ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

Dell XPS に関する記事 Dell XPS に関する質問

「Dell XPS」最新記事一覧

注目のWindows“2-in-1”デバイス
徹底レビュー:テントモードって何? タブレット+ノートPC「XPS 11」の四変化を全部見せる
360度回転できるヒンジを採用し、ノートPCとしてもタブレットとしても利用できる米Dellの「XPS 11」がユーザーの注目を集めている。最大の特徴は4つのモードに変化することだ。(2014/4/11)

注目PC速攻レビュー:
「XPS 11」――カーボンボディと超高精細ディスプレイが魅力の11.6型“2in1”Ultrabookを徹底検証
携帯性に優れた11型クラスで、ノートPCとしてもタブレットとしても扱える2in1デバイスを探しているならば、デルの「XPS 11」は見逃せない新機種といえる。その実力をじっくりチェックした。(2014/2/19)

Win 8.1+タッチ対応の新型「XPS 13」も:
デル、11.6型“2560×1440”液晶の2in1 Ultrabook「XPS 11」
デルは、2560×1440ドット表示の11.6型ワイド液晶を備えた2in1 Ultrabook「New XPS 11」など2製品を発売した。(2013/11/22)

Dell、XPSシリーズのWindows 8.1搭載Ultrabookを発表
LBOでMicrosoftから20億ドルの融資を受けるDellが、Windows 8.1搭載のUltrabookを2機種、ノートPCを1機種、タブレットを2機種発表した。(2013/10/3)

デル、駆動時間を約3時間も伸ばした“Haswell”採用の新「XPS 12」を発表
デルは、回転式タッチディスプレイを備えるUltrabook「XPS 12」の新モデルを発表。第4世代Coreプロセッサの搭載により大幅な省電力化を実現した。(2013/7/9)

デル、13.3型Ultrabook「XPS 13」に512GバイトSSD搭載の上位構成モデルを追加
デルは、13.3型フルHD液晶を搭載するUltrabook「XPS 13」の販売ラインアップに512GバイトSSDを標準搭載した最上位構成モデルを追加した。(2013/6/14)

「Dell Graphic Pro」発表会:
デル史上最高の27型オールインワンPC――Adobe RGBカバー率99%の新型「XPS 27」が登場
デルは、Adobe製品をプリインストールしたクリエイティブ用途向けブランド「Dell Graphic Pro」に、第4世代Coreプロセッサーを搭載した「XPS 27」と「XPS 8700」を追加した。(2013/6/4)

デル、Ultrabook「XPS 12」「XPS 13」を体験できる「無料体験モニターキャンペーン」募集開始――計20名
デルは、同社製Ultrabook「XPS 12」「XPS 13」のモニタープログラムに参加できる「無料体験モニターキャンペーン」を発表した。(2013/4/19)

豪華すぎる仕様、でも意外と安い:
2560×1440ドットの27型タッチ対応PC――デル「XPS One 27」を試す
デルの「XPS One 27」は27型ワイドの大画面かつ2560×1440ドットという高解像度ディスプレイを備えた液晶一体型PCだ。タッチパネルを内蔵し、外部GPUも標準搭載。音質にも注力するなど、完成度が高い製品に仕上がっている。(2013/2/13)

デル、13.3型Ultrabook「XPS 13」にフルHDパネル採用モデルを追加
デルは、同社製Ultrabook「XPS 13」のラインアップにIPSパネル採用13.3型フルHD液晶搭載モデルを追加した。(2013/1/29)

未発表の「XPS 13」フルHDモデルも展示:
“仕事もプライベートもこれ1台で”をビジネスユーザーに訴求――デル秋冬モデルのタッチ&トライイベント
多くのビジネスパーソンが行き交う品川駅で、デルが同社製Ultrabook「XPS 13」や「XPS 12」を体験できるイベントを開催中。XPS 13のレンタル窓口を設置するほか、未発表のフルHD版XPS 13も展示している。(2013/1/15)

他社製品を踏まえ、“勝負できる”と確信:
「XPS 12こそ、コンバーチブルUltrabookの本命」――デル、PC秋冬モデル発表会
デルが12.5型ワイド液晶ディスプレイを搭載するコンバーチブルUltrabook「XPS 12」を発表した。製品発表会では、独自の回転機構を採用した理由とメリットを説明し、同製品が数あるコンバーチブル型Ultrabookの中でも“本命”だと強調した。(2012/10/23)

