ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「慰謝料」最新記事一覧

「最低な男を信じた自分が悔しい」1億円貢いだビジュアルバンドマンは「人の親」だった 女性が怒りの提訴
高校のとき夢中になったビジュアルバンドのバンドマン。「暴力団から脅された」「元カノを妊娠させてしまった」など何を言われても愛を貫き、けなげに金を送り続けたが……。(2017/9/21)

「最低な男を信じた自分が悔しい」:
1億円貢いだバンドマンは「人の親」だった 女性が怒りの提訴
高校のとき夢中になったビジュアルバンドのバンドマン。そんなあこがれの人と、大人になって深く交際するようになった。けなげに貢いだ金額は1億円。だが、そんなバンドマンは子供がいる妻帯者だった。(2017/9/20)

PR:「たけしの挑戦状」は今の小学生が遊んでもやっぱりクソゲーなのか? → ガチで遊んでもらったらものすごく正直な感想が出た
案外素直に攻略へ取り組む子どもたちに、「理不尽」が容赦なく襲いかかる。(2017/8/16)

イラストを勝手に健康サプリの広告に使われた――イラストレーターがTwitterで訴え 悪質管理者に賠償請求へ
迷惑すぎる……。(2017/8/3)

「口に口が入ってきた!」病院で性的虐待被害、90代女性が怒りの提訴 「異性介護」の顛末
「口に口が入ってきた!」――大阪府内の病院で、入院中の90代女性が男性職員にわいせつな行為をされたとし、病院と職員に慰謝料200万円を求め、大阪地裁に訴訟を起こした。(2017/7/27)

「将来は孤独死」元カレをネットで実名中傷……「公益性」めぐるドロ沼訴訟
「一生独身で生きていって」。元交際相手の女が巨大掲示板に書き込んだ誹謗中傷の数々に怒った男性は、損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こした。一方の元交際相手も反訴。掲示板への書き込みは「公益性があった」と主張した。泥沼訴訟の行方は――。(2017/7/7)

新郎新婦怒りの提訴:
修羅場と化した結婚式 祝宴前日の2次会会場ドタキャン
大阪のあるカップルの結婚式2次回が、想定もしなかった“修羅場”となった。式前日に2次会パーティーの運営会社から「会場が使えない」と、仰天のドタキャン連絡が入ったからだ。(2017/6/26)

ハギーのデジタル道しるべ:
新人必見! 知ってる人もあらためておさらい! 情報セキュリティについて知っておきたいこと(その4)
企業や組織に所属するようになった人は、あらためて自分のセキュリティ意識が間違っていないか、確認をしてもらいたい。特にSNSは注意が必要だ。“閉じた世界”ではないと認識しよう。(2017/6/22)

地に堕ちた偶像タイガー・ウッズ 元世界1位の栄光、今いずこ
これがかつての“スーパースター”の姿か。逮捕されたタイガー・ウッズの姿に、衝撃が走った。(2017/6/5)

将棋連盟、三浦九段に慰謝料支払い 「将棋ソフト不正使用疑惑」で和解
将棋ソフト不正使用疑惑は、将棋連盟が三浦九段に慰謝料を支払う形で和解した。(2017/5/25)

将棋棋士の三浦九段、“冤罪”問題で日本将棋連盟と和解
日本将棋連盟から三浦九段には慰謝料も。(2017/5/24)

無断で撮られた写真、「相当なパワーある方」とFacebookに投稿され……男性が怒りの提訴
山伏の装束で祈りをささげている場面を勝手に撮影され、「相当なパワーのある方」とFacebookに投稿された男性が怒りの提訴。注目の判決は。(2017/5/23)

喫煙者さらに厳しく:
「ホタル族」被害者の会結成 受動喫煙で救済申し立てへ
いわゆる「ホタル族」らがマンションのベランダなどで吸うたばこの煙が近隣住宅へ流れる受動喫煙に対し、被害者団体が結成される。(2017/5/15)

「痛い、痛い!」至福のはずの整体が地獄に 腰椎骨折で怒りの提訴
「痛い、痛い!」。整体院のベッドに横たわっていた女性は、あまりの痛苦に悲鳴を上げた。(2017/5/11)

やしろあずきの調査―― ネット上で女性を演じる「ネカマ」って何なの!? 昔自分をだましたネカマと直接対決してみた(後編)
現役ネカマに聞く、ネカマを見破る方法やネカマにだまされないための自衛手段。そして「悪のネカマ」の恐ろしい手口を公開。(2017/4/27)

「大阪城が光ってへんやん」 慰謝料求め近隣住民が提訴
イベント期間中の大阪城ライトアップ中断に憤慨したのが、夜の大阪城を自宅から毎日鑑賞していたという近所の男性。損害賠償を求めて法廷闘争に打って出た。(2017/4/5)

ともさかりえ、スネオヘアーとの離婚をブログで認める 12歳の息子に対しては「本当に申し訳なく」
ともさかさんは、これが2度目の離婚。(2017/3/29)

ユニバーサルミュージック、「森のくまさん」替え歌騒動が円満解決したことを発表 訳詞利用について合意が成立
パーマ大佐による童謡「森のくまさん」の替え歌が問題になっていました。(2017/2/1)

