ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

建設業 に関する記事 建設業 に関する質問

「建設業」最新記事一覧

一般公開は6月20〜21日:
「東京おもちゃショー2015」が6月18〜21日に開催 ビッグサイト西館で
「東京おもちゃショー2015」が、6月18〜21日に東京ビッグサイトで開催される。一般公開は20〜21日の2日間。(2015/5/7)

自然エネルギー:
ヒツジとヤギの除草効果、太陽光発電に生かす
鳥取県の米子市で運転中のメガソーラーの一角で、ヒツジとヤギによる除草試験が始まる。発電設備に隣接する900平方メートルの草地を、7カ月間にわたって合計4頭で除草する試みだ。草刈り機や除草剤を使わない環境に優しい方法を現地の維持管理に生かしながら地域住民との交流も図る。(2015/4/17)

「vGPU」のパフォーマンスを検証できる施設が人気
CADワークステーションの仮想デスクトップが実用段階にきた幾つかの理由
従来、高いグラフィックス性能を必要とするワークステーションで仮想デスクトップを利用することは、コストと性能の面で限界があった。しかし、幾つかのブレイクスルーによって、これが現実のものとなってきた。(2015/4/15)

2020年に向け重要な都市IT基盤となる「スマートシティ」
現在、竹中工務店では、スマートシティの実現を目指しており、2020年に向けた都市IT基盤づくりが非常に重要な取り組みとなる。(2015/3/30)

ユーザーがSAPに望むこと
SAPユーザーグループ代表「SAPはHANAへ移行させようとしている」
英国のSAPユーザーグループ代表に、SAPに対する本音を聞いた。SAPのライセンス戦略を高く評価する一方でユーザーの立場から冷静に動向を観察している。(2015/3/25)

3月20日は「電卓の日」:
日本半導体産業の立役者! 「電卓」の奥深い世界
“最も身近な精密機器”と言っても過言ではない電卓。あまり一般には知られていないが、電卓は、PCの誕生や日本の半導体産業の発展を語る上で欠かせない存在だ。3月20日の「電卓の日」に、奥深い電卓の世界をのぞいてみたい。(2015/3/20)

実は「手榴弾」並みの恐ろしさ……空気充填中のタイヤ破裂事故「年1回発生」の衝撃事実
空気充填中のタイヤ破裂は過去5年間で少なくとも5件は発生し、3人が死亡する非常に危険な事故。大型車のタイヤ破裂は「手榴弾並みの恐ろしさがある」と指摘する関係者もいるほどだ。(2015/3/19)

Computer Weekly:
SAPユーザーグループ代表「SAPはHANAへ移行させようとしている」
英国のSAPユーザーグループ代表に、SAPに対する本音を聞いた。SAPのライセンス戦略を高く評価する一方でユーザーの立場から冷静に動向を観察している。(2015/3/18)

「高い」「難しい」のイメージはもう古い:
PR:鹿児島ターミナルビルが導入した最新デジタルサイネージの舞台裏
街中で目にする機会が増えたデジタルサイネージは、映像や画像を駆使した魅力的な表現を通じて、紙媒体では難しい多様な情報を提供できる手段として注目を集める。だが、豊富な機能を備える専用システムは高額で、自前で機器を導入するのも、運用・管理するのも大変だ。この点がデジタルサイネージの普及の障壁になってしまう。2014年9月にオープンした「アミュプラザ鹿児島プレミアム館」に導入されている最新鋭のクラウド型デジタルサイネージシステムは、従来のデジタルサイネージにまつわる問題を解決している。(2015/3/4)

セキュリティ対策も万全:
PR:商機は“手書き”にあり――タブレット活用の幅を広げる「MetaMoJi Note 企業版」
iPadなどタブレットを導入する企業が増えているが、使い道はもっぱら「閲覧」。もっと使いこなしたいのに――そんな悩みに応えるのが、MetaMoJiの手書きアプリ「MetaMoJi Note」。紙にペンで書くような書き心地で、タブレットを有効活用できるのだ。(2015/3/3)

