ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

建設業 に関する記事 建設業 に関する質問

「建設業」最新記事一覧

「飢餓キャラ・かつ江さん」は「不快」か 批判殺到で公開中止 作者は無念の嘆き
鳥取城内で兵糧攻めに遭った庶民をイメージしたキャラクター「かつ江(渇え)さん」を鳥取市が公開したところ批判が殺到、公開を中止した。「歴史をよく伝えている」との評価や市側の対応を疑問視する声もあり、思わぬ反響を呼んでいる。(2014/7/23)

中小企業の64.2%が「賃上げ」――産業別でみると
景気回復の影響を受け、「給与がアップした」といった声を聞くことが多くなったが、中小企業で働く人たちはどうなのか。東京商工リサーチが調べたところ、64.2%が賃上げを実施していることが分かった。(2014/7/8)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
ウェアラブル端末はどこで真価を?
ウェアラブル端末は本当はどこで使われるべきなの?(2014/7/3)

エネルギー列島2014年版(12)千葉:
東京湾岸にメガソーラーが続々誕生、砂利採取場も最終処分場も発電で稼ぐ
大規模な火力発電所が集まる千葉県の東京湾岸でメガソーラーの建設計画が相次いでいる。広大な砂利採取場の跡地や廃棄物の最終処分場、火力発電所からの高圧送電線の用地など、転用が難しい土地を発電事業者に貸し付けて、賃貸収入の拡大と再生可能エネルギーの普及を図る。(2014/7/1)

DMS2014:
ウェアラブルデバイスが変革する生産現場・保守現場の未来像
「第25回 設計・製造ソリューション展(DMS2014)」では、ウェアラブルデバイスの活用により生産や保守の“現場”を革新するさまざまなソリューションが出展された。「現場×ウェアラブル」で何が起ころうとしているのか。(2014/6/30)

市場調査/予測:
どうする? 社会インフラ設備の老朽化対策――急がれるインフラ点検ロボット開発
矢野経済研究所は、インフラ点検ロボットメーカーおよび販売会社、研究機関、関連団体などを対象に、国内のインフラ点検ロボット市場についての調査を実施(2014年4〜6月)。結果をレポートとしてまとめ、その概要を発表した。(2014/6/24)

クール・ジャパン:
「和食」だけじゃない? 日本庭園を海外展開する“植木屋”がいる
日本庭園を海外展開する“植木屋”がいる。東京都世田谷区にある小杉造園で、すでに数カ国で庭造りを行ったほか、欧州や中東から引き合いが来ているという。(2014/6/24)

渋谷駅“最高難度”の大改造 8事業並行、連携と工程管理が鍵
渋谷駅の大改造が始まった。1日に200万人以上の乗降客が利用する駅の機能を維持しながら安全を確保し、地下から超高層ビルまで立体的に整備するという、“最高難度”のプロジェクトだ。(2014/6/20)

渋谷駅“最高難度”の大改造 8事業並行、連携と工程管理が鍵
ダンジョン・渋谷駅の大工事がスタートした。(2014/6/19)

開発各社は意欲的:
なぜ? 超高層化する日本のタワーマンション
今年3月、高さ300メートルの超高層ビル「あべのハルカス」が誕生した。景気回復の影響を受け、東京や大阪などで高層マンションの建設計画が目白押し。そのうち驚くような超高層マンションが誕生するかもしれない。(2014/6/12)

うまく運用できないCSIRTを作らないために:
CSIRTをめぐる5つの誤解
サイバー攻撃の複雑化、巧妙化にともなって、「インシデントは起きるものである」という事故前提の考えに基づいた対応体制、すなわちCSIRT(Computer Security Incident Response Team)への注目が高まっています。一方でさまざまな「誤解」も生まれているようです。この記事ではCSIRT構築の一助となるよう、よくある5つの誤解を解いていきます。(2014/6/12)

ベンチャーニュース:
クラウドソーシングでモノづくり支援、「メイカーズワークス」が登場
クラウドソーシングサービスを提供するクラウドワークスが、モノづくり支援プラットフォーム「メイカーズワークス」の立ち上げを発表した。製造、建設業に関する企画、設計、販売といった一連の業務プロセスをクラウドソーシングで支援する。(2014/6/2)

ここまで削減できるとは――清水建設のファイル共有コストを「10分の1」にしたサービス
日々、膨大な数のプロジェクトが進行し、大容量の図面のやりとりが発生する建設業界。この業務を支えているのがファイル共有サービスだ。そのコスト削減を迫られた同社の情シスが選んだサービスは、「従来比10分の1に削減」という驚きの結果をもたらした。(2014/5/23)

