ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

  • 関連の記事

「Coverity」最新記事一覧

「@ITセキュリティセミナー(東京)」レポート2016:
すご腕バグハンターたちが報奨金制度運営者と本音トーク
@IT編集部は2016年2月26日、東京青山にて「@ITセキュリティセミナー」を開催した。本稿ではそのダイジェスト(後編)をお届けする。(2016/3/24)

Synopsys Coverity:
ソースコードに潜む重大な欠陥を早期に発見、静的解析ツール「Coverity 8.0」
シノプシスはソフトウェア静的解析自動化ソリューション「Coverity 8.0」の提供を開始。最新版では、サポートするプログラミング言語の追加、セキュリティテスト機能の強化などが図られている。(2016/1/7)

ソフトウェア品質向上の“変”2015秋(後編):
ゴールドマン・サックスが実践する「品質向上」の取り組みと役立つツール
2015年10月23日に開催された@IT主催セミナーより、後編ではゴールドマン・サックス・ジャパン・ホールディングスの伊藤博志氏による特別講演の他、品質向上に役立つ考え方やツールを紹介した各講演を紹介する。(2015/12/8)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
オープンソースソフトウェアはセキュリティが低い(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2015/10/31)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
オープンソースソフトウェアはセキュリティが低いことが判明(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2015/10/24)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
オープンソースソフトウェアはセキュリティが低い(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2015/10/18)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
オープンソースソフトウェアはセキュリティに難あり(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2015/10/12)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版 :フラッシュストレージ セカンドシーズン
特集は、オールフラッシュとハイブリッドフラッシュの徹底比較。今、どちらを選ぶべきか? 他に、HDD並の低価格を実現したSSDの解説、商用製品とOSSのコード品質を比較した結果のリポート、10種類のスマートウォッチの解析結果、名門F1チームWilliamsの高速ネットワーク導入事例をお届けする。(2015/9/28)

コード品質はOSSの方が高い
コード分析で分かった「商用ソフトはOSSよりセキュリティが強固」な理由とは?
5400件以上のOSSプロジェクトを解析し、24万件の欠陥を検出してきたCoverityが、約100億行のオープンソースコードと商用プロジェクトのコードを比較。OSSのコードがセキュリティに問題を抱える理由とは?(2015/9/17)

クラウド、IoT時代のセキュリティテストとは:
地の利を得る攻撃者たちに、ソフトウエア開発者はテストで立ち向かえ
クラウドやIoTの普及とともに、ソフトウエアは一層複雑さを増し、攻撃者たちはますますアドバンテージを得つつある。ソフトウエア開発者はこの状況にどのように立ち向かえばよいのだろうか。近年、セキュリティソリューションの拡充に力を入れるシノプシスのマーケティング担当バイスプレジデントで、2015年4月にシノプシスに買収されたCodenomiconの元CEO デビッド・シャルティエ氏に、セキュリティテストにおいて開発者が留意すべき事項と具体的な対策について聞いた。(2015/9/14)

プロならゲーム開発で品質保持/CIは当たり前:
PR:C#/C++の本格的なゲーム開発において品質を高めるために知っておきたい静的解析とは
ゲーム開発現場に長らく存在する課題を解決し、スピードと品質担保を両立させる手段として多くのゲーム開発者が導入を始めているのが、コード解析ツールだ。日本シノプシス 営業本部 ソフトウェアインテグリティグループ シニアプロダクトマーケティングマネージャー 津村直史氏にコード解析ツールについてお話をうかがった。(2015/7/14)

「ソフトウエア品質向上の"変" 2015 江戸〜今、変革の時〜」リポート:
「第3のIT」へと変革する時代に考えておきたい「品質」との付き合い方
2015年2月4日に行われた@IT主催セミナーより、JJUG会長鈴木氏による基調講演の模様や、弥生とYahoo!ショッピングの品質向上事例、各品質向上ツールの概要をお届けする。(2015/3/10)

見えにくかったソフトウエアの品質を見える化:
PR:セキュリティも含めたソフトウエア品質向上を支援する2つのツール
市場環境の変化などを背景に、ソフトウエア開発の現場にはスピーディな開発が求められている。一方で、バグや脆弱性の少なさ、ライセンス遵守といった総合的な品質の確保も重要な課題だ。この2つの両立を支援する強力なツールとは?(2015/2/19)