ITmedia ニュース読者感謝祭:
2ちゃんねる、mixi、iPhone――IT業界10年の歩み 2004〜2014アクセスランキングTOP100
2004年にスタートしたITmediaニュース。誕生から11年の各年ごとのアクセスランキングTOP100をまとめました。……全1100個!(2015/2/18)

変わりたいエンジニアのために変わるMS:
PR:エンジニアの2015年――クロスプラットフォーム、クラウド、機械学習、IoTは「次世代」でも何でもない
「次世代」の技術として注目を集めている「クラウドを活用した開発」「マルチプラットフォーム開発」「ビッグデータ、機械学習」「Internet of Things」だが、実は「次世代」でも何でもない。2015年には開発現場でも目にすることが増えると予想されるが、実際にこれらの技術を扱うのに学習コストが掛かることを課題とするエンジニアは多いだろう。この学習コストを削減するためには、すでに習得している技術やツールをベースに新たな技術を取り込めるソリューションをベンダー側が提供してくれるとエンジニアには心強いはずだ。(2015/2/19)

PR:“クラウド×スマートデバイス”の企業導入、うまくいかないのはなぜ?――現場のプロに聞いてみた
スマートデバイスとクラウドの普及は、中堅中小企業にとって“攻めのIT”に転じる大きなチャンス。しかし、導入や運用のフェーズで何らかの課題に直面し、十分な効果を得られていない企業もあるようだ。成功と失敗の分かれ目はいったいどこにあるのか?(2015/2/5)

NEC、科学技術計算や画像処理向けのワークステーション発売
高解像度画像作成や医療分野での画像処理、製造業のCAD/CAM、建築業のBIMなどに適した高性能ワークステーションを発売する。(2015/1/26)

2015年の電力メガトレンド(5):
「ネット・ゼロ・エネルギー」が現実に、オフィスビルや住宅にも広がる
節電と発電を組み合わせてエネルギー消費量をゼロにする「ネット・ゼロ・エネルギー」の取り組みが活発だ。政府の補助金の効果もあって、オフィスビルや店舗で実施するケースが増えている。住宅でも最新のスマートハウスに蓄電池を組み込んで、光熱費をゼロ以下に抑える事例が出てきた。(2015/1/9)

鹿島が優秀な職人囲い込み 「マイスター制度」新設で手当年60万円も
建設業界の職人不足が叫ばれる中、ゼネコン大手の鹿島は手当を積み増す新制度を明らかにした。(2015/1/5)

ソニー復活へ新事業発掘に本腰 不動産拡大、来年にリフォーム本格参入
経営不振からの脱却を目指すソニーが、新規事業の発掘に本腰を入れている。ソニー不動産は順調に業容を拡大しており、年明けにリフォーム事業に本格参入する。(2014/12/25)

みならい君のISMS改訂対応物語(5):
より具体的かつ明確に、「附属書A」の変更点や追加点を深掘りする
時代にマッチするようアップデートされた「附属書A」の内容を、みならい君たちといっしょにさらに深く掘り下げます。(2014/12/24)

3次元ツールニュース:
東大主催ハッカソン「JPHACKS」に3D技術を体感できるWebサービスAPIを提供、オートデスク
オートデスクは、東京大学本郷キャンパスで開催される国内最大規模の学生向けハッカソン「JPHACKS」(会期:2014年12月13〜14日)に協賛。参加者に対し、同社のWebサービスAPIを提供すると発表した。(2014/12/16)

世界16カ国の重要インフラにサイバー攻撃、航空保安情報など盗む
16カ国で主に航空・運輸、エネルギー、石油、ガス、通信などのインフラ企業や政府機関が狙われていた。(2014/12/3)

上場企業で働く人の平均年収は604万円――最も高い会社は?
東京商工リサーチは、上場企業で働く人の年収を発表した。それによると、上場企業2316社の平均年収は、前年比5万8000円増の604万4000円だった。(2014/12/2)

