ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

「COBOL」最新記事一覧

COmmon Business Oriented Language
-こちらもご覧ください-
COBOL - Getting Started − @IT

「セキュリティ心理学」入門(7):
ありがとう、お礼にパスワードを教えます――リアルもネットも変わらない“だまし”の技術
情報セキュリティについて人間の側面から考える本連載。今回は人間の「返報性」を利用したソーシャルエンジニアリングに関する調査事例などを紹介します。(2016/8/5)

Cisco Live US 2016レポート:
テクノロジーが企業戦略を支え、「セキュリティ」がテクノロジーを支える──シスコのロビンスCEO
シスコシステムズが年次カンファレンス「Cisco Live US 2016」を開催。基調講演に登壇したチャック・ロビンスCEOは、企業の「デジタルトランスフォーメーション」を支援する役割はこれまでと変わらないことを強調しつつ、その実現に最も懸念される事項が「セキュリティだ」と述べた。(2016/7/14)

特集:今、市場に求められるITアーキテクトの視点(3):
アジャイル開発の第一人者、吉羽龍太郎氏が指南するSIerとエンジニアのあるべき姿
アジャイル開発やDevOpsの分野で数多くのコンサルティング経験を持つ吉羽龍太郎氏。「市場に求められる」「本当の価値を持つ」エンジニアであるために必要な考え方やスキルを身に付けるにはどうすればいいのか。エンジニアが技術の「目利き力」やビジネスにコミットする力を習得する方法について、吉羽氏に聞いた。(2016/6/30)

「セキュリティ心理学」入門(6):
ネットワークからだけじゃない情報漏えい
人間にまつわるセキュリティを考える本連載。第6回では、建物への侵入や「のぞき見」「ごみあさり」のようなソーシャルエンジニアリングを扱います。つい見逃しがちな“物理的なセキュリティ”について考えましょう。(2016/6/20)

子どもの成長に合わせて仕事選びの優先順位を変える:
PR:もう「新しいこと」好きを封印しなくて、いいんだ!
夫婦共働き世帯が増えたことを背景に、育児をしながら働くエンジニアも増えてきた。しかし、ただ働くのではなく、やりたい仕事をできているという人は、まだ多くはないのではないだろうか。(2016/5/31)

「セキュリティ心理学」入門(5):
「ヒューマンエラー」は個人の責任ではない
人間にまつわるセキュリティを考える本連載。今回のテーマは「ヒューマンエラー」です。個人の意識だけに原因を求めてもうまくいかないヒューマンエラー対策について考えます。(2016/5/24)

コミュニティー活動で魅力を伝える
27歳と47歳、メインフレームに魅了される2人のエンジニアが語ること
47歳のメインフレームプログラマーが部署の中で最年少だとしたら、もっと努力をして若いIT担当者をメインフレーム関連の仕事に引き込む必要があるのではないだろうか?(2016/4/25)

NEC、業務システム構築のための基盤ソフトを強化
システム内資産の可視化や帳票開発の効率化などを実現する、業務システム構築基盤ソフトウェアの新製品を発売した。(2016/4/12)

「セキュリティ心理学」入門(4):
その「セキュリティ教育」、本当に効果ありますか?
人間にまつわるセキュリティを考える本連載。昨今、「標的型メール攻撃訓練」などのセキュリティ教育・訓練が盛んに行われていますが、こうした教育・訓練はただ行えばよいというものではありません。あらためて、「セキュリティ教育・訓練」の目的や効果について考えてみましょう。(2016/4/11)

特集:アジャイル時代のSIビジネス(5):
「共にビジネスを切り開くパートナーになる」組織作りと人材活用が大切――TIS
SIビジネスの地殻変動を直視し、有効なアクションに変えたSIerの声を紹介してきた本特集。今回は大規模SIer、TISへのインタビューを通じて「SIerにとって本当に大切なこと」をあらためて確認した。(2016/4/1)

「セキュリティ心理学」入門(3):
「誘導質問術」の恐怖――あなたにもある“六つの脆弱性”
人間にまつわるセキュリティを考える本連載。第3回のテーマは「誘導質問術」です。ソーシャルエンジニアリングの一種であり、「振り込め詐欺」のような犯罪にも悪用されるこの技術に、人はどうして引っ掛かってしまうのでしょうか。「人間の脆弱性」について考えます。(2016/2/25)