意外と簡単で意外と丈夫:
デルの「XPS 12」でクラムシェルとタブレットを“くるり”と変えてみた
2012年秋に登場するUltrabookはコンバーチブルタイプが主役だ。デルの新モデルが採用する“くるりと回るディスプレイ”に不安はないか?(2012/10/23)

2012年PC秋冬モデル:
ディスプレイがクルクル回る、フルHD対応のコンバーチブルUltrabook――「XPS 12」
デルの「XPS 12」はディスプレイを回転させることで、ノートPCとタブレットどちらのスタイルでも使えるUltrabook。液晶ディスプレイの解像度は1920×1080ドットに対応しており、標準構成で10万円を切る価格も魅力的だ。※バッテリー動作時間などを追記【14:00】(2012/10/23)

こちらのコンバーチブルはクルクル回る:
DELL、「XPS 10」「XPS Duo 12」をドイツで公開
DELLは、IFA 2012開幕前日の8月30日にドイツで説明会を行い、Windows RT対応「XPS 10」、ディスプレイが回転するコンバーチブル「XPS Duo 12」を発表した。(2012/8/31)

フルHD液晶にGeForce、16Gバイトメモリと何でもかんでも:
この性能、美しさに死角はないのか?――新生「XPS 15」に魅了される
14型Ultrabook「XPS 14」と同時に発表された15.6型ノートPC「XPS 15」。XPS 14と同じデザインだが、そのコンセプトは大きく異なる。最高クラスのパーツ群を搭載できるXPS 15は、あらゆる場面で高いパフォーマンスを発揮する。(2012/7/5)

おまけにバッテリーは11時間:
Core i7、GeForce、1600×900液晶のパワフルな14型Ultrabook――「XPS 14」を試す
Ultrabookが活躍するのはモバイル用途だけではない。最近では、主に海外メーカーが家やオフィスの中で使う14型Ultrabookを次々と投入している。デルが発表した“Ivy Bridge”世代の「XPS 14」はスペックや作業効率を重視したUltrabookだ。(2012/6/29)

バーゼル2012:
ショパール、「L.U.C XPS ジュネーブシール125周年アニバーサリーモデル」を発表
2012年3月8日〜15日にスイスで開催されたバーゼルワールドで、CHOPARD(ショパール)は「L.U.C XPS - ジュネーブシール125周年アニバーサリーモデル」を発表しました。(2012/6/27)

512GバイトSSD搭載モデルも用意:
1600×900ドット対応、11時間動作の14型Ultrabook「XPS 14」登場
デルは、同社製ノートPCのラインアップに14型モデルの「XPS 14」と15.6型モデルの「XPS 15」を投入した。XPS 14は、既存モデルよりもボディを薄くし、厚さを20.7ミリとしたことでUltrabookカテゴリの製品となった。(2012/6/26)

デル、2560×1440ドット表示に対応した27型ワイド液晶一体型PC「XPS One 27」など4機種を発売
デルは、液晶一体型PC「XPS One 27」「Inspiron One 2020」などデスクトップPC計4製品の販売を開始する。(2012/5/29)

2012年PC夏モデル:
XPSのタワー型もIvy Bridgeで存在感アップ──「XPS 8500」
デルは、5月2日にXPSのタワー型シリーズで新モデルを発表した。Ivy Bridge世代の上位CPUとIntel H77 Expressチップセットを組み合わせた構成を採用する。(2012/5/2)

かっこ悪いPCはいりません:
女子大生が「XPS 13 Ultrabook」の見た目と中身を厳しくチェック
強く頑丈で軽いボディ、そして優れたデザイン性を兼ね備える「XPS 13 Ultrabook」がついに登場。デザインを気にする女の子にも一目置かれる存在となるか?(2012/4/5)

確かに私もそう思いました:
宮崎の現場で「プレミアム電話サポート」を知る
デルは、宮崎にあるカスタマーセンターを関係者に公開し、XPS 13のユーザーが標準で利用できるプレミアム電話サポートの内容と設置した背景を紹介した。(2012/4/2)

PC USER 週間ベスト10:
“新しいiPad”が華々しくデビュー(2012年3月12日〜3月18日)
先週のアクセスランキングでは、3月16日に発売された“新しいiPad”の記事がトップ3を独占。デルが満を持して投入した新型Ultrabook「XPS 13」も健闘しました。(2012/3/19)

