ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「団塊の世代」最新記事一覧

関連キーワード

移住後の「働き方」に迫る:
若手の「U・Iターン」が増加、成功するには
ふるさと回帰支援センターが、地方移住希望者の傾向などを発表。(2016/11/28)

“暴走高齢者”どう防ぐ 認知症、運動能力低下……交通死亡事故の3割に65歳以上
80歳以上の高齢ドライバーによる死亡事故が増えており、社会全体での対策が急務となっている。(2016/11/22)

会員制リゾートホテル復活、人気のワケは「日本人だけ!」
バブル崩壊で憂き目にあった会員制リゾートホテルが、活況を取り戻している。株式相場が一時期の低迷から脱し、富裕層が再びぜいたくを楽しみ始めたほか、安い会員権も増え、市場が広がってきた。(2016/11/4)

「史上最大の崖っぷちに追い込まれております」―― コミックビームが突然の「緊急事態宣言」 漫画雑誌はこの先生きのこれるのか
今、漫画雑誌に何が起こっているのか、コミックビームの奥村勝彦“編集総長”に聞きました。(2016/10/14)

kintone cafe、JAWS-UGに積極参加
ヤマハ発動機がコールセンターをクラウド化、成功の秘訣はコミュニティー活動にあり
ヤマハ発動機は販売店や卸売業者からの注文や問い合わせを受けるためのコールセンターをクラウド化した。同社はクラウドサービスの導入に積極的なだけでなく、コミュニティー活動にも力を入れている。その訳とは。(2016/10/11)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ダイハツの女性仕様車にまだ足りないもの
ダイハツの軽自動車「ムーブ・キャンバス」は女性ターゲットのクルマだという。確かに両側電動スライドドアなど女性の使い勝手を考えた便利な機能が備わっているが、一台のクルマとして本当に女性の喜ぶものになっているのだろうか?(2016/10/3)

マークシート式の試験に運だけで挑戦! 「鉛筆ころがし」でキセキは起こせるのか検証してみた - PR
俺は「鉛筆ころがし」の力を信じる。(2016/9/30)

セミナー開催数は2倍以上:
「田舎暮らし」へのあこがれ――西日本の農漁村が人気
田舎暮らしへのあこがれから、移住を希望する人が関西でも増え始めている。相談者は40代までの子育て世代や若者が6割を占め、和歌山県や岡山県など大阪からも近い西日本の田舎を希望しているのが特徴だ。(2016/9/28)

常見陽平の「若き老害」論:
なぜ日本人は“世代論”が大好きなのか
常見陽平が職場にはびこる「若き老害」という現象を全6回で読み解くシリーズ。第2回は日本人が大好きな「世代論」「世代闘争」が若き老害を生み出している……という話。(2016/8/25)

60歳以上の7割が就労を希望:
定年後に別の企業で「顧問」として働きませんか? シニア紹介サービスが大受け
経験豊富なシニア層の退職を機に、ベンチャーや中小企業の「顧問」として紹介するサービスが登場している。少子高齢化で個人の働く年数が延びる中、シニア層の「顧問」は、新しい受け皿として注目されている。(2016/8/16)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
てんやが天丼チェーンとして“唯一”全国展開できた理由
圧倒的なコストパフォーマンスの高さで人気を博しているてんや――。なぜ天丼チェーンとして“唯一”全国展開できたのか、そのビジネスモデルを解説する。(2016/8/12)

知っておきたい医療のこと:
認知症を予防するには
増え続ける認知症のコントロールは現代社会においては喫緊の課題であり、治療薬も開発されているが、一旦発症すると根治が難しい。確実とはいわないが期待できる予防法はある。(2016/8/3)

クロマグロが回転寿司から消える? 名門「勝浦漁協」破綻の衝撃 水揚げ不振の背景に何が
クロマグロの水揚げ量が減少の一途をたどっている。その背景には何が。(2016/7/14)

クロマグロが回転寿司から消える? 名門「勝浦漁協」破たんの衝撃
日本人が好むクロマグロの水揚げ量が減少の一途をたどっている。日本有数のクロマグロの漁獲量を誇る和歌山県那智勝浦町の「勝浦漁業協同組合」が5月に経営難から破たん・解散したことは、漁業関係者に大きな衝撃を与えた。(2016/7/14)

