ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

「CMS」最新記事一覧

テキストやグラフィックなどのさまざまなデジタル・コンテンツを収集、登録して統合的に管理し、更新・配信する仕組み、またはそれを実現するソフトウェアの総称。
CMS − @IT情報マネジメント用語事典
-こちらもご覧ください-
CMSビジネス活用術 − @IT情報マネジメント
独断と偏見のCMS比較 - @IT

実際に検証済み!OSS徹底比較(4)サーバ構築自動化【後編】:
OSSのサーバ構築自動化ツール、4製品徹底検証 2016年版
サーバ構築・運用自動化ソフトの中でも特に利用者の多い、「Chef」「Ansible」「Puppet」「Itamae」の4製品をピックアップ。「各ソフトの実行環境の構築手順」「OSSのBlog/CMS基盤であるWordPressの構築」を通じて、その違いを探り、体感いただく本連載。後編ではPuppet、Itamaeを紹介する。(2016/6/24)

実際に検証済み!OSS徹底比較(3)サーバ構築自動化【前編】:
OSSのサーバ構築自動化ツール、4製品徹底検証 2016年版
今回は、サーバ構築・運用自動化ソフトの中でも特に利用者の多い、「Chef」「Ansible」「Puppet」「Itamae」の4製品をピックアップ。「各ソフトの実行環境の構築手順」「OSSのブログ/CMS基盤であるWordPressの構築」を通じて、その違いを探る。(2016/6/23)

セキュリティのアレ(24):
個人情報漏えいが相次いだ2016年4月――セキュリティ専門家たちが振り返る
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第24回は毎月恒例の「振り返り編」です。4月にはCMSプラグインの脆弱性に起因する個人情報漏えい事件が相次ぎました。専門家がその経緯や対策について解説します。(2016/5/13)

セキュリティ・アディッショナルタイム(6):
CMSのプラグイン、何でもかんでも入れてませんか?
2016年4月、国内の複数のWebサイトで相次いで個人情報の流出事件が発生した。原因は、Webサイト構築に利用していたCMSのプラグインソフトに存在した脆弱性だった。(2016/5/12)

インフォテリア Handbook:
タブレット活用でサービスエンジニアの負荷を軽減
インフォテリアは、日立ハイテクフィールディングが同社のモバイル向けコンテンツ管理システム「Handbook」を採用したと発表した。(2016/5/9)

製造IT導入事例:
タブレットに手順書を配信し、作業効率を向上させる管理システム
インフォテリアは、同社のモバイル向けコンテンツ管理システム「Handbook」を、日立ハイテクフィールディングが採用したことを発表した。タブレットに配信された作業手順書やマニュアルを活用した結果、作業効率が向上しコストも削減したという。(2016/4/21)

セキュリティのアレ(15):
CMSのセキュリティ対策のポイント
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第15回のテーマは「CMS」です。Webサイトを簡単に構築できる便利なCMSですが、セキュリティに注意を払うことも忘れないようにしましょう。(2016/3/4)

とにかく速いWordPress(3):
CentOS 7の標準環境だけですぐできる、WordPress「5.4倍高速化」テクニック 前編
企業のCMSサイトやオウンドメディアなどエンタープライズ用途での利用が増えている「WordPress」の高速化について解説する連載。今回は、CentOS 7の標準環境でWordPressを「5.4倍まで高速化」するテクニックを解説します。(2016/2/25)

とにかく速いWordPress(2):
WordPressを2.5倍速くするPHPアクセラレータ「APC」
企業のCMSサイトやオウンドメディアなどエンタープライズ用途での利用が増えている「WordPress」の高速化について解説する連載。第2回は、具体的なWordPressの高速化テクニックとして、ページのロード時間を2.5倍速くするPHPアクセラレータ「APC」を解説します。(2016/1/25)

