ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

「CTI(computer telephony integration)」最新記事一覧

顧客を待たせないコールセンター、東京スター銀行のシステム担当者がこだわる仕組み
東京スター銀行は、オムニチャネル化の一環としてコールセンターシステムと顧客情報管理システムを一元化するリニューアルを実施した。システム刷新の先にどんな未来を描こうとしているのだろうか。(2016/8/16)

クラウド化が進むコンタクトセンターソリューション市場:
もはや導入に躊躇する企業はない? クラウド型コンタクトセンターソリューション
近年は比較的大規模なコンタクトセンターでもクラウドを利用する例が出始め、ベンダー間の競争は激化してきている。競争はオムニチャンネル、モバイルアクセス、CRM連携、音声分析などの分野に広がっているという。(2016/5/13)

PR:デジタル時代の匠たち 〜「掛け合わせる」ことでイノベーションを加速
イノベーションの重要性が叫ばれるようになって久しいが、では具体的にどのような取り組みが実を結ぶのだろうか? これを理解するためのキーワードが「日本流」のオープンイノベーションだ。社会インフラに一大変革が起こるであろう2020年を見据え、新たなイノベーションの形に挑戦する「匠」たちに話を聞いた。(2014/12/24)

1年で累計530万人の予約をさばいた飲食店向けiPad予約台帳アプリ「トレタ」
顧客から着信があると即座に情報を表示するCTIシステム「トレタフォン」をオプションサービスとして提供する。(2014/12/18)

豊富な機能、高品質なクラウド&ネットワーク基盤に注目
“コンタクトセンター=オンプレ”は過去の常識 進化したクラウド型コンタクトセンターの今
“コンタクトセンターはオンプレミスでなければ使えない”は過去の常識にすぎない。今やクラウド型でも主要機能は当たり前、さらにクラウドならば柔軟性や迅速性が得られ、コスト削減も実現することができる。(2014/8/26)

「コンタクトセンター専業としてのイメージを変える」 ジェネシス・田中新社長
ジェネシス・ジャパンが事業戦略説明会を開催。先月社長に就任したばかりの田中良幸氏は、今後のビジネス成長に向けて、「カスタマーエクスペリエンス」の視点に立ったさらなる領域拡大が必要と語った。(2014/7/3)

3匹が聴く!:
実は粒ぞろいの価格帯?――ヘッドフォン・バイヤーズガイド2014“春”(実売1万円〜2万円編)
今回は1万円から2万円のオーバーヘッド型を取り上げよう。比較的手に入れやすい価格帯ながら、ラインアップを見ると過去に話題になった人気製品がそろっている。(2014/5/2)

導入事例:
アスクル、700席のコールセンターシステムをクラウドで構築
アスクルは約700席の自社コンタクトセンターシステムをクラウドサービス「CaaS」によって再構築した。(2014/4/21)

オンキヨー、iPhoneコントロール機能付きヘッドフォン/イヤフォンを発売
オンキヨーは、iPhone用のマイク付きリモコンを備えたヘッドフォン「ES-CTI300」、およびカナル型イヤフォン「IE-CTI300」を12月に発売する。(2013/10/24)

顧客の声を正確に掴め! 業務フロー全体にメスを入れたアンデルセンサービス
ベーカリーショップ「アンデルセン」をはじめとするグループ各社の管理部門機能やカスタマーサービスを担うアンデルセンサービス。顧客からの問い合わせやクレームの管理に悩みを抱えていた同社が行った変革とは。(2013/9/3)

サービスの提供効率とガバナンスをどう両立するか?【第2回】
ITIL導入、最大の失敗理由とサービスデスク改善の秘訣
ITIL支援製品を導入しても成果が得られない理由とは何か? サービスデスク業務の勘所を開発コンセプトに盛り込んだ「Senju Service Manager 2013」に、ユーザー満足度を効率的に高めるためのポイントを探る。(2013/7/12)

クラウドベースのコンタクトセンターソリューションに注力 ジェネシス
クラウドサービス企業を相次いで買収するなど、ソリューションの拡大を図る米Genesys。また日本市場においては中小規模のコンタクトセンターに向けた新製品を提供する。(2013/6/4)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/5/20)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「学習という快感」を刺激せよ! ――伝わるコミュニケーションの方法論
伝えるためには聞き手の「知っていること」(既知)と、これから伝えようとする「知らないこと」(未知)を結び付けること。(2013/3/21)

クラウドコンピューティングは企業経営に何をもたらすのか【後編】
企業に対するクラウドの影響力について、前編に引き続き、ITRのプリンシパル・アナリストを務める金谷敏尊氏が解説する。(2013/3/6)

クラウドコンピューティングは企業経営に何をもたらすのか【前編】
本稿では2回にわたり、企業におけるクラウドの影響力と経営上の価値について考えていく。(2013/3/5)

