ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「社名変更」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「社名変更」に関する情報が集まったページです。

新しい社名はやたらと長い:
ドンキHDが社名変更 なぜ「ドンキ」の名を捨てるのか
ドンキホーテホールディングスが社名を2019年2月1日に変更する方針を示した。新しい社名はパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス。どうして「ドンキ」の名前を捨てたのか。(2018/10/12)

KDDI傘下のSyn.HD、「Supership HD」に社名変更
Syn.ホールディングスが、Supershipホールディングスに社名を変更した。子会社のSupershipは、スマホ向けポータルを作るために提供していた機能「Syn.menu」などの提供を終了していた。(2018/10/1)

なぜ今、PBを始めるのか:
新生ZOZOビジョンと新ロゴに込めた前澤友作社長の思いとは?
2018年10月に「ZOZO」に社名変更が予定されるスタートトゥデイ。これに先駆けて同名のプライベートブランド(PB)を提供する理由を前澤友作社長が記者発表会で語った。(2018/7/5)

経済インサイド:
新日鉄住金が誕生からわずか5年半で「日本製鉄」へ 社名変更決断の背景
新日鉄住金が、来年4月1日付で社名を「日本製鉄」に変更すると5月中旬に発表した。平成24年10月に旧新日本製鉄と旧住友金属工業が経営統合して誕生した国内鉄鋼最大手は、わずか5年半で社名変更を決断し、住友グループの名門「住金」の称号は“消滅”することになった。(2018/6/5)

10月1日から:
スタートトゥデイが「ZOZO」に社名変更 認知度高めて海外展開強化
スタートトゥデイが、10月1日に社名を「ZOZO」に変更すると発表。PB「ZOZO」と社名を統一し、グローバル展開をさらに進める狙い。6月末開催の定時株主総会を経て正式決定する。(2018/5/21)

2019年1月1日付:
東洋ゴム、「TOYO TIRE」に社名変更 復活の「覚悟」込めた
東洋ゴム工業が、2019年1月1日付で社名を「TOYO TIRE」に変更すると発表。タイヤ・自動車用部品を中核に据えることを改めてアピールする狙い。(2018/2/15)

「名称とシンボルロゴは継承」:
バンナム子会社再編、「ランティス」レーベルは? 公式がコメント
バンダイビジュアルとランティスが合併し「バンダイナムコアーツ」に社名変更。「ランティス」レーベルの存続は?(2018/2/13)

社名変更だけで株価2倍:
「ブロックチェーン」の社名で株急伸、ITバブル時彷彿
ブロックチェーン技術人気にあやかろうと社名に「ブロックチェーン」の表記を取り込んだ企業は、社名変更後に株価が急伸している。(2018/2/13)

東京ビットコイン取引所が「DMM Bitcoin」に 段階的にサービス停止し、18年1月から新サービスへ
DMM.comがグループ会社「東京ビットコイン取引所」を「DMM Bitcoin」へ社名変更。12月20日から段階的にサービスを停止し、2018年1月10日から新サービスを公開する。(2017/12/20)

One Global Renesas目指し:
Intersilの社名を変更し、ルネサスブランドに統一へ
ルネサス エレクトロニクスは2017年10月27日、子会社であるIntersil(インターシル)の社名を2018年1月1日付で「Renesas Electronics America」に変更すると発表した。(2017/10/27)

バウリンガルにも対応! ボーダフォンのハイエンドPDCケータイ「V601SH」(懐かしのケータイ)
J-PHONE(ジェイフォン)からVodafone(ボーダフォン)への社名変更・ブランド変更後、初めて登場したシャープ製ハイエンドPDCケータイが「V601SH」です。オートフォーカス対応のカメラを搭載し、別売のSDメモリーカードを購入すると「バウリンガル」にもなりました。(2017/10/1)

新社名は「エイブリック」:
エスアイアイ・セミコンダクタ、2018年に社名を変更
セイコーインスツル(SII)の子会社であるエスアイアイ・セミコンダクタは、2018年1月5日の予定で、社名を「エイブリック(ABLIC)」に変更する。(2017/8/25)

“俺の嫁”召還装置「Gatebox」社名変更 製品名と同じに
好きなキャラと一緒に暮らせる装置「Gatebox」を開発するベンチャー企業のウィンクルが、Gateboxに社名変更した。(2017/7/7)

