ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「電脳コイル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「電脳コイル」に関する情報が集まったページです。

「さよならの朝に約束の花をかざろう」メインアニメーター・井上俊之さんの原画集が発売決定
やったー!(2018/2/19)

新海誠も推薦 アニメーターが絶賛する教本『アニメ私塾流 最速でなんでも描けるようになるキャラ作画の技術』が使えそう 
新海誠さんが「添削例なんかもう、眺めているだけで上手くまれる気がします(笑)」と絶賛。(2017/12/9)

ドワンゴがディープラーニングを用いたアニメ中割り実験の論文を公開 スローモーション演出などへの活用に期待
ぬるぬる動いてはいる。(2017/6/14)

“iPhone 8”はAR対応で大幅進化?
AppleはARでパラダイムシフトを起こそうとしているのかもしれない。そのとっかかりはごく小さな部品、iPhone 8の内蔵カメラだ。(2017/3/24)

アニメ「ボールルームへようこそ」キャストに土屋神葉、佐倉綾音、岡本信彦、森川智之 社交ダンスに青春をかける少年少女の物語
声優陣からもアニメへ向け熱いコメントが届いています。(2017/3/6)

「Google→行くogle」「YouTube→あなたはチューブ」 Google翻訳アプリの“珍翻訳”報告でTwitterがカオスに
固有名詞をむりやり翻訳するとおかしくなりがち。(2017/1/26)

MicrosoftのVR+AR融合メガネ「HoloLens」、日本のプレオーダーが12月2日に開始 SF世界がいよいよ来るぞ
空間に浮かんだホログラム画面をジェスチャーで操作。「電脳コイル」や「マイノリティ・リポート」のような世界が体験できる!?(2016/12/2)

Weekly Access Top10:
いまだからこそ「電脳コイル」を見る
中学生だった頃に見たときとは、また違うストーリーに思えました。(2016/7/11)

アニメ監督×漫画家×小説家:
これからの人類はAIとどう向き合っていくべきか――「AIの遺電子」山田胡瓜と「イヴの時間」吉浦康裕、水市恵が語る現在と未来
これまでSFにしか存在しなかった、人間と見分けのつかない知性を備えたAIが近い将来、本当に実現するのかもしれない。そんなAIが実用化された社会はどんなものになるのだろうか。(2016/4/14)

うどん県を舞台にした人気マンガ「うどんの国の金色毛鞠」 テレビアニメ化決定!
タヌキの男の子で萌えるという新感覚。(2016/2/9)

アニメ見られてゲームもできちゃう展覧会「ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム」展開幕 計130作品……なにこの俺たちのためのパラダイス
「太鼓の達人」のアーケード版で遊べたり「アイカツ!」のカードダス機で普通にカード買えたり「板野サーカス」体感できたり、なんかもう年パス的なの欲しい。(2015/6/24)

特集:Build 2015:
全ての開発者が押さえておくべきマイクロソフトの最新技術動向
2015年夏に予定されているWindows 10/Visual Studio 2015のリリースとともに、マイクロソフトはどこに向かうのか。その最新動向をキャッチアップしよう!(2015/5/12)

ウテナ、アイカツ!、うたプリなども 国立新美術館「ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム展」が完全に俺たちのための展覧会
手塚治虫さんが没してから四半世紀の社会を、日本のマンガ、アニメ、ゲームから見つめる大規模な企画展。(2015/4/23)

未来くるぞ……! Microsoftが発表したARメガネ「HoloLens」がまさに電脳コイルな件
Windows 10はホログラフィック対応だってさ! 未来が近づいてるな!(2015/1/22)

「日本アニメ(ーター)見本市」第4弾の予告公開 監督は「電脳コイル」「エヴァQ」「思い出のマーニー」などの本間晃氏
渋い!(2014/11/24)

赤と黒のアニメ宇宙:
マッドハウスがオリジナルショップ「阿佐ヶ谷MADHOUSE」を3月にオープン
ここでしか手に入らない限定アイテムも!(2014/2/4)

「電脳コイル」の世界を現実に 鯖江市で「電脳メガネ ARアプリコンテスト」開催
日本一のメガネ産地が電脳コイルとコラボ。(2014/1/14)

きっかけは「攻殻機動隊」 “透明プリウス”の稲見教授が語るアニメと科学の関係
藤子・F・不二夫先生の「21エモン」などは科学者を目指す人にぜひ読んでほしい――マンガ「攻殻機動隊」をきっかけに「光学迷彩」を開発した慶応義塾大学の稲見教授が、マンガやアニメが研究者にもたらす影響について語った。(2012/11/2)

【連載】ARをマーケティングに応用する:
第1回 拡張現実(AR)の背景と現状について――私はいかにしてARに魅せられたか
次世代の広告表現を可能にする拡張現実(Augmented Reality=AR)。その技術的な背景や最新の活用事例を解説する。(2012/8/22)

Kinect+HMDでミクさんとデートできる装置がついに完成
ただでさえ天使のミクさんがついに現実に。(2012/7/6)

