ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

  • 関連の記事

「D800」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「D800」に関する情報が集まったページです。

圧倒的な精細感と心地よい操作感を両立――「D810」インプレッション(後編)
ニコンの「D810」は、主にプロや写真愛好家層をターゲットにしたフルサイズ一眼レフだ。画質だけでなく、使い勝手の面も既存モデル「D800/D800E」から大きく進化している。(2014/7/17)

ニコン史上最高の画質をチェックする――「D810」インプレッション(前編)
ニコン「D810」は、ローパスレスの有効3635万画素フルサイズセンサーを備えた一眼レフだ。既存モデル「D800/D800E」から何が変わったのか。その画質と機能、操作性をチェックしよう。(2014/7/16)

ニコン、「D600」などデジタル一眼レフ9モデルに最新ファームウェア
ニコンがデジタル一眼レフカメラ「D4」「D3X」「D3S」「D3」「D800」「D800E」「D600」「D7000」「D3200」の最新ファームウェアを公開した。(2013/4/3)

CP+ 2013:
人気のD600やD800の体験コーナーを多く設けたニコンブース
ニコンブースでは、ステップアップや買い換え需要に応えるべく様々な体験コーナーを用意した参加する展示を主に行っていた。(2013/1/31)

夏商戦は高級デジカメ好調 カカクコム調べ
夏ボーナス商戦期に入り、デジタルカメラは「D800」「EOS 5D Mark III」など高級モデルが高い関心を集めている。コンパクトタイプも高級志向は変わらずだが、高倍率ズームなど高機能タイプも人気。価格.com トレンドサーチ調べ。(2012/7/3)

ニコン、「D4」「D800」「D800E」の最新ファームウェア
ニコンは、デジタル一眼レフ「D4」「D800」「D800E」の最新ファームウェアを提供開始した。主に不具合の修正を行う内容で、バージョンはD4がVer.1.01/Ver.1.01(A/B)、D800/800EがVer.1.00/Ver.1.01(A/B)。(2012/5/30)

ニコン、「D800」「Nikon 1 V1」同梱バッテリーを回収
ニコンは「D800」「D800E」「D7000」および「Nikon 1 V1」に同梱されているバッテリー「EN-EL15」について、一部に発熱による変形の危険があるとして回収を行う。(2012/4/24)

ニコン「D800E」 当面は品薄に
ニコンは4月12日発売のデジタルカメラ「D800E」について、発売当初の供給不足を告知した。(2012/4/12)

ニコン「D800」、予想以上の予約で当面は品薄に
ニコンは322日に販売開始されるデジタル一眼レフ「D800」について、予想以上の予約が入ったために、当面はデリバリーに時間がかかる事態が起こりうる旨を告知した。(2012/3/19)

有効3630万画素のフルサイズ機――ニコン「D800」インプレッション
フルサイズの有効3630万画素センサーを搭載したデジタル一眼レフ、ニコン「D800」が登場した。従来モデルから何が変わったのか。進化のポイントを中心にインプレッションをお伝えしよう。(2012/3/19)

CP+ 2012:
ニコンブースは「D800」と「D4」が大人気、体験コーナーは60分待ちも
パシフィコ横浜で開催中のCP+2012。ニコンブースは黒を基調としたデジタル一眼レフ・交換レンズの展示コーナーと、白を基調としたコンパクトデジカメコーナーで幅広い層にアピール。(2012/2/9)

ニコン、3630万画素センサー搭載のフルサイズ機「D800」
ニコンは3630万画素のフルサイズセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラ「D800」「D800E」を発売する。「D800E」はローパスフィルターを無効化することで高い解像感を実現した。(2012/2/7)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。