年“春”(実売5万円以上編)
いよいよインナーイヤー型の最終回。価格の上限を設けず、最高級のイヤフォンをピックアップした。解説コーナーは、最近話題の“ハイレゾ再生”と再生周波数帯域のお話。野村氏が(物理的に)熱く語っています。(2014/3/31)

3匹が聴く!:
増税前にいかがでしょう――イヤフォン・バイヤーズガイド2014年“春”(実売3万〜5万円編)
今回のイヤフォン・バイヤーズガイドは実売3万円から5万円のゾーンと、かなりの高級品。消費増税の前に高級イヤフォンを購入したいと考えている人は注目してほしい。(2014/3/20)

3匹が聴く!:
きっとお気に入りの1本が見つかる――イヤフォン・バイヤーズガイド2014年“春”(実売2万〜3万円編)
“高級機”と呼ばれる価格帯に入り、見た目も中身もかなり特長のある製品が増えてきた。激戦の価格帯で高く評価されたイヤフォンは果たして……? ミニコーナーでは、ニュースでひんぱんに出てくる「インピーダンス」を解説。(2014/3/12)

3匹が聴く!:
そろそろ1クラス上のイヤフォンはいかが?――バイヤーズガイド2014年“春”(実売1万円〜2万円編)
3人のレビュアーが横並び試聴を行うバイヤーズガイドの第3回は、実売価格で1万円から2万円のクラス。また満点が出たようです。野村氏のアドバイスはエージングについて。(2014/3/10)

3匹が聴く!:
付属イヤフォンからのステップアップに!――バイヤーズガイド2014年“春”(実売1万円以下編)
価格帯別にオススメイヤフォンをピックアップし、耳の肥えた3人のレビュアーが横並び試聴を行うバイヤーズガイドの第2回。今回もコストパフォーマンスの高い製品がそろった。(2014/3/3)

3匹が聴く!:
コストパフォーマンスの高いイヤフォンを探し出せ!――バイヤーズガイド2014年“春”(実売5000円以下編)
今回は、価格帯別に製品をピックアップし、目の肥えた3人のレビュアーが横並び試聴を行うバイヤーズガイドをお届けしよう。第1回は5000円以下で購入できる高コストパフォーマンスモデルがテーマ。思わず「え、この値段で?」という製品も見つけた。(2014/2/12)

2013年度導入対応 オフィスPCバイヤーズガイド:
2013年用PCは“コスパ”で選ぼう──「1台3万円台からOK」エプソンダイレクトPCシリーズ編
今回は「では実際に新オフィスPCを導入するとなると、いくらくらいになるの?」と心配するビジネスユーザー/企業内PC購買担当者に向け、「1台3万〜4万円台」とリーズナブルに導入できる良コストパフォーマンスなお勧めモデルを紹介する。(2013/1/25)

2013年度導入対応 オフィスPCバイヤーズガイド:
2万円台の超小型PCから高性能ミニタワーまで、SMBニーズにばっちり対応──「Endeavor Sシリーズ省スペースデスクトップ」編
今回はノートモデルに続き、より高性能、より拡張性の高いモデルを豊富に用意し、幅広い中小企業や個人事業主層のニーズに対応する「Endeavor Sシリーズ デスクトップモデル」をチェックする。(2012/12/19)

2013年度導入対応 オフィスPCバイヤーズガイド:
満足コスパ、3万円台からの14型ノートもあります──「Endeavor SシリーズノートPC」編
中小規模オフィスが導入するビジネスPCに必要な要素とは。それは、低コストと満足パフォーマンス、そして安心なサポート体制をそれぞれ満たすことである。今回はそんなユーザー層に向く、エプソンダイレクト「Endeavor Sシリーズ」をチェックする。(2012/12/13)

