ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「シチズン時計」最新記事一覧

新規入会キャンペーン:
発売したばかりの次世代スマートウォッチ ソニーの「wena wrist」が当たる! 「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!
「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選で1名さまにソニーのスマートウォッチ「wena wrist」をプレゼント。この機会にぜひご入会ください!!(2016/7/19)

ソニー、スマートウォッチ「wena wrist」正式発売 Android版アプリも提供
ソニーの社内ベンチャーが開発し、1億円を超える資金をクラウドファンディングで調達したスマートウォッチ「wena wrist」の一般販売がスタートしました。合わせてAndroid版アプリの提供も開始しています。(2016/6/30)

「発想はベンチャー、やることは大企業」――ソニーが作ったイノベーションの芽を育てる仕組み
最近、ソニー製品がなんだか面白そう。そんな風に感じたことはないだろうか。今までにない製品を次々と送り出す「Seed Acceleration Program」の仕組みについて、同社新規事業創出部の小田島伸至担当部長に話を聞いた。(2016/6/6)

禁断の合体も?:
ソニーの最新スマートウォッチ「wena wrist」と「SmartWatch 3」を使い比べてみた
見た目はアナログ腕時計、バンドに技術を結集。新発想のスマートウォッチ(バンド?)として注目される「wena wrist」ですが、筆者が愛用する「SmartWatch 3」とどこが違うのか、実際に使い比べてチェックしてみました。(2016/5/2)

ソニーのスマートウォッチ「wena wrist」 製品版をチェック
ソニーがクラウドファンディングで資金を調達し、開発したスマートウォッチ「wena wrist」の出荷が始まりました。実機を入手したので、実際の出来がどうなのか、まずは簡単にチェックしたいと思います。(2016/4/8)

薄さ1ミリのムーブメント! 世界最薄のエコ・ドライブウオッチを発売、シチズン
シチズン時計は世界最薄の光発電エコ・ドライブウオッチ「Eco-Drive One(エコ・ドライブ ワン)」を今秋、発売する。(2016/3/17)

ソニーのスマート時計バンド「wena wrist」3月末から順次出荷 三越伊勢丹では先行予約を開始
ソニーの社内ベンチャーが開発を進めている「wena wrist」の出荷が近づいています。クラウドファンディングで出資した人には、4月上旬までには届くとのこと。三越伊勢丹では、入手は5月以降になりますが、先行予約の受け付けがスタートしました。(2016/3/3)

出資は正解と思えるでき:
スマートウォッチのもう1つの解 「wena wrist」実機展示
CEATEC JAPAN 2015で、ソニーのスマートウォッチ「wena wrist」の実機が展示されています。幕張まで行って見る価値があります。(2015/10/9)

ソニーはスマートウォッチの“もう1つの解”を示せるか
ソニーが発表した「wena wrist」というスマートウォッチは、スマートフォンと連携するスマート機能と腕時計を、今までとは異なるアプローチで融合した製品です。文字盤がディスプレイになる一般的なスマートウォッチとは逆の取り組みとも言えるこの製品、新しい可能性を感じます。(2015/9/6)

アナログ時計にデジタル技術凝縮 ソニー、おサイフケータイ搭載腕時計「wena wrist」
アナログ腕時計のクラシカルなデザインを維持しつつ、おサイフケータイなどデジタル技術を搭載した「wena wrist」のクラウドファンディングをソニーが開始した。(2015/8/31)

時計はアナログ、バンドがハイテク  ソニーが腕時計「wena wrist」をクラウドファンディング中
秘密は文字盤ではなくバンドにある!(2015/8/31)

7月1日の朝9時“うるう秒・8時59分60秒”挿入――そのとき、時計はどうなる?
7月1日の朝9時になった瞬間、時計に注目してみると……。(2015/6/29)

1000分の1秒を計測するシチズンの「エコ・ドライブ レーシングクロノグラフ」
シチズン時計は「シチズン PROMASTER(プロマスター)」のLANDシリーズから、アナログとデジタルのコンビネーションによる「エコ・ドライブ レーシングクロノグラフ」を発売する。(2015/5/27)

