ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「旧正月/春節」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「旧正月/春節」に関する情報が集まったページです。

大迷惑:
「中国式白タク」横行で、W杯・五輪仕様のナンバープレートに想定外の余波
訪日外国人客を相手に無許可でタクシー営業し、全国的に問題化している「白タク」。東京五輪開催を記念した特別仕様のナンバープレートが思いも寄らない迷惑を被っている。その理由とは……。(2018/4/2)

訪日客へ「体験型」花見商戦が本格化 撮影スポット設置、名所を散策する宿泊プランも
桜が開花した東京都心で今月下旬に花見シーズンが到来するのを前に、観光業界などが訪日外国人旅行者向けの「花見商戦」を本格化させている。(2018/3/19)

古田雄介のアキバPickUp!:
値上がり傾向のグラフィックスカード 意外な理由が中国にある?
グラフィックスカードの在庫状況は回復傾向にあるが、値上がりはいまだ収まらない。その背景にはメモリ不足やコンデンサ不足があるという。(2018/2/26)

“世界最小LTEスマホ”「Jelly Pro」が日本発売 購入&開封レポート
「LTEスマートフォンで世界最小」をうたう「Jelly Pro」の正規品が、いよいよ日本で発売された。技適も取得済み。早速購入したので、ファーストインプレッションをお届けしたい。(2018/2/22)

古田雄介のアキバPickUp!:
海外特需は去っても、なお根強いマイニングブーム
一時の熱狂ぶりが一段落したマイニングブームだが、関連パーツの売れ行きと品薄傾向は相変わらずだ。ブームが去って定番化したとの声も聞かれるようになっている。(2018/2/19)

浅草駅に「パンダPepper」現る すごい見た目
東京メトロは2月15日から4月10日までの期間限定で、浅草駅にロボット「Pepper」を配置した。(2018/2/15)

古田雄介のアキバPickUp!:
仮想通貨マイニング需要に陰り
2017年末から右肩上がりの盛り上がりを見せていたマイニングブームだが、ここに来て勢いが落ち着いていた感がある。また、GPU内蔵Ryzenも連休明けから売り出されている。(2018/2/14)

春節に合わせて実施:
中国向け越境EC「豌豆公主」、一般消費者向けショールームを東京・青海にオープン
Inagoraは、中国向け越境ECプラットフォーム「豌豆公主(ワンドウ)」の人気商品を実際に手に取って試せるショールームを一般ユーザー向けに開放した。(2018/2/10)

狙いは中国人観光客:
PepperとIoT対応ロボだけの無人カフェがオープン
ネスレ日本が期間限定の無人カフェをオープンした。ロボットの接客で、旺盛なインバウンド需要の取り込みを狙う。(2018/2/9)

古田雄介のアキバPickUp!:
購入制限は3月中旬まで……!? 枯渇が続くグラフィックスカード
グラフィックスカードの全方位枯渇は相変わらず。多くのショップが購入制限をかけるようになっているが、それでも当面の厳しさは収めようがない様子だ。(2018/2/5)

「有機ELスマホ増加」「画面さらに大型化」――iPhone Xが変えたスマホディスプレイ事情
調査会社のIHS Markitは、1月24日に行った記者説明会で、2017年から18年にかけてのスマホ向けディスプレイ市場の動向を解説した。(2018/1/30)

古田雄介のアキバPickUp!:
「2017年の比じゃない」――複合要因でグラフィックスカードの品薄が深刻に
1週間前は「2017年の5〜7月と同じくらいか」と言われたグラフィックスカードの品薄ぶりは、「2017年の比じゃない」に変わっていた。全方位の枯渇化が深刻だ。(2018/1/29)

全日空商事と協業:
ANAグループの顧客接点活用した訪日外国人向けプロモーション支援サービス、デジタルガレージが提供
デジタルガレージは全日空商事と協業し、国内企業や地方自治体が行う訪日外国人向けマーケティングの支援パッケージを提供する。第1弾は春節がターゲット。(2018/1/16)

iPhone Xにローズゴールドモデル追加?
現在は2色。中国市場でのライバルに対抗するためか。(2017/12/20)

新連載! 茂田カツノリの「ギークシティ深センの遊び方」:
世界最大の電気街、深セン「華強北」とっておきガイド
ドローンがブンブン飛び、LEDはギラギラと輝き、ホバーボードは走りまくり、町中にIoTシェアサイクルやEVのタクシーやバスが走り回り、屋台では皆がスマホで電子決済する近未来ハイテンションシティ「深セン」。そこにほぼ毎月通う茂田カツノリ氏が「深センの今」をお伝えする。第1回は、世界一の華強北電気街攻略法。(2017/12/7)

「西遊記 ヒーロー・イズ・バック」日本公開日決定 中国で190億円突破アニメ、吹替版監修に宮崎吾朗
やっと見られるー!(2017/10/12)

バイドゥが自動翻訳機を発表、80カ国対応のWi-Fiルーターで展開
バイドゥは、9月19日に名古屋大学で開催された「MT Summit XVI」で自動翻訳機を発表。同社の音声認識技術と機械翻訳技術を採用し、ボタン一つで自動的に言語を認識して翻訳できる。(2017/9/20)

