ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「建設業」最新記事一覧

太陽光:
発電の敵が大好物、除草を羊とヤギに頼むメガソーラー
植物が生い茂り、太陽光パネルの上に影ができると発電量が落ちてしまう。太陽光発電所の運用保守においては除草作業も重要になるが、人手による作業コストはばかにならない。SBエナジーと三井物産などの4社は、鳥取県のメガソーラーでこうした除草作業をヤギや羊に任せてしまう実証試験を進めている。(2016/5/27)

Go AbekawaのGo Global!〜Tom Lagatta編:
私は技術オタク――エンジニア出身社長の「フロリダでのゴルフ三昧よりも楽しいこと」
クラウドでアプリケーションのオンデマンド提供を行う「Numecent」CEOのTom Lagatta氏。元エンジニアであるLagattaに、エンジニアのキャリアパスや、エンジニアが活躍するために必要なマインドを伺った。※Lagatta氏から日本のエンジニアへのメッセージ動画付き(2016/5/24)

連載13年「解体屋ゲン」原作者に聞く、衝撃的な「女児向けアーケードゲーム回」 その誕生秘話
なぜ「今」を描き続けるのか、原作者・星野茂樹さんにお話を聞きました。(2016/5/20)

自然エネルギー:
海洋エネルギーに挑む佐賀県、洋上風力や潮流発電に1000万円の補助金
佐賀県は海洋に眠る再生可能エネルギーの開発を促進するため、民間の事業者を対象に補助金の公募を開始した。洋上風力をはじめ潮流・波力・潮汐や海洋温度差を利用した発電プロジェクトに対して最高1000万円の補助金を交付する。すでに沖合では観測機器を使って気象・海象調査を実施した。(2016/5/11)

ライセンス違反に問われる前に――仮想化、クラウド導入企業は必見:
ソフトウェア資産管理、「もしものリスク」と「実践の現実的なノウハウ」が1日で分かる
(2016/5/18)

熊本城は必ず完全修復できる! 「ブラタモリ」も手がかりに!? 「工事にかかってしまえば早いんですよ」
熊本地震で大きな被害が出た熊本城。「城のスペシャリスト」によると、日本の匠の技を結集すれば、早期かつ完全な修復も不可能ではないことが分かってきた。(2016/4/26)

自然エネルギー:
再開発で生まれる木くずから電力、横須賀市で都市型バイオマス発電開始
再生可能エネルギーとして注目を集めるバイオマス発電。その課題となるのが燃料調達の問題である。特に木材を使用する木質バイオマス発電では、都市部での実現が難しいとされてきたが、これに挑戦する動きが具体化している。横須賀市での都市型バイオマス発電の建設である。(2016/4/18)

BCP策定状況:
大地震の発生など、リスクを想定した経営を行っている企業はどれくらいあるか?
地震などに代表される大規模災害が発生した際、あなたの企業は損害を最小限にとどめ、事業の継続および早期復旧が行える備えがあるだろうか? 内閣府が2016年3月に公表した「平成27年度 企業の事業継続及び防災に関する実態調査」からBCP(事業継続計画)策定の現状を見ていこう。(2016/4/15)

法制度・規制:
太陽電池廃棄物のリサイクル、ガイドラインが公開へ
環境省は、固定価格買取制度などの後押しもあり設置が増え続ける太陽電池に対し、リサイクルに向けたガイドラインの第1版を策定した。今後増加が見込まれる太陽電池関連廃棄物の処理を円滑に行えるようにする狙いだ。(2016/4/7)

「ガンダム」や「ゴルゴ13」で土木を感じよう! 京都国際マンガミュージアムで開催中の「どぼく+マンガ展」に行ってきた
宇宙戦艦ヤマトの建造に必要な費用も分かる。(2016/4/8)

「花見の場所取り」で建設大手・日揮に苦情 広場の大半を5日間にわたり占拠 批判受けて謝罪・撤退へ
ネット上では場所取りをしていた企業に非難が相次ぐ形に。(2016/3/30)

産業へと成長するドローン、「ジャパン・ドローン2016」に見る現状と可能性
本格的なドローンの展示会「ジャパン・ドローン」が開催された。ホビー的なガジェットではなく、新産業として離陸しようとしているドローンの現状と可能性を会場からお伝えする。(2016/3/30)

製造ITニュース:
建築に製造業や映像産業の成功パターンを持ちこむオートデスク
オートデスクは建築・土木向けインフラ分野の事業説明会を開催。建築業にもテクノロジーによる「つながりの時代」が来ているとし、製造業や映像産業などでのノウハウを生かし、建築産業の業務プロセス改革を支援していく方針を示した。(2016/3/23)