シチズン、「ミラノサローネ2014凱旋展」南青山で開催 11月14日から
ミラノで行われたデザインの祭典のコンペで2冠を獲得した、シチズン時計のインスタレーション“LIGHT is TIME”が東京に凱旋。東京・南青山で展示イベントを行う。開催は11月14日から28日。(2014/10/20)

腕時計にFPGAが搭載された!:
「ウェアラブルは最も強みを生かせる分野」――ラティスCEO
ラティスセミコンダクター(Lattice Semiconductor)は、東京都内で記者説明会を開催し、ウェアラブル機器に向けた取り組みなどについて語った。シチズン時計の新型腕時計に同社のFPGAが採用されるなど、日本での事業にも弾みをつける。(2014/10/3)

「シチズン アテッサ」に新色、ミッドナイトをイメージしたネイビー文字板モデル
ビジネスパーソン向け腕時計ブランド、シチズン アテッサ ダイレクトフライトシリーズにネイビー文字板を採用したモデルが追加された。価格は13万円から。(2014/9/26)

「シチズン×BEAMS」、光発電エコ・ドライブ搭載のコラボウオッチ
シチズン×BEAMSコラボウオッチの2014年版が登場。電池交換不要の光発電エコ・ドライブで機能性を高めつつ、肉厚の本革バンドでミリタリーテイストを演出。クロノグラフ仕様のモデルも用意する。(2014/9/9)

心にゆとり、腕に宙空の美:
PR:“ステータスを遊ぶ”高級腕時計の世界を知る──「カンパノラ メカニカルコレクション」
“ステータスを遊ぶ”とは、どういう意味か。そこに、日本とスイスの伝統的な時計技術を融合した、新しい腕時計の価値観があった。「カンパノラ メカニカルコレクション」に込めた意図を深堀りする。(2014/8/18)

シチズン、新ブランドステートメント「BETTER STARTS NOW」
シチズンの新ブランドステートメント「BETTER STARTS NOW」を示す特設サイトと紹介ムービーが公開された。(2014/7/24)

日本の匠の技とスイスの伝統を融合:
「カンパノラ」にスイス製機械式ムーブ搭載の第4の柱──「メカニカルコレクション」
カンパノラ初の機械式ムーブメント搭載モデル「メカニカルコレクション」が登場。スイスの伝統技術に培われた機械式ムーブメントと、日本の美意識が息づくデザインを融合をコンセプトに、ブランドテーマ「ステータスを遊ぶ」を演出する。(2014/7/18)

受信範囲は“空がある限り”:
シチズン、シリーズ最薄+最速受信の最上位「エコ・ドライブ サテライト ウエーブ F100」
「エコ・ドライブ サテライト ウエーブ F100」の発売日と価格が決まった。発売は2014年10月10日、価格は17万円から。独自機能「ライトレベルインジケータ」が動く様子も動画で公開。(2014/7/16)

シリーズ初:
「シチズン アテッサ」に、“宇宙とつながる”サテライトウエーブモデル
「シチズン アテッサ」シリーズに衛星電波受信機能「エコ・ドライブ サテライト ウエーブ」搭載の新ラインアップが登場。2014年9月に発売する。(2014/7/16)

さらにタフネス:
「シチズン シリーズエイト」第8弾新作 シリーズ初20気圧防水仕様に
光発電エコ・ドライブ電波ウオッチ「シチズン シリーズエイト」の新作「808」が登場。独自の8体構造による高品質でタフネスな外観はそのままに、シリーズ初の20気圧防水仕様に進化した。(2014/7/3)

シチズン「エクシード」に上質なペアモデル ワールドタイム+耐金属アレルギー仕様
シチズン・エクシードに上質なデザインを特徴とするペアモデルが登場。光発電・エコドライブ電波仕様+ワールドタイム機能、さらに小キズを防ぎ、耐メタルアレルギー仕様とする独自の表面技術加工を施した。(2014/6/5)

BASEL WORLD 2014:
シチズン、より性能を高めた衛星電波ウオッチの世界最薄モデル「サテライトウェーブ F100」
シチズンが衛星電波ウオッチの旗艦モデル「サテライトウェーブ F100」をバーゼルワールド2014で発表。人工衛星をモチーフにした先進的なデザインとともに、時刻受信速度をより高め、全世界40タイムゾーンへ対応する進化を遂げた。(2014/4/1)

