ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

「Cloud Foundry」最新記事一覧

結局クラウド戦略はどうなった?:
米デル、EMCの買収完了であらためて考える、新会社の存在価値とは
デルによるEMCの買収が2016年9月7日(米国時間)に完了し、売上740億ドルのIT企業グループが誕生した。新組織は、デル テクノロジーズの傘下にDell Inc.が誕生し、デルとEMCの法人ビジネスは統合されてその事業部門になる。新生デル テクノロジーズの存在価値はどこにあるか。幹部の発言から追った。(2016/9/9)

オープンソースとエンタープライズの関係(3):
コンテナ運用環境を標準化? CNCFは何をやろうとしているか
Cloud Native Computing Foundationは、クラウドネイティブアプリケーション開発・運用環境に関する技術の「標準化」を推進しているという。臨時エグゼクティブディレクターに、具体的な活動内容を聞いた。(2016/8/24)

利用シーンでイメージするForce.comとHerokuの連係
100人に100通りのチラシを配る、「Heroku」による全日本食品の会員サイト開発事例
アプリケーション開発への要件が厳しさを増している。モバイル対応は当たり前、SNS連係や基幹システムとのリアルタイム接続など要件は複雑だ。Salesforce.comのApp Cloudはこの課題にどう挑むのか。事例を交えて紹介する。(2016/7/29)

松岡功の「ITニュースの真相、キーワードの裏側」:
「SAP HANA Cloud Platform」はPaaSのスタンダードになるか
SAPがPaaSのスタンダードを目指して「SAP HANA Cloud Platform」の普及展開に注力している。先頃、日本でも同サービスの事業強化を打ち出した。果たして、同社の野望は実現するか。(2016/7/28)

AWS Summit Tokyo 2016:
AWSの「開発スピード」とは? 同社がやらないサービスとは何か
AWSは新サービス、新機能を高速に開発・提供していることを強調している。だが、イノベーションの数よりも重要なことがあるのではないか。例えばAWSがやらないサービスとは何なのか。本記事では、AWSのサービス展開戦略を探る。(2016/6/17)

Weekly Memo:
SAPが「HANA Cloud Platform」に込めた大いなる野望
SAPがPaaS型クラウドサービス「SAP HANA Cloud Platform」の日本での事業展開を強化すると発表。このサービスには同社の大いなる野望が込められていることが分かる。(2016/6/13)

あなたの知らないハイパーコンバージドインフラの世界(1):
ハイパーコンバージドインフラ製品は、結局どこに価値があるのか
ハイパーコンバージドインフラを解説する連載の第1回として、この種の製品が結局のところ何を目指しているのか、どこに価値があるのかを解説する。(2016/5/26)

「これは買収ではない」?:
Dell EMCはどこへ行くのか、今後の企業文化、製品戦略、クラウド戦略を探る
EMCはデルに買収されることで、どう変わるのだろうか。企業文化、製品戦略、クラウド戦略の3つの側面から、ユーザーおよび潜在ユーザーにとって意味のあるポイントに絞って、EMC WORLD 2016での取材に基づきDell EMCの今後を探った。(2016/5/17)

ビジネスアナリティクス、ビッグデータの文脈(1):
ビジネスアナリティクス、機械学習の進化とSASの新アーキテクチャ
統計解析、予測分析でリーダー的存在の米SASが、同社製品群の大部分を新アーキテクチャに移行すると、2016年4月に発表した。これを、ビジネスアナリティクスの世界全般における動向との関連で探る。(2016/5/10)

ボタン一発でバージョンアップ:
米EMCが発表したプラグ・アンド・プレイOpenStack、「Neutrino Nodes OpenStack版」とは
米EMCは2016年5月3日(米国時間)、ターンキーOpenStack環境製品の「VCE VxRack System 1000 with Neutrino Nodes with support for OpenStack」を発表した。構築・運用は大幅に自動化されていて、OpenStack運用のノウハウがゼロでも使えることを目指しているという。(2016/5/9)