電気料金の新プラン検証シリーズ(29):
住宅に0円で発電設備を提供、太陽光を活用した全国初の電力小売モデル
電力を購入するユーザーの自宅屋根に「無償」で太陽光発電設備を設置し、そこで発電した電力を活用するユニークな電力小売事業が登場した。日本エコシステムの「じぶん電力」だ。ユーザー側は初期投資ゼロで自宅屋根に太陽光発電設備を導入でき、そこで発電した電力を購入して利用できる。同社では今後2年間で1万棟、5年後に10万棟の導入を目指す計画だ。(2016/3/22)

業務用スマートグラス MOVERIO Pro 導入事例 BT-2000 前田建設工業株式会社:
PR:建設現場の生産性を革新的に高めたい、まずは実験室から分厚いバインダーを不要に
前田建設工業は人手不足を背景に、ICT機器を利用した生産性の革新的な向上を狙っている。注目したのは建設現場の進捗に影響を与える土壌や地下水の分析だ。結果を1日も早く現場に戻すため、エプソンの業務用スマートグラス「MOVERIO Pro」(BT-2000)を用いたという。機器を選定し、導入を推進している生産性革新技術研究室 室長 上田康浩氏と、実験室で利用している須江まゆ氏にお話を伺った。(2016/3/18)

テラモーターズがドローン測量の新会社「計測時間を10分の1、コストを5分の1」に
電動バイクの開発販売を手掛けるテラモーターズが、産業用ドローンによる土木測量サービスを提供する新会社「テラドローン」を設立した。±5センチの高精度と「計測時間を10分の1、コストを5分の1に低減」をアピールする。(2016/3/16)

製造マネジメントニュース:
プラットフォームが勝つ時代、産業の基盤を目指すダッソー
ダッソーは、2016年の事業方針説明会を開催。同社が展開する「3Dエクスペリエンス」プラットフォームを、モノづくり現場だけでなくビジネスプラットフォームとして展開する取り組みを強化し、スマートファクトリーやシステムズエンジニアリングなどへの提案を推進。さらに建築業界向けへのシステム提案を強化する。(2016/3/10)

終点駅は「ありがとう」 銚子電鉄の駅名ネーミングライツがついに完売 いつまでもファンとともに
「髪毛黒生(かみのけくろはえ)駅」など斬新な愛称が付けられて話題になった銚子電鉄の駅名ネーミングライツが完売。最後まで残っていた終点の外川駅も「ありがとう」に決まった。(2016/2/26)

東京タワーや神宮球場の超リアルなジオラマ「3D Print Maps」 ゼンリンの地図データを活用
ゼンリンの「3D 都市モデルデータ」を使って、東京タワーや神宮球場の周辺を再現した3Dジオラマ「3D Print Maps」が発売された。(2016/2/23)

蓄電・発電機器:
フランスが進める「太陽光発電道路」、5年間で1000kmを建設予定
再生可能エネルギーの中で普及が進んでいる太陽光発電。しかし、メガソーラーなど大規模な発電設備を設置できる場所には限界がある。こうした中で大きな面積を保有する「道路」を活用しようという動きがフランスで進んでいる。(2016/2/12)

銀座で学んだこと:
トップの人が実践している「4つのキーワード」
今回は、トップといわれる人たちが日々実践している「4つのキーワード」についてご紹介します。(2016/2/9)

2015年の実質賃金は前年比0.9%減、厚労省
厚生労働省は2月8日、毎月勤労統計調査(速報)を発表した。(2016/2/8)

「ドローンが使えない」企業悲鳴 法改正で申請1000件超、半数は許可下りず……利便性と危険性を問い直す
ドローンの飛行許可申請が国交省に1000件寄せられたが、許可が下りたのは半分未満。飛行許可待ちの民間企業からは「しばらく様子を見るしかない」との声も上がっている。(2016/2/3)

エネルギー列島2015年版(41)佐賀:
バイオマス発電+人工光合成で一歩先へ、海洋エネルギーの挑戦も続く
家庭から出る廃棄物を活用するプロジェクトが佐賀市で進んでいる。下水と生ごみから電力を作り、同時に発生するCO2を人工光合成に利用して野菜の栽培や藻類の培養に生かす。沖合では海洋エネルギーの実証実験を進める一方、田んぼでは稲を栽培しながら太陽光発電に取り組む。(2016/2/2)

あなたは命を救えるか? AEDと心臓マッサージを学ぶサスペンスゲーム「心止村湯けむり事件簿」、日本循環器学会が公開
AEDや心臓マッサージをドラマ仕立てで学べるサスペンスゲーム「心止村湯けむり事件簿」を日本循環器学会が公開した。(2016/2/1)

