ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「団塊の世代」最新記事一覧

関連キーワード

「ロスジェネ世代」と「ゆとり世代」の間は 「名前のない世代」と呼ばれる彼らの葛藤を追った
1980年代前半に生まれた現在30代前半の世代に、社会は名前を与えなかった。彼らを形づくってきたものは何なのか。なぜ名前が付かなかったのか――。(2016/5/25)

診療部門ごとにサイロ化したデータを統合するには
全ての医療従事者が“患者中心”の医療を実現する鍵となる「VNA」とは?
「2016国際医用画像総合展」(ITEM 2016)では、院内ワークフローの統合と地域医療連携の鍵となるキーワード「VNA」(Vender Neutral Archive)に多くの来場者が注目した。この技術が目指すものとは?(2016/5/19)

忍び寄る“自治体消滅” おしゃれな港町・神戸でも
兵庫県で人口減少と少子高齢化が広がっている。国も地方創生を掲げて「超高齢化社会」に対応しようとしているが、地方都市は青息吐息だ。(2016/5/13)

医療機器ニュース:
アルツハイマー病の早期診断、GEヘルスケアがソリューションで提供する
GEヘルスケア・ジャパンは、東京都内で会見を開き、2016年の事業戦略を説明した。「“2025年モデル”の実現に向けて逆算すると、2016年は具体的に動くべきスタートの1年」(GEヘルスケア・ジャパン 社長の川上潤氏)と位置付け、医療機器メーカーから脱却した「ソリューションカンパニー」(同氏)を目指す。(2016/4/14)

40代の危機:
バブル期に大量採用したツケ? 次世代シニアに「社内失業」の危機
「次世代シニア」と呼ばれる40代のサラリーマン向けのキャリア研修が増えている。会社人口で突出するこの世代は“社内失業”状態になってしまうリスクが高い。その特性と傾向を、人材育成の専門家に聞いた。(2016/4/12)

16年間で最大787万人減少:
「いつまでも自分は偉いと勘違いしてほしくない!」 老害シニアが生む摩擦
独立行政法人「労働政策研究・研修機構」の試算では、国内の就業者数は平成26年から42年までの16年間に少子高齢化などの影響で最大787万人減少する。(2016/3/25)

デバイスやツールの性能は整った、あとは会社の制度だ:
「テレワーク」で、オフィスから人が消えた日
平日の昼前にもかかわらず、レノボ・ジャパンのオフィスフロアに人の姿が見えない。みんなどこに行ってしまったの……?(2016/3/4)

マネーの達人:
借金大国の日本が「安全な資産」と言われる3つの理由
2015年6月末時点で国の借金は過去最大の約1057兆円にふくれあがっています。世界一の借金大国となった日本ですが、他国からは「安全な資産」との見方も。今回は、日本が安全な資産と言われる3つの理由を考えてみます。(2016/3/4)

モビリティとイノベーションで働き方を変革――究極のビジネスツール「Think X1」ファミリー発表会(前編)
ThinkPadは、Lenovoを象徴する製品だ。そのプレミアムモデルである「ThinkPad X1」シリーズの2016年モデルは、私たちに「新しい働き方」を提案すべく生まれてきた。その背景を、レノボ・ジャパンの留目社長のプレゼンテーションから探っていこう。(2016/2/10)

片山修のニュース深堀り:
始まった「本物ビール」戦争 ビール離れした消費者を呼び戻せ
酒税見直し案をきっかけに動き出した各ビールメーカー。2015年の国内のビールの課税済み出荷量は、前年比0.1%とわずかながらも19年ぶりに上昇。ビール離れした消費者を呼び戻すことができるのか。(2016/2/3)

介護離職ゼロへ企業の本気度 セミナーや手厚い資金……仕事との両立支援
介護を理由とする離転職者が年間10万人超という事態を受け、介護離職ゼロを掲げる政府は今年、介護休業制度の見直しに乗り出す。介護を担う中高年層は管理職や経営幹部など職場で重要な役割を担う世代で、人材流出は企業にとって深刻な問題だ。(2016/1/29)