Pivotal Cloud Foundry on Azureも関連:
米Pivotalに米フォードと米マイクロソフトが出資、フォードは第3の株主に
米Pivotal Softwareに、米フォードおよびマイクロソフトが出資することが、2016年5月5日(米国時間)に明らかになった。フォードはGEを超え、第3位の株主になる。マイクロソフトの投資は、Pivotalの独立企業としての価値を高めるといえそうだ。(2016/5/9)

EMC WORLD 2016:
米EMC、UnityとNeutrino Nodesの発表でオールフラッシュとクラウドネイティブへの取り組み強化
米EMCが2016年5月第1週に開催したEMC WORLD 2016における製品発表の要点は、同社のオールフラッシュ対応製品群がほぼ出そろったこと、同社の「クラウドネイティブIT」対応製品が具体化したことにある。(2016/5/9)

OpenStack Summit Austin 2016:
OpenStackは「多様性を統合する基盤」、フォルクスワーゲンとAT&Tが導入について語る
OpenStack Foundationは2016年4月25日(米国時間)、「OpenStack Summit in Austin 2016」を開幕、基調講演では自動車大手フォルクスワーゲンおよび通信大手AT&Tが、自社のOpenStack導入について語った。(2016/4/26)

マーケティング自動化、IoTも:
米SASがアナリティクスでSAS言語以外に対応、クラウド対応、API連携進める
米SAS Instituteは2016年4月19日(米国時間)、同社アナリティクス製品群の統合アーキテクチャ「SAS Viya(ヴァイア)」、マーケティング自動化の新製品「SAS Customer Intelligence 360」、IoTソリューション「SAS Analytics for IoT」を同時に発表した。Viyaでは、Python、Lua、Javaに対応する。(2016/4/20)

開発環境も「所有」から「消費」へ
IBMのクラウド戦略、開発リソースのエコシステムでSIパートナーの“窮地”を救えるか
IBMは「SoftLayer」「Bluemix」「Bluemix API」の提供でクラウド市場での存在感を強く打ち出している。これらのサービスは、パートナー企業の提案力の強化にどのように貢献するのか?(2016/4/19)

ガートナーの提言
自社に適した「賢いPaaS選択」 どれを選べばいいの?
多くのベンダーがPaaSを提供している中で、自社が選択すべきPaaSはどれなのか。PaaSの種類やアーキテクチャの違い、サービス選択のポイントを紹介する。(2016/3/30)

Pivotal Labs東京を戦略的な活動に:
Pivotalジャパン、「2016年は日本のデジタルトランスフォーメーション元年」
Pivotalジャパンは2016年3月24日、2016年の同社における事業戦略を説明、このなかで「今年は日本のデジタルトランスフォーメーション元年」とし、同社が2015年12月に本格始動したPivotal Labs東京の活動を戦略的に活用して、一般企業のデジタルビジネスへの取り組み支援を進めていくと説明した。(2016/3/28)

松岡功の「ITニュースの真相、キーワードの裏側」:
富士通のクラウドサービスは海外勢と渡り合えるか
2015年12月に新たなクラウドサービス「K5」の提供を開始した富士通。2016年4月からはグローバル展開にも注力する構えだ。同市場で先行するアマゾンやマイクロソフトなどの海外勢と果たして渡り合っていけるのだろうか。(2016/3/28)

IT部門もアジャイル、DevOpsで行こう【第3回】
Dockerが提唱する“Container as a Service”とは、早い話がPaaSである
DockerとPaaSは、DevOpsを支援する技術として相反するもののように見えるが、実際は対立関係ではなく協力関係にある。具体的にどういうことか。両者の仕組みを図で解説する。(2016/3/24)

Ironicも統合:
ミランティス、Libertyベースの「Mirantis OpenStack 8.0」を発表
米ミランティスおよびミランティスジャパンは2016年3月1日、同社のOpenStackディストリビューションの新版、「Mirantis OpenStack 8.0」を発表した。OpenStack Libertyをベースとした最新版で、安定性の強化に加え、Ironicサポートなどを提供している。(2016/3/2)