CS向上と売上アップを握る:
PR:Navigation Platformによる「トークスクリプト」の改善がコールセンターソリューション差別化の決め手に
海外ベンダーがひしめくコールセンターシステム市場で、国産ベンダーとして数多くの導入実績を誇るのが、日立情報通信エンジニアリングだ。同社は顧客応対を左右する「トークスクリプト」の品質や機能の向上に、日立製作所の「uCosminexus Navigation Platform」を活用して、顧客企業における顧客満足度や売上の向上を支えている。(2013/3/1)

日本ストラタステクノロジー「Stratus Avanceソフトウェア」
アプリケーションの無停止運用と仮想化を低コストで同時に実現するには
オープン系システムが企業ITの隅々まで浸透した今、IAサーバ上で動くアプリケーションの可用性はこれまで以上に重要性を増している。しかし、そのために無尽蔵にコストを掛けられるわけでもない。どうすればいいか。(2012/8/31)

ITアナリストの見解:
「持たざるプライベートクラウド」こそが本命だ
注目を集めつつある仮想プライベートクラウド(VPC)について、ITRの金谷氏が解説する。(2012/7/26)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
成功企業が密かに取り組む事前期待のマネジメント
「ソーシャルメディア×事前期待のマネジメント」 この新発想でお客さまとの継続的な関係づくりを実現するとビジネスが拡大する。(2012/7/26)

SEの未来を開く、フルスクラッチ開発術(4):
カスタム対応外の特殊なシステムは、業務知識の宝庫
プログラムレス開発が全盛の中、フルスクラッチ開発こそ、顧客のためになり、SEにとっても強みとなると主張する企業がある。彼らはなぜあえて今、このような主張をするのだろうか?(2012/6/13)

SEの未来を開く、フルスクラッチ開発術(1):
システムを持たぬ時代に、あえてフルスクラッチに特化する:前編
プログラムレス開発が全盛の中、フルスクラッチ開発こそ、顧客のためになり、SEにとっても強みとなると主張する企業がある。彼らはなぜあえて今、このような主張をするのだろうか?(2012/4/19)

Vishay CNY65Exi:
電源やモーター切り替え装置向けのフォトカプラ、防爆規格に準拠
Vishayが発表したフォトカプラは、爆発性雰囲気の中でも長期間使用できる。1万1600Vの絶縁耐性を備えている。(2012/4/11)

NEC、中堅・中小企業向けERP製品に「CRM」や「人事給与」を新搭載
「DREAMTRAIN/EX」シリーズの新バージョンを発売した。(2011/10/25)

福島県郡山市、日立システムズのコンタクトセンターを誘致
日立システムズは、福島県郡山市にコンタクトセンターを新設すると発表。東日本大震災からの復興に貢献し、ITシステムにおけるワンストップサービスのさらなる拡充を目指すという。(2011/10/13)

NTTドコモの顧客サービスは震災の危機をいかに乗り越えたか
東日本大震災の発生直後、多くの企業が業務の停止を余儀なくされた。NTTドコモが仙台に持つコンタクトセンターもその1つだ。しかし、わずか1週間後にはほぼ通常通りのカスタマーサービスを提供するまでに復旧した。(2011/9/16)

スマホ時代、SIPの可能性を再考する(2):
マルチメディアでの一貫性ある対応がCS向上のカギ
“満足度向上とコスト低減という矛盾”を収益向上に昇華する芸術的業務、コンタクトセンター。そこに今求められている役割を考えると、市場のトレンドとSIPの効用がはっきりと見えてくる。(2011/9/1)

G-Force Melbourne 2011 Report:
待ったなしで加速するモバイルとコンタクトセンターの連携
全世界でモバイルユーザーが急増する中、企業の顧客サポートにおいてモバイル端末への対応、特にコンタクトセンターシステムとの連携は喫緊の課題といえよう。(2011/8/25)

中小企業の活力を高めるIT活用の潮流:
アナログ業務しかなかった職場をいかに変えるか 大宮工機
「わずかなIT投資で最大限の効果を」――。まさにこれを実践している中小企業が沖縄に存在する。便利なIT製品やサービスを見つけては矢継ぎ早に業務に取り入れていく。(2011/6/6)

名カウンセラーとなれ 福岡の通販企業が実現する顧客サービスとは
化粧品や健康食品などの通販事業を手掛けるJIMOSでは、年初にコンタクトセンターの基盤システムを刷新。顧客に対するサービスレベルのさらなる向上を図る。(2011/5/11)

PBXの設置なしでiPhoneをビジネスフォンに――リンクの「BIZTEL for iPhone」
PBXの設置なしに携帯電話をビジネスフォンとして利用可能にするBIZTELがiPhoneに対応。iPhoneを代表着信や保留、内線、転送などに対応する電話機として利用できるようになる。(2011/4/21)

元ノーテルのCEBPソリューション「Avaya ACE」の最新版を発表:
日本アバイア、業務運用と意思決定の迅速化を支援
(2011/3/4)

業務連絡でのリアルタイム性を高める製品群、日本アバイアが提供
日本アバイアは、業務システムとコミュニケーションツールを統合させる「Avaya ACE」を発表した。通話やチャットなどを活用して業務連絡での伝達ロスを解消する。(2011/3/4)