これを買いたい! “サイコム”バイヤーズガイド:
「G-Master」で選ぶ! 「デカッ」「ハヤッ」PC
とにかくハイパフォーマンス! 男ならタワー! でも、自作は未経験! そんなルーキーでも、サイコムなら、いきなりベテラン相当のパワーが手にできる! (2012/12/7)

ホワイトペーパー:
新標的型攻撃対策選定「6つのポイント」とは? 今注目の「標的型攻撃対策」バイヤーズガイド
新型標的型攻撃の具体的な対策の選定フェーズに入った企業も少なくないだろう。しかし、対策を謳うソリューションがあまりにも多く存在する中、何に注目して選定をするべきなのか。本書は注目すべきポイントを6つあげ、その内容について解説する。(2012/10/23)

特集“PCオーディオ”へのお誘い(1):
そもそも“PCオーディオ”って何だろう?
盛り上がりを見せている“PCオーディオ”。ITmediaでも、ついに特集ページを開設するという。そこで今回は、そもそもPCオーディオとは何か――そのメリットと楽しみ方を基本から紹介していこう。(2012/10/15)

ビジネスで活躍するデルノートを探せ!:
ビジネスでベストなノートPCはこれっ──デル法人向けノートPCバイヤーズガイド
ノートPCで外勤部隊の戦力をアップしたいと悩む期末のPC導入担当者。ビジネスノートPCは数あれど、価格とサポートで選ぶならデルのラインアップはどうだろうか。(2012/9/12)

PCをいつ買えばいいかって? いまでしょう:
きっとみつかるベストなPC──「ThinkPad Xシリーズ」バイヤーズガイド
「PCを買いたいが、数ある製品からなにを選べばいいのやら」というあなた。バイヤーズガイドでベストマッチの1台をお勧めします。今回は、人気のThinkPad Xシリーズです。(2012/5/9)

読者の「知りたい」にベンダーが答える!
標的型攻撃の脅威に打ち勝つセキュリティ対策の具体像
相次ぐ標的型攻撃にいかに備えるか。読者調査からは、対策を進めるに当たって企業が直面する課題が浮かび上がってきた。そうした課題を解決に導く具体策も充実しつつある。(2012/2/28)

一家に1台:
備えあれば憂いなし! 緊急地震速報機バイヤーズガイド
東日本大震災をきっかけに注目が集まった商品の1つが、ラジオの緊急地震速報を受信すると音や光で知らせてくれる緊急地震速報機だ。今回はこの緊急地震速報機について、購入前のチェックポイントおよび各社製品の特長を紹介しよう。(2011/9/21)

節電の夏だから:
ピーク時の節電にも効果的! バッテリー扇風機バイヤーズガイド
節電が叫ばれる中、充電式や乾電池式の扇風機が注目を集めている。節電だけでなく防災や屋外作業などさまざまな用途で使えるこれらの製品は、持ち運び可能なポータブルタイプから室内で使う据え置きタイプまで幅広い製品がそろっている。(2011/8/17)

節電の夏だから:
忍び寄る暑さの恐怖から身を守れ! 「熱中症計」バイヤーズガイド
暑さが続く中、熱中症の予防対策グッズとして注目を集めている熱中症計。各社から色々なタイプが発売されているが、いったいどのようなもので、何に注意して選択すればいいのだろうか?(2011/8/5)

イマドキのイタモノ「特別編」:
イマイタレビュー“省電力”セレクション
PCパーツレビューとなると、どうしてもパワフルなハイエンドモデルに集中してしまう。でも、こういうときは省電力パーツにも注目したい!(2011/3/25)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
ケンメリ、全日本自動車ショウ、花形モーターズ……かつてクルマの歴史は現代史だった
近年では若者離れが叫ばれているクルマだが、かつては文化をリードする役割を担っていた。クルマの歴史と戦後史とを重ね合わせた『クルマでわかる!日本の現代史』の著者である志村昌彦さんに、クルマが憧れの対象だった時代のことについて聞いてみた。(2011/2/24)

