ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「自動車技術」最新記事一覧

自動車技術に関する記事を集めました。

設計開発ツール:
車載パワーデバイスのシミュレーションエラーを20%から0.5%に低減
メンター・グラフィックス・ジャパンは、電気自動車やハイブリッド車に搭載するパワーデバイスの信頼性を評価する新製品「MicReD Power Tester(マイクレッドパワーテスター) 600A」を発表した。非破壊的な診断法によってパワーデバイスの熱特性や劣化を評価するとともに、1回のシステム試験で最大128個のIGBTについてパワーサイクル試験を実施できるようにした。(2016/5/24)

設計開発ツール:
トルクセンサーの校正証明書、発行にかかる期間を2カ月から10日間に短縮
HBMは、自動車業界向けに最大10kNmまで対応したトルクセンサー校正サービスを日本国内で開始すると発表した。日本品質保証機構の中部試験センターにドイツ物理工学研究所で精度証明を受けたトルク基準機を貸与し、自動車などの動力部の精度試験に使用するトルクセンサーの校正証明書の発行に対応する。(2016/3/30)

メカ設計ニュース:
トヨタとヤンマーの新型船開発は異例の短期計画、「挑戦的でやりがいあった」
トヨタ自動車とヤンマーは、「ジャパンインターナショナルボートショー2016」で、2016年3月1日に両社が発表したマリン事業の提携について説明。共同開発した船体(ハル)を用いた小型艇を同年10月に商品化するが、「造船業界にとっては異例の短期開発計画だった」(ヤンマー専務取締役の苅田広氏)という。(2016/3/4)

メカ設計ニュース:
トヨタは船舶の船体も“ハイブリッド”、FRP比で剛性は7倍に
トヨタ自動車とヤンマーは、マリン事業での業務提携に基本合意したと発表した。協業の第1弾は複合素材を用いた船体(ハル)の共同開発で、FRP製と比べて7倍の剛性、アルミニウム製と比べて10%の軽量化を実現した。2016年10月の発売に向けて商品化の準備を進めている。技術開発にとどまらない広範囲な協業も検討している。(2016/3/2)

日本の強みを生かし、システム設計力で勝負する:
高速ビジョンの用途開拓へ、推進組織を設立
高速ビジョンによる応用市場の拡大や新産業創出を目指す「WINDSネットワーク(Network for World Initiative of Novel Devices and Systems)」が設立された。(2016/2/25)

電子機器設計/組み込み開発 メルマガ 編集後記:
「人工知能」が「人工知能」と呼ばれなくなるまであと何年?
何度目かの人工知能ブームですが、「人工知能を人工知能と呼ばなくなる日」が来てこそ、ブームから定着のフェーズに入るのではと思うのです。(2016/2/22)

電子ブックレット(メカ設計):
日産「エクストレイル ハイブリッド」のCAE事例を紹介
人気過去連載や特集記事を1冊に再編集して無料ダウンロード提供する「エンジニア電子ブックレット」。今回は過去の人気記事から「「エクストレイル ハイブリッド」のモーターシャフトに成形シミュレーションを活用」をお届けします。(2016/2/8)

日本機械学会 設計工学・システム部門の講習会より:
なぜ日本ではバーチャルなモノづくりが受け入れられないのか?
欧州ではモノづくりの現場でCAEを活用したバーチャルエンジニアリングが当たり前になりつつある。自動車の認証試験に「バーチャルテスト」を取り入れる動きも進んでいる。一方、日本ではバーチャルエンジニアリングの価値がなかなか理解されていないようだ。(2015/12/21)

設計開発ツール:
自動車の電子/電気システム開発をフロントローディング化、メンターが新ツール
Mentor Graphics(メンター・グラフィックス)は、自動車や航空機のE/E(電子/電気)システムとソフトウェアを統合的に設計開発できるシステムエンジニアリングツール「Capital Systems」を発表した。(2015/12/17)

設計開発ツール:
NIの「DIAdem」をエアバスやジャガーランドローバーが採用、製造プロセスを改善
National Instruments(NI)と言えば、グラフィカルシステム開発環境「LabVIEW」や、計測ハードウェア「PXI」「ComapctRIO」などが知られている。最近になって、これらと連動する形で注目を集めているNI製品が「DIAdem」だ。従来は製品開発のために用いられていたが、現在は製造プロセスを改善する用途にも用いられているという。(2015/12/14)

設計開発ツール:
トヨタとデンソーが「MATLAB/Simulink」を最新バージョンの「R2015a」に移行
MathWorks Japanは、同社のモデルベース開発環境「MATLAB/Simulink」のユーザーであるトヨタ自動車とデンソーが、量産開発に適用しているバージョンを「R2010b」から「R2015a」に移行すると発表した。(2015/10/13)