Maker's Voice:
数千万件規模の情報流出は日常茶飯事、守るべきポイントは?
国内企業での大規模な情報流出事件が起きたばかりだが、米国ではこの規模の事件が頻発している状況だ。米ImpervaのベッテンコートCEOは、「セキュリティ対策の最後の砦はデータ」と語る。(2014/10/21)

クラウドで試せる「無料トライアル」を紹介
アプリケーション開発の品質向上とスピードアップの鍵はソースコード解析にあり
アプリケーション開発で品質向上を図るには、より早い段階での「品質とセキュリティのテスト」が重要だ。開発の節目でソースコードレベルのチェックを行い、適切な修正を施すことで、手戻りをなくすことができる。(2014/10/17)

ホワイトペーパー:
これだけ知っていれば大丈夫! クロスサイトスクリプティング13のパターン
クロスサイトスクリプティングの落とし穴とWebアプリケーション開発時に必要とされる対処方法、13のパターンを解説。(2014/10/15)

組み込み開発ニュース:
コベリティとオージス総研がパートナーシップ契約締結
コベリティがオージス総研とのパートナーシップ契約締結を発表した。この提携により、コベリティのソフトウェアテストプラットフォームと、オージス総研のオープンソースソフトウェア(OSS)、脆弱性管理ツールを組み合わせたソリューションの提供が可能となる。(2014/8/28)

組み込み開発ニュース:
コベリティ、ソフトウェアテストプラットフォーム「Coverity Software Testing Platform 7.5」を発表
Coverity(コベリティ)は、ソフトウェアテストプラットフォームの最新版「Coverity Software Testing Platform 7.5」を発表した。日本市場向けには、2014年6月28日より販売を開始する。(2014/6/18)

ESEC2014 開催直前情報:
リコール起こるその前に、コベリティのコード診断で全てを知る
製品のクラッシュや誤動作、セキュリティ脆弱性の原因となるソフトウェア不具合を、開発段階で自動検出するテストソリューションを手掛けるコベリティ。「第17回 組込みシステム開発技術展(ESEC2014)」では、展示に加えて無料のソースコード品質診断も実施する。(2014/4/16)

もいちど知りたい、セキュアコーディングの基本(5):
見落としがちな整数関連の脆弱性(後編)
前回に続き、バグの中でも大きな割合を占める整数の取り扱いに関する脆弱性について解説します。今回取り上げるのは「切り捨て」「符号拡張/ゼロ拡張」についてです。(2013/8/1)

ESEC2013 開催直前情報:
ソフトウェアの潜在バグを早期に洗い出し、製品をリスクから守るコベリティ
製品のクラッシュや誤動作、セキュリティ脆弱性の原因などにつながるソフトウェア不具合を、開発段階で自動検出するテストソリューションを手掛けるコベリティ。「第16回 組込みシステム開発技術展(ESEC2013)」では、強健な製品を予定通りに出荷するために役立つソリューションを展示する。(2013/4/25)

「カバレッジ100%」ではなく重要なポイントに絞りテストも効率化:
「開発段階で脆弱性をつぶす」、コベリティがテストツール
(2012/10/3)

フライトソフトウェア200万行をテスト:
火星探査機「キュリオシティ」を着陸成功に導いた静的解析ツール
米Coverityは、火星着陸に成功した米航空宇宙局(NASA)のロボット探査機「キュリオシティ(Curiosity)」のフライトソフトウェアの信頼性確保に、同社の静的解析をコア技術としたデベロップメントテストソリューションが採用されたことを明らかにした。(2012/8/22)

ESEC2012 開催直前情報!!:
コベリティは静的解析ツールの最新版を展示、1400万桁のコードが2時間で解析可能に
コベリティは、2012年4月に発表したばかりのデベロップメントプラットフォームの最新版「Coverity 6.0」を展示する。従来品に比べて解析の精度とスピードが向上している他、派生開発のサポートの強化も図っている。(2012/5/7)

デベロップメントテストの統合を支援:
コベリティ、「Coverity 6.0」と開発者コミュニティー「CoverityConnect」を発表
コベリティは、静的解析をコア技術とした“デベロップメントテスト”を実現するプラットフォームの最新版「Coverity 6.0」と、オンライン開発者コミュニティー「CoverityConnect」を発表した。(2012/4/18)

