ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「憲法」最新記事一覧

関連キーワード

「見れば語りたくなる」 「シン・ゴジラ」めぐる議論に政治家も参戦 石破元防衛相や枝野氏の見方は
「シン・ゴジラ」は「見れば語りたくなる映画」だ。自民党の石破茂元防衛相や民進党の枝野幸男幹事長ら政治家も言及している。(2016/9/12)

103の国・地域で公開:
映画『シン・ゴジラ』めぐり、政治家も“参戦” 
公開中の映画「シン・ゴジラ」が話題を呼んでいる。徹底した取材を基に“有事”をリアルに描いた点が魅力で、自民党の石破茂元防衛相や民進党の枝野幸男幹事長ら政治家も言及。特撮映画として異例の広がりを見せている。(2016/9/12)

世界を「数字」で回してみよう(34) 人身事故:
「人身事故での遅延」が裁判沙汰にならない理由から見えた、鉄道会社の律義さ
今回、私は「人身事故に対する怒りを裁判にできないのか」という疑問の下に、裁判シミュレーションを行ってみました。そこから見えてきたのは、日本の鉄道会社の“律義さ”でした。後半では、人身事故の元凶ともいえる「鉄道への飛び込み」以外の自殺について、そのコストを再検討したいと思います。(2016/9/12)

漱石から子規へのハガキ、幕末志士の署名 著名人120人の「直筆」を国会図書館がデジタル資料で公開
特集サイト「あの人の直筆」。あの歴史上の偉人は、文字もイメージ通り?(2016/8/31)

スピン経済の歩き方:
出光が恐れているのは何か、昭和シェルが嫌っているのは誰か
出光興産と昭和シェル石油の合併が難しくなっている。国内ガソリン市場が縮小する中で出光にとってシェルとの統合は決して悪い話ではない。それなのに、なぜ出光の創業家は合併に反対しているのか。(2016/8/9)

全文掲載:
陛下のお言葉、宮内庁がWebで全文公開 動画も配信
天皇陛下がお気持ちを示された動画を宮内庁が公開。全文テキストも公開した。【記事の最後に全文掲載】(2016/8/8)

橋下氏が辛辣ツイート「鳥越さん、ケツの穴小さくないか?」
政治家を引退した橋下徹弁護士の「Twitter」への書き込みが盛んだ。法律政策顧問を務める国政政党「おおさか維新の会」の党名変更問題から東京都知事選、米大統領選に至るまで、橋下節で縦横無尽に“突っ込み”を入れている。(2016/8/2)

世界を読み解くニュース・サロン:
トルコのクーデターは“独裁者”の自作自演だったのか?
トルコでクーデター未遂事件が発生した。クーデターの試みはあっという間に鎮圧され、エルドアン大統領は「自分はヒーロー」であるかのような演出をしてみせた。そんな大統領が、実は世界的にすこぶる評判が悪いのだ。(2016/7/28)

同性パートナーも“配偶者” 楽天、社内規定を改定
楽天は7月22日、社内規定上の“配偶者”の定義を「同性パートナーを含む」に改定すると発表した。配偶者に戸籍や在留カードなどのID上の性別が同性であるパートナーも含まれるようになり、同性パートナーでも福利厚生の対象となるようになった。(2016/7/22)

トルコでクーデター発生か 軍の一部により橋が封鎖され議会周辺に部隊が展開
首相が「軍の一部が反乱を企てている」と明言。一方、軍は「国を掌握」と主張しています。(2016/7/16)

参院選2016でもっともつぶやかれた政党名は? Twitter社が選挙のデータ分析を公開
リツイート数のベスト5も発表。(2016/7/11)

世界を読み解くニュース・サロン:
「英国のEU離脱が実現しないかもしれない」これだけの理由
英国の国民投票で、EU離脱派が勝利した。この結果を受け、株価と為替は乱高下したが、英国は本当に離脱するのだろうか。このままでは「離脱しない可能性もあるのでは」といった声も出ている。(2016/7/7)