シルバー層の5割超が「60代は新たな出発の時期」 自己認識は若返り、平均「53歳」
シルバー層の53%が「60代は新たな出発の時期」と捉えている――博報堂生活総研調べ。(2016/6/24)

機械の話題:
見える、見えるぞ! 私にも自分の手が機械に巻き込まれて出血する様子が!!
先日、VRで機械の巻き込まれ事故を体験するという、とあるシステムがTwitterで話題になっていました。一体どんなシステムなのか気になったので、少し調べてみました。開発元にも少しお話をお伺いしました。(2016/6/21)

旅行の申し込みはどのように? 若年層と熟年層で違い
海外旅行市場をみると、2016年に入ってから順調に伸びているが、申し込みはどのようにしているのか。年代別にみると、ちょっと意外な事実が……。(2016/6/13)

高井尚之が探るヒットの裏側:
なぜ「アイスクリーム」市場は伸び続けているのか
ジャーナリスト・経営コンサルタントの高井尚之氏が、人気企業・人気商品の裏側を解説する連載。今回は3年連続で過去最高を記録したアイスクリーム市場と有力ブランドを読み解く。(2016/6/9)

新連載・繁盛店から読み解くマーケティングトレンド:
ランドセルがじわじわと値上がりしている理由
平均単価は約5万円、中には15万円を超えるランドセルも。数年前から小学生向けランドセルの高価格化が進んでいます。そしてまた、値段が高くても売れているのです。その背景にはどのような消費トレンドがあるのでしょうか。(2016/6/8)

鳥嶋和彦、田尻智、シブサワ・コウ―― とんでもないインタビューを量産し続けるサイト「電ファミニコゲーマー」とは何者なのか
電ファミニコゲーマー編集長であり、インタビュー連載「ゲームの企画書」を手がけるリインフォース・平信一さんにお話を聞きました。(2016/6/23)

PR:アナタの会社で「ネットワーク仮想化」ができない理由
クラウドや仮想化が身近になったものの、ネットワークの仮想化は進んでいないという企業は多い。コスト削減や効率化、ビジネスのスピードアップなど、さまざまなメリットがある一方で導入が進まないのには、日本企業の情報システム部門が抱える課題があるという。(2016/5/31)

診療部門ごとにサイロ化したデータを統合するには
全ての医療従事者が“患者中心”の医療を実現する鍵となる「VNA」とは?
「2016国際医用画像総合展」(ITEM 2016)では、院内ワークフローの統合と地域医療連携の鍵となるキーワード「VNA」(Vendor Neutral Archive)に多くの来場者が注目した。この技術が目指すものとは?(2016/5/19)

医療機器ニュース:
アルツハイマー病の早期診断、GEヘルスケアがソリューションで提供する
GEヘルスケア・ジャパンは、東京都内で会見を開き、2016年の事業戦略を説明した。「“2025年モデル”の実現に向けて逆算すると、2016年は具体的に動くべきスタートの1年」(GEヘルスケア・ジャパン 社長の川上潤氏)と位置付け、医療機器メーカーから脱却した「ソリューションカンパニー」(同氏)を目指す。(2016/4/14)

デバイスやツールの性能は整った、あとは会社の制度だ:
「テレワーク」で、オフィスから人が消えた日
平日の昼前にもかかわらず、レノボ・ジャパンのオフィスフロアに人の姿が見えない。みんなどこに行ってしまったの……?(2016/3/4)

マネーの達人:
借金大国の日本が「安全な資産」と言われる3つの理由
2015年6月末時点で国の借金は過去最大の約1057兆円にふくれあがっています。世界一の借金大国となった日本ですが、他国からは「安全な資産」との見方も。今回は、日本が安全な資産と言われる3つの理由を考えてみます。(2016/3/4)

モビリティとイノベーションで働き方を変革――究極のビジネスツール「Think X1」ファミリー発表会(前編)
ThinkPadは、Lenovoを象徴する製品だ。そのプレミアムモデルである「ThinkPad X1」シリーズの2016年モデルは、私たちに「新しい働き方」を提案すべく生まれてきた。その背景を、レノボ・ジャパンの留目社長のプレゼンテーションから探っていこう。(2016/2/10)

