ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

  • 関連の記事

「Dalvik」最新記事一覧

Androidセキュリティ技術の最前線(3):
不正Androidアプリの大量生産はどうすれば防げるのか
Androidアプリをめぐるセキュリティ対策技術について解説する本連載。第3回は、不正アプリが生み出される仕組みとそれを妨害するための対策について解説する。(2016/4/27)

Appleのオープンソース開発言語SwiftをAndroidに採用?
OracleとのJava訴訟問題が関係してる?(2016/4/9)

最新スマートフォン徹底比較:
2015年前半の要注目SIMフリースマホを徹底比較――スタミナ&ベンチマークテスト編
注目のSIMロックフリースマートフォンを比較するレビューの後編では、バッテリーの持ち(YouTubeの連続再生と静止画の連続表示)を測るテストと、ベンチマークテストを実施した。(2015/8/21)

最新スマートフォン徹底比較(2015年夏モデル編):
ヨドバシAkibaで夏モデル18機種を一斉テスト ベンチマークが最も優秀なスマホはどれ?
夏モデルがずらりと並んだヨドバシAkibaで、ドコモ7機種、au7機種、ソフトバンク4機種のスマホをベンチマークテストしてきた。(2015/8/5)

「Xperia Z4」ロードテスト:
「Xperia Z4」の性能はどこまで向上した?――ベンチマークスコアをZ3と比較
Xperia Z4は、Z3よりも1世代上のプロセッサ「Snapdragon 810」を搭載しているが、どこまで性能が上がったのか? 3つのベンチマークテストで比較してみた。(2015/7/27)

Androidで動く携帯Javaアプリ作成入門(58):
細か過ぎて伝わってないけど開発者が知っておきたいAndroid Mの新機能まとめ
Google I/O 2015で発表された次期版Android M。Google Now on tapで使うアシストAPIや、App Links、App Permissions、省電力のDoze/App Stanby、決済機能Android Payなどで使う指紋認証機能など新機能を分類して紹介。(2015/6/23)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10でAndroidとiOSアプリがそのまま動く!?――「Project Astoria/Islandwood」に迫る
「私たちの夢、それは“Write once, run anywhere”」――まさかMicrosoftからこの言葉を聞ける日が来るとは。(2015/5/13)

Google Playも実は使える:
“税別5980円”の7型Androidタブレットは買いか?――ドン・キホーテ「カンタンPad」速攻レビュー
あのドン・キホーテが激安タブレットを発売した。ディスカウントならお手の物と言わんばかりに、“税別5980円”という衝撃的な安さを実現した7型Androidタブレットだ。果たしてどこまで使えるのか、発売日に購入して試してみた。(2014/11/6)

Androidにも注力するDell:
“2万円台”でSIMフリーLTE+高精細液晶の8型Androidタブレット――「Venue 8」は買いか?
デルの「Venue 8(3000シリーズ)」は、1920×1200ピクセル表示の8型IPS液晶、SIMフリーLTE、11ac高速無線LAN、microSDXCスロットまで付いて2万7980円(配送料・税込)のAndroidタブレットだ。その実力をじっくり試してみた。(2014/10/31)

Androidで動く携帯Javaアプリ作成入門(53):
変わらないと生き残れないAndroid Lの新機能まとめ
新しいUIテーマ「Material Design」や、新しいランタイム「ART」、生まれ変わったNotification、Android TVアプリ、グラフィックス、マルチメディア、ストレージ、ネットワーク周りなどの新機能をテーマ別に紹介します。(2014/7/25)

“次の50億人”をつなげるために:
TVや自動車、ウェアラブル機器……裾野広がるAndroid
Googleの開発者向けカンファレンス「Google I/O 2014」では、「Android L」をはじめ、さまざまなアップデートが発表された。そこからは、Androidがスマートフォンだけではなく、TVやウェアラブル機器、自動車といった分野にまで確実に裾野を広げていることがうかがえる。(2014/6/30)

