ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「コンティニュア・ヘルス・アライアンス」最新記事一覧

製造業IoT:
ノンプログラミングでIoTアプリを開発できる、DIY型のIoT開発も可能に
インフォテリアが、IoTソフトウェア基盤事業に参入する。第1弾製品となるIoTアプリをノンプログラマブルで開発/配布できる「Platio」を発表するとともに、Platioを用いた「DIY型IoT」開発環境の構築を目的にハードウェアベンチャーのCerevoとも協業した。(2016/10/31)

医療機器 メルマガ 編集後記:
医療ITとの連携なしに医療機器の進化は語れない
やっぱりセキュリティは気になりますが。(2016/5/16)

医療機器 メルマガ 編集後記:
医療/ヘルスケア機器用デバイス市場の萌芽
これからの成長が期待されます。(2016/5/2)

IoT観測所(15):
出遅れた老舗「oneM2M」、Alljoyn連携で巻き返しなるか
通信関係の標準化団体が組織した「oneM2M」は、M2Mプラットフォームの水平化を狙うが、IoTを取り巻くスピードは速く、実装までを考えると遅きに失する感が否めない。Alljoynとの連携での巻き返しを狙う。(2015/11/19)

中央駅でSIMとスマホが買える:
欧米各国3ユーロ/500Mバイトで使えるSIMを購入――海外プリペイドSIM導入マニュアル「イタリア・ミラノ2015年」編
国際博覧会の開幕を前に、市内のあちこちで工事が進むイタリア・ミラノ。前回の訪問から3年がたち、LTEの開始や欧州各国で使えるプリペイドSIMの登場など、見どころがたくさんある。(2015/4/27)

福田昭のデバイス通信(9):
ルネサスの最新半導体ソリューション(7)――低消費のマイコンと通信が創るパーソナル・ヘルスケア
「Renesas DevCon JAPAN in Osaka」では、「ホーム(家庭)」に関する展示として、ヘルスケア通信規格「Continua(コンティニュア)」に準拠したシステムや、ペットや家族の健康状態をモニタリングするサービスなどが紹介された。(2015/3/9)

津田建二の技術解説コラム【入門編】:
PR:半導体の基礎知識(4)――IoTを定義しよう
IoT(Internet of Things)とは何か。きちんとした定義がなわれていないようにも思えます。今回は、IntelやIBM、MEMSICなど、米国を中心にした企業への取材を基に、IoTを定義してみます。(2014/7/14)

推進団体「Continua Health Alliance」も注目
iPhoneのNFC対応が左右するモバイルヘルスの今後
近距離無線通信技術「NFC」は、モバイル医療機器や医療システムのアクセス認証での採用が期待されている。しかし、既に多くの現場で使われているiPhoneがその障壁になると指摘する専門家もいる。(2013/5/8)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
標準化によって少子高齢化や災害医療の課題に立ち向かう「コンティニュア」の取り組み
2月27日に開催された「第23回ITmediaエグゼクティブフォーラム」では、「ビジネスを変革するM2M」をテーマに、各国での標準化の取り組みや、実際の事例が多く披露された。特別講演に登壇した、インテル イノベーション事業本部デジタルヘルス事業部事業部長の田上信介氏は、M2Mのヘルスケア分野における普及と標準化に取り組んでいる業界団体「コンティニュア・ヘルス・アライアンス」の活動について紹介を行った。(2013/4/17)

ICT活用/実証事業:
寝ている間も健康チェック! リストバンド型ライフレコーダーで生活リズムを見える化
柏市、三井不動産、イーソリューションズ、日本ヒューレット・パッカード、メディシンクらは、ICTを活用した“健康データの見える化”サービスの実証事業「柏の葉スマートヘルス」プロジェクトを、柏の葉スマートシティにおいて開始する。(2013/2/1)

シャープ、健康機器と通信するスマホ向け専用ミドルウェアを開発
シャープは、スマホを健康機器同士の通信規格“コンティニュア”に対応させる専用ミドルウェアを開発した。2012年夏モデルの「AQUOS PHONE st SH-07D」に搭載されている。(2012/6/19)

10個のコンセプト/テクノロジーを披露:
「ユーザー体験のイノベーションをつくばから発信」――次世代コンセプトデモを展示するセンターを新設
インテルは、同社と業界各社のテクノロジーを活用した将来のコンピューティング利用モデルと、新しいユーザー体験の創造を目指す場として「インテル ヒューマン・インタラクティブ・テクノロジー・アプリケーション・センター」をつくば本社内に新設する。(2012/4/13)

インテルと帝京大、医療業務の効率化に向けたICT活用システムを導入
コンティニュア対応機器とUltrabookを活用して、外来患者の問診や治験管理などの業務を効率化する仕組みを帝京大医学部付属病院に導入する。(2012/3/30)

同社初のUltrabookも:
「タブレットでもノートPC並の性能を」――オンキヨー、第2世代Core i7搭載タブレットを発表
オンキヨーは同社初となるUltrabookと、世界初をうたうCore i7搭載タブレットを発表した。タブレットについては、ビジネスシーンで満足に使えるスペックを目指したという。(2012/3/19)