ナニコレ:
みんな騙されるな! Googleメガネの現実はきっとこんな感じ【動画】
発表されるやいなや話題沸騰の「Project Glass」。いやいや、でも現実に発売されたらきっとこんな感じだよ! ……というパロディ動画が早くも作られ、話題になっています。(2012/4/6)

ナニコレ:
「電脳コイル」の世界がもうすぐ現実に? Googleがリアル「電脳メガネ」を開発中と発表!
「戦闘力たったの5か、ゴミめ……」ごっこも(たぶん)できます。コンセプト動画のワクワク感すごい!(2012/4/5)

Mobile IT Asia:
ARを日常に広げる「SATCH VIEWER」、聞こえ方を変える「新聴覚スマートフォン」 KDDIが披露
3月14日から16日に東京ビッグサイトで開催されるビジネスコンベンション「Mobile IT Asia」でKDDIは、ARを日常生活の中に広げる入り口となる「SATCH VIEWER」や、イヤフォンや耳栓をしていても鮮明に音が聞こえる「新聴覚スマートフォン」などを展示する。(2012/3/14)

KDDI、スマホ向けARアプリ「SATCH VIEWER」を提供
KDDIが、同社が立ち上げたARブランド「SATCH」のためのAndroidアプリ「SATCH VIEWER」を発表。SATCH SDKで開発されたアプリやコンテンツを紹介するポータル機能を持つ。(2012/3/2)

ゲームオン、「電脳コイル 放課後探偵局」1月25日より正式サービス開始
アニメ「電脳コイル」の世界をゲーム化した「電脳コイル 放課後探偵局」が正式サービスを開始。あわせて「LuviniaSaga」との合同キャンペーンも開催される。(2012/1/26)

また1歩、電脳コイルの世界に:
シースルーモバイルビューアー「MOVERIO」でサイバーな夢を見る
エプソンの「MOVERIO BT-100」は、現実の視界に映像が浮かび上がるシースルー型ヘッドマウントディスプレイだ。「このおもちゃ面白いな。もらっておくわ」などとつぶやかずにはいられない。(2011/12/20)

第32回日本SF大賞は「華竜の宮」 「魔法少女まどか☆マギカ」受賞ならず
第32回日本SF大賞に人気アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」がノミネートされ話題になったが、受賞はならなかった。(2011/12/12)

アニメ「電脳コイル」のブラウザゲーム「電脳コイル 放課後探偵局」のティーザーサイトオープン
2012年1月に先行テストプレイを開始する予定のアニメ「電脳コイル」のブラウザゲームのティーザーサイトがオープン。(2011/11/24)

アニメ「電脳コイル」全話無料配信
アニメ「電脳コイル」の全話が公式サイトで無料配信される。(2011/9/30)

ゲームオン、「ロードス島戦記」のオンラインゲーム開発及び運営権を獲得
ゲームオンは、「ロードス島戦記」のPC及びモバイル端末向けオンラインゲームの開発及び運営に関するグローバルライセンス契約を締結した。(2011/1/24)

ブラウザゲーム「電脳コイル Online(仮)」のグローバル独占ライセンス獲得
ゲームオンが、アニメ映画「電脳コイル」の商品化権使用許諾契約を締結。ブラウザゲームとしてグローバル展開すると発表した。(2010/10/19)

「電脳コイル」がブラウザゲームに ゲームオンがライセンス獲得
テレビアニメ「電脳コイル」のブラウザゲーム化ライセンスをゲームオンが獲得。国内外でサービス展開する計画だ。(2010/10/19)

CEATEC JAPAN 2010:
これぞ電脳メガネ――ドコモが市販メガネに装着できるHMD「AR Walker」を披露
NTTドコモが、市販メガネに装着できる小型HMD「AR Walker」をCEATECに参考出品している。利用者の視界をさえぎらずに情報提供ができ、行動支援型のARサービスに生かせるという。(2010/10/5)

業界が“先祖返り”している――『ハルヒ』『らき☆すた』の山本寛氏が語るアニメビジネスの現在
日本発コンテンツとして期待され、国際的にも注目を集めていると言われているアニメだが、制作現場の労働環境の悪さが伝えられることも少なくない。『涼宮ハルヒの憂鬱』や『らき☆すた』を手がけた山本寛氏にアニメビジネスの現在を尋ねた。(2010/7/26)

サイエンスフューチャーの創造者たち:
技術に「希望を見いだしたい」――「東のエデン」神山監督×セカイカメラ井口氏
ARサービス「セカイカメラ」の開発者・井口尊仁氏とともにネットやテクノロジーの未来を探る連載企画。第2回はARが若者の情報インフラとして描かれるアニメ「東のエデン」の神山監督を迎え、作品に込められた思いや、現実のネットサービスとの関わりを読み解く。(2010/5/21)

mixiアプリで売り上げ月数千万円 その先に目指す「ARメガネ」――芸者東京の戦略
08年にARキット「電脳フィギュア ARis」で話題をさらった芸者東京エンターテインメント。いずれは“電脳メガネ”を――そんな目標実現に向け、いまはARとは関係ない、mixiアプリの開発に注力している。(2010/5/14)