コミュニケーションロボットは「?」「Pepperなら知っている」
MM総研がコミュニケーションロボットの法人需要に関する調査結果を発表した。コミュニケーションロボットの企業認知は6割を超えるが、Pepperの認知はそれ以上という結果。導入しない理由は「用途が見えない」がトップに。(2016/1/28)

銀座で学んだこと:
トップの人が考える、モチベーションを上げる方法
「モチベーションとは、命令や指示で生み出せないもの」――多くの経営者が同じようなことを話されています。これは、どういうことでしょうか。(2016/1/26)

会社の休廃業・解散件数、減少しているが
2015年の休廃業・解散件数は2万6699件(前年比2.4%減)で、2年連続で前年を下回っていることが、東京商工リサーチの調査で分かった。(2016/1/22)

「太陽光パネルで熱中症」“室温52度”わが家は地獄に変わった!? 再生可能エネルギーは迷惑施設なのか
太陽光パネルの反射光で自宅が照らされたため室内が猛烈な暑さになり熱中症にかかったとして、姫路市の男性が発電施設の開発会社を提訴。室温が50度を超える日もあったという。(2016/1/20)

清水建設、工期短縮で差別化 インドネシア戦略「ノー」と言わない細やかな対応
「ASEAN経済共同体(AEC)」が昨年末に発足し、経済圏が拡大する東南アジア。日本の建設業界も現地での事業展開を活発化させており、大手ゼネコンなどが日本の円借款を活用した道路や鉄道、オフィスビルなど建設を手掛ける。(2016/1/14)

日本企業、海外空港事業に参画相次ぐ 双日、パラオで初受注へ
日本企業が、海外での空港の建設・運営事業に相次ぎ参画する。(2016/1/12)

銀座で学んだこと:
出世した人たちに共通する「人たらし」の美学
豊臣秀吉が「人たらし」であったことは有名な話です。これはある種の才能であり、大成したすべての方が持って産まれたものではありません。今回は、そんな超一流の方々の「美学」についてご紹介します。(2016/1/8)

世界三大珍味の1つ:
あの下町ロケットの企業が養殖?! 国産キャビア誕生秘話
チョウザメの卵で世界三大珍味の1つ、キャビアの国産化が熱を帯びている。大阪の精密バルブメーカーのフジキンが独自の養殖施設を開発し、キャビアの生産に成功。養殖施設は山間部でも整備できるため、地方創生の切り札になると期待されている。(2016/1/5)

中堅・中小卸売業/小売業の読者が選んだ、2015年記事ランキング(情報系システム編)
気になる「Google フォト」 2015年、中小の卸・小売業が最も読んだ記事は
Google フォトやOffice 2016など、さまざまな動きがあった情報系システム。中堅・中小の卸売業/小売業の読者は、何に注目したのでしょうか。記事ランキングで振り返ります。(2015/12/30)

OpenStack Summit 2015 Tokyoリポート:
「日本企業に適した」OpenStack導入への二つのアプローチ
日本初開催となった「OpenStack Summit Tokyo 2015」では国内コミュニティや国内企業からも魅力的な取り組みが披露された。中でも「日本市場に最適化」したソリューションで市場創出へのアプローチを開拓した伊藤忠テクノソリューションズの取り組みを紹介する。(2015/12/18)

IoTは「やるか否か」ではなく「いつやるか」が重要:
PR:「分析を生かせない」「何をすれば良いか分からない」企業も、 “Cognitive”でこう変わる
IoTの可能性が多くの企業に認識されていながら、国内企業では成功事例はまだ少ない。では企業がIoTをビジネスに生かし、スピーディかつ着実に差別化を図る上では、どのような障壁や課題があるのだろうか。日本アイ・ビー・エム株式会社 アナリティクス事業 テクニカル・リードの土屋敦氏に、課題解決のアプローチと、そのために求められる具体的手段について話を伺った。(2015/12/15)

銀座で学んだこと:
出世する人は、数年先の「あるべき姿」を見ている
「スケジュールの調整が難しい。今週も来週も忙しいし……」というビジネスパーソンも多いのではないのでしょうか。しかし、そんな忙しい日々のなかでも、出世してきたビジネスパーソンは「将来を考えるための時間」を作っているようです。(2015/12/14)

SOHO/中小企業に効く「オンラインストレージ」の選び方(第3回):
使える! 即戦力の「法人向けオンラインストレージ」15選
さまざまな場面で活躍するオンラインストレージの選び方を紹介する本連載の最終回は、国内外の法人向けオンラインストレージ15サービスを一挙に紹介する。(2015/12/8)