片山修のニュース深堀り:
始まった「本物ビール」戦争 ビール離れした消費者を呼び戻せ
酒税見直し案をきっかけに動き出した各ビールメーカー。2015年の国内のビールの課税済み出荷量は、前年比0.1%とわずかながらも19年ぶりに上昇。ビール離れした消費者を呼び戻すことができるのか。(2016/2/3)

神尾寿が語るモバイル業界(1):
スマホ特需が終わった2015年――2016年は「Apple Pay」が風穴を開ける?
スマートフォン黎明(れいめい)期のように、誰もが新機種の情報を求めていた時代は終わり、通信キャリアもスマートフォンの周辺領域の発表に力を入れつつある。モバイル業界に何が起ころうとしているのか?(2016/1/18)

72歳のおじいちゃんが作ったLINEスタンプが大ヒット 本人に制作の秘密を聞いてみた
売上はなんと「現役収入の5倍」に。(2016/1/8)

72歳のおじいちゃんがエクセルで作ったLINEスタンプが強烈すぎると話題に
使いどころが謎すぎる。(2016/1/5)

経沢香保子の「ベンチャー魂は消えない」:
「女性が輝く社会」実現に向けて、私が使命感を持つ理由
「女性がもっと活躍できる世の中を作りたい」。この思いを胸にずっと走り続けてきた。度重なる人生の困難も乗り越えてきた。なぜならば、私がやらなくてはならないという使命感があるからだ。(2015/12/9)

企業の競争力を強化するための人事戦略
こうすれば良かったタレントマネジメントシステム、失敗導入をしないための“5つの鉄則”
海外展開する企業を中心に注目を集める“タレントマネジメント”。導入が増えているが失敗するケースも目立つ。失敗を避けるには人事戦略だけではなく、IT戦略の視点が欠かせない。考慮すべき5つのポイントとは。(2015/12/9)

旧車もいっぱい「レーシング娘。」に昭和のおじさん「うおおおおおお」
スーパーカーも三輪トラックもよりどりみどり。(2015/10/26)

新連載・コンビニ探偵! 調査報告書:
コンビニの年賀状印刷は、あの手この手の作戦
そろそろ年賀状について考える時期だ。10月29日にはお年玉付き官製年賀はがきが発売されるが、既にコンビニ各社は年賀状印刷の受付を開始している。新連載の一本目は、コンビニの年賀状印刷の現状を調査する。(2015/10/22)

医療と食マーケティングと塩分濃度の関係
2014年度、日本の医療費が40兆円を超えた。このままでは団塊の世代が後期高齢者となる2025年度以降に、国家財政が医療費で破たんしかねない。ここにビジネスチャンスがある。(2015/9/28)

医療機器ニュース:
パナソニックが介護関連事業を拡大、歩行支援ロボットなどを2016年度に投入
パナソニックは介護関連事業の売上高を、2014年度の280億円から2018年度に750億円、2025年度に2000億円まで成長させる方針だ。「第42回 国際福祉機器展 H.C.R.2015」で参考出品する歩行アシストロボットなども2016年度をめどに実用化/商品化する計画だ。(2015/9/28)

UD商品戦略が支える三菱の“大人家電”
三菱電機のWebサイトに、新コンテンツ「三菱“大人”家電」がある。シニア向けの家電の提案ということでは、ターゲットをほぼ同じに設定しているパナソニックの「Jコンセプト」のシリーズと似ている。だが決定的な違いがある。それは……。(2015/9/9)

出版社のトイレで考えた本の話:
芥川賞『火花』おめでとー記念 文学賞を2倍楽しむ方法
お笑い芸人・又吉直樹氏の『火花』が、芥川賞を受賞した。芥川賞・直木賞のほかにも、文学・ノンフィクション系には数多くの賞があるが、どのようにして選ばれているのか。そこには大人の事情があるようで……。(2015/8/21)

