ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「チョコレートフォン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「チョコレートフォン」に関する情報が集まったページです。

LG、チョコレートフォンの新モデル発表
新しいチョコレートフォンは21:9の4インチディスプレイを搭載、画面に2種類のコンテンツを同時に表示することもできる。(2009/7/31)

韓国携帯事情:
「OMNIA」から「Secret」まで話題のケータイ続々――韓国「World IT Show 2008」リポート(前編)
韓国・ソウルで開催されたIT関連の総合展示会「World IT Show 2008」。iPhone対抗として注目を集めるSamsung電子の「OMNIA」や、チョコレートフォンの投入で一躍有名になったBlack LabelシリーズのLG電子製「Secret」が登場した。(2008/6/24)

ステンレスボディの“Shine”が日本上陸、下り最大7.2Mbpsの高速HSDPA対応――「L705iX」
FOMA最速となる、下り最大7.2Mbpsでの高速通信に初めて対応する端末がLG電子の「L705iX」だ。チョコレートフォンに続いて、韓国で人気のステンレスケータイ“Shine”を日本市場に投入する。(2007/11/1)

“チョコレートフォン”「L704i」発売、新規は2万円台前半
ドコモのLG電子製スライド端末“チョコレートフォン”「L704i」が発売された。HSDPAに対応するほか、GSM/GPRSをサポート。国内だけでなく、世界153カ国でそのまま使えるWORLD WING対応端末だ。(2007/10/19)

HSDPA対応の日本向け“チョコレートフォン”「L704i」、10月19日に発売
NTTドコモは10月16日、LG電子製の国際ローミング対応HSDPA端末「L704i」を10月19日に発売すると発表した。LG電子のグローバルブランド「chocolate」のデザインを採用している。(2007/10/16)

韓国携帯事情:
“ブランド化”するLG電子の携帯デザイン
チョコレートフォンの大ヒットやプラダケータイの開発など、LG電子の携帯電話デザインは一定の評価を得てきた。その勢いは衰えを知らず、ブランドイメージを保ちつつ、新しい領域へと挑戦している。(2007/9/10)

Verizon Wirelessから「ニューチョコレートフォン」登場
LG電子は、米Verizon Wireless向けの“ニューチョコレートフォン”「LG-VX8550」を発表した。従来のVerizon向けチョコレートフォン同様に音楽機能を重視し、タッチホイールを進化させたナビゲーションホイールを搭載する。(2007/7/10)

写真で解説する「L704i」
韓国などで人気を得たLG電子の“チョコレートフォン”が704iシリーズとして登場。それが「L704i」だ。凹凸のない滑らかでつややかな小型スライドのボディに、HSDPAと国際ローミング、豊富な音楽機能、独特のタッチパネルデバイスを搭載。操作性も海外製端末に懸念される“クセ”はそれほどなく、既存の国内製端末ユーザーも自然に操作できる印象だ。(2007/7/5)

“チョコレートフォン”登場、唯一のHSDPA+国際ローミング対応機──「L704i」
先日発表した「SIMPURE L2」に続き、LG電子は主力シリーズの70xiシリーズへも新機種「L704i」を投入する。このL704iは、同社のグローバルブランド「chocolate」のデザインを踏襲し、704iシリーズで唯一HSDPA+3G/GSM/GPRSの国際ローミングに対応する。(2007/7/4)

韓国携帯事情:
デザインより、実用性・こだわり機能で勝負!の携帯電話
プラダケータイやチョコレートフォンなど、デザインケータイへの取り組みが進む韓国。その一方で、高速通信やデジタル放送などの先進機能や、使いやすさにこだわった端末も数多く生まれている。(2007/6/15)

Mobile Weekly Top10:
Nokiaのチョコレートフォン?
6月29日に開催されたノキア・ジャパンのイベントで、Nokiaのチョコレートフォンと遭遇した。(2006/6/29)

韓国携帯事情:
2代目チョコレートフォンや最新薄型端末が登場──EXPO COMM KOREA 2006
韓国ソウルで開催されたEXPO COMM KOREA 2006では、韓LGが「チョコレートフォン」の2代目を展示。韓Samsungも薄型端末やHSDPA端末を多数展示するなどにぎわいを見せた。(2006/5/16)

韓国「チョコレートフォン」は日本に上陸できるか
日本への進出が続く韓国メーカー。しかしLGやPantech&Curitelのように、「低価格で小型」路線の機種をリリースするにとどまるメーカーもある。ユーザーは個性的なモデルを望んでいる。(2006/4/19)

ラベンダーの香りが香る「ホワイトチョコレートフォン」
韓国LG電子がホワイトデーに向けて投入したのは、白の本体にほんのりピンク色の文字が浮かぶ「ホワイトチョコレートフォン」。(2006/2/28)

韓国携帯事情:
流行を作る、携帯電話のニックネーム
「チョコレートフォン」「横本能フォン」「オモナフォン」──。2005年に韓国で流行した携帯の“ニックネーム”を振り返ると、この1年の韓国携帯状況もよく分かる。(2005/12/26)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。