SOHO/中小企業に効く「オンラインストレージ」の選び方(第2回):
法人向けオンラインストレージならではの機能を知る
さまざまな用途に活躍するオンラインストレージ。そんなオンラインストレージの選び方を紹介する本連載の第2回目は、法人向けのオンラインストレージならではの機能の数々を紹介する。(2015/12/4)

警備員とボランティアが連携:
東京五輪のセキュリティ、人手不足を“スマホ”が救う?
都内で開催された市民参加型のスポーツイベントで、ALSOKやNECが実証実験を実施。先端技術を使った新たなセキュリティ施策を検証した。オリンピックでの実用化を目指すため、こうした実証実験を重ねることに大きな意味があるという。(2015/11/19)

スピン経済の歩き方:
なぜ建設業界は責任とリスクを“下”に押しつけるのか
「杭打ち不正」が広がっている。横浜のマンションをきっかけに全国に広がりつつあるが、なぜ建設現場では責任が“下”に押しつけられるのか。その理由は……。(2015/11/17)

「介護離職ゼロ」のために優先すべきは介護スタッフの待遇改善
政府は、特別養護老人ホームなどの介護施設を増やすため、首都圏の国有地90カ所を早ければ年内にも事業者に安く貸し出す方針だという。これはないよりはましだが、優先すべき政策ではない。(2015/11/12)

まるでリアルCTF?:
Dell SecureWorks、「あらゆる手段で」顧客組織を疑似攻撃するセキュリティ演習サービス「Red Team Testing」を国内で提供開始
Dell SecureWorksは2015年11月11日、企業のセキュリティレベルやインシデント対応能力を評価するサービス「Red Team Testing」の提供を開始した。あらゆる方法を駆使して顧客の「目標」を狙うことで、顧客のセキュリティ対策やインシデント対応力の診断を行う。(2015/11/11)

旭化成、旭化成建材が過去10年間の施工データ流用等を調査 順次結果を公表へ
なお、30日に予定されていた調査結果の公表は中止となっています。(2015/10/31)

エネルギー列島2015年版(28)兵庫:
太陽光発電の勢いが止まらない、ダムや池もメガソーラーになる
この1年間に兵庫県の各地で太陽光発電所が続々と運転を開始している。淡路島では発電能力30MW級のメガソーラーが2カ所で稼働した。大きな農業用のため池にも太陽光パネルを浮かべて、水上式のメガソーラーが相次いで動き出した。ダムや道路の斜面にまで太陽光パネルが広がる。(2015/10/27)

将来的なオンプレミスへの移行も容易に:
PR:Oracle DBユーザーに最適なセルフサービスBI環境とは?
「ビジネス部門主導で手軽に使える高機能なBIツールが欲しい」──Oracle Cloudには、そんなニーズに最適なサービスとして「Oracle Business Intelligence Cloud Service」が用意されている。ハイブリッドアーキテクチャで提供されるため、将来、オンプレミスに移行することも可能だ。[パブリッククラウド][ビッグデータ][Oracle Cloud][Big Data](2015/10/27)

製造IT導入事例:
琵琶湖の排水機場向けにクラウド型機器保守・設備管理サービスを受注
日立製作所は、琵琶湖の排水機場向けに、カメラ付きヘッドマウントディスプレイとAR技術を用いたクラウド型機器保守・設備管理サービス「Doctor Cloud/巡回・点検支援システム」を受注した。(2015/10/19)

ITエンジニアの未来ラボ(6):
日本の技術者が“いま”実現したいこと、業務時間外での取り組み、次世代技術のビジネス活用まとめ
“いま”実現/チャレンジしたいこと、業務時間外に技術に触れる時間、場所、金額、方法、興味がある次世代技術、次世代技術をどの業種に、どう生かすかなど、400人に聞いたアンケート結果をリポートする。(2015/10/9)

自然エネルギー:
再生可能エネルギー10万kWへ、関西電力がメガソーラーを運転開始
関西電力グループで最大のメガソーラーが和歌山県で運転を開始した。発電能力は約3万kWで、年間に8600世帯分の電力を供給することができる。関西電力は太陽光発電を中心にグループの再生可能エネルギーを10万kWに拡大させる計画で、運転を開始した発電設備の規模は9割まで到達した。(2015/10/5)

Computer Weekly製品導入ガイド
DevOps採用を阻むビジネスと技術障壁の克服
DevOpsのメリットは十分に検証されている。だが、ソフトウェア開発とデリバリにこのアプローチを採用するに当たり、企業はどのような手順を踏むべきなのか。(2015/9/30)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。