ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「建設業」最新記事一覧

GPS捜査、令状なしは違法 最高裁大法廷初判断、「立法」異例の言及 警察庁、捜査自粛を通達
令状無しにGPS発信器を取り付けた捜査について最高裁は「強制捜査に当たる」との初判断を示し、違法と結論づけた。(2017/3/16)

事例で分かる、中堅・中小企業のセキュリティ対策【第7回】
攻撃者にとっての「ランサムウェア」は“ゴールドラッシュ”、必須の対策は?
身代金要求型不正プログラム(ランサムウェア)が依然として猛威を振るっており、対策は待ったなしの状況です。現状の被害傾向を踏まえ、最低限対策すべきことを紹介します。(2017/3/6)

Microsoft Focus:
HoloLensで日本企業はどう変わる? 自民党のIT戦略特命委員長が体験
ヘッドマウントディスプレイ型デバイスを装着すると、現実空間に3Dの物体が浮かび上がり、つまんだり動かしたり、中を見たり、操作したりできる――。そんなマイクロソフトの「HoloLens」を体験した議員たちの感想は?(2017/3/11)

自然エネルギー:
食品廃棄物でバイオガス発電、940世帯分の電力と原料・資金も地産地消
静岡県の牧之原市で食品廃棄物を利用したバイオガス発電所が運転を開始した。市内と県内から1日に80トンの食品廃棄物を収集して940世帯分の電力を作る。建設資金を地元の金融機関から調達して、工事も県内の建設会社に発注した。同様の地産地消モデルを全国7カ所に展開していく。(2017/3/2)

BIMで変わる建設業の未来(4):
建設業界を変えるテクノロジーたち
BIMを筆頭に、建設業界に関連する最新技術の活用状況の現在と、今後の展望について解説していく本連載。第4回では建設業界にイノベーションをもたらす可能性があるさまざまなテクノロジーをピックアップして紹介する。(2017/3/2)

木更津で多発する“水道盗賊” 盗まれるのは水ではなく……誰が、何のために
木更津市内各地の公園で蛇口や水道メーターの盗難が相次いでいる。窃盗事件として警戒を強化する警察や、近隣住民のパトロールを尻目に暗躍する“水道盗賊”。誰が、何のために?(2017/3/1)

厚労省調査:
男女間賃金格差、過去最少 16年 正規・非正規の格差も
男女間の賃金格差と、正規・非正規の賃金格差が過去最少を更新した――厚生労働省調べ。(2017/2/23)

CAD事例:
設計事務所、設計モデルを共有できる協業型設計環境ソリューションを採用
ダッソー・システムズは、隈研吾建築都市設計事務所が同社の建築・建設業界向け協業型設計環境「デザイン・フォー・ファブリケーション」を採用したと発表した。(2017/2/21)

「外の人」ではなく「中の人」になりたかった
私は“これで”コンサルタントをやめて企業のネットワーク技術者になりました
元ネットワーク設計コンサルタントがキャリアを大きく変えてベンダーから一般企業に転職し、念願だった仕事に就いた。どうやって転身に成功したのだろうか。(2017/2/16)

禁止の会社は77.2%:
社員の副業を認めている企業は2割、ダメな理由は?
就業規則で社員の副業・兼業を認めている企業はどのくらいあるのだろうか。リクルートキャリアの調査によると、「容認している」と答えたのは22.6%だった。(2017/2/15)

米原発事業で7125億円の損失:
原発巨額損失の東芝、半導体事業を手放す可能性も
東芝は2月14日、2016年度第3四半期と16年度業績の見通しと、原子力事業における損失発生の概要と対応策を発表。「虎の子」である半導体事業を手放す可能性があると述べた。(2017/2/14)

「東芝は何の会社になるのか」 半導体事業を“失う”いま、綱川社長が記者会見で語ったこと
主力の半導体事業を分社化するいま「東芝は何の会社になるのか」――記者の質問に東芝の綱川智社長は……。(2017/2/14)

3月末で1500億円の債務超過:
東芝、12月末時点で債務超過に転落 原発損失は7125億円
東芝によると、16年12月末時点で株主資本はマイナス1912億円だった。(2017/2/14)