光学設計に関する知識やノウハウを強みに:
小型の2Mピクセルカメラ、自動運転支援も視野に
京セラは、自動車のコクピットに向けた高解像度カメラモジュールやステレオカメラ、光の透過率を高めたLCD内蔵のヘッドアップディスプレイ、触覚伝達システムなどを、「CEATEC JAPAN 2015」でシステム展示した。(2015/10/9)

設計開発ツール:
マルチボディシミュレーションの雄「SIMPACK」、ダッソーはどう生かすのか
ダッソー・システムズが買収した、高速演算性能を特徴とするマルチボディシミュレーションツール「SIMPACK」。自動車、鉄道、航空宇宙、風力発電などの業界で広く利用されているSIMPACKだが、「Abaqus」をはじめとする同社のSIMULIA製品群とどのように連携していくのだろうか。(2015/8/31)

【講座】回路設計の新潮流を基礎から学ぶ:
PR:抵抗ブリッジ方式の圧力センサ向けAFE、Cortex-M0コア搭載で独自アルゴリズムを実装可能に
(2015/7/31)

設計開発ツール:
仮想人体モデルに筋肉が付くともっとドライバーに優しい自動ブレーキを作れる?
トヨタ自動車は、衝突事故における人体傷害の解析に利用できるバーチャル人体モデル「THUMS(サムス)」の新バージョン「THUMS Version 5」を発表した。人の身構え状態から脱力状態までを模擬可能な筋肉モデルを追加したことを特徴とする。(2015/6/26)

【講座】回路設計の新潮流を基礎から学ぶ:
PR:±0.2%と極めて高い精度での電流検出が可能に、フラックスゲート電流センサICが登場
(2015/6/22)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
相次ぐM&A、“すり合わせ時代”の到来か
半導体企業のM&Aが相次いでいるのは、偶然のようには思えません。半導体業界が大きな変化点を迎えているこその再編に違いありません。このところのM&A案件から、個人的に業界に起こりつつある変化を読み解いてみました。(2015/6/15)

設計開発ツール:
車載情報機器のeCall対応テストに最適、日本NIが無線試験システムを投入
日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)は、BluetoothからWi-Fi、GPS、携帯電話通信に至るまで複数の無線技術に関する試験を一括して行える「Wireless Test System」を開発した。新型車への搭載義務化が計画されている、欧州の緊急通報システム「eCall」を組み込んだ車載情報機器の開発に最適だという。(2015/5/29)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
Apple Watch Edition投入に見る、Appleのスゴさ
機能的に大差ない製品を4万円と100万円で売り、それぞれに満足してもらう。機能と価格ありきだけではない製品開発の一例といえます。(2015/3/11)

メカ設計イベントリポート:
デザインとメカ設計が“戦う”のではなく“融合する”、デンソーの製品開発文化
デンソーは2014年に「医薬・医療用ロボット VS-050S2」でグッドデザイン大賞を受賞した。このデザインは、デザイナーと設計者との初期からの密接なコラボレーションから生まれた。これを可能にした理由の1つには、デンソー独自の風土にもあるようだ。(2015/3/10)

設計開発ツール:
「TargetLink」がバージョンアップ、複雑な制御アルゴリズムのコード生成に対応
dSPACE Japanは、コード生成ツール「TargetLink」の新バージョンを発表。自動運転技術の要となる先進運転支援システム(ADAS)の制御アルゴリズムなどに用いられている、状態空間表現を使ったマトリックスの計算をサポートした。(2015/2/3)

【講座】回路設計の新潮流を基礎から学ぶ:
PR:大きな期待を集める新市場「IoT」、TIがセンサ関連製品の拡充で攻勢を掛ける
(2014/12/22)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
2015年の市況展望
2年連続で市況予想が当たるのか?(2014/12/17)

日本機械学会 設計工学・システム部門の講習会より:
時代はバーチャル! モノづくりの形を変えるVR
設計プロセスでのVR(Virtual Reality)技術の活用は着々と進んでいる。リアルなイメージを試作前に作成、活用することによる効果は思いの他大きいという。(2014/12/15)

設計開発ツール:
NIが自動車向けテストシステムの事業展開を拡大、「第3のHILS」も
計測モジュール「PXI」やグラフィカルシステム開発環境「LabVIEW」を展開するNational Instruments(NI)が、自動車向けテストシステムの事業展開を拡大している。富士重工業やコンチネンタルなど大手企業の採用を獲得すると同時に、今までにない「第3のHILS」を投入する方針だ。(2014/12/10)