DRBDの仕組みを学ぶ(5):
障害時にサブサーバへ自動で切り替える「高可用性WordPressシステム」の作り方 前編
サービスを止めてはならない環境で活躍する冗長化支援ツール「DRBD」。今回は、CMSツールとして多くのWebサイトで利用されている「WordPressサーバ」の高可用性をDRBDで確保する方法を解説します。前編は、必要なソフトウェアのインストールと初期設定までを説明します。(2016/1/19)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2015年12月版:
「vvvウイルス」に「Joomla!」脆弱性、情報が飛び交った12月
あっという間に年も明け、2016年を迎えました。昨年末のセキュリティクラスタを振り返ってみると、「SECCON 2015」開催の一方で、vvvウイルスこと「TeslaCrypt」が話題になり、感染源や対策に関する情報が盛んにやりとりされました。また12月中旬にはオープンソースCMS「Joomla!」の深刻な脆弱性が公表され、その原因をめぐって議論が巻き起こりました。(2016/1/8)

Joomlaの更新版が公開、深刻な脆弱性を修正
JoomlaなどのCMSについては、脆弱性を悪用されてサイバー攻撃に利用されるケースが後を絶たないとして、US-CERTが以前から対策を促していた。(2015/12/24)

医療機器ニュース:
4K対応の幅広い医療用映像機器を発売
ソニーは、4K解像度の高精細な映像記録・伝送・再生に対応した医療用映像機器として、4K液晶モニター、4Kレコーダー、ネットワーク経由でデータを管理するコンテンツマネジメントシステムを発表した。(2015/12/22)

追記:本当の原因はPHPの既知の脆弱性、PHPの更新も推奨:
「Joomla!」に再び深刻な脆弱性、3.4.6への速やかなアップデートを推奨
オープンソースのコンテンツ管理ソフトウエア(CMS)「Joomla!」に、リモートからのコード実行も可能な深刻な脆弱(ぜいじゃく)性が存在する。修正版の公開前からゼロデイ攻撃が観測されており、速やかなアップデートが望ましい。(2015/12/15)

シームレスに連係:
プライベートDMPとCMSの登録の二度手間を解消、ブレインパッドとのれん
ブレインパッドとのれんは2015年11月12日、レコメンドエンジン搭載プライベートDMP「Rtoaster」とCMS「NOREN」を連係したソリューションの提供を開始したと発表した。(2015/11/13)

バージョン3.4.5へのアップデートを「直ちに」「強く」推奨:
CMS「Joomla!」にSQLインジェクションの脆弱性、スキャンの動きも内外で
オープンソースのコンテンツ管理システム「Joomla!」に、SQLインジェクションの脆弱性が存在することが明らかになった。開発チームでは問題を修正したJoomla! 3.4.5へのアップデートを強く推奨している。一方で早速、この脆弱性を探索するアクセスが観測されており、注意が必要だ。(2015/10/30)

「Magento」利用のECサイトに不正なコード、マルウェア感染の踏み台に
コンテンツ管理システムの「Magento」を使っている多数サイトに大規模攻撃が仕掛けられ、マルウェア感染サイトに誘導させる不正なスクリプトが挿入されていることが分かった。(2015/10/20)

とにかく速いWordPress(1):
WordPress自体のチューニングが必要な理由と高速化の基本的な考え方
企業のCMSサイトやオウンドメディアなどエンタープライズ用途での利用が増加しているWordPressの高速化について解説する連載。初回は、WordPressの高速化が求められる背景や、WordPress高速化の基本的な考え方であるページのロード時間とその構成要素、1秒当たりの同時アクセス数について解説します。(2015/8/7)

日本ハンバーグ協会や日本エスニック協会のノウハウを活用:
オールアバウト、マニアの協会ビジネスを支援する無料CMSを提供開始
オールアバウトは2015年6月10日、共通の嗜好性を持った愛好家(マニア)のコミュニティー運用を支援するための「協会ビジネス」向け無料CMS「Mania-Biz」を提供開始した。(2015/6/11)