米子会社に新たな問題の可能性:
東芝、決算発表の延期申請 米原発事業で「圧力」か
東芝が16年4〜12月期決算発表を延期。(2017/2/14)

決算会見は14日:
東芝のお粗末な誤算 再生は前途険しく
米国の原発事業で巨額の損失を出すことになった東芝が、14日の決算会見で損失額とともに原因を明らかにする。会見では、損失が膨らんだ詳しい経緯だけでなく、経営判断の甘さやガバナンスの欠如にも言及することになりそうだ。(2017/2/13)

FM:
BIMをFMの言語に置き換える、スターツが新サービスを開始
スターツコーポレーションはBIMデータを建物の企画、設計、施工といった一連の建築プロセスだけでなく、その後の運営、維持管理までに活用できる「BIM-FMシステム」を開発した。同システムを活用したコンサルティング事業も開始する。(2017/2/13)

ガテン系の男たちが本気で号泣! 日本一の熱き職人を決める、第二回建設職人甲子園・決勝大会をレポート!
建築業界の内情や、職人としてのあり方に、思わずもらい泣きしてしまいました(2017/2/12)

PR:「オレはだまされない」――その慢心をぶち壊す! 先輩社員に「標的型攻撃」してみた
(2017/2/14)

月60時間、年720時間を上限に:
残業規制「繁忙期」焦点に 政府案に連合反発
政府は長時間労働是正に関する本格的な議論を始めた。法定化する罰則付きの残業時間の上限について、月60時間、年720時間とした上で、繁忙期は一時的に月100時間まで認める方針だが、連合からは早くも異論が出ている。(2017/2/7)

賞与の増加など影響:
16年の実質賃金、0.7%増で5年ぶりプラス 厚労省
厚生労働省が2月6日発表した毎月勤労統計調査(速報)によると、実質賃金が5年ぶりに増加していたことが分かった。(2017/2/6)

VRニュース:
製造業や建築業向けの“プロフェッショナルVR”、NVIDIAイベントで各社がデモ
VR(仮想現実)を製造業や建築業向けに応用する“プロフェッショナルVR”のイベント「NVIDIA Pro VR Day 2017」の展示コーナーでは、各社がVR体験デモンストレーションを実施した。(2017/2/6)

製造業VR:
9兆円市場に成長するVR、「本命」用途へ足りない要素
ゲームやエンタテイメント分野で存在感を発揮し始めているVRだが、本命は製造や建築など産業用だとの見方がある。しかし、「その本命」で普及するには欠けている要素があるように思える。(2017/2/2)

IPA/SEC所長対談:
IoTは本物か?:坂村健×SEC所長松本隆明(後編)
情報処理推進機構 ソフトウェア高信頼化センター(IPA/SEC)所長の松本隆明氏が、ソフトウェア分野のキーパーソンと対談する「所長対談」。前編に続き、30年以上前からIoT時代の到来を予見してユビキタス・コンピューティングを提唱してきた東京大学の坂村健氏に、IoTの今後の方向性や可能性について聞いた。(2017/2/2)

東芝、フラッシュメモリ事業を3月末に分社化へ
東芝がフラッシュメモリ事業を3月31日をめどに分社化する方針を決めた。(2017/1/27)

製造ITニュース:
製造業などの現場安全管理ソリューションの機能を強化、SaaSで提供
富士通は、建設業や製造業などの現場の安全労務管理を支援する「安全管理支援ソリューション」の機能を強化し、2016年2月上旬にSaaSで提供すると発表した。作業者への休憩指示や事故発生時の対処など適切な管理ができる。(2017/1/25)

富士通 ユビキタスウェア 安全管理支援ソリューション:
IoTで現場作業者のリスクを回避! 安全労務管理を支援するソリューション
富士通は、同社「FUJITSU Digital Business Platform MetaArc」で展開する「FUJITSU IoT Solution UBIQUITOUSWARE」を活用した「ユビキタスウェア 安全管理支援ソリューション」の機能強化を発表した。(2017/1/23)

トップは:
社長に聞く、2017年に注目している企業は?
あなたが注目している会社はどこですか? 従業員10人以上の企業経営者に聞いたところ……。(2017/1/18)