新しいUIデザイン思想「Material Design」がベース:
Android L、Android Wear、Android TV、Android Autoの開発者向け現状まとめ
米グーグルが「Google I/O 2014」で発表した次期Android「Android L」「Android TV」「Android Auto」の開発者プレビュー、そして「Android Wear」の正式版。これらに対応したアプリを開発するには、どこを見ればいいのか。概要とともに簡単にまとめてみた。(2014/6/27)

Android OSの次期バージョンは「L」――新たな“マテリアルデザイン”を採用
Googleの開発者向けイベント「Google I/O 2014」で、KitKatに続く次期Android OSの見どころが紹介された。(2014/6/26)

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8.1 Update」:
Appleの「Swift」で何やら騒がしい開発言語事情をまとめる
Appleによる新プログラミング言語「Swift」の発表は、一般ユーザーにも開発言語の世界が久しぶりに注目されるトピックだった。現在そして今後の開発言語環境をWindows視点から見ていこう。(2014/6/12)

Googleのサービスはいらぬ!:
欧州で盛り上がる「Android&独自サービス」事情
全世界で8割近いシェアを確保したAndroid。しかし、Androidだったらすべてが同じとは限らない。いま、採用例が増えつつある「自由なAndroid」事情を紹介する。(2014/4/30)

Androidで動く携帯Javaアプリ作成入門(50):
あなたの知らないAndroid SDKの便利tools、14選まとめ
SDKに含まれている便利なツールを、デバッガー/プロファイラー、コード解析/難読化、画像ファイル最適化、アプリ外部のデータリソース操作の4種類に分けて紹介。(2014/3/24)

Androidで動く携帯Javaアプリ作成入門(49):
Android 4.4のメモリ使用状況を把握する3つのツールの使い方
アプリがどのように経時実行しているかを引き出す「procstats」、メモリ使用量の詳細を表示するツール「meminfo」、プロセスの統計情報をGUIで見られる「Process Stats」などを紹介。Dalvik VMのOutOfMemoryErrorとヒープ制御についても。(2014/3/6)

「AQUOS PHONE ZETA SH-01F」の“ここ”が知りたい 第5回:
ベンチマークテストで「AQUOS PHONE ZETA SH-01F」の実力を測る
SH-01Fのここ知り第5回は、そのハイエンドモデルとしての性能を検証すべくベンチマークテストを行った。また、起動・再起動にかかる時間も調べている。(2013/12/24)

やってわかったことがいくつか:
GALAXY Note 3の性能をベンチマークテストで検証する
操作機能の進化を強く訴求するGALAXY Note 3は、Snapdrgon 800シリーズの採用などハードウェアも進化した。その実力をベンチマークテストで試してみる。(2013/10/21)

Androidで動く携帯Javaアプリ作成入門(40):
動的クラスローディングでAndroidアプリ“裏”開発
アプリ実行時の可能性を拡げるClassLoaderの使い方をサンプルとともに解説。JARをDEXに変換する方法や4つの注意点も。(2013/2/18)

2013 International CES:
「Haswell」より重要かもしれない「Lexington」
2013年のIntelは、「Haswell」のリリースが最重要課題……、というのは間違いないが、それに劣らず、いや、それ以上に重要な課題を抱えているのかもしれない。(2013/1/17)

Android技術者認定試験「ACE」ドリル(14):
Android技術者スキルを総点検! ――【全13問】ACE合格への道
Androidアプリケーション開発の“ベーシックなスキル”を習得し、ACE(OESF Authorized Certification Engineer for Android)合格を目指す本連載。最終回では、これまでお届けした演習の総復習を行う。全13問、あなたは何問解けるかな?(2012/7/13)

Android技術者認定試験「ACE」ドリル(13):
Androidのデバッグ機能
今回は、最後の単元であるAndroidの「デバッグ機能」に関する問題に挑戦する。演習問題に取り組むだけでなく、実際にツールを使いながら知識を身に付けるといいだろう。(2012/6/20)