大容量データ転送における課題解決のススメ Case File.2(設計図、CADデータ):
PR:大容量データを、爆速かつ高いセキュリティでやりとりする――JP1/Data Highway+FinalCode
さまざまな情報漏えい事故が世間をにぎわせた2014年。「人ごとではない」と思った企業は多いはずだ。「JP1/Data Highway」は現在、大容量データを高速に送受信できるという機能に加えて、「送ったデータを後から操作し、高い安全性を保つ」というセキュリティ面での強化を進めている。爆速かつ安全、その気になる秘密とは……?(2014/12/3)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
ロボットが搭載するモーターの数は?
多いとは思っていましたが(2014/11/26)

【講座】回路設計の新潮流を基礎から学ぶ:
PR:小型のSAR型ADコンバータが相次ぎ登場、センサ機器やロボットの小型化に大きく貢献
(2014/11/20)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
所変わればADASのニーズも変わる
私も後方が気になります……。(2014/11/19)

電源設計:
デジタル電源の開発期間を1/3にする開発環境を構築――富士通研
富士通研究所(以下、富士通研)は2014年10月29日、サーバなどIT機器用デジタル制御電源の開発を高効率化、高信頼化する新たな開発環境を構築したと発表した。I/Oボードと独自のコード生成技術から成り、デジタル電源の開発期間を従来の約1/3以下に短縮するという。(2014/10/29)

メカ設計ニュース:
ドイツ化学大手がデザイン拠点を日本に開設、素材の選び方や活用法を提案
BASFジャパンは横浜イノベーションセンター内に「designfabrik Tokyo(デザインファブリーク東京)」を開設したと発表。BASFジャパンの取引先企業や工業デザイナーなどを対象に、同社が開発する高機能プラスチックやポリウレタンといった素材の活用に関するノウハウを提供する。(2014/10/27)

電子機器設計/組み込み開発 メールマガジン編集後記:
“つながる”時代のET展、その見どころ
CEATEC JAPANが終わり、朝晩に肌寒さを覚えると、それは「Embedded Technology 2014/組込み総合技術展(ET展)」の開催が近づいた証拠です。昨年、2013年のET展では各社が「IoT」「M2M」「クラウド」といった“つながる”技術を前面に押し出しましたが、今年はどうでしょう?(2014/10/23)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
IoTはゼロをイチにできるか
ビジネスチャンスを創造するというIoTですが、新たなビジネス領域を開拓しているかというと、まだそこまでの効果は発揮していません。(2014/10/1)

【講座】回路設計の新潮流を基礎から学ぶ:
PR:14GHzに対応したPLLシンセサイザ、ミリ波帯を含む通信システムやFMCWレーダーに最適
(2014/7/18)

メカ設計インタビュー:
3Dプリンタは臨界点を突破したのか
新たなモノづくりの姿を示す象徴として「3Dプリンタ」は大きなムーブメントを巻き起こしている。しかし、3Dプリンタそのものは既に1980年代からある技術で過去には夢を追いつつも突破できない壁があった。かつての研究の最前線から今のムーブメントはどう見えるのか。東大名誉教授で現在は世界最大のEMSフォックスコンの顧問も務める中川威雄氏に話を聞いた。(2014/7/16)

CAE最前線―MRJ事例に見る航空機設計でのシミュレーション活用:
MRJはいかにして設計されたのか
三菱航空機の小型旅客機「MRJ(Mitsubishi Regional Jet)」の機体設計には、多目的最適化手法や、最適化の結果を可視化するデータマイニング手法が採用されている。MRJの事例を中心に、航空機設計におけるコンピュータ・シミュレーションの活用手法を探る。(2014/7/7)

電子回路設計技術 自動車:
パワートレインの新しいトレンドに対応した集積回路
本稿では、まずオルタネータとして知られているランデル型電気機械周りの継続的な改良や適切な例をいくつか考察します。加えて、古典的な燃焼エンジンの石油依存度をさらに低減するのに役立つ、多数のセンサーの設置について述べる他、既存の誘導センサー技術を用いてブレーキ・ペダルを改良し、自動車でより多くのエネルギーを節約する方法について説明します。(2014/6/30)

設計開発ツール:
dSPACEが「MicroAutoBox」の廉価版を開発、台上利用に限定してコスト削減
dSPACE Japanは、東京都内で開催したユーザー会「dSPACE Japan User Conference 2014」において2つの新製品を披露した。「MicroAutoBox」の廉価版となる「MicroLabBox」と、HILSシステムなどに組み込むプロセッサボード「DS1007」である。(2014/6/9)