「アベノミクスは絵空事」亀井静香が政権を斬る
安部総理の近い立場にいた人物による、第2次安倍内閣ぶった切りを紹介(2014/12/2)

事務ごよみ:
内定者のフォロー、繁忙期の適切な労働管理を忘れずに――12月の事務ごよみ【人事・労務】
12月は「冬季賞与の支給」や「保険料の徴収」などが控えています。また仕事の量も行事も多い時期になりますから、労災が起きないよう社員の労働時間や健康管理に努めましょう。(2014/11/28)

その名も「ドカヘリ」:
「GoPro」を使ってインフラ点検! 警視庁も導入したラジコンヘリコプターとは
サイトテックは「新価値創造展 2014」で、GPSやジャイロシステムを搭載したラジコン型のヘリコプター「DOKAHELI」を展示。デジタル一眼レフカメラやハンディカメラ、撮影方向を制御できるサーボ機構などを搭載して飛行することが可能で、上空からの景観撮影、災害現場や構造物の調査などに活用できるという。(2014/11/21)

設立は飛鳥時代? 世界最古の会社とは
世界に誇る日本のすごさの1つ、世界最古の会社を紹介します。(2014/11/18)

ロボット開発ニュース:
サイバーダインの装着型ロボットが国際安全規格を取得、世界を目指す
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、サイバーダインの作業・支援用装着型ロボットが、生活支援ロボットの国際安全規格「ISO 13482」を取得したと発表した。第三者機関による認証取得を、国内外市場へ普及の弾みにしたい考えだ。(2014/11/12)

PR:WebアプリケーションをWindowsネイティブで開発できるVisual WAO。その技術と仕組みとは?
Windowsの高い開発生産性とネイティブアプリケーションの機能や操作性を実現しつつ、Webアプリケーションと同じようにインターネット経由で高速に利用できるアプリケーション。チェプロのVisual WAOは、こうした利点を持つアプリケーションの開発環境と実行環境を提供するソフトウェアです。(2014/11/4)

いまさら聞けない 「アメーバ経営」入門(3):
アメーバ経営がJAL整備工場にもたらした変革
「アメーバ経営」を製造業の運営にどう当てはめるかという手法と事例を解説する本連載。最終回となる今回は、アメーバ経営を導入して大きな変化を実現したJAL整備工場の事例を紹介する。(2014/10/31)

自然エネルギー:
津軽、盛岡、次は関東? 木を利用したバイオマス発電
タケエイは2014年10月、岩手県花巻市で木質バイオマス発電事業を立ち上げると発表した。事業規模は20〜30億円。2016年度中の売電開始を狙う。燃料の原料から燃料、発電所まで地域で完結した形を採る。(2014/10/21)

製造ITニュース:
5種類の3次元CADの直接インポートが可能に、キヤノンの複合現実感技術が進化
キヤノンは、現実映像とCG をリアルタイムに融合するMR(Mixed Reality:複合現実感)システム「MREAL」の操作性を向上するソフトウェアをリリースした。(2014/10/14)

ヘッドハンターが明かす転職事情ウソ・ホント!?:
増える“ガテン系女子”、頼られる女性のチカラ
東京オリンピック開催にともない、今後、日本の建設業界は間違いなく賑わうだろう。そして、その労働力として期待されているのがこの業界で働く女性――、言うなれば“ガテン系女子”であることは、まださほど知られていない。(2014/10/7)

ベンチャーニュース:
クラウドワークスとAOKIが業務提携――製造やデザインにクラウドソーシングを活用
クラウドソーシングサービスを提供するクラウドワークスが、AOKIホールディングスとの業務提携を発表。商品のプロダクトデザインや製造、プロモーションなどにおいてクラウドソーシングを活用していくという。(2014/10/3)