主役はどっちだ!:
後出しジャンケンで負けないUltrabook──「XPS 13」日本登場
デルは、XPS 13の日本市場投入を3月13日に発表、製品説明会を行った。会場では、XPS 13発売記念キャンペーンの“主役”も登場した。(2012/3/13)

いまのところ日本ではこの1台だけらしい:
デルのUltrabook「XPS 13」に肉薄する
2012 CESのIntel基調講演で瞬間的に公開されたデルの“Ultrabook”が、なんと緊急来日。スクランブル撮影で、その姿を“あらわ”にする!(2012/1/27)

2012 International CES:
Dell、11型クラスのボディに13.3型液晶を搭載したUltrabook「XPS 13」
Dellは、2012 CESで13.3型ワイド液晶搭載のUltrabook「XPS 13」を発表した。11型クラスのボディサイズに13.3型ワイド液晶を搭載しているのが特徴だ。(2012/1/11)

夢を教えてくれたらプレゼント:
「デルの中では一番“かっこいい”」――六本木ヒルズでXPS 14zの販促イベント
デルが期間限定のイベント「DELL XPS 14z タッチアンドトライキャンペーン」を六本木ヒルズで開催。トリックアートをバックに写真を撮ると、プレゼントがもらえるキャンペーンを行う。(2011/11/15)

デル、“さらに”進化した「XPS 14z」
デルは、10月25日に“XPS z”ノートPCシリーズの新モデルとなる「XPS 14z」を発表した。日本における出荷開始は11月15日の予定。(2011/10/25)

大きな画面を(比較的)小さなボディに──「XPS 14z」を試す
性能と見た目で勝負のXPSシリーズに新モデルが登場した。そのコンセプトは「大きなディスプレイを一回り小さなノートPCに」という。その使い勝手を試してみた。(2011/10/25)

デル、ゲーミングノート「ALIENWARE」新モデルなど計6製品を投入
デルは、同社製ノートPC「XPS」「XPS z」「ALIENWARE」シリーズのラインアップを刷新、計7製品の販売を開始する。(2011/9/9)

よく見ると似てないね:
エレガントなデザインを身にまとった15型クラス最薄ノート――デル「XPS 15z」
デルの「XPS 15z」は、アルミの外装を採用したデザイン重視の意欲作だ。フルHD液晶に第2世代のCore i7、さらに外部GPUとしてGeForce GT 525Mを搭載しながら12万9980円という高いコストパフォーマンスを実現した「プラチナパッケージ」を見ていこう。(2011/7/15)

Adamoではないけれど:
これは“デルらしくない”ノートPC――「Dell XPS 15z」発表会
デルがFacebookで“チラ見せ”した新型ノートPCの名は「Dell XPS 15z」。クラス最薄をうたう、フルメタルボディの15.6型ワイドノートPCだ。精巧なデザインに注目!(2011/5/24)

今度はMacBook Pro対抗か:
デル、15.6型で“世界最薄クラス”をうたうノートPC――「Dell XPS 15z」
デルが予告した新型ノートPCは、アルミニウム+マグネシウム合金ボディの15.6型ワイドモデル「Dell XPS 15z」だった。Windowsの15型ノートPCで最薄クラスの金属ボディが特徴だ。(2011/5/24)

デル、“Sandy Bridge”搭載「XPS 17」「XPS 15」受注開始──出荷は4週間後から
デルは、“Sandy Bridge”こと第2世代Coreプロセッサー・ファミリーを搭載するノートPC「XPS 17」「XPS 15」の販売を2月22日から開始した。(2011/2/23)

ずいぶん丸くなったねぇ:
復活の「XPS 14」は“adamo”の美しさと“Studio”のバランスを備えるのか?
斬新なスタイルで多くのユーザーから注目された「adamo」と価格性能比が絶妙だった「Studio」。復活したXPSノートはそのいずれも満足させてくれるのだろうか?(2010/11/12)

2010年PC秋冬モデル:
復活した“XPS”は「個性的なミドルレンジ」に──「XPS 17」「XPS 15」「XPS 14」
デルは、ノートPCの新モデル「XPS 17」「XPS 15」「XPS 14」を発表した。復活したXPSブランドは従来の「adamo」と「Studio」のユーザーをカバーする。(2010/10/26)

Core i7-980X EE/HD 5970/24Gバイトメモリ:
デルの旗艦デスクトップはどこまで速いか?――「Studio XPS 9100」を試す
デルの「Studio XPS 9100」は、最上位のCPUやGPUを搭載でき、USB 3.0にも対応したデスクトップPCのフラッグシップモデルだ。今回はゼイタクな構成でテストした。(2010/9/14)