「セキュリティ心理学」入門(2):
現金より情報の方が盗みやすい?――ある実験が明らかにした「行動規範はセキュリティに役立つか」
人間にまつわるセキュリティを考える本連載。第2回のテーマは「行動規範はセキュリティに役立つのか?」です。企業における「社是・社訓」や、国家公務員に対する「倫理規程」などの行動規範が、情報セキュリティ上果たす役割について、ある実験を参考に考えます。(2016/2/9)

俺は○○使いだ! の人も、これから習得したい人も:
もし、プログラミング言語が「武器」だったら
今、ITエンジニアの皆さんはどの言語を習得したいですか? どれを選べばよさそうか、ソフトウェアエンジニアのティプリンさんがプログラミング言語の特徴を「武器」に例えて説明してくれています。(2016/2/5)

「セキュリティ心理学」入門(1):
“適度な不信感”をベースに考える「人間のセキュリティ」
情報セキュリティの世界では、「人間こそ最大の弱点である」ということがしばしばいわれます。実際、過去に起きた数々の情報漏えい事件を見ても、内部犯行や単純なヒューマンエラーなど、人間がその原因となっていることが少なくありません。人間にまつわるセキュリティを考える上では、どのような理論や考え方をベースにすればよいのでしょうか。心理学や行動科学、犯罪学などの知見を参考にしながら人的セキュリティについて考える連載をスタートします。(2016/1/20)

彼女の選択:
PR:東京へ来て、自分が輝く働き方を“選べる”ようになった
東京には、Web制作の仕事がたくさんある――望むキャリアを手に入れるために、地元を離れる決意をした鈴木さん。経験の少なかった彼女が、東京で「やりたい仕事」に就くために、たどった軌跡とは。(2015/12/25)

恋愛プログラミングゲーム「プログラミングで彼女をつくる」が人気:
プログラマーは、つり目でショートヘアがお好き?
恋愛プログラミングゲーム「プログラミングで彼女をつくる」が、“難易度が高く”て面白いと話題になっています。(2015/12/10)

IT用語解説系マンガ:食べ超(83):
COBOLをボコらないでください
古代遺跡ではマナーを守りましょう。(2015/11/25)

IT用語解説系マンガ:食べ超(82):
校長先生の長話にSQLインジェクション
既読スルーへの追いスタンプも、SQLインジェクションの一種です。(2015/11/11)

COTS環境やクラウドへの移行
「レガシーデータセンター」のたそがれ、移行を実現する4つの視点とは
独自のコードが使用され、複雑で混沌とした時代遅れのシステムが温存されているレガシーデータセンターはまだ至るところにある。脱却は難しいのか。(2015/10/28)

特別企画:いまから確実にマイナンバーに対応する方法(後編):
PR:短期決戦 マイナンバー対応テンプレート活用企業のケーススタディ
ガイドラインで示された安全管理措置の的確な実装を支援するオラクルのマイナンバーテンプレートは、既に多くの組織で活用され、期間とコストを最小に抑えたマイナンバー対応を実現している。公共機関と証券会社における活用例を見てみよう。[セキュリティ対策][Database Security](2015/10/22)

即席!3分で分かるITトレンド:
毎週3分、情シスドリル コレ1枚で分かる「ビジネスインテリジェンス(BI)の目的」
業務データを迅速に分析・活用する手法として注目されているビジネスインテリジェンス(BI:Business Intelligence)について、その歴史を踏まえつつ、活用法を整理してみよう。(2015/10/19)

マイナビ転職×@IT自分戦略研究所 「キャリアアップ 転職体験談」:
PR:第37回 転職成功とはまだ言えない――ユニクロの店舗システムを支える女性エンジニアの真意
「転職には興味があるが、自分のスキルの生かし方が分からない」「自分にはどんなキャリアチェンジの可能性があるのだろうか?」――読者の悩みに応えるべく、さまざまな業種・職種への転職を成功させたITエンジニアたちにインタビューを行った。あなたのキャリアプランニングに、ぜひ役立ててほしい。(2015/9/1)

可能性が広がる人工知能【前編】
挫折を重ねてきた人工知能研究が今注目される“歴史的な理由”とは
米IBMの「Watson」をはじめ人工知能(AI)技術が発達し、今後次々と生まれる新たな可能性は非常に巨大だ。今までのAI時代の歴史を振り返る。(2015/8/13)

医療機器開発者のための医療IT入門(1):
基幹業務を担う病院情報システムの仕組み
医療機器がネットワークを介して病院内外の医療情報システムと連携することは当たり前の時代になった。本連載は、医療機器開発者向けに、医療情報システムに代表される医療ITの歴史的背景や仕組みを概説する。第1回は、病院内の基幹業務を担う病院情報システム(HIS)だ。(2015/7/30)