重機操り危機救う「橋上ニンジャ」が米国で大人気
米ネバダ州の洪水でクレーンゲームさながらに橋上から流木を引き上げる“ニンジャたち”の活躍がSNSで話題に。(2017/1/17)

VRで設計が変わる:
PR:プロフェッショナルVRから始まる第4次“設計”革命とは
2016年に入ってから一気に注目を集めるようになったVR(Virtual Reality:仮想現実)。ゲームを中心とするエンターテインメント分野でVRの普及は進みつつあるが、製造業や建設業の設計から製造、マーケティング、販売、メンテナンスに至るまで“プロフェッショナルVR”としての活用に向けた取り組みも始まっている。(2017/1/17)

情報化施工:
建機が自動でダム工事、鹿島がトラック作業の自動化に成功
鹿島はこのほど「大分川ダム堤体盛立工事」に自動ダンプトラックの導入試験を行い、ダンプトラックの「運搬」と「荷下ろし作業」の自動化に初めて成功したと発表した。(2017/1/16)

MONOist 2017年展望:
3D CADで作った3Dデータを生かし切るVRとARの進化
AI(人工知能)と同じく2016年にブームを迎えたVR(仮想現実)。2017年以降、このVRが、製造業や建設業の設計開発プロセスに大きな変化を与えそうだ。AR(拡張現実)についても、「デジタルツイン」をキーワードに3D CADで作成した3Dデータの活用が進む可能性が高い。(2017/1/13)

センサーデバイスでデータを取得:
富士通、労働者の健康管理用IoTサービスを発表
富士通が、IoT技術によって労働者の健康を管理するサービスを発表した。センサーデバイスを通じて心拍数などのデータを取得・分析し、危険な状況にある作業者を判定する仕組みだ。(2017/1/12)

建設担い手不足「無人化」で解消 自動ダンプや溶接ロボ ゼネコン各社、IT化急ぐ
大手ゼネコンが建設現場の省力化を加速させている。(2017/1/12)

自然エネルギー:
佐賀県内で初、農山漁村法を活用した風力発電事業が決定
佐賀県内で初となる農山漁村再生可能エネルギー法を活用した風力発電事業の計画が立ち上がった。自然電力とアハチがそれぞれ2MW級の風力発電所を建設する計画だ。同法にもとづき、売電収益の一部はを地域農業に還元される。(2017/1/5)

リード研所長が聞く:
マーケティングと営業の溝を埋めるため「本物のABM」の話をしよう――庭山一郎(シンフォニーマーケティング)
新刊『究極のBtoBマーケティング ABM(アカウントベースドマーケティング)』を上梓した庭山一郎氏。B2B企業のマーケターに伝えたいABMの本質とは?(2017/1/6)

スピン経済の歩き方:
伊豆大島が「ゴジラ」に頼る、残念な思考
伊豆大島で「ゴジラ像」の設置計画が進んでいたが、住民の反対によって白紙撤回に。「ハコモノ」をつくりたがる自治体と、有効な税金の使い方を求める住民の対立はよくある話じゃないかと思われたかもしれないが、この騒動の本質はそこではない。何かというと……。(2017/1/1)

VRニュース:
その製造部材は設計データ通り? 富士通がAR技術で診断時間を10分の1に短縮
富士通は、3次元設計図と製造部材写真の差異を可視化するPLMソリューション「FUJITSU Manufacturing Industry Solution 3D重畳 設計製造物診断」を発表。3次元設計図と製造部材の写真データの重畳によって行う一部材当たりの診断時間は、従来比10分の1となる数分で完了する。これにより大型構造物の部材の全数診断も可能になるという。(2016/12/28)

ICTで診断作業を短縮:
富士通、ARでモノづくりのミス防ぐシステムを開発
富士通が、製造物の写真と3D CADをAR技術で重ね合わせることで、ミスがある部分を早期発見できるシステムを開発した。(2016/12/27)