ビジネスパーソンのための建設と建築:
耐震偽装や手抜き工事の原因は? 理解しておきたい「建設の問題」
建設・建築の問題は造り手が担う責任も住人に与える影響も大きく、結果として社会に与える影響も大きくなる。なぜ問題は起きるのか?(2016/12/5)

ECサイトの情報漏えいは1事案あたり3800件、慰謝料は平均1900万円との試算
2016年に公表された事案をトレンドマイクロが分析。課題や対策などをまとめた。(2016/10/5)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
もし亡くなったら――いま熱いデジタル遺品(後編)
これから注目される「デジタル遺品」について前回は、広義の「遺産」で多くの人が直面するであろう問題点を解説した。今回は本論の「デジタル遺品」の定義から始めよう。(2015/10/30)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(17):
情報漏えいは、ベンダーが作ったシステムのせい?
東京高等裁判所 IT専門委員として数々のIT訴訟に携わってきた細川義洋氏が、IT訴訟事例を例にとり、トラブルの予防策と対処法を解説する本連載。今回は「情報が漏えいしたら、システムを作ったベンダーはどこまで責任を負うべきか」を、裁判例を基に解説する。(2015/6/29)

個人情報流出で弁護士がベネッセ提訴へ 訴状のひな形公開、「500円で納得できない人は参加を」
自分と子どもの個人情報が流出し、プライバシーが侵害されたとして、弁護士がベネッセに慰謝料を求める民事訴訟を提起へ。訴状のひな形も公開し、「自由に使ってほしい」としている。(2014/11/14)

マネーの達人:
不倫による離婚――探偵や裁判所、弁護士費用の相場は?
最近、配偶者のようすや行動パターンがおかしい……。どんな夫婦でも、浮気を疑う瞬間は少なからずあるでしょう。とはいえ、相手に直接浮気の真偽を問うのは勇気がいります。事前に浮気の証拠を集めるなど、できる限りの準備をしておきましょう。(2014/8/20)

R25スマホ情報局:
アダルトサイト高額請求、回避法は?
アダルトサイトで高額な料金を請求されたとするスマホ利用者からの相談件数が約2.5倍に増加したことが明らかになった。具体的にどのような事例があるのだろうか。(2014/6/11)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2014/1/6)

仕事をしたら“人のウソ”が見えてきた:
なぜ人はウソをつくのか? 男女が別れる前に読む話
「彼女にウソをつかれた。それが嫌で、別れてしまった」という男性もいるだろう。なぜ人はウソをつくのか。そのメカニズムが分かれば、彼女のウソも我慢できたかもしれない。そこで心理カウンセラーの晴香葉子さんに、ウソにまつわる話を聞いてきた。(2013/10/2)

交渉が有利に進む? 心理テクニックあれこれ
生活のさまざまなところで役立ってくれる交渉スキル。プロ弁護士が教える、交渉やトラブル解決の方法の一部を紹介します。(2013/7/30)

アフリカだけじゃない、東南アジアのテロの危険性
東南アジアにもテロ組織はあり、日本企業が狙われる危険はある。テロを含め犯罪に巻き込まれないよう、現地駐在員のために安全管理ガイドラインを作るべきだ。(2013/1/30)

【連載】トラブルにならないための「ストックフォトの正しい使い方講座」:
第1回 ストックフォトの種類と人物写真
本連載では、ストックフォトを利用するための正しいルールについて、実際に発生してしまった事故やトラブルの事例を紹介しながら詳しく解説する。第1回は特に人物写真を利用する時の注意点について。(2012/12/19)

窪田順生の時事日想:
何が必要なのか? ストーカー殺人を繰り返さないために
神奈川県逗子市の女性が、元交際相手につきまとわれて、刺殺されてしまった。ストーカー規正法が施行されてからもう何年も経つが、なぜ同じような悲劇が繰り返されるのだろうか。(2012/11/13)

「あぶない!テレビのタブー」 放送禁止な闇を大放出
ヤラセの裏側、放送禁止用語、ヤクザと芸能人、2012年2○時間テレビ黒い偽善、ス○ちゃんの慰謝料など、テレビでは放送不可能な「テレビの闇」を大放出する。配信は9月12日21時0分〜。(2012/9/11)

IT業界をたくましく生きるための労務入門(1):
ゆるふわ解釈しがちな「労働時間」の定義と考え方
元SE、現社会保険労務士の筆者が、ITエンジニアが知っておくと便利な労務用語の基本を分かりやすく解説します。(2012/6/20)

日々是遊戯:
オンラインゲームのアイテムは「財産」? それともただのデータ?
オンラインゲーム内でもしもレアなアイテムを盗まれたら? 神戸地裁で争われていた訴訟の結果は――。(2012/3/27)

ちきりん×中田宏、政治家を殺したのは誰か(6):
最近の若者は、リーダー論をどこで学ぶのか
「女性スキャンダルまみれ」で「ハレンチ市長」と命名された、前横浜市長の中田宏氏。もしタイムマシンがあって、横浜市長に就任した当時に戻れるとしたら……中田氏はどのような行動に出るのか。(2012/1/25)

