ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「サイバーステップ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「サイバーステップ」に関する情報が集まったページです。

セガも参入、スマホで遠隔操作するクレーンゲーム 12月開始
セガが、オンライン上で遠隔操作できるクレーンゲーム「セガキャッチャーオンライン」の提供を12月に開始する。(2017/10/17)

タイトー、スマホで遠隔操作するクレーンゲーム 「店舗運営ノウハウ生かす」
タイトーがスマートフォンで遠隔操作できる“新クレーンゲーム”を発表。獲得した景品は自宅まで無料配送してくれる。(2017/9/6)

場所を選ばずWeb上でプレイ:
タイトーが新クレーンゲーム 遠隔で操作、景品を配送
タイトーが、インターネット経由でクレーンゲームを遠隔操作できる新サービス「タイトーオンラインクレーン」を今秋から展開すると発表。(2017/9/5)

『月刊コミックガム』が一時休刊、今後はWeb? アプリ?
詳細は、ワニブックスおよび『月刊コミックガム』公式サイトで発表される。(2015/5/25)

「鬼斬」「トレバ」生み出した“変な社長”の経営哲学
(2015/4/14)

手のひらサイズのモバイル作曲マシン「KDJ-ONE」、予約販売スタート
ポータブルオーディオワークステーション「KDJ-ONE」の先行予約販売がスタート。(2014/12/8)

明日から予約受付開始:
マイクロソフトがXbox Oneの国内販売戦略を明らかに、ゲーム発売予定も公開
2014年2月に国内デビューを果たしたプレイステーション4に比べると、Xbox Oneは出遅れている感じがある。日本マイクロソフトは予約受付開始の前日に発表会を開き、あらためてXbox Oneの日本における販売戦略を語った。(2014/6/20)

SCEJA、発売前に「PS4」が体験できるイベントを各地で開催
ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア(SCEJA)は、発売前に「PlayStation 4」が体験できるイベント「Try! PlayStation 4!-2.22-」を東京・名古屋・大阪で開催する。(2014/1/24)

「ゲットアンプドX」、2月16日に大型アップデートを実施
今年でサービス6周年を迎える「ゲットアンプドX」が、大型アップデートを実施。「ゲットアンプド2」のステージも期間限定で楽しめるようになる。(2012/2/8)

祝5周年!――「ゲットアンプドX」、2月17日に大型アップデートを実施
サービス開始から5周年を迎えるPC向けアクションゲーム「ゲットアンプドX」が、記念となる大型アップデートを実施する。(2011/2/16)

自宅でゲーセンのクレーンゲームを遠隔操作――ブラウザゲーム「いつでもAR キャッチャー」オープンβテスト開始
パソコンからクレーンゲームを遠隔操作で楽しんでしまう「いつでもAR キャッチャー」のオープンβテストがスタート。ゲームでゲットした景品も抽選で10名にプレゼントされる。(2010/11/15)

ゲッチャTV Gamez出張所:
夏の暑さにも負けないアツさ!? オフラインイベントで大盛り上がり
最新ゲーム情報番組「ゲッチャTV」2010年9月2日放送分は、アクワイア「剣と魔法と学園モノ。3」と「バクマツ☆維新伝(レボリューション)」、そしてサイバーステップのオフラインイベントの様子をお届けします。(2010/9/7)

サイバーステップが合同オフラインイベントを開催
(2010/8/24)

新スタイル「ベテラン」を使い戦場を火の海に――7月7日「ゲットアンプドX」大型アップデートを実施
(2010/6/30)

拳王が修行を終え帰ってきた――「鋼鉄戦記C21」
(2009/6/11)

考えるな、感じろ――「ゲットアンプドX」アップデート
(2009/5/7)

第4の女性型ロボ“荊棘の戦姫”ウィンベル参戦
サイバーステップは3月12日に、第4の新女性型ロボ「ウィンベル」を実装する。(2009/3/11)

「ゲットアンプド2」GATスタジアムに新モード追加
(2009/2/25)

敵ロボ「ぺペン」が主役の新ミッション登場――「コズミックブレイク」
(2009/2/18)

女性型ロボにボイス追加&新ステージ実装――「コズミックブレイク」
(2009/1/29)

「コズミックブレイク」アップデートで初心者サポートシステムを導入
(2009/1/15)

「ゲットアンプド2」に新機能「ポイントくんスゴロク」が登場
(2008/12/3)

チーム戦の新ステージを実装――「ゲットアンプド2」
(2008/11/25)