@IT MONOistゼミナール・レポート:
あなたは「バグ」をどう数えていますか? 組み込みソフトウェアの品質管理を考える
あなたの現場では、ソフトウェアの品質管理の考え方をきちんと生かし切れていますか? @IT MONOist編集部では組み込みソフトウェアの品質管理をテーマにしたゼミナール「組み込みソフトウェア開発で問われる品質力」を開催。組織における品質管理の考え方や、実際の開発現場におけるツールの活用・導入に関する事例などが披露された。(2012/3/19)

オープンソースコードの品質は独自開発ソフトと「ほぼ同等」――Coverity調査
ソースコード解析ツールを手掛ける米Coverityが実施した調査によれば、オープンソースプロジェクトと独自開発ソフトのソースコード品質は「ほぼ同等」だった。(2012/2/24)

開発ワークフローにセキュリティを統合:
コベリティとウインドリバーが協業、組み込みソフト開発にセキュリティ向けデベロップメントテストを導入
コベリティとウインドリバーは、コベリティのセキュリティ向けデベロップメントテスト・プラットフォームを、ウインドリバーの組み込みソフトウェアに統合すると発表。開発の早期段階でセキュリティの脆弱性をより簡単に素早く修正することを目指す。(2012/1/25)

コベリティ静的解析ツール活用事例〜三菱電機三田製作所:
PR:静的解析ツール活用は顧客満足のため――カーナビ開発で活躍するCoverity Static Analysis
高性能・多品種化する近年の電子機器ではソースコードが肥大化しており、短時間で不具合を検出する静的解析ツールの重要性はますます高まっている。しかし、せっかくの静的解析ツールもバグの検出精度が低ければ、最終的には人手を煩わしたりと結局余計な時間がかかってしまう。高性能化が進むカーナビの開発で、検出精度の高さに定評があるコベリティの静的解析ツール「Coverity Static Analysis」を導入した三菱電機三田製作所の事例を紹介する。(2011/11/16)

ET2011 開催直前情報:
ソフトウェアコードの品質リスクを早期かつ確実に軽減させる「Coverity 5.5」
静的解析/ソースコード解析ツールを開発・販売するコベリティは、ET2011で10月に発表したばかりのデベロップメントテスト・プラットフォーム「Coverity 5.5」を中心に展示デモを行う。(2011/10/27)

2800万行を45分で解析──コベリティ、ソフトウェアテストツール「Coverity 5.5」発売
Coverity 5.5はマルチコアCPUの採用などを通じて解析速度を大幅に向上させたほか、JenkinsやFindBugsといった他ツールとの統合・連携も可能にした。(2011/10/4)

FindBugsおよびJenkinsとの統合・連携も可能に:
解析速度が最大10倍に向上!! 「Coverity 5.5」を発表、コベリティ
静的解析/ソースコード解析ツールを開発・販売するコベリティは、デベロップメントテストプラットフォーム「Coverity 5.5」を発表。ソフトウェアコードの品質リスクを早期かつ確実に軽減させるという。(2011/10/4)

ホワイトペーパー:
Androidカーネルに359件のバグ? オープンソースや流用コード利用の開発に潜むリスク
本レポートでは、HTC製スマートフォンに実装されているAndroidカーネルのソースコードの解析結果を含むオープンソースの品質の現状に加え 、オープンソースを含む流用ソースコードを利用した開発のリスクと、その回避策を提言する(提供:コベリティ 日本支社)。(2011/4/5)

組み込み技術:
Androidアプリケーションのバグ解析機能、コベリティが新バージョンで強化
(2010/11/17)

最新版「Coverity 5.3」の出荷も発表:
Androidカーネルから359件のバグが検出、コベリティ
コベリティは、Androidカーネルの解析結果を含む「2010年度オープンソース品質評価レポート」と、「Coverity 5.3」の出荷開始を発表した。(2010/11/17)

ソースコード静的解析「Coverity 5 Static Analysis」
“品質のために削れなかった”開発コストを削減する方法
ソフトウェア品質のために重要な「デバッグ&テスト」プロセス。しかし、このプロセスが開発コストの大半を占め、多くのプロジェクトで“削るに削れない”というジレンマに陥っていることをご存じだろうか。(2009/11/12)

