ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「クリスタル・ディフェンダーズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「クリスタル・ディフェンダーズ」に関する情報が集まったページです。

パズドラ「曲芸士」下方修正はなし 運営が正式コメント
ゲームバランスへの深刻な影響はないと判断したそう。(2015/2/27)

「パズドラ」1周年&900万DL突破で、「パズドラ ファン感謝祭2013」開催決定
お祭りです。(2013/2/20)

iPhone/iPod touch向けRPG「聖剣伝説2」、12月21日配信開始
1990年代に人気となったRPG「聖剣伝説」シリーズ2作目がiPhone/iPod touch向けにリニューアルされて登場。また、発売記念としてスクウェア・エニックス発売のiPhone/iPod touch向けにアプリなどのセールも実施される。(2010/12/21)

スクウェア・エニックス、「ケイオスリングス for iPad」配信開始
iPhone/iPod touch版がヒットしたRPG「ケイオスリングス」。そのiPad版が配信をスタートする。(2010/8/12)

スクエニ、「FFXIII」デジタル写真集と「チョコボパニック」をiPad向けに配信
スクウェア・エニックスは、iPad向けにデジタル写真集「ファイナルファンタジーXIII Larger-than-Life Gallery」とパーティゲーム「チョコボパニック」の配信を開始。「ケイオスリングス」および「クリスタル・ディフェンダーズ」のiPad版配信も決定した。(2010/5/28)

ふぉーんなハナシ:
スクエニのiPhone向け完全新作RPG「ケイオスリングス」が人気
スクウェア・エニックスが4月20日から配信を開始したRPG「ケイオスリングス」が世界中で人気を博している。iPhone/iPod touch向けに開発された完全新作で、美しいグラフィックに目を奪われる。(2010/4/26)

TGS2009:
「ファイナルファンタジー」、「ドラゴンクエスト」、RPGの二大巨頭が続々と登場――スクウェア・エニックスブース
「ファイナルファンタジー XIII」の発売を12月17日に控えたスクウェア・エニックス。他にもブースでは「キングダム ハーツ」シリーズやDS版「ドラゴンクエストVI 幻の大地」などの豪華タイトルのプレイアブルが見られた。(2009/9/25)

TGS2009:
「グランツーリスモ5」や「FF XIII」などの注目タイトルが目白押し――SCEブース
PS3向けの大型タイトルに注目が集まるSCEブースだが、「METAL GEAR SOLID PEACE WALKER」「KINGDOM HEARTS Birth by Sleep」「勇者のくせになまいきだ:3D」など、PSP向けタイトルの充実ぶりも印象的だ。(2009/9/24)

スクエニ、PSP向けダウンロード販売ソフトを10月より世界同時発売――「テグザーネオ」と「クリスタル・ディフェンダーズ」
(2009/9/18)

スクエニ、Xbox LIVE アーケードに新作2タイトル発表
スクウェア・エニックスは、Xbox LIVE アーケードにおいて、2つの新作ゲーム「0 day Attack on Earth」と「プロジェクトCUBE(タイトル未定)」を2009年中に全世界で提供すると発表した。(2009/4/21)

Xbox/PS3版「クリスタル・ディフェンダーズ」の配信がスタート
(2009/3/11)

「レジスタンス 〜報復の刻(とき)〜」発売記念、PlayStation Home用報復の刻Tシャツ登場
(2009/3/11)

Wiiウェア「クリスタル・ディフェンダーズR2」、2月24日より配信開始
(2009/2/17)

「クリスタル・ディフェンダーズ」シリーズの最新作、Wiiウェア向けに配信
(2009/1/22)

「日本のiPhoneユーザーのために妥協しない」 ワンセグ&絵文字に対応
「3つまとめて解決した」──iPhoneでワンセグ視聴が可能になる外付けバッテリーをソフトバンクが発表。Appleを説得し、弱点と言われてきた絵文字の読み書きにも対応する予定だ。ゲームアプリにはスクエニが参入。(2008/10/30)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。