ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ダイエー」最新記事一覧

水曜インタビュー劇場(お好み焼き公演):
10分の1に縮小した「ドムドム」は、復活することができるのか
ダイエーグループから離れた「ドムドムハンバーガー」が、まずまずのスタートを切ったようだ。店舗数は減少しているのにもかかわらず、売り上げは対前年比で1割ほど増加。マクドナルドやモスバーガーなどの競合がひしめき合うなかで、どのようにして売り上げを伸ばしたのか。(2017/11/8)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
「マロニーちゃん♪」でおなじみ、マロニーの決算は
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2017/10/19)

繁盛店から読み解くマーケティングトレンド:
日本でも変わりつつある食品スーパーの常識
日本の食品スーパーマーケット業界が転換期に差し掛かっています。今や単に食品を販売するだけでは消費者も物足りなくなり始め、新たな業態に変革しなければならない時代に突入しました。その切り口の1つが「グローサラント」です。どのようなものでしょうか?(2017/9/13)

ブランドイメージの回復へ:
新生ドムドム、「お好み焼きバーガー」18年ぶり復活
ドムドムハンバーガーが、販売休止していた「お好み焼きバーガー」「バターコーン」と新メニューの「ビッグドムバーガー」を販売開始した。(2017/9/1)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
勢い止まらぬ「HUB」 なぜ人気?
英国風パブチェーン「HUB」。2017年4月に店舗数100店を突破するなど、堅調に成長し続けている。今回はこのHUBについて解説していきたい。(2017/7/25)

ドムドムハンバーガーの歴代ハンバーガーがまた食べられる! 復活投票イベント実施中
初のSNS開設を記念して。(2017/7/24)

東京シフト「遅過ぎる」の声も:
「もう限界」パナ幹部が脱大阪宣言 戸惑う関西企業
大阪は企業経営がしにくいから東京に行く──関西企業の代表格、パナソニックの幹部から衝撃の発言が飛び出した。(2017/7/18)

「もう限界」パナ幹部が“脱大阪”宣言 戸惑う関西企業
大阪は企業経営がしにくいから東京に行く――パナソニックの事業方針説明会で衝撃の発言が飛び出した。関西経済は有名企業の流出などで地盤沈下が進む。(2017/7/18)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
パナソニックに見る日系製造業の“勝ち筋”
今持っているものの中で強いものをそのまま伸ばせば良いのです。(2017/7/13)

「もう限界」 脱大阪を宣言 パナソニック・樋口泰行氏の正論
大阪は企業経営がしにくいから東京に行く――。大阪府門真市に本社を置くパナソニックの事業方針説明会で、元マイクロソフト社長の樋口泰行氏から衝撃の発言が飛び出した。(2017/7/11)

2駅を比較:
穴場だと思う街はどっち? 北千住VS. 赤羽
北千住駅と赤羽駅。どちらの街も「物価が安い」「商店街が充実している」といったイメージがあるが、利便性がいいのはどちらか。(2017/7/3)

パナソニックCNS社:
「ソリューションでやっていくと決めた」パナソニックCNS社 樋口社長
創業地である大阪を離れ、東京への本社移転を示したパナソニック コネクティッドソリューションズ(CNS)社。樋口社長は顧客ありきの姿勢を鮮明にし、ソリューションビジネスを強める方針である。(2017/6/27)

「門真発想ではもう限界」:
パナのIoT事業拠点が“脱大阪” 「東京以外にない」
パナソニックはIoT事業の人材を門真から東京にシフトさせる。MSから古巣に戻った樋口氏は、事業拠点の移転理由について「企業間のビジネスでは東京以外はない」と断言する。(2017/6/20)

「大阪発想は限界」 パナのIoT人材、東京へシフト MSからパナ復帰した樋口社長が説明
パナソニックは、企業向けIoT製品などを手がける事業について、開発や販売担当の社員らを大阪府門真市から東京にシフトさせる方針だ。(2017/6/20)

製造業IoT:
プラットフォーマーになれないパナソニックが描いた“勝ち筋”
パナソニック コネクティッドソリューションズ社はこのほど新社長に就任した樋口泰行氏が記者向けの懇談会に登壇。「現場」を基軸とした“ラストワンマイル”にこそ勝算があるとした。(2017/6/20)

イオン銀行でPepperが働く実証実験スタート 2年後には“無人店舗”も実現?
イオンカードの入会、窓口の接客担当者は「Pepper」――イオン銀行がそんな実証実験を開始する。将来的には無人店舗の導入も検討しているが、既存の業務や雇用をなくすものではないそうだ。(2017/6/13)