中堅中小、勝利の方程式:
とことんこだわるサービスで顧客の心をつかむ東急セブンハンドレッド
名門コースとして知られる東急セブンハンドレッドクラブは、外資系ゴルフ場が価格競争を仕掛ける中、こだわりのある、質の高いサービスで差別化を図っている。(2011/2/16)

江口ともみのIT活用ビフォーアフター:
ワインの好みもDB管理?――名門ゴルフ場のIT活用に至高のホスピタリティを見た
情報システムを活用し、ビジネスの成長に挑む中堅・中小企業――その実態に、タレントの江口ともみさんが迫る。今回訪問した企業は名門ゴルフ場「東急セブンハンドレッドクラブ」だ。(2011/2/3)

「The 3rd Birthday」とスクエニ メンバーズの連動企画が始動
(2011/1/28)

ベストチームとは何か:
チーム名は“笑う正直者”――システム・コーチングの現場〜その3
前回のセッションから約1カ月が経ち、「チーム笑う正直者」とのチームコーチングがこれから始まる。(2011/1/24)

レビュー:
3万円台半ばのBlu-ray 3D対応プレーヤー、東芝「SD-BDT1」
東芝「SD-BDT1」は、エントリークラスでありながら、Blu-ray 3Dの再生に対応したBlu-ray Discプレーヤーである。しかも実売3万円台半ばとリーズナブル。その使い勝手や映像のクオリティーはどうだろう?(2010/10/22)

携帯と内線の同時呼出に対応――CTI無人受付システム「商売繁盛III A-un 千客万来」
受付に設置されたタッチパネル端末から担当者の携帯電話と内線電話を同時に呼び出し――。レッツがCTI無人受付システム「商売繁盛III A-un 千客万来」を11月に発売する。(2010/10/5)

ベストチームとは何か:
チーム名は“笑う正直者”――システム・コーチングの現場〜その2
第1回目のセッションから3週間後、チーム“笑う正直者”は、2回目のコーチングを迎えた。前回から比べると格段にリラックスした様子だ。コーチは前回から今日までの間に、チームにどんな変化があったのかを尋ねた。(2010/9/13)

中堅・中小企業のためのIT投資羅針盤【第2回】
IPテレフォニーは将来に向けての基盤作り
「目的(方向)」と「時期(位置)」からIT投資のノウハウ(羅針盤)を提供する本連載。今回は、コスト削減以外の投資効果が見えにくいIPテレフォニーへの投資や活用のポイントを明らかにする。(2010/9/9)

ベストチームとは何か:
チーム名は“笑う正直者”――システム・コーチングの現場〜その1
今回からは、いよいよシステム・コーチングの現場の様子について、事例を交えながらお伝えしていく。(2010/9/8)

販売管理製品紹介:OSK
入力補助機能と豊富なオプションで販売管理を支える「SMILE BS 販売」
一口に販売管理といっても、実際の業務手順は業種や企業規模によって大きく異なる。柔軟なカスタマイズ性とオプションで幅広い企業に対応する販売管理製品を紹介する。(2010/8/4)

通話だけじゃない! IP電話による業務コミュニケーション活性化【最終回】
CRM、プレゼンス――IP電話を生かす意外なツールたち
プレゼンスとチャットは以前からあるツールであり、これまで電話とは別のコミュニケーションシステムとして扱われてきた。だがこれらをIP電話機と連動させれば、さらなる機能の拡張が可能となる。(2010/7/8)

ベストチームとは何か:
ベストチームに向けてシステムコーチはこうかかわる
具体的な組織の事例を使いながら、システムコーチが実際のチームに対して、いったいどのように働きかけるのか、その結果何が起こるのかをお伝えしたい。(2010/7/2)

ベストチームとは何か:
システム・コーチングとは?
コーチングというとどのようなイメージを思い浮かべるだろうか。コーチとクライアントが1対1で対話をしている場面を想像する方が多いのではないだろうか。(2010/5/27)

ベストチームとは何か:
今、あらためてチームワークを問う
米Appleのスティーブ・ジョブズCEOは「全体の力は、部分としての個人力を集めたよりもはるかに大きい」と話す。個人技の本場ともいえる米国においても、チームワークの重要性は多くのリーダーの言葉を通して語られているのだ。(2010/5/13)

ユナイテッド航空とシティバンクの事例から:
顧客満足度向上とコスト削減を両立するコンタクトセンター
(2010/4/23)

NEWS
ブレイン・ゲート、歯科医院向けSaaS型SFAサービスを開始
歯科医院向けに特化した営業支援システムによって、潜在患者の掘り起こしと医院経営の再構築を支援する。(2010/4/1)

Cisco、「Unified Communications Manager」などの脆弱性に対処
Ciscoは「Unified Communications Manager」「Digital Media Manager」「Digital Media Manager」の脆弱性についてアドバイザリーを公開した。(2010/3/8)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。