プロフェッショナルサラリーマン――実践Q&A編:
日経よりも効果的! 経済オンチ改善法
新卒で働き始めたものの、経済などの情報にうとく、基本的な経済情報がまったく分からなくて不安――、こんな人は少なくない。昔は「日本経済新聞を読め」などと言われたものだが、基本的な経済情報は、具体的にはどのように学ぶのがいいのだろうか。(2014/1/8)

プロフェッショナルサラリーマン――実践Q&A編:
「ゆとり」部下をどうマネジメントするか
どこの部署でも使いものにならず、あちこちでたらい回しにされた揚げ句、自分の部署で引き取ることになった……。このような人物を更正させるには、どのように教育すればいいのだろうか。(2014/1/6)

プロフェッショナルサラリーマン――実践Q&A編:
無能な経営者はなぜ反省しないのか?
「上司や部下の考えていることが分からない」「サラリーマンって、なんて理不尽なんだ」――そんな悩みをもつ人も多いのでは。本連載は、サラリーマンの悩みに触れることで、会社の中で生き抜くヒントを紹介しています。(2014/1/3)

プロフェッショナルサラリーマン――実践Q&A編:
事務職は何をモチベーションにして仕事をしたらいいのでしょうか
「上司や部下の考えていることが分からない」「サラリーマンって、なんて理不尽なんだ」――そんな悩みをもつ人も多いのでは。本連載は、サラリーマンの悩みに触れることで、会社の中で生き抜くヒントを紹介しています。(2013/12/30)

「ビジネス通信 誠」の読者になりませんか?:
メルマガ読者購読キャンペーン――レノボの8インチタブレット「YOGA TABLET」など31名様に当たります!
Business Media 誠編集部から、読者のみなさまの日ごろのご愛読に感謝してプレゼントキャンペーンを実施します。これを機に、無料メールマガジン「ビジネス通信 誠」を購読してみませんか?(2013/12/9)

シチズン×トヨタ86、1/1000秒が計測可能なクロノグラフ
シチズン時計は、トヨタ「86」とコラボした腕時計の第2弾を2014年1月10日に発売します。ラップ計測ができる「レースモード」を搭載しています。(2013/11/25)

週末散歩:
シチズンの秋の新作時計をテーマにした期間限定カフェ
シチズン時計が六本木ヒルズに期間限定カフェ「シチズン グローバル タイム カフェ 2013」をオープンしています。期間は11月24日まで。(2013/11/22)

どんな困難でも突き進む力を表現:
シチズン、2つの世界を操る「アテッサ」に黒×ピンクゴールドの限定版
シチズンが、逆境でも信念を失わないビジネスパーソンのために生み出したビジネスウオッチ「アテッサ」の2013年秋モデルに、ラグジュアリー感を増した1300本の限定モデルが登場する。(2013/10/10)

ダブルダイレクトフライト搭載:
シチズン アテッサ、2つの都市時刻を同時に表示する新モデル
シチズン時計は、デュアルタイム機能を備えた「ダブルダイレクトフライト」モデル2種を10月に発売する。6時位置のサブダイヤルに2つめの時刻を表示する。(2013/10/1)

シチズン「カンパノラ」、星の起源を表現した「宙叢雲」と「黒橡」
シチズン時計は、高級ウオッチブランド「カンパノラ」から、光発電エコ・ドライブを搭載した新モデル「宙叢雲(そらのむらくも)」と「黒橡(くろつるばみ)」を9月27日に発売する。価格は39万9000円。(2013/7/23)

サテライト ウエーブ エアにアルティクロン:
ファンミーティングでシチズンの新作腕時計を一足早く体験してきた
シチズン時計は6月8日、東京・表参道にある「CITIZEN DESIGN STUDIO」で、「ファンミーティング」を開催した。バーゼルで発表した新作を実際に体験した。(2013/6/13)