エネルギー列島2014年版(25)滋賀:
琵琶湖の南にメガソーラー40カ所、市民共同発電の勢いも加速
全国の自治体の中で原子力災害対策に最も力を入れているのが滋賀県である。再生可能エネルギーの導入にも取り組み、災害に強い分散型の電力供給体制を拡大中だ。平坦な土地が広がる琵琶湖の南側を中心に、地元の企業によるメガソーラーや市民共同出資の太陽光発電所が急速に広がってきた。(2014/9/30)

商談の武器になる:
相手との距離を一気に縮める「ビジネス雑談術」
「雑談」は人間関係の潤滑油として欠かせないビジネススキル。「でもイマイチ、自信がない……」という人のために、雑談にぴったりな情報の選び方や集め方、意外なネタの見つけ方などを伝授します。(2014/9/19)

INSIGHT NOW!:
アベノミクス「第二の矢」は、むしろ経済に悪影響を与えている
アベノミクス第二の矢、公共事業による景気刺激政策は、費用対効果でみるとすでに正当化できないばかりか、民間投資の「クラウディングアウト」を生んでいる。公共投資はむしろ抑制し、民間国内投資を促す「第三の矢」への重点シフトを急ぐべきだ。(2014/9/12)

製造ITニュース:
日本住宅業界の“アナログ体質”を打破――LIXIL子会社がIT活用サービスを提供
LIXILグループで住宅建築関連のITプラットフォームを提供するK-engineは、同社の建築資材データベースを利用した住宅建築向けのプラットフォームサービス「K-engine サービス」の提供を始める。2次元の図面データから数分で原価の積算や顧客への見積書、作業工程表の作成ができるという。(2014/9/9)

スズキ「キャリイ」と比較:
新型「ハイゼット トラック」は農業女子と高齢者を意識
ダイハツ工業は、軽トラック「ハイゼット トラック」の新モデルを発表した。軽乗用車と同様に多様化する顧客の需要に応えて、全8色のボディカラーや用途や志向に合わせた装備パックを用意するとともに、軽トラックのJC08モード燃費でトップとなる19.6km/l(リットル)を実現した。(2014/9/3)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
“現場不足”時代をどう乗り切るか
事件が現場で起きているからこそ、使いたい。(2014/9/2)

高い開発効率と低いランニングコストを両立させるには:
PR:タブレット端末向け業務システム開発の最適解を探る
Biz/Browserは業務システムをWeb化する際に、高い操作性と入力生産性を実現するユーザーインターフェースを提供する「業務システム専用ブラウザー」だ。1999年のリリース以来、業務システムのWebアプリケーション化における画面作成・実行ツールとして国内1300社を超える導入実績がある。2004年のハンディターミナル向け「Biz/Browser Mobile」、2012年のタブレット端末向け「Biz/Browser AI」リリースを通じて各種デバイスに対応。さらに2014年の「Biz/Browser AI」のiPad対応により、タブレット端末含め業務に使用されるほぼ全てのデバイスをサポートしている。(2014/9/1)

3D仮想空間に実在の人物をリアル合成、キヤノンITSが新システムを開発
CGの仮想映像に現実映像を融合する「MR」を進化させ、実際の人物全体をリアルタイムに合成するシステムを実現した。モノづくりの現場や住宅展示場など様々な場所での活用が期待される。(2014/8/26)

スマホからタブレットまで:
価格別に見るSIMロックフリー端末まとめ――本体サイズ、重さ、ディスプレイ編
MVNOの“格安SIM”サービスが増えたことで、SIMロックフリー端末にも注目が集まっている。1万円以下で買えるものから8万円台の高価な端末までを網羅し、スペック別に一覧表でまとめた。(2014/7/28)

中小企業の64.2%が「賃上げ」――産業別でみると
景気回復の影響を受け、「給与がアップした」といった声を聞くことが多くなったが、中小企業で働く人たちはどうなのか。東京商工リサーチが調べたところ、64.2%が賃上げを実施していることが分かった。(2014/7/8)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
ウェアラブル端末はどこで真価を?
ウェアラブル端末は本当はどこで使われるべきなの?(2014/7/3)