「ゲットアンプド2」、新スタイル“忍者”登場
(2008/11/18)

ゲームの楽しさを伝えて世界貢献をしたい――サイバーステップ代表取締役社長・佐藤類氏インタビュー
11月に「ゲットアンプド2」、12月に「コズミックブレイク」と、立て続けにオンラインゲームの正式サービス開始を予定しているサイバーステップ。なぜ、このタイミングでのサービス開始なのか、その理由をサイバーステップ代表取締役社長の佐藤類氏にうかがってみた。(2008/11/18)

ハンゲームで「ゲットアンプド2」提供開始
(2008/11/6)

「ゲットアンプド2」本日より正式サービス開始
(2008/11/6)

「ロボ聖紀C21」、アイテムスタックシステムを導入
(2008/10/28)

コズミックブレイク、4日間限定でβテスト実施
(2008/10/22)

目指すは世界制覇――「ゲットアンプド2」製作記者発表会
10月21日、秋葉原UDXシアターにおいて11月6日より正式サービスが開始されるサイバーステップの「ゲットアンプド2」の記者発表会が行われた。声優として参加している田中理恵さんや金田朋子さん、そして間島淳司氏も駆けつけた。(2008/10/21)

東京ゲームショウ2008:
「アラド戦記」と「サドンアタック」ステージイベントを「PCオンラインゲームコーナー」で開催
今年からスペースが設けられた「PCオンラインゲームコーナー」に併設されている、「AT-X エンタメch.ステージ」では一般公開日の10月11日、NHN JapanのアクションRPG「アラド戦記」と、ゲームヤロウのオンラインFPS「サドンアタック」のステージイベントが行われた。(2008/10/11)

「ゲットアンプド2」の正式サービス開始日が決定
(2008/10/1)

「ゲットアンプド2」レビュー:
やり込みが充実した、簡単操作でハチャメチャバトル、オンラインバトルアクション登場
簡単操作で爽快なオンラインバトルアクションが楽しめる「ゲットアンプド2」。クローズドβテストに参加して分かった、オンラインゲーム初心者でも楽しめる気軽さと、やり込み要素が充実している本作の魅力をお伝えします!(2008/9/30)

コズミックブレイク、3日間限定のテストを開催
(2008/9/22)

CEDEC 2008:
1本が10本分にもなる――サイバーステップが考える海外展開の重要性
オンラインゲームを自社開発するサイバーステップを代表して、代表取締役社長の佐藤類氏が講演を実施。自社開発を行う意味や、海外展開のメリットなどが語られた。(2008/9/11)

3Dオンラインバトルアクション「ゲットアンプド2」、未公開イラストを公開
(2008/9/2)

ユーザーデザイングランプリ作品登場「ロボ聖紀C21」
(2008/8/26)

「コズミックブレイク!」レビュー:
空いた時間に1バトル! お手軽MMOバトルシューティング登場
30機vs30機のハイスピードのロボットバトルが楽しめる「コズミックブレイク!」は、MMOバトルシューティングという珍しいジャンルのゲームだ。オンラインゲーム初心者や忙しい人でも奥深いバトルが楽しめる本作の魅力をお伝えしよう。(2008/8/22)

「ゲットアンプド2」クローズドβテスター募集開始
(2008/8/21)

「ゲットアンプドR」アップデート――新マップ「プドリンピック」が追加に
(2008/8/13)

「コズミックブレイク」初のオフラインイベント、お台場で開催
(2008/8/6)

第2回世界大会に向けた決起集会参加者募集――「ゲットアンプドR」
(2008/7/23)

登録無制限――「コズミックブレイク」βテスト、7月19日開始
(2008/7/7)

サイバーステップ、ネットワークロボット「CR-01」公開テスト第2弾を実施
(2008/7/3)

ログインキャンペーンやサマーコンテストを実施――「ゲットアンプドR」
(2008/7/2)

「ロボ聖紀C21」、ウェブリブログテンプレート配信記念キャンペーン開催
(2008/6/2)

エリア拡張&突発ミッション追加などのアップデートを実施――「ロボ聖紀C21」
(2008/5/27)

「ゲットアンプド」がニンテンドーDSソフトに
(2008/5/14)

「ロボ聖紀C21」、今後のアップデート内容が明らかに
(2008/4/25)

過激派との戦いも最終局面に――「ロボ聖紀C21」新ミッションを追加
(2008/4/15)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。