クモの糸で人間がぶら下がれた 「スパイダーマン」の世界が実現 軽くて強い、NASAも注目
「軽くて丈夫なクモの糸は“夢の繊維”」――こう話す奈良県立医大の大崎名誉教授は自らクモの糸にぶらさがる実験に成功したクモの糸研究の第一人者だ。果たして人間はスパイダーマンになれるのか? 大崎さんに聞いた。(2014/5/20)

自然エネルギー:
土の採取跡地はメガソーラーに、富山市でカドミウム汚染農地の復元後
富山県の神通川流域は日本初の公害病になった「イタイイタイ病」が発生した地域である。原因になったカドミウムに汚染された農地を復元するために、1979年から33年間かけて土壌の入れ替えを実施した。搬入する大量の土を採取した跡地にメガソーラーを建設する。(2014/5/15)

スマートオフィス:
太陽光パネルを節電にも、外壁に使って冷暖房のピークを半減
大手の建設会社が太陽光パネルを外装に利用した「ネット・ゼロ・エネルギー・ビル」の開発に力を入れ始めた。三井住友建設は太陽電池を組み込んだ2種類のユニットを自社ビルの外壁に実装。断熱効果に加えて季節に応じた換気を可能にして、夏と冬の冷暖房のピーク負荷を半減させる。(2014/5/13)

iPadのシンプル操作でWeb会議、キヤノンソフトが新アプリ
キヤノンソフトはWeb会議システム「IC3」のiPad用アプリをリリースする。簡単操作が特徴だという。(2014/5/12)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
ヒト、モノ、世界をつなぐテクノロジーとして重要になるクラウド
グローバルで戦うためのIT戦略としてクラウド活用が注目されている。ITを駆使した新しいビジネスをシステム部門がリードするためには、新たなチャレンジが必要。(2014/5/2)

実はAPIが公開されている!:
PR:FlashAirはSDカードサイズの超小型Webサーバだ
無線LAN機能を搭載したSDメモリカード「FlashAir」。写真の共有に便利なSDカードというイメージが強いが、実はAPIが公開され、さまざまなカスタマイズが可能だ。既にFlashAirが持つ「SDHCカード」「無線LANアクセスポイント」「Webサーバ」という3つの機能を生かした機器が市販されている。ここでは、さまざまなFlashAirの使い方や応用例を紹介していく。(2014/4/24)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
グローバルで戦うためのIT戦略には創造的破壊を進める勇気も必要
ITを駆使した新しいビジネスを、システム部門はリードできているのか。多部門の業務にも果敢に挑み、「とりあえずやってみる」という楽観主義も持ちあわせながら、新しい姿に変えていってほしい。(2014/4/23)

エネルギー列島2014年版(2)青森:
風力発電が半島から沖合へ、32基の大型風車を太平洋上に展開
風力発電の導入量が全国トップの青森県で新たな開発プロジェクトが活発になってきた。中心地は下北半島の六ヶ所村で、太平洋岸の陸上に19基、洋上に32基の風車を設置する計画が進行中だ。近隣の湖や沼には貴重な動植物が生息することから、環境保護の面でも先進的な取り組みが求められる。(2014/4/22)

世の中の動きの個人資産への影響を考えてみる:
消費増税と家の買い時――ベストなタイミングは?
2014年4月1日から消費税が8%に上がりました。各方面で駆け込み需要があったようです。今回は、人生で一番大きな買い物と言われる住宅購入のベストタイミングはいつなのか、考えてみましょう。(2014/4/7)

@IT Security Live UP! 詳細レポート:
セキュリティの達人が語るこれからの対策と課題
「@IT Security Live UP! 絶対に守らなければならないシステムがそこにはある」の速報レポートではカバーし切れなかった、第一線の専門家による基調講演や特別講演、コミュニティセッションの模様を一挙に紹介する。(2014/3/27)

世界超高層時代:
世界で最も高いビルは828メートル――5年後には1000メートル超?
日本一高いビルは大阪の「あべのハルカス」(296メートル)だが、世界の高層ビルランキングでは75位。現在計画中の超高層ビルには高さ1000メートル級のものがあり、世界的には「1000メートル」の時代が迫っている。(2014/3/26)

キャリアニュース:
今の会社に「今後も勤め続けたい」は約7割
今の会社に「今後も勤め続けたい」と答えた割合は、「食品製造業」(50.0%)、「資材製造業」(74.1%)、「機械器具製造業」(69.1%)、「その他製造業」(75.8%)だった。(2014/3/10)

世の中の動きの個人資産への影響を考えてみる:
南欧にチャイナマネーが入って不動産バブルが再燃?
2014年2月、日経平均株価が1日で500円以上下落して世界の金融市場が混乱しました。日本のアベノミクス景気にも、冷や水が浴びせられた格好になりました。投資マネーは株式だけでなく商品市場や原油などの資源に向かうこともありますが、不動産に向かうとやっかいなことになります。(2014/3/10)