エネルギー列島2014年版(12)千葉:
東京湾岸にメガソーラーが続々誕生、砂利採取場も最終処分場も発電で稼ぐ
大規模な火力発電所が集まる千葉県の東京湾岸でメガソーラーの建設計画が相次いでいる。広大な砂利採取場の跡地や廃棄物の最終処分場、火力発電所からの高圧送電線の用地など、転用が難しい土地を発電事業者に貸し付けて、賃貸収入の拡大と再生可能エネルギーの普及を図る。(2014/7/1)

DMS2014リポート【ウェアラブルデバイス編】:
ウェアラブルデバイスが変革する生産現場・保守現場の未来像
「第25回 設計・製造ソリューション展(DMS2014)」では、ウェアラブルデバイスの活用により生産や保守の“現場”を革新するさまざまなソリューションが出展された。「現場×ウェアラブル」で何が起ころうとしているのか。(2014/6/30)

市場調査/予測:
どうする? 社会インフラ設備の老朽化対策――急がれるインフラ点検ロボット開発
矢野経済研究所は、インフラ点検ロボットメーカーおよび販売会社、研究機関、関連団体などを対象に、国内のインフラ点検ロボット市場についての調査を実施(2014年4〜6月)。結果をレポートとしてまとめ、その概要を発表した。(2014/6/24)

うまく運用できないCSIRTを作らないために:
CSIRTをめぐる5つの誤解
サイバー攻撃の複雑化、巧妙化にともなって、「インシデントは起きるものである」という事故前提の考えに基づいた対応体制、すなわちCSIRT(Computer Security Incident Response Team)への注目が高まっています。一方でさまざまな「誤解」も生まれているようです。この記事ではCSIRT構築の一助となるよう、よくある5つの誤解を解いていきます。(2014/6/12)

ベンチャーニュース:
クラウドソーシングでモノづくり支援、「メイカーズワークス」が登場
クラウドソーシングサービスを提供するクラウドワークスが、モノづくり支援プラットフォーム「メイカーズワークス」の立ち上げを発表した。製造、建設業に関する企画、設計、販売といった一連の業務プロセスをクラウドソーシングで支援する。(2014/6/2)

ここまで削減できるとは――清水建設のファイル共有コストを「10分の1」にしたサービス
日々、膨大な数のプロジェクトが進行し、大容量の図面のやりとりが発生する建設業界。この業務を支えているのがファイル共有サービスだ。そのコスト削減を迫られた同社の情シスが選んだサービスは、「従来比10分の1に削減」という驚きの結果をもたらした。(2014/5/23)

自然エネルギー:
土の採取跡地はメガソーラーに、富山市でカドミウム汚染農地の復元後
富山県の神通川流域は日本初の公害病になった「イタイイタイ病」が発生した地域である。原因になったカドミウムに汚染された農地を復元するために、1979年から33年間かけて土壌の入れ替えを実施した。搬入する大量の土を採取した跡地にメガソーラーを建設する。(2014/5/15)



普及の途上にあるウェアラブルデバイスの本命と見られるAppleのスマートウォッチ。ウェアラブルデバイスはどの製品も、明確かつ魅力的な用途を提案できていない感があるが、この製品をきっかけに市場が確立すると見る識者も多い。

Windows 10と同じく今年下半期にリリースが予定される次世代Office。Microsoftの主力製品としてWindows同様に常にユーザーの厳しい目にさらされており、その製品の出来が世界中の企業の生産性に影響するお化け製品だ。

大ヒットした艦これの要素を踏襲するように、日本刀を擬人化したブラウザゲーム。男性キャラばかりなので女性プレイヤーばかりかと思えばそうでもない。艦これの「提督」に対し、プレイヤーは「審神者(さにわ)」と呼ばれ、今やネット上では提督同様に目立っている。