ディスプレイ&プリンタ販売ランキング(2011年1月17日〜1月23日):
液晶ディスプレイの売れ筋は23型ワイドのフルHD──3強は三菱電機、LG、ベンキュー
液晶ディスプレイ、プリンタ・インクジェット複合機、スキャナー、プロジェクター製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年1月第4週版】(2011/2/2)

ディスプレイ&プリンタ販売ランキング(2011年1月10日〜1月16日):
“自炊+デジタル文書管理”需要でじわじわ人気に──スキャナは「ScanSnap」が売れ筋
液晶ディスプレイ、プリンタ・インクジェット複合機、スキャナー、プロジェクター製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年1月第3週版】(2011/1/26)

ディスプレイ&プリンタ販売ランキング(2011年1月3日〜1月9日):
液晶ディスプレイの売れ筋は「フルHD+23型ワイド以上」、ランキングの5割を占める
液晶ディスプレイ、プリンタ・インクジェット複合機、スキャナー、プロジェクター製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年1月第2週版】(2011/1/19)

ディスプレイ&プリンタ販売ランキング(2010年12月27日〜2011年1月2日):
23型以上か1万円台から購入できる21.5型クラスか──年始に売れた人気液晶ディスプレイは?
液晶ディスプレイ、プリンタ・インクジェット複合機、スキャナー、プロジェクター製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年1月第1週版】(2011/1/13)

ディスプレイ&プリンタ販売ランキング(2010年12月13日〜12月26日):
液晶ディスプレイ、年末商戦は三菱電機製が人気
液晶ディスプレイ、プリンタ・インクジェット複合機、スキャナー、プロジェクター製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2010年12月第3、4週版】(2011/1/5)

ディスプレイ&プリンタ販売ランキング(2010年12月6日〜12月12日):
そろそろ年賀状の準備を──プリンタ新モデル、売れ筋はエプソン「EP-803A」とキヤノン「PIXUS MG6130」
液晶ディスプレイ、プリンタ・インクジェット複合機、スキャナー、プロジェクター製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2010年12月第2週版】(2010/12/22)

ディスプレイ&プリンタ販売ランキング(2010年11月29日〜12月5日):
液晶ディスプレイ、三菱電機とLG製品の人気が上昇傾向──首位は23型ワイドの「RDT232WX」
液晶ディスプレイ、プリンタ・インクジェット複合機、スキャナー、プロジェクター製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2010年12月第1週版】(2010/12/15)

ディスプレイ&プリンタ販売ランキング(2010年11月22日〜11月28日):
イチキュッパな“S-IPS II”液晶──LGの「IPS226V」、人気急上昇
液晶ディスプレイ、プリンタ・インクジェット複合機、スキャナー、プロジェクター製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2010年11月第4週版】(2010/12/8)

ディスプレイ&プリンタ販売ランキング(2010年11月15日〜11月21日):
72万円の3D対応高級プロジェクター、いきなりランクイン──「VPL-VW90ES」
液晶ディスプレイ、プリンタ・インクジェット複合機、スキャナー、プロジェクター製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2010年11月第3週版】(2010/12/1)

バイヤーズガイド:
今が旬! 使えるBlu-ray Discレコーダーの選び方
年末商戦に向け、今年も各社のBlu-ray Discレコーダーが出そろった。3Dにスカパー!HD対応、DLNA、マルチタスク性など、最近のトレンドを紹介しつつ、用途に合わせたオススメ機種を挙げていこう。(2010/11/25)

ディスプレイ&プリンタ販売ランキング(2010年11月8日〜11月14日):
プリンタ2010年新モデル、人気はエプソン「マルチフォトカラリオ EP-803A」とキヤノン「PIXUS MG6130」
液晶ディスプレイ、プリンタ・インクジェット複合機、スキャナー、プロジェクター製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2010年11月第2週版】(2010/11/25)