法律家が見るサプライチェーンの知財侵害リスク(5):
サイバー攻撃の脅威は、サプライチェーンにどういう危機をもたらすか
法律・知財の専門家が製造業のグローバルサプライチェーンに潜む課題と対策について解説する本連載。第5回では、高まるサイバーセキュリティの脅威の中、それがサプライチェーンにどういう影響を与えるかという点を、Ernst & Young のパートナーであり、アジア・パシフィック地域のインフォメーションセキュリティリーダーを務めるマイク・トロバート(Mike Trovato)氏と、Microsoftのアジアパシフィック地域の知財部門ディレクターであるケシャブ・S・ダカッド(Keshav S Dhakad)氏の対談を通じてお伝えします。(2014/3/6)

「今の会社で働きたくない」と思っているのは、どんな人?
あなたはいまの会社で働き続けたいですか? 20〜40代の男女に聞いたところ、「今後も勤め続けたい」と答えたのは69.3%、「勤め続けたくない」は30.7%だった。リンクモンスター調べ。(2014/3/4)

導入事例:
リコーの営業スタイルを変えた“現場流”iPad活用術とは?
新任の営業部員が複雑な顧客ニーズを的確にくみ取るのは難しい。リコージャパン栃木支社はiPadと販促ツールの組み合わせで営業スタイルを変え、この問題を解消したという。(2014/2/28)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2014/2/10)

スマートシティ:
太陽光パネルの下で農作物を栽培、高さ2.5メートルのメガソーラーが発電開始
農業とエネルギー事業を融合させた先進的なメガソーラーが岐阜県で運転を開始した。県が所有する遊休地に高さ2.5メートルの架台を一面に設置して、太陽光パネルの下で農作物を育てる試みだ。1.5MW(メガワット)の電力を供給しながら、9000本の低木を栽培する。(2014/1/30)

京セラの防水・防塵・耐衝撃仕様のLTEスマホ「Torque」、3月下旬に国内で販売――通信はドコモのXi
米Kyocera Communicationsが2013年にSprint向けに投入したLTE対応スマホ「Torque」(トルク)が、3月下旬に国内で発売される。ネットワークはドコモのものを利用する。(2014/1/27)

京セラの防水・防塵スマホ「TORQUE」国内投入 米軍事規格準拠
米国防総省軍事規格に準拠した防水・防塵の高耐久性Androidスマートフォン「TORQUE」(トルク)を京セラが国内投入へ。(2014/1/27)

気鋭の緑化事業者はなぜOffice 365を選んだか?:
PR:Windows XP移行と合わせてクラウド導入に挑戦、最新ITを成長の礎に
(2014/1/14)

松岡功のThink Management:
社長が選んだ「2013年の社長」と「2014年の注目企業」
今回は、産業能率大学が先頃発表した「社長が選んだ2013年の社長と2014年の注目企業」の調査結果から、今の時代のマネジメントに求められている要素を探ってみた。(2014/1/9)

キーワード解説:
月の赤道上に太陽電池を並べる「ルナリング」
もちろん未来の話だが、20年後には建設が始まっているかもしれない。月面に太陽電池を並べて、発電した電力を地球へ伝送する。そんな大胆な構想を清水建設が打ち出した。月の赤道上に幅400キロメートルで太陽電池を設置すれば、2035年に全世界が必要とするエネルギーを供給できる――。(2013/12/20)

クライアント仮想化の導入率は24%、2017年には45%に――IDC予測
国内クライアント仮想化ソリューション市場は4555億円規模となり、2017年には8978億円まで拡大するという。(2013/12/11)

エネルギー列島2013年版(37)香川:
「うどん県」が挑むバイオマス発電、ようやく広がる太陽光
讃岐うどんの本場・香川県ならではの再生可能エネルギーがある。うどんの生産工程で発生する廃棄部分からメタンガスとエタノールを生成して、電気や温水を作り出す。うどんを茹でる燃料にも再利用できる「うどんまるごと循環プロジェクト」で独自のエネルギーサイクルを拡大中だ。(2013/12/10)

Autodesk University 2013:
「“VUCA”の時代を生きるには“外”を見ろ」――Autodesk University基調講演
「Autodesk University 2013」の基調講演では、米Autodesk社長兼CEOのカール・バス氏、CTOのジェフ・コヴァルスキ氏が登壇し「不確定な時代で生き抜いていくには、マインドセットを変える必要がある」ことを示し、その基盤としてクラウドサービスによるコラボレーションの重要性が高まっていることを訴えた。(2013/12/4)

