ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ダイエー」最新記事一覧

ドムドムハンバーガー、売却後の方針発表 新規出店や人気メニュー復活、ロゴマークの変更も
日本初のハンバーガーチェーンに、大きな変革が訪れる。(2017/5/19)

復活メニューも登場か:
「ドムドム」の今後はどうなる? 買収先が方針発表
「ドムドムハンバーガ―」を買収したレンブラントホールディングスが、今後の方針を発表。(2017/5/19)

最古のハンバーガーチェーン:
ハンバーガーの「ドムドム」、ダイエーが事業売却
ダイエー傘下のオレンジフードコートが、“日本最古のチェーン”として知られる「ドムドムハンバーガ―」をレンブラントホールディングスに売却することが分かった。(2017/5/18)

日本初のハンバーガーチェーン「ドムドムハンバーガー」が事業売却へ
近年店舗数が激減していました。(2017/5/18)

商品企画と仕入れで大手に対抗:
知る人ぞ知るスーパーの一大勢力「ニチリウ」とは
「セブンプレミアム」「トップバリュ」の2大PBに対抗する中堅・中小スーパーの連合勢力の拠点が大阪にある。(2017/5/11)

TechFactory通信 編集後記:
創業100年を控え、試されるパナソニックの本気度
家電中心の総合電器メーカーとして発展してきたパナソニックが、B2Bに重きを置いた改革を進めています。2018年に創業100年を迎える同社の「本気」が問われています。(2017/4/29)

MSから古巣へ:
新しいことを率先してやる存在に パナソニックの樋口氏
日本マイクロソフトから古巣パナソニックに移った樋口泰行氏が「新しいことを率先してやっている存在になりたい」と抱負を語った。(2017/4/21)

残業しまくり「モーレツ社員」は悪か 家電革命起こした“伝説の人物”が物申す
「『モーレツ社員』という考え方自体が否定される日本にしていく」。政府の「働き方改革実行計画」はこううたう。しかし、かつての「モーレツ社員」は危惧している。(2017/4/20)

「これ私食べれた!」数年ぶりのトーストに大感激 小麦アレルギーでも食べられる”米粉パン”に喜びの声
米粉パン、腹持ちもよくて栄養価も高いとか最高かよ。(2017/4/10)

市場は成長見極め:
パナソニック改革、「自前」から「連携」へ
パナソニックが構造改革を加速させている。自前主義からの脱却を掲げ、外部企業との連携を強化。(2017/4/7)

減り続けるバーガー店「ドムドム」 全国を“ドムさんぽ”した「ドムドム連合協会」が語る、今ならではの魅力
ピーク時400店から約50店舗にまで減った、日本初のハンバーガーチェーン「ドムドムハンバーガー」。ファンが今もハマる魅力とは。(2017/3/14)

Microsoft Focus:
パナソニックに復帰のMS樋口会長、古巣で待つ新事業とは
25年振りに古巣、パナソニックに復帰する樋口泰行氏。同氏が担当するコネクティッドソリューションズは、どんな新事業を展開するのか。(2017/3/4)

コロンとしてかわいいドラえもん&ドラミちゃんの和菓子 12月30、31日に登場!
ドラえもんと一緒の年越し。(2016/12/29)

「ポケモンGO」、イオングループ店舗がポケストップやジムに
駐車場ではプレイ禁止。(2016/12/7)

○○駅の拠点力(武蔵小杉編):
急速に発展する武蔵小杉、駅周辺はどんなところなのか
武蔵小杉のタワーマンションの高さがすごい。映画『シン・ゴジラ』でも二度目の上陸の際、ゴジラとほとんど高さが変わらなかったほど。今回は、急速に発展している武蔵小杉駅に迫る。(2016/11/17)

○○駅の拠点力(赤羽編):
交通の便がいい「赤羽」は、どんな街なのか
街歩きの番組で「庶民的な街」「昼から飲める街」として、東京都・北区の赤羽がよく取り上げられている。そんな赤羽は、どのような特徴があるのだろうか。(2016/10/21)

イオン、53億円の最終赤字 16年3〜8月期決算
GMS事業の業績悪化が続くイオンは、2016年3〜8月の連結決算で53億7200万円の最終赤字を記録した。(2016/10/5)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
出店加速! なぜ「鳥貴族」は“全品280円”でも成長できるのか
若者の酒離れ、居酒屋離れが強まっているといわれる中、その流れと逆行するように業績を伸ばしているのが「鳥貴族」だ。同店の成功の秘密を解説していく。(2016/7/6)