ディスプレイ&プリンタ販売ランキング(2010年11月7日〜11月7日):
23型以上、フルHD、IPS、割安モデル……液晶ディスプレイ、現在の売れ筋は?
液晶ディスプレイ、プリンタ・インクジェット複合機、スキャナー、プロジェクター製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2010年11月第1週版】(2010/11/17)

ディスプレイ&プリンタ販売ランキング(2010年10月25日〜10月31日):
プリンタの売れ筋は2010年の新モデルへ──6機種がランクイン
液晶ディスプレイ、プリンタ・インクジェット複合機、スキャナー、プロジェクター製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2010年10月第5週版】(2010/11/11)

ディスプレイ&プリンタ販売ランキング(2010年10月18日〜10月24日):
液晶ディスプレイは三菱電機製が好調、フルHDの23型モデルが1位・2位を独占
液晶ディスプレイ、プリンタ・インクジェット複合機、スキャナー、プロジェクター製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2010年10月第4週版】(2010/11/3)

ディスプレイ&プリンタ販売ランキング(2010年10月11日〜10月17日):
液晶ディスプレイ、ランキングの9割がフルHD──中でも人気は23型ワイド
液晶ディスプレイ、プリンタ・インクジェット複合機、スキャナー、プロジェクター製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2010年10月第3週版】(2010/10/27)

ディスプレイ&プリンタ販売ランキング(2010年10月3日〜10月10日):
争い、早くも激化──プリンタ・複合機の2010年新モデル
液晶ディスプレイ、プリンタ・インクジェット複合機、スキャナー、プロジェクター製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2010年10月第2週版】(2010/10/20)

ディスプレイ&プリンタ販売ランキング(2010年9月27日〜10月3日):
フルHD/23型ワイドで実売2万円台前半から、三菱電機「RDT232WLM」が人気
液晶ディスプレイ、プリンタ・インクジェット複合機、スキャナー、プロジェクター製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2010年9月第4週版】(2010/10/14)

ディスプレイ&プリンタ販売ランキング(2010年9月20日〜9月26日):
複合機2010年新モデルが首位浮上──キヤノン「PIXUS MG6130」が人気
液晶ディスプレイ、プリンタ・インクジェット複合機、スキャナー、プロジェクター製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2010年9月第4週版】(2010/10/6)

ディスプレイ&プリンタ販売ランキング(2010年9月13日〜9月19日):
複合機ランキングが激変──キヤノンに続き、エプソン2010年新モデルも参戦
液晶ディスプレイ、プリンタ・インクジェット複合機、スキャナー、プロジェクター製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2010年9月第3週版】(2010/9/30)

ディスプレイ&プリンタ販売ランキング(2010年9月6日〜9月12日):
「PIXUS」2010年新モデル、いきなり上位にランクイン
液晶ディスプレイ、プリンタ・インクジェット複合機、スキャナー、プロジェクター製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2010年9月第2週版】(2010/9/24)

ディスプレイ&プリンタ販売ランキング(2010年8月30日〜9月5日):
三菱電機製液晶ディスプレイが急浮上、ランキングに6モデル
液晶ディスプレイ、プリンタ・インクジェット複合機、スキャナー、プロジェクター製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2010年9月第1週版】(2010/9/15)

ディスプレイ&プリンタ販売ランキング(2010年8月23日〜8月29日):
液晶ディスプレイはランキングの7割がフルHD、1万円台で買えるモデルも多数
液晶ディスプレイ、プリンタ・インクジェット複合機、スキャナー、プロジェクター製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2010年8月第5週版】(2010/9/8)

ディスプレイ&プリンタ販売ランキング(2010年8月16日〜8月22日):
2009年後半から変わらず人気、“ほぼ全部入り”複合機「マルチフォトカラリオ EP-802A」
液晶ディスプレイ、プリンタ・インクジェット複合機、スキャナー、プロジェクター製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2010年8月第4週版】(2010/9/1)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。