SoftLayer的な仕組みが基本:
NTT Comが「Enterprise Cloud」を全面刷新、「合気道のようなクラウド」に進化
NTTコミュニケーションズは2016年3月1日、同社の企業向けクラウドサービス「Enterprise Cloud」を全面刷新し、同日に提供開始したと発表した。事実上は新サービス。ユーザー組織のあらゆるニーズに対応し、他社のクラウドサービス併用も支援する、「合気道のようなサービス」だ。(2016/3/1)

IT部門もアジャイル、DevOpsで行こう【第2回】
アプリケーションの開発と運用を加速するDockerとPaaS、両者の違いは?
コンテナ技術の活用で注目を集めるDockerと、運用に必要な環境をサービスとして提供するPaaS。どちらもDevOpsの推進に適した仕組みだ。この2つはどう違い、どのように使い分けるべきなのだろうか。(2016/2/26)

ランタイム対応やKituraを発表:
米IBM、米アップルとSwiftによるエンド・ツー・エンドのアプリ開発を推進
米IBMは2016年2月22日(米国時間)、サーバサイドでのSwift実行環境を強化する発表を行った。オープンソースの軽量WebフレームワークKitura、Swift Package Catalogのベータ版提供開始、Bluemix上でのSwiftビルドパックサポート、イベントドリブンプログラミングサービスOpenWhiskにおけるSwiftランタイムのサポートを発表した。(2016/2/23)

ランタイムとしてSwiftもサポート:
米IBMがAWS Lambda的なサービスOpenWhiskを発表、オープンソース提供も
米IBMは2016年2月22日(米国時間)、AWS Lambdaに似たイベントドリブンなプログラミングサービス「Bluemix OpenWhisk」を発表した。同時にこれを、Apache 2.0ライセンスに基づくオープンソースコードとして公開。同社は特徴として、オープン性とエコシステムの展開を強調している。(2016/2/23)

IT部門もアジャイル、DevOpsで行こう【第1回】
求められるのは“スピード基準” IT部門が開発部隊になれない2つの壁
ビジネスを取り巻く環境は絶えず変化しており、ソフトウェア開発にはますますスピードが求められている。さまざまな開発手法やテクノロジーが登場する中で、何をどう採用していけばいいのだろうか。(2016/1/27)

IaaS、PaaSでOSSの成果を活用しながら技術貢献も:
ヤフーがPivotal Cloud Foundryを採用、Pivotalと共同開発も推進
ヤフーがPaaS「Pivotal Cloud Foundry」を採用した。今後はPivotalと共同開発プロジェクトも進めていくという。(2015/12/25)

OSSのクラウドネイティブアプリケーション運用基盤開発プロジェクト:
Cloud Native Computing Foundationに富士通やNECも参加、インテルは検証環境を準備
「クラウドネイティブなアプリケーションやサービスの構築と保全」を目指すCloud Native Computing Foundationが、新たな参加メンバーを発表。運営方針や開発の方向性も整理した。(2015/12/22)

Docker運用管理製品/サービス大全(6):
開発者も知っておきたいDocker管理ツールとしてのAWS Elastic Beanstalkの使い方
数多く台頭しているDockerの運用管理に関する製品/サービスの特長、使い方を徹底解説する特集。今回は、いまさら聞けないDockerとPaaSの関係、BeanstalkでDocker環境を作成した場合の構成や構築手順、運用テクニック、Amazon EC2 Container Serviceとの比較などについて。(2015/12/18)

PaaSのプロになれば年俸10万ドルも夢じゃない
クラウドの仕事で高給を得るためのヒント、Top 5
企業システムにおけるクラウドの需要が高まるにつれ、ベンダー、ユーザー企業の両方で雇用機会も増大している。身に付けておくと市場価値の高いスキルとは? 上位5つを紹介する。(2015/12/16)

サーバーの初期設定を自動化:
米EMC、新OSSプロジェクト「RackHD」と2プロジェクトの進化を発表
米EMCは2015年12月8日(米国時間)、新たなオープンソースプロジェクト「RackHD」を立ち上げた。また、同社の主導する既存オープンソースプロジェクトの「CoperHD」および「REX-Ray」の進化を発表した。(2015/12/11)