神尾寿が語るモバイル業界(1):
スマホ特需が終わった2015年――2016年は「Apple Pay」が風穴を開ける?
スマートフォン黎明(れいめい)期のように、誰もが新機種の情報を求めていた時代は終わり、通信キャリアもスマートフォンの周辺領域の発表に力を入れつつある。モバイル業界に何が起ころうとしているのか?(2016/1/18)

仕切りたがる「オレ様」急増で衰退か ゲートボール人口が減少、20年で5分の1に
ゲートボール人口が減っている。シニアスポーツの最近の主流はグラウンド・ゴルフといい、フィットネスクラブなども人気だ。その背景には――。(2016/1/14)

72歳のおじいちゃんが作ったLINEスタンプが大ヒット 本人に制作の秘密を聞いてみた
売上はなんと「現役収入の5倍」に。(2016/1/8)

72歳のおじいちゃんがエクセルで作ったLINEスタンプが強烈すぎると話題に
使いどころが謎すぎる。(2016/1/5)

男の挑戦くじく「嫁ブロック」とは 「妻の反対で内定辞退……」 業界用語からみる夫婦の新たな関係
「妻が反対するので内定を辞退します」――夫の転職や起業が妻の鶴の一声でご破算になる「嫁ブロック」という言葉が浸透しつつある。(2016/1/5)

経沢香保子の「ベンチャー魂は消えない」:
「女性が輝く社会」実現に向けて、私が使命感を持つ理由
「女性がもっと活躍できる世の中を作りたい」。この思いを胸にずっと走り続けてきた。度重なる人生の困難も乗り越えてきた。なぜならば、私がやらなくてはならないという使命感があるからだ。(2015/12/9)

企業の競争力を強化するための人事戦略
こうすれば良かったタレントマネジメントシステム、失敗導入をしないための“5つの鉄則”
海外展開する企業を中心に注目を集める“タレントマネジメント”。導入が増えているが失敗するケースも目立つ。失敗を避けるには人事戦略だけではなく、IT戦略の視点が欠かせない。考慮すべき5つのポイントとは。(2015/12/9)

旧車もいっぱい「レーシング娘。」に昭和のおじさん「うおおおおおお」
スーパーカーも三輪トラックもよりどりみどり。(2015/10/26)

新連載・コンビニ探偵! 調査報告書:
コンビニの年賀状印刷は、あの手この手の作戦
そろそろ年賀状について考える時期だ。10月29日にはお年玉付き官製年賀はがきが発売されるが、既にコンビニ各社は年賀状印刷の受付を開始している。新連載の一本目は、コンビニの年賀状印刷の現状を調査する。(2015/10/22)

医療と食マーケティングと塩分濃度の関係
2014年度、日本の医療費が40兆円を超えた。このままでは団塊の世代が後期高齢者となる2025年度以降に、国家財政が医療費で破たんしかねない。ここにビジネスチャンスがある。(2015/9/28)

医療機器ニュース:
パナソニックが介護関連事業を拡大、歩行支援ロボットなどを2016年度に投入
パナソニックは介護関連事業の売上高を、2014年度の280億円から2018年度に750億円、2025年度に2000億円まで成長させる方針だ。「第42回 国際福祉機器展 H.C.R.2015」で参考出品する歩行アシストロボットなども2016年度をめどに実用化/商品化する計画だ。(2015/9/28)

UD商品戦略が支える三菱の“大人家電”
三菱電機のWebサイトに、新コンテンツ「三菱“大人”家電」がある。シニア向けの家電の提案ということでは、ターゲットをほぼ同じに設定しているパナソニックの「Jコンセプト」のシリーズと似ている。だが決定的な違いがある。それは……。(2015/9/9)

出版社のトイレで考えた本の話:
芥川賞『火花』おめでとー記念 文学賞を2倍楽しむ方法
お笑い芸人・又吉直樹氏の『火花』が、芥川賞を受賞した。芥川賞・直木賞のほかにも、文学・ノンフィクション系には数多くの賞があるが、どのようにして選ばれているのか。そこには大人の事情があるようで……。(2015/8/21)

フォーラムエンジニアリング活用事例(2):
PR:地元志向の優秀な派遣エンジニアで品質を高める/TOTO
地方在住の優れたエンジニアが、住み慣れた地元で職を求めるのは難しい。だがフォーラムエンジニアリングの技術者派遣を活用すれば「地元」で「自分のスキルを生かす」を実現できる。地元での就業を希望する派遣エンジニアを積極的に活用しているTOTOに話を聞いた。(2015/8/25)