EDN/EE Times編集部が展望する:
2012年期待のエレクトロニクス技術(計測ツール/部品編)
米国EDN/EE Timesの編集部が、2012年の発展を期待するエレクトロニクス技術をピックアップ。第3回は、計測ツール、マイコン、プリント基板について、各担当編集者の展望をお届けする。(2012/2/3)

PR:高機能なケータイこそが使いやすい そんな人に贈る“AQUOS SHOT”「SH-03D」
スマートフォンが多くのユーザーに受け入れられ、周りの人も徐々にスマートフォンに乗り換え始めたとはいえ、やはり慣れ親しんだiモードサービスからは離れがたい――。そんな人は、やはり次の買い替えでもケータイを選びたいだろう。もちろんそんなユーザーのために、機能満載のハイエンドケータイは引き続き開発されている。その1つがAQUOS SHOTの名を受け継ぐ「SH-03D」だ。(2011/12/12)

ET2011 速報:
「集める」「つなげる」「共有する」を意識させないホーム・ヘルス・ハブ
フリースケール・セミコンダクタ・ジャパンとディジ インターナショナルはテレヘルス・アプリケーション向け「ホーム・ヘルス・ハブ」のリファレンスプラットフォームを共同開発。ヘルスケア機器と接続し、データを収集、ネットワーク上での健康管理機能を実現する。(2011/11/16)

センシング技術 医療/ヘルスケア:
PCで“健考”しませんか? コンティニュア機器がいよいよ家庭にも
情報通信技術を活用した健康管理サービスや、医療/ヘルスケア機器を相互に連携するためのガイドラインを策定する「コンティニュア・ヘルス・アライアンス」の規格に準拠した機器がいよいよ一般家庭でも使われるようになる。今週、インテルが対応機器を使ったデモを品川駅で実施している。(2011/11/11)

ET2011 開催直前情報:
STマイクロ、Cortex-M4コア採用の32ビットマイコンのデモを初披露
2011年10月に発表したばかりの「STM32 F4シリーズ」を使った暗号化通信処理のデモの他、ヘルスケアやモーター制御の用途を想定したデモを披露する予定。(2011/11/10)

11月22日は「いい夫婦の日」だそうです:
家族のPC、こういう使い方も──インテルが提案する「PC+ヘルスケア」の利用シーン
インテルがJR品川駅にPC+健康をテーマにしたイベントスペースを開設。家族、シニア層に向けた新たなPC利活用シーンを紹介しつつ、今後さまざまな医療・健康分野での可能性も模索する。(2011/11/9)

インテル、社員の健康増進プログラムを始動
業界団体「コンティニュア・ヘルス・アライアンス」のガイドラインに準拠した健康機器とPCを活用し、社員の健康改善にもたらす効果を検証する。(2011/1/14)

エネルギー技術 無線通信技術:
異分野との融合加速 CEATEC JAPAN 2010
モバイル機器の進化は止まらない。今の姿は、まだ進化の過程にすぎない…。「CEATEC JAPAN 2010」では、モバイル機器に向けた新たな要素技術やアプリケーションを、各社が提案していた。(2010/10/13)

CEATEC JAPAN 2010:
健康機器とケータイの接続を容易に――富士通、コンティニュア認証対応の携帯を開発
富士通が、健康機器とデジタル機器の相互接続規格に対応する携帯電話を開発。10月5日に開幕する「CEATEC JAPAN 2010」でデモ機を展示する。(2010/10/1)

無線通信技術 Wi-Fi:
いつでもどこでも監視/制御が可能に、低電力Wi-Fiチップで見えた次世代家電の姿(後編)
GainSpan社では、無線LAN機能を機器に組み込むときの2つの課題の解決を図った。すなわち、前述のように無線LANチップの消費電力を大幅に削減した。また、機器に容易に実装できるように、数多くの機能を実現するファームウエアを用意した。(2010/8/1)

無線通信技術 医療/ヘルスケア:
コンティニュアがヘルスケア機器向け仕様策定、1.5版は体温計でも利用可能に
(2010/2/18)

Bluetooth血圧計や体組成計など世界同時発売へ オムロンヘルスケア
オムロンヘルスケアは、健康機器向け無線通信規格「Continua」に対応したBluetooth血圧計などを来年日米欧で同時発売する。(2009/7/9)

無線通信技術 医療/ヘルスケア:
コンティニュア、医療ネットワークの次世代標準規格にBluetoothとZigBeeの低消費電力版を採用
180社以上が参画するコンティニュア・ヘルス・アライアンス(Continua Health Alliance)は、BluetoothとZigBeeを利用した低消費電力ヘルスケア・ネットワークの仕様を、医療機器向けネットワークの次世代標準規格として承認した。(2009/6/10)

IBM、Google Healthに病歴の遠隔管理で協力
Googleが推進するGoogle Healthに、IBMと非営利団体のContinua Health Allianceが協力する。(2009/2/6)

「世界標準の家庭医学を確立したい」――デイビッド・ウィットリンガー代表
家庭医学の世界標準化を目指すContinua HEALTH ALLIANCEが、日本地域委員会を設立した。(2006/11/13)

ITで健康管理を家庭にシフト――IT・医療企業の団体結成
IntelやMotorola、松下電器なども参加するContinua Health Allianceは、医療情報やフィットネスデータをインターネット経由で共有できるようにすることを目指す。(2006/6/8)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。