フォーラムエンジニアリング活用事例(2):
PR:地元志向の優秀な派遣エンジニアで品質を高める/TOTO
地方在住の優れたエンジニアが、住み慣れた地元で職を求めるのは難しい。だがフォーラムエンジニアリングの技術者派遣を活用すれば「地元」で「自分のスキルを生かす」を実現できる。地元での就業を希望する派遣エンジニアを積極的に活用しているTOTOに話を聞いた。(2015/8/25)

出版社のトイレで考えた本の話:
ヘタすりゃワーキングプア!? いまどきの印税事情
本の著者はどのくらいの印税を手にしているのだろうか。人気作家になれば「印税生活」を送れるかもしれないが、そんな夢を実現できるのはひと握り。ひょっとしたら、ワーキングプアに陥っている人も少なくないかも……。(2015/7/23)

海外医療技術トレンド(1):
高齢化社会に挑む米国のヘルスIT戦略とイノベーション
米国と欧州を中心に海外の医療技術トレンドを追う本連載。第1回は、日本と同様にベビーブーマーの高齢化という課題を抱える米国のヘルスIT戦略を紹介する。(2015/7/15)

出版社のトイレで考えた本の話:
「ゴーストライター」のホントのお仕事
「ゴーストライター」と聞いて、「なんだか怪しいなあ」と感じた人も多いのでは。しかし、ビジネス書や実用書などの世界では、非常にポピュラーな存在だ。なぜなら……。(2015/7/9)

新連載・出版社のトイレで考えた本の話:
同じような本が何冊も出てくるワケ
書店に並んでいる本を見て、「よく似たモノが並んでいるなあ」と感じたことがある人も多いのでは。例えば、ピケティの本が話題になると、それに関連する本が相次いで刊行されたが、なぜこうした現象が起きるのか。現役の書籍編集者によると……。(2015/6/18)

ヘルスケアだけで終わらせない医療IT(1):
2025年問題、マイナンバー、改正薬事法――開発者が「唯一の成長市場」ヘルスケア/医療に参入する際の課題とは
医療、ヘルスケアに関連したテクノロジビジネスやスタートアップの動向を、エンジニアやビジネスマンに対して紹介するイベント「Digital Health Meetup Vol.2」の講演「医療政策の動向から読み解く、これからの医療・介護業界」の模様からヘルスケア/医療業界に横たわる課題をまとめてお伝えする。(2015/6/4)

情報共有で医療が変わる、“1患者1カルテ”を目指す静岡県の挑戦
医師不足が叫ばれるなか、情報共有を軸とした業務効率化でサービスの質を向上させようとする取り組みが盛んだ。地域の医療機関が連携できるようにシステムを整備した静岡県。しかし、現場にITシステムが浸透するまでの道のりは平たんなものではなかった。(2015/5/22)

視点:
ドイツに学ぶ中長期視点の経営
低迷する欧州経済内では健闘しているドイツ。産業構成や勤労観が似ているドイツの中長期視点の経営に、強い日本企業を作るヒントを探る。(2015/5/18)

コストだけが問題ではない:
ロボット推進事業関係者が語る、「介護ロボット」が普及しない理由
近年深刻化する介護業界の人手不足を解決すると大きな注目を集めるのが「介護ロボット」だ。しかし、その期待とは裏腹に介護現場ではロボットの導入が進んでいない実情がある。(2015/5/14)

スピン経済の歩き方:
「チューハイ増税」に影響を与える“甲乙戦争”とはなにか
政府・与党が2016年度の税制改革で、チューハイの酒税引き上げを検討している。チューハイは低価格なので、庶民にとってかなりの痛手だが、増税を歓迎している人たちもいる。それは……。(2015/5/12)

お金もセンス:
シニアの不安は「お金」だけなのか 与えられた「10万時間」という恐怖
超高齢化社会を迎える中で、「多くのシニアはお金を使わない」と言われている。「医療費などを考えると、貯蓄を崩すことはできない」といった声をよく耳にするが、問題は本当に「お金」だけなのか。(2015/4/1)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
自分のキャリアデザインは自分で考えるしかない、という現実
バブル大量採用世代&団塊ジュニア世代は現在、働き盛りの40歳代。40代社員が多いという企業は多いはずですが、半面「歳を取っても会社で偉くなれなくなった」のも事実。もし明日、会社から放り出されたら……あなたは次に何の仕事をしますか?(2015/2/16)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。