とってもモフモフ ハスキー犬に育てられた猫が立派な姿に
あいかわらず仲良しな、ハスキーとネコの親子です。(2017/2/25)

春節でインバウンドは好調:
百貨店の1月売上高1.2%減、11カ月連続マイナス
日本百貨店協会が発表した2016年の全国百貨店売上高は、前年同月比1.2%減だった。中国の春節に伴う連休の影響でインバウンドは好調で、過去最高の約217億円を売り上げた。(2017/2/22)

【連載】誰も教えてくれなかった中国的電子市場動向 第1回:
中国版LINE「WeChat(微信)」は14億人のデジタルインフラ
14億人の巨大なデジタルマーケットで今、何が起こっているのか。中国におけるインターネットマーケティングの世界を、経験豊富なエキスパートが解説する。(2017/2/14)

古田雄介のアキバPickUp!:
国内限定4台の高級ケースが2種類デビュー!
旧正月真っ只中でも新製品が止まない秋葉原。先週はIN WINのモンスターケース「X-Frame 2.0」と「H-Frame 2.0 GREEN」が売り出されていた。(2017/2/6)

めざせ高効率! モーター駆動入門講座(4):
中国の最新市場動向から誘導モーターの高効率化について考えよう
ここまでの3回を通して、モーターの駆動原理、高効率・長寿命を実現できるブラシレスDCモーターの高効率駆動、最も普及しているブラシ付きDCモーターの性能線図を元に、高効率駆動を実現するためには印加電圧位相を考慮する必要があることを解説した。4回目となる今回は、筆者が赴任している中国の市場動向を交えながら中国で多く使われている誘導モーターの動作原理・高効率駆動について解説する。(2017/2/1)

Google→Xiaomiのヒューゴ・バーラ氏、次はFacebookのVR/AR責任者に
GoogleのAndroid担当から中国Xiaomiのグローバル担当に転職し、先ごろ退任してシリコンバレーに戻るとしていたヒューゴ・バーラ氏が次はFacebookでOculus CRを含むVR/AR担当責任者に就任する。(2017/1/26)

Xiaomiのグローバル展開に従事したヒューゴ・バーラ副社長が退任へ
GoogleのAndroid担当幹部からXiaomiのグローバル担当副社長に転身したヒューゴ・バーラ氏が同職を退任し、シリコンバレーに戻る。(2017/1/23)

週刊「調査のチカラ」:
「自社の成長に自信がある」CEOはたった14%だが――2017年、調査で見る日本の底力
波乱万丈を予感させる2017年も、早3週間が過ぎようとしています。トランプ大統領は日本経済にどう影響するか。訪日中国人のインバウンド需要はどうなるか。日本を巡る「熱量」を調査データから読み取ります。(2017/1/21)

訪日中国人向けデジタルマーケティング支援体制をさらに強化:
メンバーズ、テンセントと広告販売における代理店契約を締結
メンバーズは、テンセントの国際事業部であるインターナショナル・ビジネス・グループと代理店契約を締結した。メッセージングアプリ「Weixin/WeChat」上でのプロモーションサービスを提供する。(2017/1/17)

2016年のアキバを振り返る(後編):
HDDは10テラに到達、M.2 NVMe SSDがブレイク、そしてフラッシュの乱高下が目立った2016年
VRの台頭とグラフィックス&ゲーミング事情を中心にまとめた前編に続き、後編ではストレージ関連の動きを中心に2016年を振り返ってみたい。(2016/12/31)

山根康宏の中国携帯最新事情:
「ベゼルレス」「ライカカメラ」「最強セルフィー」――2016年の中国スマホを振り返る
2016年も各社からさまざまなスマートフォンが登場した中国市場。各メーカーの最新モデルはどれが最強なのか。各社の動向を探ってみた。(2016/12/23)

インバウンドの“商機”を探る:
【保存版】ソーシャルビッグデータで見る中国「爆買い」カレンダー
中国人観光客による「爆買い」が盛り上がる時期として、「国慶節」「春節」などのイベントの名前を耳にする機会が増えてきました。今回は日本経済を下支えする中国人の消費意欲はいつ盛り上げるのかを探ってみます。(2016/11/4)

niconicoに「中国中央テレビ」公式チャンネル G20首脳会議の開会式を生中継
ドワンゴが中国の国営放送局と提携。G20首脳会議の開会式や、習近平国家主席の演説の模様をニコニコチャンネルで全編生中継する。(2016/8/26)

高まるインバウンド需要:
PR:横浜中華街や「塚田農場」などで導入相次ぐ FONのWi-Fiは今なぜ支持されるのか?
全世界で2000万以上のWi-Fiスポットを展開するFON(フォン)。インバウンド需要が高まる中、日本でも今、さまざまな場所でFONのWi-Fiスポットが増えているのだ。本稿では、観光地として有名な横浜中華街、そして好業績で知られる居酒屋「塚田農場」などの事例を取り上げ、FONが今注目を集める理由をお伝えする。(2016/7/5)