設計・開発 次の一手:
“真のグローバル開発体制”を実現するには何が必要か
製造業を取り巻く環境は大きく変化しており、“グローバル展開を最適に行う”ということが大きなテーマとなりつつある。その中で生産だけでなく設計・開発においてもグローバル化に最適な体制構築が求められている。“真のグローバル開発体制”を実現するには何が必要か。製造業の設計・開発の現場に携わり続けてきた筆者が解説する。(2014/6/3)

設計開発ツール:
燃料タンクの試験に最適な8自由度加振テーブル、フィアットが採用
日本ムーグは、燃料タンクの動的機能試験などに用いる8自由度の電動加振テーブルを発表。既にFiat Group Automobiles(フィアット)が採用しているという。(2014/5/9)

設計開発ツール:
図研の電気CAD「CR-5000」、コンチネンタルからA-SPICEレベル2の認証を受領
図研の電気CAD「CR-5000 Board Designer」が、ドイツの大手ティア1サプライヤContinental(コンチネンタル)からAutomotive SPICE(A-SPICE)のレベル2の認証を受領した。(2014/2/27)

【講座】回路設計の新潮流を基礎から学ぶ:
PR:インダクタンス値をデジタル値に変換するコンバータ、アイデア次第でさまざまなセンサが実現可能に
(2013/11/1)

今見直すべきシステム設計の観点とは:
モバイルファースト、M2Mの時代に、システムのカオス化をどう防ぐか
システム整備のスピードと柔軟性が求められている今、システムのカオス化を避け、ビジネスメリットと運用効率を両立するためにはどうすればよいのだろう? システム設計の在り方を見直す。(2013/10/17)

設計開発ツール:
電動システムのトルク/回転数と電力/電圧を同期して収集できる計測システム
ドイツの計測器メーカーHBMは、電気自動車やハイブリッド車に搭載されている電動システムの、二次電池とインバータの電圧/電流、モーターのトルク/回転数について、全てのデータを同期して取得することが可能な計測パッケージ「eDrive」を発表した。(2013/8/14)

設計開発ツール:
「トヨタとBMWの要求に応えた」、ドライブライン開発ツールの製品群が拡充へ
自動車や建設機械、風力発電システムの駆動伝達装置(ドライブライン)の設計/解析に特化したツール「RomaxDESIGNER」を展開するRomax Technologyが、製品ラインアップを拡大している。(2013/6/25)

SPICEの仕組みとその活用設計(1):
SPICEの内側を探る――節点法とは
電子回路を設計する上で必須となっているSPICE。本連載では、そのSPICEの仕組みと活用法を取り上げる。第1回は、SPICEを使う目的や、数多く存在するSPICEツールの選定基準、SPICEの解析手法である節点法について説明する。(2013/4/19)

設計理論の基礎をしっかり学ぶ:
PR:第11回 ポンプの理論・性能と設計の基礎
省エネニーズの高まりを受け、いかに効率のよいポンプを設計するかが業界の関心を集めている。また、機器の冷却要求の高まりからポンプの活躍の場も広がっている。そんな中、ポンプの専門家を講師として招き、ポンプ設計の理論を基礎からしっかり学べるセミナーが大阪で開催された。(2012/11/19)

メカ設計者のためのTRIZ的知財戦略(2):
「戦わずして勝つ」設計アイデアの捻出を助けるTRIZ
緊急案件が優先されがちな設計業務の中、斬新な発想を得るのは難しい。では、どうしたらそれがかなうのか。そこで、TRIZによるマネジメント法が生きる。(2012/11/9)

設計部門ごとの違いを無理に統一しない:
あなたの会社が設計・開発に失敗する理由――ツール? 組織? それともデータ共有?
製品を企画し、販売に至るには開発・設計フェーズと製造フェーズが欠かせない。日本には製造技術に優れた企業が多いが、開発・設計はどうだろうか。一部を見ると優れているが、全体の最適化に失敗した製品を見たことがないだろうか。米Texas Instrumentsと米Mentor Graphicsで開発・設計の問題に長年取り組んだ人物はこの問題をどう捉えているのか。「7つの解決手法」とあわせて紹介する。(2012/9/27)

設計解析ツール:
メンターが「1D-3D熱流体解析」を提案、システムレベル解析の精度と速度を両立
メンター・グラフィックスは、システム内部における1次元(1D)的な線形の熱伝達について解析するツール「Flowmaster」と、3次元(3D)CADツールで作成したモデルに対して熱流体解析を行えるツール「FloEFD」を連携させる「1D-3D熱流体解析ソリューション」を提案している。(2012/7/17)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。