オリックスが1試合22失点の圧倒的大敗 衝撃の「22-6事件」にバファローズポンタさんから表情が消える
おお、もう……。(2016/5/25)

高橋名人が語る:
高橋利幸が「高橋名人」になった日
ファミコンブームの訪れとともに誕生した「高橋名人」。ハドソンの宣伝部に所属する一社員がどのような経緯で名人へと生まれ変わったのでしょうか。当時の裏側のエピソードを交えて高橋名人が語ります。(2016/5/25)

コンビニ探偵! 調査報告書:
現場は影響あるの? セブン-イレブンの“ドタバタ劇”
鈴木敏文会長が退陣したことで、セブン&アイ傘下のセブン-イレブンには、どのようなインパクトがあるのだろうか。今回は、筆者の経験談を交えながら、コンビニ店舗が受ける影響と変化についてご紹介する。(2016/5/13)

四次元ポケットやしっぽまで全部食べられるドラえもんの和菓子、4月30日に発売 こどもの日にいいかも! 
ひみつ道具・ミニドラえもんも登場。(2016/4/28)

弱ペダ×ビックリマン 「弱ペダマンチョコ」4月12日からイオン限定で先行発売!
シークレットシールには小野田君や巻島さんの限定レアイラストが!(2016/4/12)

視点:
TPP/IoT時代を生き抜く「農業4.0」のすすめ
TPPが大筋合意された状況を受けて、産業界で急速に普及・進展しつつあるIoTを活用し、脅威をチャンスに捉える日本農業の第四次構造改革の在り方を考察していく。(2016/2/25)

星7つ! 江崎グリコ「ポッキー かさね抹茶」をレビュー!
今回選んだのは江崎グリコの「ポッキー かさね抹茶」(149円/税込、店頭価格)だ。(2016/2/15)

2009年ごろからバタバタと:
ショッピングモールが死んでいく
廃墟と化したデッドモールは全世界共通。子連れの母親や老人たちの暇つぶしの場となり、購買意欲のある若者は少ない。家族と車、前世紀的ライフスタイルに依拠した郊外型モールという業態は、死に向かっている。(2015/12/7)

星7つ! カゴメ「スーパーベジ 高ポリフェノール人参ミックス スマートPET」をレビュー!
今回選んだのはカゴメの「スーパーベジ 高ポリフェノール人参ミックススマートPET」(235円/税込、店頭価格)だ。(2015/10/21)

星6つ! 日本ギリシャヨーグルト「アテナ ギリシャヨーグルト」をレビュー!
今回選んだのは日本ギリシャヨーグルト(製造:茨城乳業)の「ギリシャヨーグルト」(537円/税込、店頭価格)だ。(2015/10/6)

星5つ! 日清「なだ万監修 和だしの麺 蟹だし味噌らーめん」をレビュー!
今回選んだのは日清食品の「なだ万監修 和だしの麺 蟹だし味噌」(184円/税込み、店頭価格)だ。(2015/9/15)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
21世紀のビジネスに大事なのは「モノ」より「共感」――10年後も生き残るための4つの考え方
来るべき新たな波に乗るために。10年後のあなたの場所を確保するために、知っていたほうがいいこととは?(2015/9/10)

GMS凋落、地方再編:
今、スーパーマーケットが大転換期を迎えた
流通大手の総合スーパー(GMS)事業の不振や、地方を中心とした業界再編など、日本のスーパーマーケット業界を取り巻く動きが目まぐるしく変化している。特集「スーパーマーケットが生き残る道」では、そうした状況下での各社の取り組みなどを見ていく。(2015/8/4)

出版業界ニュースフラッシュ 2015年7月第3週
第153回「芥川賞」の受賞作『火花』が増刷で100万部突破。ほか、イオングループの未来屋書店と、ダイエーの子会社であるアシーネの合併が発表されています。(2015/7/21)

ダイエー、購入商品の配達サービス「アッシーくん」導入拡大 15年度中に15店舗に
ダイエーは、店舗で購入した商品を3時間以内に自宅に届ける「アッシーくん」の導入店舗を拡大する。(2015/6/26)

GMS事業など不振:
イオンが業績予想を修正 2015年2月期純利益は23%減
消費税増税などを煽りを受け、イオンが2015年2月期の業績予想を修正した。純利益は350億円に引き下げた。(2015/3/23)