インターネットの第二の波とソーシャルメディアマーケティング:
“FinTech法案”の陰で進む電子マネーの規制緩和に注目
仮想通貨を規制する法改正案が5月25日の参議院本会議で可決・成立。また、FinTech推進に向けて銀行のIT企業への出資規制を緩和する銀行法改正案も可決・成立した中、期待される日本のFinTech展開について考える。(2016/6/15)

“売れ残り”のレッテルに立ち向かう 中国の独身女性を応援するSK-IIのキャンペーン動画
「周りからの重圧に支配されない人生を」というメッセージ。(2016/4/7)

古田雄介のアキバPickUp!:
メモリ価格の下落が続く――1枚16GBのDDR4メモリが7980円で衝撃デビュー!
Kingstonから1枚16GBのDDR4メモリが8000円切りで2種類登場。8GB×2枚のDDR4キットでも滅多にない水準の安さに衝撃が走っている。(2016/4/4)

週刊「調査のチカラ」:
「爆花見」需要が急増、訪日中国人に日本の桜が大人気
ドローンビジネス市場の展望からシニアの労働観、主婦のネットショッピング事情にインバウンド花見の予測まで、今週も気になる調査データを集めました。(2016/3/26)

写真展:
清水 哲朗 写真展「NINJA〜モンゴルの金鉱山労働者たち〜」
(2016/3/25)

スピン経済の歩き方:
「着物業界」が衰退したのはなぜか? 「伝統と書いてボッタクリと読む」世界
訪日観光客の間で「着物」がブームとなっている。売り上げが低迷している着物業界にとっては千載一遇かもしれないが、浮かれていられない「不都合な真実」があるのではないだろうか。それは……。(2016/2/23)

週末アキバ特価リポート:
アキバに「円高還元POP」が現れる
一部のショップで為替の影響で安く売ることを示す「円高還元」の文字が見られるようになった。急激な値下がりモードではないが、じわじわ動きはじめている。(2016/2/20)

古田雄介のアキバPickUp!:
R.O.G.ロゴが光る! ASUSTeKのSLIブリッジがアキバで好評
LEDライトを仕込んだSLIブリッジの大本命ともいえるR.O.G.ブランドモデルが登場した。6000円以上する安くはないアイテムだが、好調に売れているという。(2016/2/8)

週末アキバ特価リポート:
メモリの値下がりは旧正月まで? DDR3/4の16GBキットが9000円切り!
メモリの値下がり傾向は年明けから継続しており、今週末はDDR3/4ともに8GB×2枚で9000円切りの週末特価がみられるまでになっている。(2016/2/6)

「百度」の検索ランキングデータを中国人観光客向けに活用:
中国人観光客向けインバウンド販促施策「百度クレジット」を全国展開
オプトホールディング、ソウルドアウト、バイドゥの3社は中国最大手検索エンジン「百度」の検索ランキングデータを中国人観光客向けに活用するインバウンド販促施策で業務提携すると発表した。(2016/2/5)

中国版の紅白歌合戦がニコ生で中継 小林幸子さん出演の見どころ紹介番組も
平均視聴率50%の中国の年越しカウントダウン番組をネット中継。(2016/2/5)

忍者モンキー壁紙も:
Windows 10プレビュー版の最新ビルド「14257」公開
米Microsoftが、Windows 10プレビューのビルド「14257」を公開した。バグ修正が主な変更点だ。(2016/2/4)

和柄のキティさんがカワイイ! 「ドリームトミカ はろうきてぃ これくしょん」1月30日発売
全6種類。(2016/1/25)

訪日外国人向け:
キティとトミカがコラボ 着物、法被、茶室で日本のkawaiiを発信!
和をテーマに、ハローキティがトミカとコラボ。訪日外国人の需要を狙う。(2016/1/25)

コンビニ探偵! 調査報告書:
コンビニが恵方巻きの販売に力を入れる、もうひとつの理由
正月も明け、コンビニ各社では節分の恵方巻きの予約活動が佳境に入ったころだろう。比較的安価な恵方巻きは手軽な催事商品の1つ。数百本販売する店舗も珍しくない。今回は、コンビニが恵方巻き販売に夢中になる理由を探った。(2016/1/21)

Xiaomi、約1万2500円の5型Android端末「Redmi 3」を発売
Xiaomi(小米科技)が低価格スマートフォンRedmiシリーズの新端末「Redmi 3」を中国で発売した。価格は先代と同じ699元(約1万2500円)だ。(2016/1/12)

Apple、中国の春節向けに「Apple Watch Sport」の赤い特別モデルを地域/期間限定販売
中国市場を重視するAppleが、中国の春節(旧正月)を祝して赤い特別モデルの「Apple Watch Sport」を期間限定で中国他一部地域で発売した。(2016/1/7)

中国の「中秋節」に欠かせない中華菓子「月餅」のウンチクあれこれ
月餅おいしい。(2015/9/26)

中国“アルファバイヤー”による爆買いで日本はかき回される
春節が過ぎても中国人による爆買いは止まらない。観光客ではない「アルファバイヤー」による爆買いの裏にあるものとは──現地事情に詳しい山谷氏がリポート。(2015/7/9)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。