Mozilla Japan、「WebDINO Japan」に社名変更 Firefoxは米サイトでサポート
Mozilla Japanが、2017年7月に「WebDINO Japan」へ社名変更する。日本語版Firefoxの配布やMozilla製品の情報提供は、米Mozilla公式サイトでサポートする。(2017/6/30)

AOL日本法人、「Oath Japan」に社名変更
AOLプラットフォームズ・ジャパンが、社名を「Oath Japan」に変更。(2017/6/21)

SGP採用:
SUBARU、新型「XV」発表 都会的な「スポカジ」SUVに
社名変更したSUBARUが新型XVを発表。新型インプレッサをベースに、デザインの改良や走行性能の向上を果たした。(2017/4/6)

ブランド強化:
富士重工から「株式会社SUBARU」へ 社名変更
富士重工業は、4月1日付で社名を「株式会社SUBARU」に変更する。(2017/3/31)

米Yahoo!が社名変更 Yahoo!JAPANはどうなる?
米Yahoo!が企業名を「Altaba」に変更することが分かった。日本のヤフーやYahoo!JAPANブランドはどうなるのか。(2017/1/10)

米Yahoo!が社名変更 「Altaba」に(Verizonへの主要事業売却後)
米Yahoo!は主要事業をVerizonに売却後、ヤフー日本法人と中国Alibabaの株を保有するAltabaという名の投資企業になる。Verizon入りする見込みの現CEO、マリッサ・メイヤー氏はYahoo!(Altaba)の取締役を退任する。(2017/1/10)

SNKプレイモア、社名を「SNK」に変更へ
2016年12月1日付けで社名を変更します。(2016/11/1)

クロスボーダーでアジア各国の市場活性化へ:
マイクロアド・インバウンド・マーケティングが社名変更
マイクロアド・インバウンド・マーケティングは、業務拡大により2016年10月1日より社名を「マイクロアド・クロスボーダー・マーケティング」へ変更した。(2016/10/3)

製造マネジメントニュース:
富士重工業からSUBARUへの社名変更が正式に決定、2017年4月から
富士重工業は、2016年6月28日に開催した定時株主総会において、「富士重工業株式会社」から「株式会社SUBARU」への社名変更が承認されたと発表した。これにより、2017年4月1日から同社の社名はSUBARUになる。(2016/6/28)

「株式会社SUBARU」社名変更が正式決定
富士重工業の株主総会で「株式会社SUBARU」への社名変更が承認された。(2016/6/28)

ソネット社名変更 「ソニーネットワークコミュニケーションズ」に
ソネットは7月1日から「ソニーネットワークコミュニケーションズ」に社名を変更する。(2016/6/16)

絶縁型モーター制御デバイスのリーダー「Avago」が生まれ変わった:
PR:高効率モーター駆動に向けて革新的製品を生み続ける新生Broadcomに迫る
高効率化に向けて、最新のモーター駆動/制御技術が集結した展示会「TECHNO-FRONTIER 2016 第34回モータ技術展」の中でも、ひときわ大きな注目を集めたのが2016年2月にAvago Technologiesから社名変更したBroadcomのブースだ。ここでは、注目を集めたSiC/GaNパワーデバイスに対応する次世代型アイソレーションデバイスや新コンセプトのエンコーダーなど、新生Broadcomのモーター駆動/制御向けデバイスを詳しく紹介していこう。(2016/5/30)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
年商300億円の事業をたたむSUBARUの本気
社名変更だけじゃありません。(2016/5/24)

富士重工、「SUBARU」に社名変更 ブランド名と統一
富士重工業が2017年4月1日付で社名を「SUBARU」に変更する。(2016/5/12)

社名が長いと話題になった「損保ジャパン日本興亜ホールディングス」が社名変更
略称「SOMPOホールディングス」を正式な社名に。(2016/3/25)

「ヤマザキナビスコ」、ライセンス契約終了で社名変更へ 「オレオ」「リッツ」など製造終了
山崎製パン傘下のヤマザキ・ナビスコがライセンス契約終了に伴い社名変更。(2016/2/12)

SCE、「ソニー・インタラクティブエンタテインメント」に社名変更 PSN手がけるSNEIと統合
PlayStationシリーズのハード・ソフト事業を手がけるSCEと、PSNを展開するSNEIが統合。新会社「ソニー・インタラクティブエンタテインメント」が4月に発足。(2016/1/26)

横河ディジタルコンピュータ、「DTSインサイト」に
「DS-5」や「TRQer-S」などで知られる横河ディジタルコンピュータが、「DTSインサイト」に社名を変更する。(2016/1/12)