実証コードも公開、ホスティング環境も含め早期の対応を:
WordPress 4.2以前にXSSの脆弱性、速やかなアップデートを呼び掛け
オープンソースのCMS/ブログプラットフォーム「WordPress」に、深刻なクロスサイトスクリプティングの脆弱性が存在する。サーバー上で任意のコードが実行される恐れがあり、問題を修正した「WordPress 4.2.1」への速やかなアップデートが望ましい。(2015/4/28)

ネイティブ広告プラットフォームに批判の声も
Forbesの1日400本の記事公開を支えるデジタルメディア戦略とは
大手メディア企業の米Forbes Mediaは、コンテンツ管理システムを構築することで新たなビジネスを切り開いている。同社のデジタルメディア戦略を解説する。(2015/4/24)

成田空港Webサイトが復旧 CMSに不正侵入受け改ざん被害、閲覧者にウイルス感染の恐れ
不正アクセスによる改ざんを受けて公開を一時停止していた成田空港Webサイトが復旧。CMSに外部から侵入されてサイトを書き換えられ、悪意あるサイトに誘導する攻撃を受けていたという。(2015/3/6)

仕事耕具:
オウンドメディアの立ち上げ、最短1日で――コンテンツマーケ支援サービス「Cloud CMO」
それはさながら“雲の向こうのマーケティング部長”――。オウンドメディアの立ち上げや運用に欠かせないCMSやSEO対策、SNS投稿、メルマガ配信、アクセス解析などのツールをパッケージで提供するサービスが登場した。(2014/9/12)

製造ITニュース:
ラティスが新たにXVLデータの管理ツールを準備――2014年夏ごろリリース予定
ラティス・テクノロジーは、新たに「XVL」のコンテンツ管理システムを提供することを明らかにした。XVLデータで、設計変更などに合わせたバージョン管理を行えるようにする。2014年夏ごろにリリース予定。(2014/5/12)

インフォテリア、「Handbook」契約企業を対象としたWindowsタブレット無償貸し出しキャンペーンを開始
インフォテリアは、同社提供のモバイルコンテンツ管理システム「Handbook」の顧客企業を対象にWindows 8/8.1タブレットを無償で3カ月レンタルするキャンペーンを開始した。(2014/5/8)

ホワイトペーパー:
10個のキーワードで解説する「CMS導入成功の秘訣」
現在のWebサイト運営ツールの主流といえるコンテンツ管理システム(CMS)の導入成功の秘訣をキーワードで解説。新規導入を考える企業はもちろんのこと、既にCMSを導入しており「使いこなせていない」と感じているマーケティング担当者にもぜひ読んでほしい資料だ。(2014/4/22)

Handbookが「Kindle Fire」に対応 インフォテリア
インフォテリアのコンテンツ管理システム「Handbook」が、Amazonのタブレット端末「Kindle Fire」に対応。日本語を含めた4カ国語のバージョンを提供する。(2014/3/18)

多数の.JPサイトも踏み台化:
今度はWordPressが踏み台に、Pingback機能を悪用しDDoS攻撃
オープンソースのCMS「WordPress」のPingback機能が、大規模な“反射型”DDoS攻撃に悪用されている。(2014/3/13)

爆捗! WordPressテーマ作成ショートカット(6):
CSSコーディングでいますぐ使えるSass/Compass実践テク10連発!
本連載では、CMSのスタンダードでもある「WordPress」のテーマ作成を、Dreamweaverをメインに用いてさまざまなモダンな技術を組み合わせながら爆発的に捗(はかど)らせる方法を解説していく。今回は、Compassの「設定変数」やCSSスプライト、CSS3 Media Queries(メディアクエリ)やミックスインの共有などに関する小技を紹介する。(2014/2/26)

爆捗! WordPressテーマ作成ショートカット(5):
知って得するSass/Compassのインストールと使い方
本連載では、CMSのスタンダードでもある「WordPress」のテーマ作成を、Dreamweaverをメインに用いてさまざまなモダンな技術を組み合わせながら爆発的に捗(はかど)らせる方法を解説していく。今回は、SassベースのCSSフレームワーク「Compass」について、概要や使い方に加え、ベンダープレフィックスを書く必要がなくなる、画像をフォルダに置くだけでCSSスプライトを生成できるなどの利点も紹介。(2014/2/25)