即席!3分で分かるITトレンド:
毎週3分、情シスドリル コレ1枚で分かる「アナリティクス3.0」
IoTの普及とともに、企業が扱うデータは種類も量も急拡大しており、新たな活用にむけた分析の仕方に注目が集まっている。今回は、アナリティクスの変遷をたどりながら、「アナリティクス3.0」と呼ばれるこれからの分析のあり方について解説する。(2015/7/27)

日本政策金融公庫、約2年半で3つの基幹システムを共通基盤に移行
一般企業でも3年以上かかるケースがあるITインフラの共通化を約30カ月で実現した。マルチベンダーの汎用機をオープン系に移行している。(2015/4/28)

急げば間に合う、あと3カ月でも Windows Server 2003、スピード移行した企業のアドバイス
サポート終了まで、残すところ3カ月となったWindows Server 2003。“あと3カ月で間に合うのか”という情シスの不安を吹き飛ばすような事例が登場した。(2015/4/9)

コードの複雑度も一目で分かり技術的負債を解消:
PR:100万行のソースコードを約2分で解析して快適な開発環境を実現するプロも納得の構造解析ツールとは
多機能を実装するソフトウエア開発では、ソースコードが何十万行、何百万行と大規模になり、処理の分岐を追うだけで一苦労だ。開発者が本来の生産的な作業に入る手前で膨大な時間ロスが発生している。この問題を解決するのが、ソースコード構造解析ツールだ。テクマトリックスが提供する「Understand」は、強力な解析エンジンを実装しており、ソースコード100万行であれば約2分で解析が完了する。その三つの特長を担当者に聞いた。(2015/4/8)

“COBOLの母”からアポロ11号の救世主まで:
エンジニア史に残る10人の女性たち(前編)
工学の分野では、古くから女性が活躍していた。プログラミング言語「COBOL」の誕生、世界初のプログラミングコード、アポロ11号の月面着陸……。サイエンスやテクノロジーの歴史に残る出来事の舞台裏で活躍した女性エンジニアたちに焦点を当てる。(2015/3/31)

りそなグループのシステム更改が大詰め、コスト削減と営業力強化へ
りそなHD傘下の3行の情報系システムや営業店システムの更改が相次いで完了した。グループ共通のITインフラが実現することで、コスト削減と営業力強化を見込む。(2014/12/26)

マンガ形式オンラインハッカソン「エンジニアでも恋がしたい!」 プログラミング結果で物語が分岐
マンガ形式のオンラインハッカソン「エンジニアでも恋がしたい!〜転職初日にぶつかった女の子が同僚だった件〜」が公開された。出題されるプログラミング問題への解答で物語が分岐していく。(2014/12/3)

プログラミングでストーリーが変わるぞ! Webマンガ「エンジニアでも恋がしたい!」公開
物語の行方はコード次第。(2014/12/3)

最新事例に学ぶHTML5ベースのモバイル化実現方法とは:
PR:業務システムのモバイル対応と既存資産活用、両者を1ソリューションで満たす道
日本ネクサウェブは、2014年4月に行った国内での企業統合後では初めてとなる本格的なセミナーを、11月11日に開催した。東京・市ヶ谷での「日本ネクサウェブ・グランドセミナー2014」がそれである。テーマは「『モバイル対応しろ』と『MOTTAINAI』に同時に応えるには〜最新事例に学ぶHTML5ベースのモバイル化実現方法」。多様なモバイルデバイスの登場で複雑化する企業情報システムの開発運用現場に向けて、同社製品を活用した処方箋を説いた。(2014/11/28)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
XP継続は是か非か? 対立するコンサルとSIerのどっちを信用する?
コンサルタントの見解に対して、顧客企業から「SIerが示す内容とは違うので信用できない」と言われることがある。見解が間違いなら正すべきだが、逆に「SIerの目論見にだまされているのでは?」と感じることも少なくないのだ。そのエピソードを紹介したい。(2014/11/14)

マイナビ転職×@IT自分戦略研究所 「キャリアアップ 転職体験談」:
PR:第31回 PMへの道を避けたエンジニアの今――ハックを尊ぶ社風が育む働きやすさとは
「転職には興味があるが、自分のスキルの生かし方が分からない」「自分にはどんなキャリアチェンジの可能性があるのだろうか?」――読者の悩みに応えるべく、さまざまな業種・職種への転職を成功させたITエンジニアたちにインタビューを行った。あなた自身のキャリアプラニングに、ぜひ役立ててほしい。(2014/9/1)