投票日は7月10日:
投票先に迷っている人へ 「参院選2016」が分かるポイントまとめ
各政党や候補者を選ぶためのポイントから、期日前投票の仕方まで、役立つサイトや情報を紹介する。(2016/7/2)

何そのチョイス!? 週刊ビッグコミックスピリッツが「日本国憲法全文」を付録にして販売
“日本の情景”をテーマにして連載陣13人がイラストを描き下ろし。(2016/6/29)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「世界最長鉄道トンネル」も開通 憲法でトラック制限するスイスに学ぶ
私は時々「我が国は物流に関して信念を持ち、思い切った施策を実施すべきだ」と主張している。今回は、国土環境を守るという信念の下で、憲法でトラック輸送増加を禁じたスイスを参考に「信念」や「思い切った施策」について考える。(2016/6/24)

米「Gizmodo」運営元破たんの理由 セックスビデオ盗撮訴訟で賠償150億円、「報道の自由」論も
米国で「Gizmodo」「Lifehacker」などを運営するGawker Mediaが破産申請。ハルク・ホーガン氏の性行為を隠し撮りしたビデオをサイトで公開しプライバシー侵害で訴えられ、約150億円もの損害賠償を命じられたためだ。(2016/6/20)

世界を読み解くニュース・サロン:
大物IT起業家がハルク・ホーガンを利用してメディアを潰しにかかったワケ
今、米国で物議を醸している裁判がある。プロレスラー、ハルク・ホーガンのセックス・スキャンダルをめぐる裁判だ。W不倫の暴露記事をめぐって争われているが、この裁判の裏には“陰謀”があった。それは……。(2016/6/16)

ITmedia エグゼクティブ オープンセミナーリポート:
話題の真田丸からビジネスのヒントを学ぶ
日本一の兵と呼ばれる真田幸村。壮絶ともいえる真田幸村の49年の人生から、ビジネスに役立つヒントを学ぶ。(2016/6/15)

高須院長、出版したばかりの自著を絶版に 小学館からの「不適切な表現」書き直し要求を拒否
高須院長はその後小学館と「手打ちしました」と報告。(2016/6/3)

「すんなり頭に入る」 ボカロで覚える参考書、発売1カ月で10万部超え
ボーカロイド曲で勉強ができる参考書「ボカロで覚える」シリーズが発売から1カ月で累計発行部数10万部を超えた。(2016/6/3)

高須院長、小学館の書き直し要請を「断固拒否!」 絶版・回収決まり、ネットオークションで価格高騰
高須院長が、パートナーの西原理恵子さんとの共著「ダーリンは70歳・高須帝国の逆襲」について、書き直しを要請されたことに激怒し、絶版にした。新刊が発売直後に絶版となる異常事態だ。(2016/6/2)

高須克弥院長が小学館の書き直し要請を「断固拒否する!」
「高須クリニック」の高須院長が、パートナーの漫画家・西原理恵子さんとの共著『ダーリンは70歳・高須帝国の逆襲』について、版元の小学館から表現に不適切な部分があり、書き直しを要請されたことに激怒し、絶版にしたことを個人ブログで明らかにした。(2016/6/2)

“朝日斬り”橋下節ツイート、高視聴率で証明した強烈な存在感
「大阪維新の会」と国政政党「おおさか維新の会」前代表の橋下徹氏が、昨年12月の政界引退以来、久々に強烈な存在感を放ち始めた。(2016/5/18)

「コンビニでは性表現が氾濫」? “目隠し”成人向け雑誌めぐり議論沸騰……堺市vs雑誌協会の行方は
コンビニに並ぶ成人向け雑誌を子供が目にする機会を減らすため、堺市とファミリーマートが始めたビニールカバーで表紙の写真などを隠す取り組みをめぐり、論争が起きている。(2016/4/22)

Microsoft、米司法省を提訴──顧客データ開示の口外禁止令は違憲
Microsoftは、捜査当局がクラウド上の顧客データ開示を命令するに当たって顧客への口外を禁ずるのは違憲だとして米司法省を提訴した。(2016/4/15)