機械学習はリアルタイム適用:
SAP HANA SPS11は、Cloud Foundry採用でアプリケーション環境を一新
SAPジャパンは2015年12月10日、SAP HANAの新バージョン、「SAP HANA SPS11」を発表した。SPS11では、アプリケーション開発環境をCloud Foundryの採用により完全に再構築。Spark/Hadoopとの連携強化や機械学習アルゴリズムのリアルタイム適用などが新しい。(2015/12/11)

Cloud Foundryとも統合:
米HPEはOpenStackクラウドをあきらめていない、Managed Cloudでベータ提供開始
米HPEは、マイクロソフトとのMicrosoft Azureに関する提携発表と同じ2015年12月1日、同社のマネージドクラウドサービス「HPE Helion Managed Cloud」の選択肢の一つとして、「HPE Helion OpenStack 2.0」のマネージドサービスをベータ提供開始したことを明らかにした。2016年の早い時期に、一般提供を開始したいという。(2015/12/7)

ハイブリッドクラウド運用へのニーズに対応:
富士通とヴイエムウェアが協業を拡大
ヴイエムウェアが富士通との協業を拡大。ヴイエムウェア製品は富士通のクラウドサービス「FUJITSU Cloud Service K5」向けに最適化され、VMware vSphere Integrated Containersを使ったK5のPaaS機能拡張も行われる。(2015/11/10)

Azure Resource Manager経由で操作可能:
「Cloud Foundry on Azure」がGAに
「Cloud Foundry on Azure」が一般公開(GA)に。AzureとCloud Foundry環境間の操作を統合できる環境が用意された。(2015/11/6)

EMC Forum 2015リポート:
PR:EMCとユーザー企業が語った、第3のプラットフォーム時代への取り組み
EMCジャパンは2015年10月15日、東京で「EMC Forum 2015」を開催。国内企業のITが大きく変化しようとしているいま、現在から未来への橋渡しを同社が果たせるとアピールした。また、東芝、日本通運、富士フイルムの新たなITへの取り組みを、ユーザーが詳細に語った。基調講演とユーザーの講演を中心に、同イベントの内容をまとめた。(2015/11/16)

製造マネジメントニュース:
インダストリアル向けアプリの世界初最大マーケットプレイス基盤を発表
GEは、2015年の売り上げが50億ドル超、受注額が60億ドルを達成する見込みであること、新製品および新たなパートナーシップを発表した。Predixと社内開発により、2020年までに150億ドル以上の売り上げを見込んでいるという。(2015/10/14)

クラウドからローカルへ。ハイブリッドで使えるPaaS環境を整備:
IBMがオンプレミスでPaaSを提供する「Bluemix Local」をリリース
オンプレミスでPaaSを提供する「Bluemix Local」をIBMがリリースした。同期技術「Relay」で、常にパブリックな「Bluemix」と同じ環境にアップデートできる。(2015/10/7)

Weekly Memo:
AWSにも真っ向勝負――富士通の新クラウド事業戦略
富士通があらためてクラウド事業に注力する姿勢を明確に打ち出し、パブリッククラウドサービスで先行するAWSにも真っ向勝負を挑む。その新たな戦略とは――。(2015/10/5)

日本でもFinTechハッカソンが増える?:
FinTechへのアプローチを強化 Pivotalジャパン、日本IBMなど
Pivotalジャパンや日本IBMなどが立て続けにFinTechへのアプローチ強化を発表。金融機関が持つシステムの現代化を支援し、自社の開発プラットフォームによるアプリケーション開発環境を提供する動きも活発になっている。(2015/10/2)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
GEにみるIoTとビッグデータ連携でのOSS利用と国際協調
モノのインターネット(IoT)の普及拡大とともに、企業の産業システムがオープンソースソフトウェアとデータを連携する場面が増えてくる。ビッグデータ/IoT連携を推進するグローバル企業は、どのように対応しているのだろうか。(2015/9/9)