一見地味な街(駅)対決:
東京23区の隅っこに住むならどっち? 成増VS. 千歳烏山
東京23区に住みたいという人は多い。しかし、一般に東京23区は家賃が高く、中心に向かえば向かうほどどんどん家賃が上がっていく。不動産を購入する場合ももちろん高くなる。しかし、さまざまな観点から23区にこだわる人もいる。(2017/6/12)

製造マネジメントニュース:
パナのコネクティッドソリューションズ社が本社を東京に移転「門真発想は限界」
パナソニックのコネクティッドソリューションズ(CNS)社の社長に就任した樋口泰行氏が投資家向け説明会に登壇。同社入社以降公の場に姿を見せるのは初となる。樋口氏は「(パナソニックの本社がある)門真発想では限界がある」と語り、顧客が集中する東京に本社を移転する方針を示した。(2017/5/31)

ドムドムハンバーガー、売却後の方針発表 新規出店や人気メニュー復活、ロゴマークの変更も
日本初のハンバーガーチェーンに、大きな変革が訪れる。(2017/5/19)

復活メニューも登場か:
「ドムドム」の今後はどうなる? 買収先が方針発表
「ドムドムハンバーガ―」を買収したレンブラントホールディングスが、今後の方針を発表。(2017/5/19)

最古のハンバーガーチェーン:
ハンバーガーの「ドムドム」、ダイエーが事業売却
ダイエー傘下のオレンジフードコートが、“日本最古のチェーン”として知られる「ドムドムハンバーガ―」をレンブラントホールディングスに売却することが分かった。(2017/5/18)

日本初のハンバーガーチェーン「ドムドムハンバーガー」が事業売却へ
近年店舗数が激減していました。(2017/5/18)

TechFactory通信 編集後記:
創業100年を控え、試されるパナソニックの本気度
家電中心の総合電器メーカーとして発展してきたパナソニックが、B2Bに重きを置いた改革を進めています。2018年に創業100年を迎える同社の「本気」が問われています。(2017/4/29)

MSから古巣へ:
新しいことを率先してやる存在に パナソニックの樋口氏
日本マイクロソフトから古巣パナソニックに移った樋口泰行氏が「新しいことを率先してやっている存在になりたい」と抱負を語った。(2017/4/21)

「これ私食べれた!」数年ぶりのトーストに大感激 小麦アレルギーでも食べられる”米粉パン”に喜びの声
米粉パン、腹持ちもよくて栄養価も高いとか最高かよ。(2017/4/10)

市場は成長見極め:
パナソニック改革、「自前」から「連携」へ
パナソニックが構造改革を加速させている。自前主義からの脱却を掲げ、外部企業との連携を強化。(2017/4/7)

減り続けるバーガー店「ドムドム」 全国を“ドムさんぽ”した「ドムドム連合協会」が語る、今ならではの魅力
ピーク時400店から約50店舗にまで減った、日本初のハンバーガーチェーン「ドムドムハンバーガー」。ファンが今もハマる魅力とは。(2017/3/14)

Microsoft Focus:
パナソニックに復帰のMS樋口会長、古巣で待つ新事業とは
25年振りに古巣、パナソニックに復帰する樋口泰行氏。同氏が担当するコネクティッドソリューションズは、どんな新事業を展開するのか。(2017/3/4)

コロンとしてかわいいドラえもん&ドラミちゃんの和菓子 12月30、31日に登場!
ドラえもんと一緒の年越し。(2016/12/29)

「ポケモンGO」、イオングループ店舗がポケストップやジムに
駐車場ではプレイ禁止。(2016/12/7)

○○駅の拠点力(武蔵小杉編):
急速に発展する武蔵小杉、駅周辺はどんなところなのか
武蔵小杉のタワーマンションの高さがすごい。映画『シン・ゴジラ』でも二度目の上陸の際、ゴジラとほとんど高さが変わらなかったほど。今回は、急速に発展している武蔵小杉駅に迫る。(2016/11/17)

○○駅の拠点力(赤羽編):
交通の便がいい「赤羽」は、どんな街なのか
街歩きの番組で「庶民的な街」「昼から飲める街」として、東京都・北区の赤羽がよく取り上げられている。そんな赤羽は、どのような特徴があるのだろうか。(2016/10/21)

イオン、53億円の最終赤字 16年3〜8月期決算
GMS事業の業績悪化が続くイオンは、2016年3〜8月の連結決算で53億7200万円の最終赤字を記録した。(2016/10/5)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
出店加速! なぜ「鳥貴族」は“全品280円”でも成長できるのか
若者の酒離れ、居酒屋離れが強まっているといわれる中、その流れと逆行するように業績を伸ばしているのが「鳥貴族」だ。同店の成功の秘密を解説していく。(2016/7/6)