東京のまねしたらあきまへん――ひと味違う京都の出版社・ミネルヴァ書房の挑戦
京都市のミネルヴァ書房がおもしろい試みを行なっている。有名講師に連続講座を行なってもらい、それを書籍化するというもの。「京都らしさで、業界に風穴を」と意気込む。(2016/4/7)

石野純也のMobile Eye(3月14日〜25日):
“LINE無料”を打ち出した「LINE MOBILE」の衝撃――業界には大きな課題も
LINEが3月24日に「LINE CONFERENCE TOKYO 2016」を開催した。そこで披露された大きなサプライズが、MVNO事業の「LINE MOBILE」だ。月額500円から、LINEのサービスが使い放題となるというインパクトのある内容だが、課題も残っている。(2016/3/26)

FREETEL SIMの速度低下を引き起こした“異常な利用”とは何だったのか
一部のユーザーの異常な利用によって、速度の低下が起きたという「FREETEL SIM」。当該ユーザーに対しては、警告や利用の停止に加え、法的措置を取っていくという。一体、FREETEL SIMに何が起こっていたのか?(2016/3/23)

3分で読める 荻原博子の今さら聞けないお金の話:
高齢者の5人に1人が貧困 どうすれば老後を守れるのか
高齢者の貧困率が問題になっています。なぜ高齢者が貧困に陥ってしまうのでしょうか。私たちの老後はどう守ればいいのでしょうか。経済ジャーナリストの荻原博子さんが分かりやすく解説します。(2016/3/22)

スピン経済の歩き方:
マスコミ報道を萎縮させているのは「権力」ではなく「中立公平」という病
総務大臣が公平性を欠く放送を繰り返した放送局の電波停止に言及したことについて、ジャーナリスト6人が「発言は、憲法や放送法の精神に反している」などと声明を発表。西側諸国のジャーナリズムは「政治的中立性」といったスローガンを放棄しているのに、なぜ日本は支配されているのか。(2016/3/15)

コピペ教に入信しませんか? 
情報のコピー&ペーストを神聖な行為とするグループが、スウェーデンでは宗教団体として正式に認められている。(2016/3/14)

Apple、捜査当局の「要求しているのはバックドアではない」との趣意書に「卑劣」と反論
AppleがFBIへのiPhoneロック解除ツール提供を拒否している問題で、3月22日の法廷審問を前に捜査当局がAppleを批難する弁論趣意書を提出し、Appleはこれを「卑劣」と批難した。(2016/3/11)

世界を読み解くニュース・サロン:
トランプという“大統領候補”をつくりあげたのは、誰か
「米国の大統領がトランプになったらどうなるのか。日本は大丈夫?」といった不安を感じている人も多いかもしれない。過激な発言を繰り返すトランプという“モンスター”をつくったのは、いったい誰なのか。筆者の山田氏によると……。(2016/3/10)

攻防が続くApple vs FBI:
iPhoneのセキュリティ問題は“パンドラの箱”
「iPhone」のセキュリティ解除問題について、AppleとFBIの攻防が続いている。Appleは、もし一度解除を許せば、それは“特定の1台”だけにとどまらない危険性があると主張する。さらに、セキュリティ解除用のソフトウェアを開発すれば、犯罪者や敵国政府などの手に渡ってしまう恐れがあり、「悪意を秘めた“パンドラの箱”を開けることになる」との見解を示した。(2016/3/8)

世界を「数字」で回してみよう ダイエット(27):
“バーチャル江端”3人衆、ダイエットに散る
さて、今回は、私が連載当初から掲げてきたテーゼ「人類は、ダイエットに失敗するようにできている」について考察しましょう。“バーチャル江端”を3人作成し、ファジィ推論エンジンによって、それぞれにダイエットをさせてみたのです。3人の、ダイエットにおける“生き様”をご覧ください。(2016/2/24)

パナソニック、同性婚や事実婚の福利厚生を検討 社員の同性カップルからの相談がきっかけ
日本の大手企業による、性的指向の差別を無くそうとする動き。ほか企業への波及効果も見込まれます。(2016/2/18)