中田宏「政治家の殺し方」(5):
私は訴えられた。源氏名「奈々」という女性に
「女性スキャンダルまみれ」で「ハレンチ市長」と命名された、前横浜市長の中田宏氏。ある日、源氏名「奈々」という元ホステスの女性から、3000万円の慰謝料を請求された……。(2012/1/12)

中田宏「政治家の殺し方」(4):
はぁ? オレの愛人? 政治家はこうして殺される
「女性スキャンダルまみれ」で「ハレンチ市長」と命名された、前横浜市長の中田宏氏。そして、「中田の愛人」と名乗る女性が全国ニュースに登場した。(2012/1/5)

中田宏「政治家の殺し方」(3):
公務をドタキャンして、キャバクラで豪遊? そんな事実はない
「女性スキャンダルまみれ」で「ハレンチ市長」と命名された、前横浜市長の中田宏氏。横浜市とサンディエゴ市の姉妹都市提携50周年の式典の出席をドタキャンし、キャバクラで豪遊したと報じられた。事実は……。(2011/12/30)

中田宏「政治家の殺し方」(1):
私を奈落の底に落とした、スキャンダルとは
「女性スキャンダルまみれ」で「ハレンチ市長」と命名された、前横浜市長の中田宏氏。悩み苦しんで「白髪頭」となり、「死」を考えたこともあったという。そんな彼が、政界の隠れた裏側を告白した。(2011/12/20)

城繁幸×赤木智弘「低年収時代よ、こんにちは」(6):
なぜ“増税賛成派”が増えているのか?
「あなたは増税に賛成しますか」――こう聞かれると、多くの人は「反対」と答えていた。しかしある層を中心に「賛成」派が増えてきているという。その背景には、どんな要因が潜んでいるのだろうか。(2011/8/19)

日本の原子力政策を訴える――法曹家の卵が原発の行政訴訟を起こした理由
福島第一原発の事故後、国の原子力政策にストップをかけようと行政訴訟を行った江藤貴紀氏。東京大学法科大学院を卒業し、司法家への道を歩み始めたばかりの江藤氏は、どのような思いから訴訟するに至ったのだろうか。(2011/6/9)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
組織行動セーフティマネジメント
安全管理、コンプライアンスなど、企業にとってかけがえのないものを守るための新しい「保険」の概念“BBS”とは?(2011/5/12)

「何が真実だったのか見て」――中田宏・前横浜市長、判決後に記者会見
中田宏・前横浜市長の愛人だったと名乗る女性が、中田さんから精神的苦痛を受けたとして慰謝料を求めている訴訟の判決が11月12日、横浜地裁である。「全くの事実無根」と反論している中田さんが、判決直後に記者会見を開き、その様子をライブ配信する。中田さんはTwitterで「一体何が真実だったのか是非見て」とつぶやいている。配信は11月12日14時0分〜。(2010/11/12)

IT利用の不正対策マニュアル:
不正行為をする人物を調べる方法
どのような人間が内部不正をしてしまうのか――。今回は不正行為をする人間の特徴と調査での注意点を解説します。(2010/6/29)

コーエーテクモホールディングス、板垣伴信氏との和解が成立
(2010/2/26)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
2010年、バレンタインのキーワードは“おウチLOVE”
不況が深まり、景気の二番底割れも懸念されている昨今。そんな中、バレンタインでも、高価なブランドチョコ消費よりも、安価な手作りチョコ優先という流れが押し寄せている。今年のバレンタイン、キーワードは“おウチLOVE”である。(2010/1/21)

不正事件に学ぶ社内セキュリティの強化策:
LAN上のメールをすべて収集していた社員
情報セキュリティの専門家 萩原栄幸氏が企業や組織における情報セキュリティリスクを解説する連載です。今回は周囲には明かせない密かな関係から発展してしまった、ある内部不正の出来事を紹介しましょう。(2009/12/21)

吉田典史の時事日想:
この手口で、会社を辞めさせられる……配置転換に潜むワナ
「あの社員を辞めさせたい」――。会社側がこう考えたとき、彼らはどのような手段で従業員を辞めさせようとするのだろうか。いきなり解雇を告げるのは何かとトラブルが多いので、会社側は別の手口で従業員を追い込むという。その手口とは……?(2009/12/18)

初の大型アップデートで何が変わる?――「Ys Online 〜古代シーマの鼓動〜」先行プレイリポート
12月中に大型アップデートを控える、CJインターネットジャパンが運営するオンラインRPG「Ys Online(イースオンライン)」。12月8日〜12月15日には新バージョンの一般向け先行体験会が予定されているが、それに先駆けてメディア向けの体験会が行われた。そこで明らかになった、新たなイースオンラインの魅力を紹介しよう。(2009/11/27)

会社に潜む情報セキュリティの落とし穴:
Winny利用の果て――家族崩壊した銀行マンの悲劇
ファイル交換ソフトを使った情報漏えい事件が後を絶たない。公私を問わず不用意に使用することが会社や組織だけでなく、家族や本人の人生にさえも暗い影を落としてしまうことがある。(2009/1/13)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。