AMDの6コア×HD 5870:
速いし安い“サクサク”ミニタワー「Studio XPS 7100」を試す
デルの「Studio XPS 7100」は、6コアCPUのPhenom II X6 1055TとATI Radeon HD 5870を選択しても12万円台におさまる高いコストパフォーマンスが魅力だ。で、FF14はプレイできるの?(2010/7/6)

デル、Core i7搭載のハイスペックゲーミングPC「Studio XPS 9100」
デルは、Core i7を標準装備したハイスペックデスクトップPC「Studio XPS 9100」を発売する。(2010/6/22)

Dell、Adamo XPS製造中止のうわさを否定
Adamo XPSのオンライン直販が停止されたことから、同製品が製造中止になったといううわさが流れていた。Dellは説明不足を認めている。(2010/3/19)

10万円以下で買える高性能PC:
さすがにXPSは格が違った――ハイエンドミニタワー「Studio XPS 8100」の実力
デルのハイエンドデスクトップPC「Studio XPS」シリーズに、Intel H57 Expressベースの新モデルが登場した。Core i7-860+GeForce GTS 240のベーシックパッケージなら9万9990円で購入できる。(2010/3/17)

厚さ1センチの衝撃:
“薄すぎる”モバイルノートPC「Adamo XPS」の実力に迫る
Core 2 Duo搭載で平均9.99ミリ厚と“世界最薄”をうたうモバイルノートPCがデルの「Adamo XPS」だ。日本市場版を入手したので、改めて使い勝手や性能をチェックした。(2010/2/10)

仕事耕具:
三洋の「Diply Talk」が「Xacti」に、世界最薄・最軽量のICレコーダー
三洋電機は、XactiブランドのICレコーダー「ICR-XPS03MF」「ICR-XPS01MF」を発売する。いずれも9.4ミリと世界最薄だという。(2010/1/15)

ノートPCのCPUオプションも増強:
デル、32ナノ世代Core i5/i7搭載のデスクトップPC「Studio XPS 8100」
デルは、デスクトップPCとノートPCの合計3モデルに32ナノメートルプロセスルールのCore i5/i7を採用し、販売を開始した。(2010/1/8)

デル発、世界最薄Core 2 Duoノート:
「Adamo XPS」の“普通じゃない”極薄ボディを動画で確認する
デルが“世界最薄”と胸を張る「Adamo XPS」は、最薄部9.7ミリ、最厚部10.3ミリという異常にスリムなノートPCだ。レビューに続き、動画でその「薄さ」に迫る。(2009/11/21)

Core 2 Duo搭載で平均9.99ミリ厚:
“世界最薄”モバイルノート「Adamo XPS」の秘密に迫る
圧倒的な薄さと独創的なボディデザインが目を引く「Adamo XPS」。話題性は高いが、本当のところ実用に足るモバイルノートPCなのか? 一足先に海外版をチェックした。(2009/11/20)

厚さ9.99ミリのノートPC「Adamo XPS」、11月18日発売 17万4000円から
デルは、厚さ9.99ミリの超薄型ノートPC「Adamo XPS」を11月18日に発売する。17万4000円から。(2009/11/6)

デル、極薄筐体採用ノート「Adamo XPS」を正式発表
デルは、スリムデザインが特徴の“Adamo”シリーズの新モデル「Adamo XPS」を発表した。(2009/11/6)

9.99ミリの超薄型ノートPC「Adamo XPS」、Dellが新たな写真を公開
Dellが公開した「Adamo XPS」の新たな写真からは、同モデルの薄さがよく分かる。(2009/10/13)



オープンソースのSSL/TLS実装である「OpenSSL」に深刻な脆弱性が見つかった。エンドユーザーが解決できる問題ではないが、利用しているサービスの対応状況の確認や対応後のパスワードの変更など、慎重な姿勢が求められる。便乗するスパムメールにも注意が必要だ。

通信キャリアのMVNOとして月額1000円を切る格安SIMを提供するサービスが増加している。これまで日本ではほとんど存在感がなかったSIMフリーの端末にも、この動きに合わせて注目が高まっている。

ソフトバンク傘下で6月に合併予定のイー・アクセス、ウィルコムを、同じタイミングでヤフーが買収することとなった。これまでのサービスを引き継ぎつつ、Android端末を中心に展開し、自社のサービスとの連携を図っていくようで、「インターネットキャリア」を標榜している。