スピン経済の歩き方:
テレビや新聞には、なぜ「文春砲」のようなスクープがないのか
年明けから「文春砲」の勢いが止まらない。ベッキーとゲス川谷氏の「不倫」報道を皮切りに、甘利明大臣の「口利き疑惑」、宮崎謙介議員の「不倫」などが続いているが、筆者の窪田氏はある弊害を懸念している。それは……。(2016/2/16)

世界を「数字」で回してみよう(25) ダイエット:
ダイエットで脳が壊れる? 危険な“負の連鎖”
ある晩、風呂に入ろうとしていた私の体を見て、娘が悲痛な叫びをあげました。鏡を見ると、びっくりするほど痩せ細った私が映っていたのです。今回は、ダイエッターにとって決してひとごとではない“ダイエットの負の連鎖”、つまり摂食障害の深刻さについて数字を分析してみましょう。(2016/1/20)

日本式イノベーションの起こし方:
ジョブズがいなくても、新しい価値は創造できる
どうすれば組織の中からイノベーションを起こすことができるのか? 実は日本の組織こそが変化をつくり、イノベーションを起こすことに適しているという。(2016/1/19)

村上春樹の図書貸出記録を報道した問題 神戸新聞「公益性がある」 日本図書館協会「プライバシー侵害」
村上さんの高校時代の図書カードを報じた神戸新聞に、ネットから疑問の声が。(2015/12/1)

外務省が非常勤のテロ専門分析官を募集中 アルカイダ、ISILなどを調査
申込締切は12月11日。(2015/11/16)

世界を読み解くニュース・サロン:
スーチー派が勝っても、ミャンマーが“変われない”理由
ミャンマーで、5年ぶりに総選挙が実施された。地元メディアが「アウンサン・スーチー党首率いる最大野党が優勢」と伝えているので、現地の経済発展が期待されるが、事はすんなりと進むのだろうか。筆者の山田氏は難しいとみている。その理由は……。(2015/11/12)

就活のトリセツ(1):
キョーテイ、オワハラ、内々定、研究室推薦――スタート前に知っておきたい「就活のジョーシキ」
IT業界への就職を考えている学生のために就活のイロハを伝授する連載「就活のトリセツ」。第1章は、押さえておきたい「就活のジョーシキ」を手ほどきしよう。(2015/10/29)

その選挙権ってパワーはこう扱うんよ 文科省が高校生向けに政治&選挙の副教材を作成
早々に選挙権とやらを手に入れてしまったが、この力の使い方がわからねぇ……と何がなんやら状態の高校生へ。(2015/9/30)

スピン経済の歩き方:
「安保反対デモ参加者は頭が悪くて仕事ができない」は本当か
堀江貴文氏がTwitterで、安保反対デモに参加したことをカミングアウトしたら採用しないとツイートしたところ、ちょっと話題になった。いろいろな意見があったが、本コラムの窪田氏は「経営者として極めてノーマルな反応」だという。その理由は……。(2015/8/18)

戦後70年、ニコニコ生放送で「玉音放送」を同日同時刻に配信決定
あらためて「戦後70年」について考える機会にしたいとのこと。(2015/8/14)

ちょっと気が早すぎ!? 来年の今日(8月11日)は、8月初となる国民の祝日「山の日」です!
祝日のお話。ややこしいのは4月29日。(2015/8/11)

人気声優が全文朗読!? 男性キャラとのシチュエーションなど乙女コンテンツ満載の「日本国憲法」が登場
羽多野渉さん、下野紘さんなどが出演。これは捗る!(2015/8/2)

高校野球のバット回し球児に「注意処分」の報道 埼玉県高野連は否定 「あくまで注意指導」
あのヌンチャクのようなバットさばきは高野連のルールを破ったものではないとのこと。(2015/7/24)

スピン経済の歩き方:
安倍さんが憲法違反をした理由は、米国が“親会社”だから
安全保障関連法案が衆院本会議で、自民・公明両党などの賛成多数で可決された。メディアはこぞって「法案に反対する人たち」の声を紹介しているが、筆者の窪田氏はこうした反対報道にしっくりこないという。その理由は……。(2015/7/21)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。