ビジネスアプリナビ:
起動中のアプリをRPG風に終了 「たす狩る」
裏で起動中のアプリを終了するのは面倒なものだが、このアプリなら楽しみながら操作できる。(2012/6/6)

Android技術者認定試験「ACE」ドリル(12):
Androidの開発機能
今回は「開発機能」に関する演習問題に取り組む。Androidアプリケーションの開発に用いられる“ツール”についてきちんと押さえておこう。(2012/5/24)

ビジネスニュース 企業動向:
Googleが「MIPS版」Androidにてこ入れ
ほとんどのAndroidタブレットはARMプロセッサコアを搭載している。だが、プロセッサコアの候補は他にもある。「MIPS」と「x86」だ。GoogleはMIPS対応に力を入れている。まずMIPS用コンパイラを投入し、数カ月以内にはMIPS向けのABI(Application Binary Interface)をAndroidに追加する。MIPS採用はコスト面で有利であり、性能も十分だという。(2012/4/19)

Androidアプリ開発テスト入門(5):
Android Mockを利用してHTTP通信をテストするには
日本Androidの会テスト部が、いままで培ってきたAndroidアプリ開発におけるテストのノウハウを、実際のテストコード例とともに紹介していきます(2014/6/2)

萩原栄幸が斬る! IT時事刻々:
Android OSから見たセキュリティ対策ソフトの制約
スマートフォンブームの影で、特にAndroidスマートフォンを狙う不正プログラムの増加が指摘されている。対策ソフトなども数多く登場しているが、これらは本当に有効なのだろうか――。(2011/12/26)

たまねぎIT戦士のEVO体験記:
最終回 OSアップデートでEVO WiMAXの“弱点”が減ってきた
待ちに待ったAndroid 2.3へのアップデートを経て、EVO WiMAXでキャリアメールが使用可能になった。OSアップデートを繰り返し、着実に使いやすい端末になってきていると思う。ついにbiblioを解約してEVO WiMAXの1台持ちにしたが、ケータイとしての機能はどうなのだろう。(2011/10/17)

Androidセミナーレポート:
デバッガベンダーが語る「Android」とは?
「AndroidはLinuxとは違う」――。組み込み開発分野におけるデバッグ環境を提供する京都マイクロコンピュータが開発者向けにセミナーを開催し、Androidの開発を行う上でのヒントとなる情報を披露した。(2011/9/16)

電子ブックレット(組み込み開発):
ESEC 2010 Androidとジェスチャインタフェースに注目集まる
Androidの高速起動に関する技術や、Androidの特長の1つであるJava仮想マシンDalvik VMを改良して、アプリケーションプログラム全体の高速化を図る動きがあった。ジェスチャインターフェイスでは、利用者の手の動きを何らかの手法で数値情報に変える必要がある。利用者の動きを数値情報に変える仕組みに各社の違いが見られた。(2011/2/15)

Androidで動く携帯Javaアプリ作成入門(22):
開発者が知って得するAndroid 2.3の新機能18選
(2011/1/27)

Embedded Android for Beginners(Android基礎講座):
第4回 GoogleがAndroidで狙うもの
Googleはサービスの無料化によって競争相手のビジネスモデルを壊して競争を無効にしています。Googleの本当の戦場は検索と広告ですが、これまでの買収を振り返ると検索や広告の規模を大きくする側面支援につながるものでした。広告ビジネスを柱とする会社がなぜAndroidを始めたのか、このように考えると合点がいきます。(2010/11/11)

Embedded Android for Beginners(Android基礎講座):
第2回 Androidを語るために身につけておきたいスキル
Androidを組み込み機器に採用するかどうか、意思決定の技術的根拠を確かにするスキルが必要です。ソフトウエアの大まかな構造をつかみ、Androidの最新動向、APIなど広く目配りすることが欠かせません。(2010/9/8)

作りながら理解するファイルシステムの仕組み(7):
仮想ファイルシステムのありがたみを知ろう = ファイルシステム種別とスーパーブロックについて =
Linuxカーネルでファイルシステム全体を管理する「ファイルシステム種別」と「スーパーブロック」について解説する(2010/9/1)