VMworld 2015:
米ヴイエムウェアが2つのコンテナインフラを発表、Photon Platformは、「開発者のための新たなvSphere」?
米ヴイエムウェアは8月31日(米国時間)、米サンフランシスコで開催中のVMworld 2015で、コンテナインフラの「VMware vSphere Integrated Containers」と「VMware Photon Platform」のテクノロジープレビュー版を発表した。特にPhoton Platformは、開発者主導のコンテナインフラ展開につながる点で、注目される。(2015/9/1)

特集:国内DevOpsを再定義する(1):
国内DevOpsトレンドは、これからが本番
多くの企業の注目を集めながらも、バズワードと見る向きも多かったDevOps。だがそれが誤解であり、その本当の意義に気付いた企業が国内でも急速に増え始めている。今あらためて「DevOps」を探る。(2015/9/1)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
ITシステムと制御システムが融合するIoTクラウドのいま
欧米では「インダストリアル・インターネット」や「インダストリー4.0」に代表される産業システム向けのIoT基盤が注目を集めている。これを主導するGEの動きやIoTクラウドにおける課題をみていこう。(2015/8/18)

Dockerにいち早く対応したPaaS:
米HP、Cloud FoundryベースのPaaS製品Stackatoを買収
米HPは2015年7月28日(米国時間)、PaaS基盤製品「Stackato」を米ActiveStateから取得すると発表した。HPはCloud FoundryベースのPaaS基盤製品「HP Helion Development platform」を提供しているが、Stackatoの技術の統合で、これを強化する。(2015/7/29)

コンテナベースのアプリケーション環境を整備:
KubernetesはMesosと連携強化、Cloud Native Computing Foundationが設立
米グーグルなど20以上の企業、団体が2015年7月21日(米国時間)、「Cloud Native Computing Foundation(CNCF)」を設立、グーグルは同社が主導するオープンソースのコンテナオーケストレーションフレームワーク、Kubernetesをこの団体に寄贈すると発表した。CNCFではMesosなどとの連携を進め、クラウドネイティブなアプリケーションのプラットフォーム整備を進める。(2015/7/23)

Intercloudとの関係は:
シスコがPistonを買収、サービスとしてのOpenStackを強化
米シスコシステムズが、OpenStackディストリビューションのベンダーであるPiston Cloud Computingを買収することが、2015年6月3日(米国時間)に明らかになった。シスコが6月7日より、米サンディエゴで開催する年次技術イベント「Cisco Live!」における発表の目玉の1つはIntercloudだとされる。Pistonの買収はこれに関連してくる。(2015/6/4)

Database Watch(2015年5月版):
SAPのPaaS「SAP HANA Cloud Platform」は日本に浸透するか?
SAPもクラウドプラットフォーム展開を本格化。日本国内でのデータセンター開設はいつになる? イベント「SAP Tech JAM」で、動向をウオッチした。(2015/6/1)

Weekly Memo:
新たなクラウド戦略を打ち出した富士通の思惑
富士通がオープン技術を採用した新たなクラウドサービスを打ち出した。グローバル市場を舞台に、果たして先行する競合ベンダーを追撃することができるか。(2015/5/18)

Weekly Memo:
IBMが仕掛けるPaaS拡大戦略の狙い
IBMがクラウド事業において新たなPaaS拡大戦略に乗り出した。キーワードは「APIエコノミー」。果たしてその狙いは何か。(2015/5/11)

VMware NSXとの関係は?:
【詳報】ヴイエムウェアが軽量コンテナホストなどのOSSプロジェクト、様々な「なぜ」を紐解く
米ヴイエムウェアが2015年4月20日(米国時間)に発表した2つのオープンソースプロジェクト、「Project Photon」「Project Lightwave」。ヴイエムウェアはなぜこれらの機能を自ら提供しようとしているのか。なぜオープンソースプロジェクトなのか。VMware NSXとはどのような関係にあるのか。詳しくお伝えする。(2015/4/24)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。