俺たちの情シス 第8回 リポート:
「上司が辞めた」「異動で情シスデビュー」「Win10に四苦八苦」――情シス、悲喜こもごもの2016年
ITmedia エンタープライズ編集部主催の“情シスによる情シスのための交流会”「俺たちの情シス」の第8回は、飲んで騒いでこの1年を振り返る「俺情大忘年会」。この1年の出来事や思いを語り、「男子禁制の情シス女子会を開催したい」「Win10ってアレじゃない?(笑)」「情シスのやりがいって何?」など、さまざまな意見が飛び交いました。(2016/12/30)

矢野経済研究所 次世代型モニタリング 調査:
状態基準保全を実現するIoT活用の「次世代型モニタリング」が普及の段階へ
クラウドやビッグデータ、AIなどIoT関連技術を活用した遠隔監視ソリューションは既にテスト段階から普及段階へ進みつつある――。矢野経済研究所調べ。(2016/12/22)

BIMで変わる建設業の未来(3):
米国の最新現場に見る、テクノロジーで変革する建設業の今
BIMを筆頭に、建設業界に関連する最新技術の活用状況の現在と、今後の展望について解説していく本連載。第3回ではBIMやICTの登場で変化しつつある米国の最新現場の様子を紹介しながら、今後の建設プロセスの展望を探る。(2016/12/19)

ビジネスパーソンのための建設と建築:
もしも建設プロジェクトの担当になったら!! 確認しておきたい「建設のポイント」
ある日突然、自社工場の新設プロジェクトを任されたとしたら、役割を果たしていく自信があるだろうか。(2016/12/19)

大手企業は93万円:
冬のボーナス、中小企業で働く人はどのくらい手にするの?
経団連がまとめた冬のボーナス調査によると、民間企業大手の1人当たりの支給額は昨年比0.84%増の92万7892円。4年連続で増加しているが、中小企業の支給状況はどうだろうか。大阪シティ信用金庫が調べたところ……。(2016/12/9)

ディルバート(477):
勤労意欲を高める「取引」?
社内調査に向けて何やらこずるい“取引”をし始めたボスとディルバート。でも、そんなことしたら、“よりよい職場にするための調査”の役には立ちそうにないですね……(2016/12/1)

違法状態もあった:
20代の約3割が「自社はブラック企業」と認識
自分の勤め先がブラック企業だと思う労働者の割合は24.6%――。連合総研の調べ。(2016/11/29)

「分析“過程”の共有」「テキスト/音声によるデータビジュアル化」も可能に:
PR:アナリティクスがもっと簡単に 業務ユーザーの身近なツールになる──Oracle Analytics Cloud Service
「アナリティクスをビジネスユーザーの身近なツールに」というかけ声の下、オラクルは関連クラウドサービスの拡充を急ピッチで進めている。今後、「熟練者が持つ分析ノウハウの共有」、「テキスト/音声操作によるデータビジュアル化」などを可能にする新機能も登場するという。[ビッグデータ][Big Data](2016/11/29)

ビジネスパーソンのための建設と建築:
ゼネコン、サブコン、CM 東京五輪前に押さえておきたい「建設の常識」
建設と建築の違いは? 知っているようで知らない基礎知識を解説。(2016/11/21)

蓄電・発電機器:
世界初CO2を100%回収できる火力発電、米国で2017年に実証運転
米国テキサス州で建設中の「超臨界CO2サイクル火力発電システム」の実証運転が2017年に始まる。東芝と米国の3社が共同で開発を進めているシステムで、発電時に排出するCO2を循環させて高効率に発電できる世界初の技術を実装する。東芝は中核の発電機の製造を完了して米国に出荷した。(2016/11/17)

週刊「調査のチカラ」:
2016米大統領選を振り返る「ドナルド・トランプ」関連調査まとめ
世界が注目した米国の大統領選挙。投票結果分析が連日メディアを賑わす中、少し違う角度から見た「ドナルド・トランプ関連調査」をまとめてみました。(2016/11/12)

博多駅前陥没 3日で埋め戻し完了の背景 「新たな仕事は受けるな!」 事故処理ノウハウ蓄積
JR博多駅前で8日に発生した大規模陥没事故は、10日、地表近くまでの埋め戻し作業がほぼ終わった。(2016/11/11)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。