富士通、設計書からCOBOLのソースを自動生成する開発支援ツール発売
新ツールはCOBOLに対応し、設計変更でもプログラムソースを自動的に変更する。同社では約40%のコスト削減効果がみられたという。Javaにも対応する予定。(2014/8/28)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
情報セキュリティを軽々しくネタにするマスコミにモノ申す
サイバー攻撃など情報セキュリティに関する出来事が社会で身近になり、様々なマスコミが取り上げるようになってきた。しかし、その取材姿勢や報道内容に関して非常に残念なケースに何度も直面している。この分野の専門家として一言申し上げたい。(2014/8/22)

紙版Computerworld、47年の歴史に幕
IDGが1967年6月に創刊したIT業界誌「Computerworld」が6月23日発刊号を最後に47年の歴史に幕を下ろす。創刊号の一面の見出しは「COBOLとRPGは新言語に駆逐されるか」だった。(2014/6/23)

Database Watch(2014年5月版):
実装のひと工夫で高速化する技術
データ分析の大半は時系列データが対象。ならば、データの持ち方や処理の方法、使い方にひと工夫を。今回は工夫をした2製品をウォッチ。(2014/5/28)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/12/2)

メインフレームのビッグデータ活用を効率化するDB最新版を提供、日本IBM
日本IBMは、メインフレーム「IBM System z」シリーズでのビッグデータ活用をサポートするデータベースソフトウェアの最新版を発表した。(2013/10/8)

レッドハット、オープンソース活用にシステム構築を支援する施設をオープン
メインフレームやUNIXからの移行、また、ルールエンジン(BRMS)などを用いたシステム再構築の手法について支援する。(2013/9/18)

「等身大のCIO」ガートナー重富俊二の企業訪問記:
グローバル化にも必須のIT、そのカギを握るのは「人」だ
エネルギー産業を取り巻く国内ビジネス環境に大きな変化の波が訪れている。自由化やグローバル化とパラダイムシフトが起こる中、大阪ガスにとってのIT部門のあり方とは。(2013/9/9)

新技術用センターオブエクセレンスの勧め
ITの急速な進化によるソフトウェア品質低下と解決策のリスク
ソフトウェア分析会社である仏Castのビル・カーティス氏に、ますます厳しくなる業務部門の要求と、アジャイルソフトウェア開発の影響について話を聞いた。(2013/8/14)

連載:業開中心会議議事録:
第2回 Visual Basic祭り 〜帰ってきたVB研公開ゼミ〜
C#の存在感が強まる中、VBに未来はあるのか? 今からC#に乗り換えた方がよいのか? Visual Basic開発者が集まり、VB開発とVB開発者の未来について講演・議論した。(2013/7/1)

「モノ申す」自治体の情シス:
クラウドから始まった足立区のシステム最適化物語(前編)
東京都足立区は2012年度末に独自構築によるプライベートクラウド基盤の運用を開始した。民間企業よりもIT活用が遅れがちとされる地方自治体にとって、それは無謀ともいえるチャレンジだろう。ベンダーロックインからの脱却を含めた情シス最適化に挑む足立区に話を聞いた。(2013/6/25)

Amazon Redshiftにも対応:
Hadoop、NoSQLのサポートを強化した「Talend v5.3」
Talend v5.3は、MapReduceのネイティブコードを生成できるようになった。これにより、Talendのジョブを並列分散処理に対応させることできる。(2013/5/23)

COBOL資産を「現代化」:
IBMが「COBOL for z/OS」の新バージョン発表、クラウドやモバイル対応を支援
IBMは、System z向けにCOBOLアプリケーションを現代的な環境にマッチさせるための機能を盛り込んだ新しいコンパイラを提供する。(2013/5/20)

「メインフレームならCA」と言われる会社になりたい:
平均31歳、プラハに300人の若手メインフレーム部隊を養成、CA Technologies
COBOLやアセンブリ言語、メインフレームといった技術に詳しい若いエンジニアは探してもいない。ならばと、CA Technologiesは、プラハに300人規模の部隊を作ったという。メインフレームシステムの課題とは何か。米本社上級副社長と、日本法人社長に聞いた(2013/5/15)

ITエンジニアの市場価値を高める「営業力」(7):
顧客が本当に欲しかった、「技術力以外」のもの
エンジニアが市場価値を上げるには、営業力が必要だ。元SEで営業経験もある著者が、「エンジニアが身に付けておきたい営業力」を語る。(2013/3/27)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。