ツートップ新体制でさらなる成長へ:
日本マイクロソフトの平野新社長は「グローバルな“道産子”」
7月1日付の新経営体制について、日本マイクロソフトが記者会見を実施。新会長となる樋口泰行氏、新社長となる平野拓也氏が、新体制の狙いやそれぞれの思いを語った。(2015/3/2)

知っているようで知らない「正しい印紙の貼り方」:
税理士や税務職員さえもよく分からない? 印紙税のしくみ
印紙税は、仕組みさえちゃんと理解すればアイデア次第でいくらでも節税できる、ユニークな税金でもあるのです。(2015/2/10)

知っているようで知らない「正しい印紙の貼り方」:
「修理承り票」に印紙を貼らず3300万円の過怠税
法人税と比べると印紙税は金額も小さく目立たない税金です。しかし、きちんと理解しないまま余計な印紙を貼っていたり、逆に納付漏れを指摘されて多額な追徴課税を納める羽目に――なんてことも。甘く見ていると、痛い目にあいますよ。(2015/2/3)

「反対の声が多いときほどチャンスはある」“革命児”のビジネス思考術とは?
「Loppi」開発にたずさわり、チケット販売に革命をもたらした小林俊雄さんインタビュー(2014/12/25)

ローソン「Loppi」の“仕掛け人”がサービス業界を変える?
飲食業界のブラック化を改善するIT技術とは。(2014/12/9)

かつての流通の雄:
ダイエーはなぜ衰退したのか
「ダイエー」が姿を消す日がやってくる。1980年に日本の小売業で初の年間売上高1兆円を突破するなど一時代を築いてきたが、その名が間もなく消える。(2014/12/1)

【速報】 プロ野球パ・リーグ ソフトバンクが3年ぶりリーグ優勝
延長10回でオリックスにサヨナラ勝ちを決めた。(2014/10/2)

【連載】マーケティングオートメーション& SFA時代に問われる「稼ぐ力」:
第4回 経営資源を量から質へシフトせよ
営業現場にSales Force Automation(以下SFA)が浸透し、マーケティングオートメーション(以下MA)によってマーケティング部門が強化されることで、営業部門の役割が変化しようとしている。営業部門に期待される役割の変化を時代の変遷に沿って考察する。(2014/9/18)

「誰でも社会に果たす役割を持っている」社会起業家のメッセージ
地雷除去や元子ども兵社会復帰の支援のためのNPOを立ち上げ、講演などを通して啓発活動などを行ってきた鬼丸昌也さん。今回は、鬼丸さんご本人にお話を伺いました。(2014/6/17)

気鋭の経営者に聞く、組織マネジメントの流儀:
「外食産業の社会的地位向上」という理念のもと、永遠に成長し続ける組織を作る
会社は社会の公器。全国にチェーン展開をして規模を拡大することで、社会に貢献できる。大きくするために必要な組織のありかた、そして人材とは。(2014/4/25)

藤田正美の時事日想:
欧州中央銀行の政策金利が史上最低に、景気回復への方策は?
欧州中央銀行(ECB)の政策金利が低下し、ユーロ圏が再びデフレに陥るリスクが高まった。ECBが欧州内の銀行をまとめ上げ、地盤の強化を図る必要があるが、その障害は多く厳しい道のりになる。(2013/11/13)

ハロウィン明けから成人の日まで――イオン「SPECIAL 10WEEKS!」、福袋2014万円の中身は?
イオングループは11月1日から、合計約3万店舗で「AEON SPECIAL 10WEEKS!」を展開している。期間中はワイン、グルメ、福袋などを提案する予定だ。(2013/11/5)

カイモノマーケティング:
真夏にこんぶ茶を売れ! 季節外れに潜在需要を掘り起こしたO2O事例
スマートフォンなどを使ってオンラインで客の興味を喚起し、実店舗に送客するO2O。この夏、ダイエー碑文谷店で行われた取り組みでは、こんぶ茶の販売数が前年比450%増にもなりました。(2013/10/4)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/9/9)

写真投稿によるリアルタイムの情報提供を開始する店舗も増加:
クックパッドの「特売情報」、登録ユーザーが50万人を突破
クックパッドは7月3日、クックパッド上で近所のスーパーの特売情報と合わせたレシピ検索を可能にするサービス「特売情報」の登録ユーザーが50万人を突破したと発表した。(2013/7/4)

docomo Wi-Fi、阪急電鉄宝塚線や心斎橋筋商店街などにエリア拡大
ドコモが、公衆無線LANサービス「docomo Wi-Fi」のサービスエリアを、阪急電鉄宝塚線や心斎橋筋商店街などに拡大した。(2013/6/28)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。