出版社のトイレで考えた本の話:
ヘタすりゃワーキングプア!? いまどきの印税事情
本の著者はどのくらいの印税を手にしているのだろうか。人気作家になれば「印税生活」を送れるかもしれないが、そんな夢を実現できるのはひと握り。ひょっとしたら、ワーキングプアに陥っている人も少なくないかも……。(2015/7/23)

海外医療技術トレンド(1):
高齢化社会に挑む米国のヘルスIT戦略とイノベーション
米国と欧州を中心に海外の医療技術トレンドを追う本連載。第1回は、日本と同様にベビーブーマーの高齢化という課題を抱える米国のヘルスIT戦略を紹介する。(2015/7/15)

出版社のトイレで考えた本の話:
「ゴーストライター」のホントのお仕事
「ゴーストライター」と聞いて、「なんだか怪しいなあ」と感じた人も多いのでは。しかし、ビジネス書や実用書などの世界では、非常にポピュラーな存在だ。なぜなら……。(2015/7/9)

新連載・出版社のトイレで考えた本の話:
同じような本が何冊も出てくるワケ
書店に並んでいる本を見て、「よく似たモノが並んでいるなあ」と感じたことがある人も多いのでは。例えば、ピケティの本が話題になると、それに関連する本が相次いで刊行されたが、なぜこうした現象が起きるのか。現役の書籍編集者によると……。(2015/6/18)

ヘルスケアだけで終わらせない医療IT(1):
2025年問題、マイナンバー、改正薬事法――開発者が「唯一の成長市場」ヘルスケア/医療に参入する際の課題とは
医療、ヘルスケアに関連したテクノロジビジネスやスタートアップの動向を、エンジニアやビジネスマンに対して紹介するイベント「Digital Health Meetup Vol.2」の講演「医療政策の動向から読み解く、これからの医療・介護業界」の模様からヘルスケア/医療業界に横たわる課題をまとめてお伝えする。(2015/6/4)

情報共有で医療が変わる、“1患者1カルテ”を目指す静岡県の挑戦
医師不足が叫ばれるなか、情報共有を軸とした業務効率化でサービスの質を向上させようとする取り組みが盛んだ。地域の医療機関が連携できるようにシステムを整備した静岡県。しかし、現場にITシステムが浸透するまでの道のりは平たんなものではなかった。(2015/5/22)

視点:
ドイツに学ぶ中長期視点の経営
低迷する欧州経済内では健闘しているドイツ。産業構成や勤労観が似ているドイツの中長期視点の経営に、強い日本企業を作るヒントを探る。(2015/5/18)

コストだけが問題ではない:
ロボット推進事業関係者が語る、「介護ロボット」が普及しない理由
近年深刻化する介護業界の人手不足を解決すると大きな注目を集めるのが「介護ロボット」だ。しかし、その期待とは裏腹に介護現場ではロボットの導入が進んでいない実情がある。(2015/5/14)

スピン経済の歩き方:
「チューハイ増税」に影響を与える“甲乙戦争”とはなにか
政府・与党が2016年度の税制改革で、チューハイの酒税引き上げを検討している。チューハイは低価格なので、庶民にとってかなりの痛手だが、増税を歓迎している人たちもいる。それは……。(2015/5/12)

お金もセンス:
シニアの不安は「お金」だけなのか 与えられた「10万時間」という恐怖
超高齢化社会を迎える中で、「多くのシニアはお金を使わない」と言われている。「医療費などを考えると、貯蓄を崩すことはできない」といった声をよく耳にするが、問題は本当に「お金」だけなのか。(2015/4/1)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
自分のキャリアデザインは自分で考えるしかない、という現実
バブル大量採用世代&団塊ジュニア世代は現在、働き盛りの40歳代。40代社員が多いという企業は多いはずですが、半面「歳を取っても会社で偉くなれなくなった」のも事実。もし明日、会社から放り出されたら……あなたは次に何の仕事をしますか?(2015/2/16)