Androidで動く携帯Javaアプリ作成入門(19):
XMLレイアウトでAndroidアプリに“設定画面”を追加
(2010/8/19)

Google、Oracleの提訴に反撃――Androidとオープンソースを防衛へ
Googleは「Oracleが根拠のない訴訟によって、GoogleとオープンソースのJavaコミュニティーを攻撃しようとしていることに失望した」と語った。(2010/8/17)

Oracle、Googleを提訴――AndroidのJava特許侵害で
OracleによるJavaをめぐるGoogleの提訴に驚いた向きは多いが、Javaの生みの親であるジェームズ・ゴスリング氏など、一部の人々にとっては予想通りのことのようだ。(2010/8/16)

Google、「Android 2.2 SDK」を発表 iTunes対抗の音楽機能も披露
将来的にはAndroid Marketで音楽コンテンツを購入したり、PCの音楽ライブラリのコンテンツをストリーミングできるようになる。(2010/5/21)

Android 2.2発表、Flashやテザリングをサポート
Android 2.2はバージョン2.1よりも2〜5倍高速で、Flash対応、テザリングなどの新機能を備えている。(2010/5/21)

組み込み技術:
【ESEC 2010】Androidが遅い!高速化に挑戦する取り組みに注目
Androidは公開直後からスマートフォンだけでなく、家電などの組み込み機器への応用が始まっている。ところが、Androidには大きな問題があるという業界関係者が増えてきている。「第13回組込みシステム開発技術展(ESEC 2010)」では、この問題を解決する技術のデモンストレーションを複数の企業のブースで見ることができた。(2010/5/18)

Androidで動く携帯Javaアプリ作成入門(15):
Android NDKでJNIを使用してアプリを高速化するには
(2010/3/17)

Androidの脆弱性情報が開示、Googleがパッチで対処
Googleの携帯電話プラットフォーム「Android」にDoSの脆弱性が2件存在していた。(2009/10/12)

Androidで動く携帯Javaアプリ作成入門(10):
Androidのホーム画面に常駐するアプリを作るには
本連載で、SDKとEclipseを使ってAndroidの携帯端末で動くJavaアプリを作成し、Android Marketでの配布を目指しましょう(2009/9/28)

Androidで動く携帯Javaアプリ作成入門(6):
AndroidでSQLiteのDB操作をするための基礎知識
本連載で、SDKとEclipseを使ってAndroidの携帯端末で動くJavaアプリを作成し、Android Market配布を目指しましょう(2009/5/20)

組み込み技術:
用途は携帯電話機だけでない、組み込み機器に向くAndroid
2008年11月19〜21日に横浜で、組み込み機器の開発者やソフトウェア・エンジニアに向けた展示会「組込み総合技術展 2008」が開催された。なかでも、OHA(Open Handset Alliance)が提供するソフトウェア「Android」に関する出展が多く、来場者の注目を集めていた。(2008/12/15)

Androidで動く携帯Javaアプリ作成入門(1):
Android Market配布を目指しEclipseでHelloWorld!
本連載で、SDKとEclipseを使ってAndroidの携帯端末で動くJavaアプリを作成し、Android Marketでの配布を目指しましょう。ドコモやauでも端末が発売されるAndroid。その前に自分が作ったアプリを配布できるようにしておくと大きなチャンスです! (2008/12/8)

安藤幸央のランダウン(42):
開発者が知っておくべきJavaと仮想マシンの歴史
「Java News.jp(Javaに関する最新ニュース)」の安藤幸央氏が、CoolなプログラミングのためのノウハウやTIPS、筆者の経験などを「Rundown」(駆け足の要点説明)でお届けします(編集部)(2008/9/4)

小山博史のJavaを楽しむ(9):
Google Android用携帯アプリ作成のための基礎知識
教育界、技術者コミュニティでJava言語の教育と啓蒙に長年携わってきた筆者が、独自の視点からJavaの面白さを掘り下げていく。(編集部) (2007/12/3)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。