オリックスが1試合22失点の圧倒的大敗 衝撃の「22-6事件」にバファローズポンタさんから表情が消える
おお、もう……。(2016/5/25)

高橋名人が語る:
高橋利幸が「高橋名人」になった日
ファミコンブームの訪れとともに誕生した「高橋名人」。ハドソンの宣伝部に所属する一社員がどのような経緯で名人へと生まれ変わったのでしょうか。当時の裏側のエピソードを交えて高橋名人が語ります。(2016/5/25)

コンビニ探偵! 調査報告書:
現場は影響あるの? セブン-イレブンの“ドタバタ劇”
鈴木敏文会長が退陣したことで、セブン&アイ傘下のセブン-イレブンには、どのようなインパクトがあるのだろうか。今回は、筆者の経験談を交えながら、コンビニ店舗が受ける影響と変化についてご紹介する。(2016/5/13)

四次元ポケットやしっぽまで全部食べられるドラえもんの和菓子、4月30日に発売 こどもの日にいいかも! 
ひみつ道具・ミニドラえもんも登場。(2016/4/28)

弱ペダ×ビックリマン 「弱ペダマンチョコ」4月12日からイオン限定で先行発売!
シークレットシールには小野田君や巻島さんの限定レアイラストが!(2016/4/12)

視点:
TPP/IoT時代を生き抜く「農業4.0」のすすめ
TPPが大筋合意された状況を受けて、産業界で急速に普及・進展しつつあるIoTを活用し、脅威をチャンスに捉える日本農業の第四次構造改革の在り方を考察していく。(2016/2/25)

星7つ! 江崎グリコ「ポッキー かさね抹茶」をレビュー!
今回選んだのは江崎グリコの「ポッキー かさね抹茶」(149円/税込、店頭価格)だ。(2016/2/15)

2009年ごろからバタバタと:
ショッピングモールが死んでいく
廃墟と化したデッドモールは全世界共通。子連れの母親や老人たちの暇つぶしの場となり、購買意欲のある若者は少ない。家族と車、前世紀的ライフスタイルに依拠した郊外型モールという業態は、死に向かっている。(2015/12/7)

星7つ! カゴメ「スーパーベジ 高ポリフェノール人参ミックス スマートPET」をレビュー!
今回選んだのはカゴメの「スーパーベジ 高ポリフェノール人参ミックススマートPET」(235円/税込、店頭価格)だ。(2015/10/21)

星6つ! 日本ギリシャヨーグルト「アテナ ギリシャヨーグルト」をレビュー!
今回選んだのは日本ギリシャヨーグルト(製造:茨城乳業)の「ギリシャヨーグルト」(537円/税込、店頭価格)だ。(2015/10/6)

星5つ! 日清「なだ万監修 和だしの麺 蟹だし味噌らーめん」をレビュー!
今回選んだのは日清食品の「なだ万監修 和だしの麺 蟹だし味噌」(184円/税込み、店頭価格)だ。(2015/9/15)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
21世紀のビジネスに大事なのは「モノ」より「共感」――10年後も生き残るための4つの考え方
来るべき新たな波に乗るために。10年後のあなたの場所を確保するために、知っていたほうがいいこととは?(2015/9/10)

GMS凋落、地方再編:
今、スーパーマーケットが大転換期を迎えた
流通大手の総合スーパー(GMS)事業の不振や、地方を中心とした業界再編など、日本のスーパーマーケット業界を取り巻く動きが目まぐるしく変化している。特集「スーパーマーケットが生き残る道」では、そうした状況下での各社の取り組みなどを見ていく。(2015/8/4)

出版業界ニュースフラッシュ 2015年7月第3週
第153回「芥川賞」の受賞作『火花』が増刷で100万部突破。ほか、イオングループの未来屋書店と、ダイエーの子会社であるアシーネの合併が発表されています。(2015/7/21)

ダイエー、購入商品の配達サービス「アッシーくん」導入拡大 15年度中に15店舗に
ダイエーは、店舗で購入した商品を3時間以内に自宅に届ける「アッシーくん」の導入店舗を拡大する。(2015/6/26)

GMS事業など不振:
イオンが業績予想を修正 2015年2月期純利益は23%減
消費税増税などを煽りを受け、イオンが2015年2月期の業績予想を修正した。純利益は350億円に引き下げた。(2015/3/23)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。