お金もセンス:
ランキング大好きな日本人が、金融商品を選ぶ決め手
「みんなが選ぶ金融商品はコレ」「豊かな老後を送るには1億円が必要」といった売り文句を聞いたり、目にしたことがある人も多いのでは。しかし、こうした広告に、筆者の森永氏は「注意しなければいけない」という。その理由は……。(2015/2/12)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
親戚へのあいさつ回りで出会った、ビックリなセキュリティ話
新年のような機会では久々に会う親戚も多い。情報セキュリティの観点では、いつもとは違って驚くような、ある意味では新鮮なシーンに出会うので、そのエピソードを紹介しよう。(2015/1/23)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
健康医療のビッグデータ活用とリスク対応における欧米の足並みとは?
ビッグデータ活用の有力分野の1つとなる健康・医療では欧米が大西洋を越えた連携を進める。高まるプライバシーやセキュリティのリスクへの対応を含めた動向を紹介しよう。(2015/1/7)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
超高齢化社会に向けて、あなたができること
今年の年末は選挙です。何を基準に投票すれば良いのか分からない選挙になる予感がしますが、避けて通れない論点の一つは「日本が超高齢化していくことに、どう対応するか」ではないでしょうか。(2014/11/25)

藤田正美の時事日想:
安倍首相は何のために解散するのか
消費税10%への引き上げを延期し、11月21日に衆議院を解散すると発表した安倍首相。このタイミングで解散する理由を「増税の実行は前回の公約に入っていなかったから」と説明しているが、解散などしている暇はあるのだろうか?(2014/11/19)

脳を強くする56の習慣:
香りと記憶は、切っても切れない関係
単純に記憶するよりも、何かと結びつけたほうが記憶力はアップします。香りは記憶を引き出しやすくするのです。(2014/10/27)

あのストリート系雑誌6年ぶりに復活 山口一郎編集長に聞く“『Boon』復刊の理由”
6年ぶりに復刊した『Boon』。山口一郎編集長にその経緯を伺いました。(2014/10/16)

博報堂生活総研・吉川昌孝の「常識の変わり目」:
え? 「過半数が50歳以上」に──2023年のニッポン、一体どうなる?
「昔はこうだったのに」──。これまでの常識とは違うことが常識になりつつあると感じる事象はありませんか。データで読み解くと、常識の変わり目が見えてきます。今回は、「過半数が50歳以上」になると予測される日本の人口分布についての変わり目を探ります。(2014/10/14)

博報堂生活総研・吉川昌孝の「常識の変わり目」:
10軒に1軒以上が「空き家」──空き家率の上昇は、いいこと? 悪いこと?
「昔はこうだったのに」──。これまでの常識とは違うことが常識になりつつあると感じる事象はありませんか。データで読み解くと、常識の変わり目が見えてきます。今回は、13.5%に達した空き家から「新しい住まい方」の変わり目を探ります。(2014/9/9)

ハフィントンポスト日本版に新編集長 初代・松浦氏は退任
ブログメディア「ハフィントンポスト」日本版の編集長が交代。ライブドアやグリーで新メディアを立ち上げた経験を持つ初代編集長・松浦茂樹氏が退任し、「ジェーンズ・ディフェンス・ウィークリー」で東京特派員を務めていた高橋浩祐氏に引き継ぐ。(2014/9/8)

BIGで10億円当たったら、そのお金で文化放送を1日好きにしていい権利をやろう
なんかおかしい。(2014/8/22)

FA メルマガ 編集後記:
ウェアラブル端末で進む“ヒト”オートメーション化
機械化人間ではなくあくまでも支援であってほしい。(2014/8/15)

日本の公教育の実情と現場教師の本音:
どうする? 近い未来、学校は若い教師でいっぱいに
これから5年も経つと、団塊世代の教師が一斉に退職する。その後は少ないベテラン・中堅教師と多くの若手が学校を構成し、教育現場は、経験したことのない課題に直面する。今回は、教員の年齢構成および、離職者数とその理由について考えてみよう。(2014/8/8)

マッキンゼー流入社1年目 ロジカルシンキングの教科書:
そのセール品、本当に“買い”なのか――マッキンゼー流“衝動買い防止法”
耳に入ってきたニュースの裏を考えること、たまたま通りかかった店の前で購入前に考えること――深い思考(クリティカルシンキング)を鍛える場面は日常のいろんなところに潜んでいます。(2014/7/24)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。