シチズン「シリーズエイト」、ケース厚9.6ミリの電波時計「807」
「引き算の美意識」を追求する腕時計シリーズエイトの新作は、厚さ9.67ミリという薄型ケースが特徴の「807」。8月中旬発売で、価格は23万1000円〜。(2013/6/12)

シチズン「カンパノラ」、職人の漆塗りで星が生まれる瞬間を表現
独創的なデザインと、クオーツによる複雑機構を提案する腕時計ブランド「カンパノラ」。新作「宙叢雲」と「黒橡」が2013年秋に登場する。(2013/6/12)

BASEL WORLD 2013:
上空1万メートルを表現した「アルティクロン シーラス」――デザイナーに聞く
バーゼルワールドでシチズンがフラッグシップモデルとして披露した「プロマスター エコ・ドライブ アルティクロン シーラス」。そのデザインを担当した井上英樹さんに話を聞いた。(2013/6/7)

時代を切り拓く力――シチズン「アテッサ」2013年夏限定モデル
シチズン時計は、ビジネスウオッチ「アテッサ」の2013年夏限定モデル2種を6月7日に発売する。価格は15万7500円と16万8000円で、それぞれ1500本限定となる。(2013/5/8)

BASEL WORLD2013:
シチズン、人工衛星からの時刻信号を受信する腕時計「サテライト ウェーブ エア」
シチズン時計がバーゼルワールド2013で発表した「サテライト ウェーブ エア」のモチーフは「大空」「翼」。エコ・ドライブの旗艦モデルとして9月に発売する。(2013/4/27)

シチズン、池袋にブランドの世界観を伝えるコンセプトショップ
シチズンの世界観を伝えるコンセプトショップが池袋にオープンした。全国で5店舗目、東日本エリアでは初となるショップだ。(2013/2/22)

シチズン、艶やかなピンクゴールドと黒文字盤の「エクシード」冬季限定モデル
シチズンは、ドレスウオッチ「EXCEED」から2012年冬季限定モデルを発売した。文字盤に天然白蝶貝やオパールを使った特別感のあるエコ・ドライブ電波時計だ。(2012/12/11)

シチズン、「光」と「影」を可視化した腕時計「Eco-Drive EYES」
2010年にコンセプトモデルとして発表した「Eco-Drive EYES」が世界限定500本で2013年2月に発売。製品版ではブラックモデルも登場する。価格は42万円。(2012/11/27)

シチズン「アテッサ」25周年、記念モデル第3弾は「月光」
デザインテーマは「闇夜を照らす導きの光の象徴」。黒のデュラテクトDLCチタンケースやデュアル球面サファイアガラスによって艶やかな月光を表現する。(2012/11/5)

シチズン「アテッサ」、目指したのは“ソリッド”なビジネスウオッチ
2012年、誕生25周年を迎えたアテッサから新たに登場した厚さ9.72ミリの電波クロノグラフ。同社が3年ぶりに投入する新ムーブメントを搭載した意欲作だ。(2012/10/4)

シチズン「アテッサ」、最も薄い9.72ミリの電波クロノグラフ
シチズン時計は、「ATTESA」ブランドから同社の多針電波時計で最薄となる光発電エコドライブ電波腕時計3モデルを発売する。価格は10万5000円。(2012/9/25)

シチズン、東京の夜の静寂をイメージした腕時計「806限定モデル」
シンプルモダンをコンセプトに展開する「CITIZEN Series8(シリーズエイト)」シリーズ。「806」に200本限定の黒モデルが登場した。(2012/7/23)

漆黒に浮かぶ星空をデザイン――シチズン、腕時計「CAMPANOLA(カンパノラ)」ブランドから「塵地螺鈿」モデルを限定300個発売
文字盤に日本の伝統技法の「塵地螺鈿(ちりじらでん)」による細工が施された、豪華なソーラーウォッチがシチズンから発売される。(2012/7/11)

シチズン、蒔絵の技法で宇宙を表現したエコ・ドライブ腕時計「塵地螺鈿」
バーゼルワールド2012で発表されたカンパノラの新作「塵地螺鈿(ちりじらでん)」が8月中旬に発売。限定300本で、価格は34万6500円。(2012/7/11)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。