開通前の「東京湾トンネル」を歩いて巡れるぞ! おとなのトンネル工事現場見学
東大教授の解説付き。(2013/11/22)

2013国際ロボット展:
スタイリッシュな床下点検モグラ型ロボ「moogle」――大和ハウス工業
大和ハウス工業は「2013国際ロボット展」において、狭小空間点検ロボット「moogle(モーグル)」の実機デモを披露した。モグラをイメージしたカラーリングや筐体デザインは、ロボットクリエーターの高橋智隆氏によるものだ。(2013/11/6)

エネルギー列島2013年版(32)島根:
森林率78%が生み出す木質バイオマス、日本海の風は77基の大型風車へ
強い風が吹く日本海側には風力発電に適した地域が多い。島根県もそのひとつで、77基の大型風車が集結する。さらに県を挙げて取り組むのが木質バイオマスと太陽光発電だ。県内にある原子力発電所の再稼働をめぐって住民の反対運動が起こる中、自然エネルギーの導入拡大を急ぐ。(2013/11/5)

ゼロからはじめる株式投資入門:
株を買うために企業を知ろう
銘柄選びのポイントは、単純に言えば「成長しそうな株を選ぶこと」です。はじめは興味があるとか、仕事で内情にくわしい業種のものを選ぶと良いでしょう。気になる企業ができたら、その企業のホームページなどで投資家情報を収集することが大事です。(2013/10/29)

法律家が見るサプライチェーンの知財侵害リスク(2):
販売差し止めの実力行使も!? ――サプライチェーンを狙い撃つ米国違法IT規制
法律・知財の専門家が製造業のグローバルサプライチェーンに潜む課題と対策について解説する本連載。第2回では、不正な設計・製造ITに対する米国当局の規制とそれに伴う日系製造業のリスクについて紹介します。(2013/10/21)

ねっと部:
「10年ハンバーグ食べ放題」付き住宅「一家団らんハンバーグハウス」発売
「家族そろって10年間ハンバーグ食べ放題!定期券」付きの住宅「一家団らんハンバーグハウス」が発売された。(2013/10/17)

14型Ultrabook、30型ワイドの液晶ディスプレイも登場:
「日本も世界もシェア1位、それでもハングリー精神は忘れない」――日本HPの新ワークステーション発表会
日本HPがワークステーション製品のモデルチェンジを行った。製品群のブランドを「Z」に統一し、高いクオリティの製品を目指し続けることをアピールした。(2013/10/3)

大林組ら3社、建築業界の次世代BIMクラウドサービスを完成
大林組は、NECとGRAPHISOFTの2社と共同で次世代BIMクラウドサービス「スマートBIMクラウド」を完成させた。(2013/9/26)

あなたの知らないスポーツ、そっと教えます:
オリンピックが東京に! スポーツによる経済波及効果「スポーツミクス3本の矢」を考える
2020年のオリンピック・パラリンピック開催地が東京に決まりましたが、オリンピックといえば必ず出てくるのが「経済波及効果」。純粋にスポーツが発展することによって得られる経済効果にはどのようなものがあるのか、アベノミクスならぬ「スポーツミクス3本の矢」を考えてみましょう。(2013/9/17)

投資4コマ漫画『カブ・ジェネレーション』:
2020年東京オリンピック開催決定!関連株で勝つための方法
毎週土曜連載でお送りしている『カブ・ジェネレーション』。2020年のオリンピックが東京で開催されることが決定しました。関連銘柄の株価も動いているようですが……。(2013/9/14)

転職から見た「ITエンジニアの転機」(2):
社内SEへキャリアチェンジするための4つのステップ
社内SEの仕事はシステムを作ることではない? ―― 4つのステップを踏んで転職成功したエンジニアの事例を紹介しよう。(2013/9/13)



バーチャルリアリティを楽しむためのヘッドマウントディスプレイ。初音ミクとの対面用と思われている節もあるが、それも含めて日本市場は重要視されている。Facebookが買収をしており、今後どのような用途が実現するのか楽しみにしたい。

LTE対応の端末でも音声通話については実は3Gが利用されていたが、それもいよいよLTEに切り替えられようとしている。ユーザーにはなにが違うのか伝わりにくいが、通信キャリアにとっては通信がIP化され、電波利用効率の高いLTE網を利用できるようになるなど、大きな変更になる。

タブレットといえばiPadかAndroidと思われていたが、ここに来てWindowsタブレットも存在感を見せている。艦これが動くから、という理由で売れているという話もあるが、MicrosoftがSurfaceブランドでより小型な端末を計画しているという噂が出るなど、8型前後のWindowsタブレットがひとつの製品分野として今後も注目を集めそうだ。