ソースコード最適化ソリューション「Coverity5」発表:
コベリティ、「ソースコードの不具合による影響度を明確化」
(2009/11/11)

組み込み技術:
バグの深刻度を示すソース・コードの静的解析ツール、コベリティが2010年出荷へ
(2009/11/11)

大量発生するバグを撃墜せよ
セガが取り組んだ「ゲーム開発のプロセス改善策」
家庭用ゲーム機の進化に伴い、より高品質かつ短納期での開発が求められるゲームソフト開発だが、開発プロジェクトの規模の拡大に伴う課題も多く存在する。セガが取り組んだ改善策を紹介する。(2009/9/30)

「オープンソースの整合性と品質は改善」――Coverity報告書
Coverityが発表したオープンソースソフトウェアの品質に関する報告書によると、この3年間でコードのエラーは16%減少しており、整合性と品質が改善されていることが明らかとなった。(2009/9/24)

NEWS
コベリティ、ビルド生成時にバグを排除できる解析ツールを発表
ソフトウェアの実行ファイル生成時の不具合を解析するツールを発表し、既存の解析ツールの3製品とバンドルした統合製品として提供を開始した。(2009/4/16)

「Coverity Build Analysis」を発表:
コベリティ、ビルド時の根本的欠陥を修正できる解析モジュール
(2009/4/14)

米Coverity社Chief Technology Officer Ben Chelf氏:
独自の方式でバグに挑む
ソフトウエアにはバグがつきものだとはいうものの、バグが残ったまま市場に出すわけにはいかない。バグを修正するにはそれを見つける必要があるが、バグを発見するにもまた多くの手間が掛かる。米Coverity社は、ソースコードに潜むバグを検出するソフトウエアツールを手掛ける企業だ。同社は「静的解析」というものの、既存の静的解析とは一線を画す手法を採り、動的解析ツールと同等の高い検出率と、低い誤検出率が特徴である。なぜ多くのバグを正しく検出できるのか。その秘密を、同社の基礎技術を開発したBen Chelf氏に聞いた。(2008/12/22)

NEWS
コベリティ、品質チェックを前倒しできるソースコード検証ツール
ソースコードを解析して品質基準を満たしているかを自動判定するツールが発売。開発ライフサイクルの早期段階で不具合が発生しそうなリスクを排除できる。(2008/11/18)

開発の初期段階で問題を解決し、コスト効率に貢献:
コベリティ、開発の問題発見・未然防止を実現する2製品を発売
(2008/11/17)

ホワイトペーパー:
静的解析ツールをコード品質保証に役立てるためのノウハウ(三菱電機事例)
マルチコアの出現で開発の複雑性は増し、競合状態やデッドロックなど重大な並列処理欠陥が多発している。開発の初期段階で静的解析を用い、その種の不具合をどう解決できるのか? 三菱電機の事例とともに説明する(提供:コベリティ 日本支社)。(2008/8/22)

ホワイトペーパー:
静的解析技術をコード品質保証に役立てるためのノウハウ(シンプレクス・テクノロジー事例)
マルチコアの出現で開発の複雑性は増し、エンタープライズ系ソフトウェアでも競合状態やデッドロックなど重大な並列処理欠陥が多発している。開発の初期段階で静的解析を用い、その種の不具合をどう解決できるのか? シンプレクス・テクノロジーの事例とともに説明する(提供:コベリティ 日本支社)。(2008/8/19)

今、見直すWebアプリケーションのセキュリティ
Webサイト防御のためにできること
Webサイトへの攻撃が後を絶たない。改ざんや悪質サイトへと誘導するその手口はさらに巧妙化し、従来のIPSなどでは防ぎきれなくなった。サイトを脅威から守るために、今すぐできるセキュリティ対策を紹介する。(2008/7/10)

ホワイトペーパー:
ソフトウェア不具合は早期段階で解決せよ!――革新的な静的コード解析技術の全貌
ソフトウェア開発において、従来の静的解析ツールでは誤検知率が高い、小規模なコードベースに制限されてしまうなどの問題があった。しかし、スタンフォード大学の研究所で生まれた革新的な技術をベースにすることで、そういった問題を克服した革新的な静的コード解析ツールがある。(2007/5/28)

Coverity、日本進出を発表
(2007/4/20)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。