爆捗! WordPressテーマ作成ショートカット(4):
いまさら聞けないSassの使い方入門―― インストールとコマンド、Dreamweaver連携
本連載では、CMSのスタンダードでもある「WordPress」のテーマ作成を、Dreamweaverをメインに用いてさまざまなモダンな技術を組み合わせながら爆発的に捗(はかど)らせる方法を解説していく。今回は、Sassの環境構築、基本的な使い方、WordPressのテンプレート作成をSassではかどらせる方法、CSSをSass化する逆コンパイルサービスを紹介する。(2014/2/19)

爆捗! WordPressテーマ作成ショートカット(3):
CSSコーディングで泣かないためのSassの基礎知識と10の利点
本連載では、CMSのスタンダードでもある「WordPress」のテーマ作成を、Dreamweaverをメインに用いてさまざまなモダンな技術を組み合わせながら爆発的に捗(はかど)らせる方法を解説していく。今回は、現場におけるCSSコーディングの3つの問題点、Sassの概要と主な10の機能、SASS記法とSCSS記法の違いなどを紹介。(2014/2/17)

爆捗! WordPressテーマ作成ショートカット(2):
WordPress初心者でも爆捗! テンプレートカスタマイズ&ショートコード作成超入門
本連載では、CMSのスタンダードでもある「WordPress」のテーマ作成を、Dreamweaverをメインに用いてさまざまなモダンな技術を組み合わせながら爆発的に捗(はかど)らせる方法を解説していく。今回は、WordPressの内部構造、Dreamweaverを使ったテンプレートのカスタマイズ方法、ショートコードの作り方について解説する。(2014/2/12)

無料で始めるクラウドCMS構築超入門:
Windows Azure WebサイトとWebMatrix 3で楽チン構築・管理
無料試用版のあるクラウド環境「Windows Azure」と無償で使えるWeb開発環境「WebMatrix 3」の概要や、すぐに使えるCMSサイトをWebに公開する簡単な手順を説明する。(2013/12/4)

今こそ見直す「Webセキュリティ対策」【第3回】
CMSハッキングの脅威――大量のWebサイトを無差別攻撃
個人や企業を問わず、広く利用されるようになった「コンテンツ管理システム(CMS)」。Webサイトの攻撃者は、このCMSにも攻撃の触手を伸ばし始めた。脅威の現状と対策を紹介する。(2013/11/25)

試してみなけりゃ分からない? 古いWebアプリの脆弱性(4):
書き換え事件でも使われた? WordPressプラグインの脆弱性とシンボリックリンク
今回は、多くのユーザーを持ち、それだけに多くの脆弱性が発見されているCMS「WordPress」とそのプラグインの脆弱性を検証してみる。(2013/10/29)

サイトの現地語化を促進:
日本オラクル、カシオ計算機の多言語Webサイト管理を強化
日本オラクルは9月18日、CMSベースの大規模Webサイト企画/開発を行うジークスと共同で、カシオ計算機がオラクルのWebエクスペリエンス管理製品「Oracle WebCenter Sites (オラクル・ウェブセンター・サイツ)」を導入したことを発表した。(2013/9/24)

スマートフォンアプリ作成ツール:
Yahoo!アプリエンジン――企業のモバイルアプリマーケティングを支援する
Yahoo!アプリエンジンは、iPhone/Android用のアプリ開発/運用を支援するコンテンツマネジメントシステム(CMS)である。「顧客とのタッチポイントのため、自社オリジナルのモバイルアプリを開発したい」という企業のニーズに応える。(2013/9/6)

試してみなけりゃ分からない? 古いWebアプリの脆弱性(3):
CMSに残る反射型XSSを使ったセッションハイジャック
今回は反射型クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性を使ったセッションハイジャックにチャレンジし、その危険性を確認したい。(2013/8/20)