KADOKAWA・DWANGOが「カドカワ」に社名変更 新ロゴで2社の統合をアピール
持株会社KADOKAWA・DWANGOが「カドカワ」に社名変更し、ロゴを刷新した。(2015/10/1)

「素材辞典」シリーズのディシィラボが破産
7月にデータクラフトから社名を変更したところでした。(2015/9/9)

ドコモ、オンライン教育「ドコモgacco」設立
NTTドコモがNTTナレッジ・スクウェアを子会社化し、MOOCサービス「gacco」を運営する「ドコモgacco」に社名変更する。(2015/8/17)

位置情報を活用したサービス・製品を広告以外の領域でも提供:
モバイルオーディエンスデータによるマーケティングを行うAdNearが「Near」に社名変更
モバイルオーディエンスデータによるマーケティングサービスを提供するAdNearは社名をNearに変更した。(2015/8/13)

KADOKAWA・DWANGO、「カドカワ株式会社」に社名変更
KADOKAWAとドワンゴの経営統合により生まれた「KADOKAWA・DWANGO」が新たに「カドカワ」に社名変更する。(2015/5/28)

ソフトバンク 2.0:
孫氏、ニケシュ氏を後継者に指名――社名も変更して「世界のソフトバンクになる」
「ソフトバンクグループ」へと社名を変更することを発表したソフトバンク。その裏には、グローバル戦略を加速させ、「世界のソフトバンクになる」という思いが込められている。(2015/5/11)

ソフトバンクは“ソフトバンクグループ”に:
ソフトバンクモバイルが社名変更、7月から「ソフトバンク」へ
ソフトバンクが7月に社名を「ソフトバンクグループ」に変更。子会社のソフトバンクモバイルは「ソフトバンク」へ社名を変更する。(2015/5/11)

ソフトバンクモバイル、「ソフトバンク」に社名変更
ソフトバンクが「ソフトバンクグループ」に、ソフトバンクモバイルが「ソフトバンク」にそれぞれ社名を変更する。(2015/5/11)

コナミ、10月1日付けで「コナミホールディングス」に社名変更
純粋持株会社体制に移行してから来年で10週年を迎えるのを機に変更する。(2015/5/9)

コナミが「コナミホールディングス」に社名変更
コナミが10月、「コナミホールディングス」に社名を変更する。(2015/5/8)

ハーパーコリンズ、日本に本格進出――ハーレクインは社名変更
News Corp傘下で世界第二位の一般書籍出版社であるHarperCollinsが日本進出。News Corpが買収したハーレクイン社は7月からハーパーコリンズ・ジャパンへ社名を変更する。(2015/4/17)

セガが社名変更で「セガゲームス」に →「それじゃSEGAGAだろ!」「サービスゲームスゲームスになっちゃう」とツッコミ殺到
いっそセガガガにしてしまえば……!(2015/2/12)

セガ、「セガゲームス」に社名変更 構造改革でグループ再編
セガサミーが傘下のセガを再編。現セガはセガネットワークスを吸収合併し、「セガゲームス」に社名変更する。(2015/2/12)

バンダイナムコゲームスが社名変更 「バンダイナムコエンターテインメント」に
バンダイナムコゲームスが4月1日から社名を「バンダイナムコエンターテインメント」に変更する。(2014/12/17)

バンダイナムコゲームスが社名変更 新社名は「バンダイナムコエンターテインメント」
エイプリルフールじゃないよ。(2014/12/17)

すき家、約6割の店舗で深夜営業を一時休止 ゼンショーは「株式会社すき家本部」に社名変更
深夜に複数勤務体制の確立できない1167店舗で深夜営業を一時休止する。(2014/9/30)

電子書籍のKobo、「Rakuten Kobo」に社名変更
楽天の電子書籍子会社が「Rakuten Kobo」に社名変更した。(2014/8/29)

モバイル決済の米ISIS、アルカイダ系武装組織と同じ社名を変更へ
米キャリア大手が2010年に設立したモバイル決済ジョイントベンチャーのISISが、アルカイダ系武装組織「イラク・シリア・イスラム国」の英語での略称が同じになったため、ブランドを変更すると発表した。(2014/7/8)

イー・アクセスとウィルコムの合併会社、「ワイモバイル」に社名変更
イー・アクセスが、7月1日から社名を「ワイモバイル」に変更した。(2014/7/1)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。