ケータイで「大人に見えない価値を武装する」――「東のエデン」神山監督インタビュー
劇場版第2部の公開を控え、物語の結末に注目が集まるアニメ「東のエデン」。同作では「ノブレス携帯」をはじめ、ケータイが重要なアイテムとして活躍する。物語でケータイが持つ役割、そしてアニメの作り手が考えるモバイルやインターネットの世界はどのようなものなのか――。作品の原作・脚本・監督を務めた神山健治氏に聞く。(2010/1/25)

西新井エクスペリメント:
桜坂洋×セカイカメラ×Twitter新企画、年末年始はiPhone持って足立区へ
小説家・桜坂洋さんと、「生協の白石さん」編集などを手掛けた堀田純司さんが「西新井エクスペリメント」をスタート。年末年始、西新井大師にセカイカメラを向けると……。(2009/12/25)

「電脳コイル」「ドラえもん」をARでプロモーション 東急などが実験
iPhone向けアプリ「pin@clip ピナクリ」のAR機能を使って、「電脳コイル」「ドラえもん」をプロモーションする実験が始まる。(2009/12/24)

東急電鉄、ARを活用した日本初のプロモーション実験を展開
東京急行電鉄、国立情報学研究所、NEC、東急エージェンシーは、日本初となる位置情報連動型のARプロモーションを開始することを明らかにした。(2009/12/24)

日々是遊戯:
デジタルの未来を体感できる「DIGITAL CONTENT EXPO 2009」が開催中です
最新のデジタル技術が一堂に会する、「DIGITAL CONTENT EXPO 2009」が今年も東京・お台場にてスタートしました。さて、今年のトレンドは?(2009/10/23)

デジモノ家電を読み解くキーワード:
「AR」――ハード&ソフトで現実を拡張
視界に入ったモノの情報が即座に入手できる……一昔前ならばマンガ的だと一笑に付されていたはずの機能が、いまや現実になろうとしている。今回はスマートフォンの分野で話題が先行している「拡張現実(AR)」について解説してみよう。(2009/10/22)

Mobile Weekly Top10:
セカイカメラの専用デバイス、あったらいいですね
「セカイカメラ」はとても面白いのだが、街中でiPhoneを目線と同じ高さに構えるのはちょっと恥ずかしかったりする。場合によってはあらぬ疑いをかけられたりもする。付けても、あるいは持っても恥ずかしくない、セカイカメラ専用デバイスがあったら、ぜひ使ってみたいと思う。(2009/10/15)

AR三兄弟が考える拡張現実とマッシュアップ:
これなら分かるAR(拡張現実)
iPhoneアプリのセカイカメラやアニメの電脳コイルなど、なにかと話題のAR。既存のWebサービス・概念・製品とマッシュアップすることによって、ARはさらにユニークな方向に可能性が広がります(2009/10/5)

日々是遊戯:
“そこにないもの”を映し出す「拡張現実ゲーム」の世界が間もなくやってくる?
「電脳コイル」に出てくる“電脳メガネ”のような、「拡張現実」の世界が、もうすぐゲームでも体験できるようになるかもしれません。(2009/6/10)

ものになるモノ、ならないモノ(31):
ニッポンのiPhoneアプリヒットメーカーたちに続け!
発売から8カ月、盛り上がる一方のiPhoneアプリ制作市場。ニッポンのApp Storeのヒットメーカーにその秘けつと落とし穴を聞いた(2009/3/9)

セカイカメラがどんなトンチでできているのか、中の人に話してもらった
発表後4カ月もじらせてくれた、話題の拡張現実技術「セカイカメラ」。そのβ版が東京のファッション展示会で披露された。会場で開発会社である「頓知・」のトップ2人に話を聞いてきた。(2009/2/19)

「過激でないと革命は起こせない」――そして「電脳フィギュア ARis」は生まれた
画面の中のメイドさんをツンツンしたり、下からのぞいたり、服を脱がせたり――「電脳フィギュア ARis」の遊び方は単純で、ちょっと過激なお色気路線。「過激でないと革命は起こせないから」と発売元の社長は言う。(2008/11/7)

Lookup! せんせーしょん:
次元を超えた画像解析技術――「Deep Zoom」と「Photosynth」を体験する
超ズームの次の一手は想像のななめ上どころか、次元を超えていた。日本の誇る文化をモチーフにした実例で、Photosynthの魅力に迫る。(2008/10/17)

東京ゲームショウ PCソフトブース:
小粒だけれど、ピリっと個性がきいてるPCソフトのアレコレ
大手有名メーカーのブースが中央にドン構える中、ブースは小さいけれどオリジナリティとチャレンジ精神あふれる、PC向けソフトを展示している3つのブースと製品を紹介しよう。(2008/10/11)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。