サンワ、1980円のヘッドセット付き300万画素Webカメラ
サンワサプライは、ヘッドセット付きの300万画素Webカメラ「400-CMS016」の販売を開始した。(2013/6/17)

試してみなけりゃ分からない? 古いWebアプリの脆弱性(2):
CMSに潜むSQLインジェクション
今回は、古いCMSに潜むSQLインジェクションの脆弱性を検証する。データベースを操作した結果、どんなことが可能になるのか、その危険性をあらためて認識してほしい。(2013/5/30)

Googleインフラ上で展開:
ピーエスシー、Googleインフラ上で稼働するCMSサービス「Power Apps CMS」をリリース
ICTサービスの企画/開発や構築から、保守運用までをワンストップで提供するピーエスシーは5月24日、Googleプラットフォーム上で稼働するCMS管理エンジン「Power Apps CMS」(パワーアップス シーエムエス)のリリースを発表した。(2013/5/27)

負荷5割軽減:
浜松ホトニクス、オラクルのCMS「Oracle WebCenter Sites」でグローバルサイトを刷新――問い合わせ2割増、負荷5割軽減
日本オラクルは5月22日、光技術の研究/開発で世界的な評価を受けている浜松ホトニクスが、英語のグローバルWebサイト上の製品情報管理/コンテンツ管理の最適化を目的に、オラクルのCMS「Oracle WebCenter Sites」を導入したことを発表した。(2013/5/23)

導入事例:
浜松ホトニクス、オラクルのCMSでグローバルWebサイトを刷新
浜松ホトニクスは、「Oracle WebCenter Sites」による自社のグローバルWebサイトの刷新によって、海外からの問い合わせを20%増加させ、運用管理の作業量を約50%低減した。(2013/5/22)

SEO対策:
WordPressでマーケティング効果が高いサイトを構築しよう――WordPress初級者が知っておくべき5つのコツ
今や、ブログシステムというよりも、CMSプラットフォームとして進化し続けているWordPress。企業サイトや、メディアサイトの構築基盤として活用しているケースも多いだろう。2012年9月に米国で発表された調査結果によると、Webサイトの6分の1がWordPressを利用しているという。無料で利用できるというメリットも大きいが、プラグインやテンプレートが豊富であることも、広く受け入れられる理由だろう。(2013/4/26)

川口洋のセキュリティ・プライベート・アイズ(45):
CMSが狙われる3つの理由
今回のコラムでは、ラックのセキュリティ監視センター、JSOCでもたびたび観測しているCMSを狙った攻撃の状況とその対策について解説します。(2013/4/8)

コードネーム「Elvin」:
「WordPress 3.5」リリース、メディア管理フローを刷新
オープンソースのブログ/CMSプラットフォーム、WordPressの最新版「WordPress 3.5」(コード名「Elvin」)が12月11日にリリースされた。(2012/12/14)

北欧の出版界を席巻:
個人作家・出版社が電子書籍を“直販”できる出版CMS「Publit」が英国進出
個人作家や出版社が自分のサイトで電子書籍を販売できるCMSサービスとして北欧の出版界で話題のベンチャーPublitが英国でのサービスを開始した。(2012/11/29)

ネオスら、電子書店構築システム「電子書店構築 CMS」発売
ネオスとモバイルブック・ジェーピーは、スマートフォン向け電子書店構築システム「電子書店構築 CMS」の販売契約を締結。モバイルブック・ジェーピーを通じてコンテンツプロバイダーへの提供をスタートした。(2012/11/29)

PCサイトとスマホサイトを同時に生成できるCMS――「vibit CMS 6」
PCサイトと同じ編集画面でスマホサイトも生成――。ヴィビットインタラクティヴが、PCサイトのリソースをスマホサイトのコンテンツとして利用可能にする「vibit CMS 6」をリリースした。(2012/9/5)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。