ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

  • 関連の記事

「DSP(Demand Side Platform)」最新記事一覧

ブランドセーフティーに一層の配慮:
マイクロアド、DSP「MicroAd BLADE」を3社のアドベリフィケーションツールと連携
マイクロアドは、DSP「MicroAd BLADE」において、アドベリフィケーションサービスを提供する3社と連携したと発表した。(2017/8/3)

「Yahoo!アドパートナー」の広告枠に配信:
ソネット・メディア・ネットワークスのDSP「Logicad」が「Yahoo!アドエクスチェンジ」と接続開始
ソネット・メディア・ネットワークスのDSP「Logicad」がYahoo! JAPANの広告取引プラットフォーム「Yahoo!アドエクスチェンジ」と接続を開始した。(2017/6/16)

スマートフォン向け広告の大幅強化:
ソネット・メディア・ネットワークスのDSP「Logicad」がインフィード広告枠への配信を拡充
ソネット・メディア・ネットワークスはDSP「Logicad」において、インフィード広告枠への配信を大幅に拡充したと発表した。(2017/5/22)

大手媒体社における動画広告配信在庫を拡大:
DSP「ONE by AOL: Video」がSSP「UnrulyX」とRTB接続
AOLプラットフォームズ・ジャパンは2017年5月16日、同社の動画DSP「ONE by AOL: Video」とアンルーリーメディアが提供するSSP「UnrulyX」がRTB接続を完了し、本格運用を開始したと発表した。(2017/5/17)

精緻なターゲティングを行いながら多くのユーザーにリーチ:
「シナラDSP」とSSP「Ad Generation」がRTB接続
シナラシステムズジャパンは、Supershipが運営するSSP「Ad Generation」とのRTBによる広告配信の接続を完了したと発表した。(2017/4/25)

【連載】電通デジタルが教えるデジタルマーケティング 第3回:
デジタルマーケティングの全体像
デジタルマーケティングの課題に対して解決策とヒントを教える書籍『デジタルマーケティング 成功に導く10の定石』から一部を抜粋し、デジタルマーケティングの基礎をおさらいする本連載。今回は、デジタルマーケティングの全体像をつかみましょう。(2017/4/10)

DMP成功まで、あと1センチ(12):
データ分析の結果を、どうビジネスに生かすのか
DMPで顧客の傾向やビジネスのタネを見つけたものの、ここで他社と同じような施策に走ってしまっては、その効果も半減してしまうでしょう。今回は、DMPを用いた具体的な施策についてのお話です。(2017/4/7)

総広告費は6兆2880億円:
電通が「2016年 日本の広告費」を発表、インターネット広告が全体の2割超える
電通は、わが国の総広告費および媒体別、業種別の広告費を推定した「2016年 日本の広告費」を発表した。(2017/2/24)

PR:4億ユニークブラウザの行動データを分析する「次世代マーケティング基盤」を安定稼働させるには――マイクロアドが「Lenovo x86サーバ」を選んだ理由
のべ4億ユニークブラウザにものぼる膨大な行動データを分析し、年齢や性別、地域ごとの行動の違いや広告への反応、商品への興味関心の有無を導き出す――。次世代マーケティング基盤「UNIVERSE」を提供するマイクロアドは、安定した高信頼のサービスを実現するために、どのようなシステムを選んだのだろうか。(2017/2/7)

アドイノベーションと連携:
イスラエル発モバイルアプリDSPのTapticaが日本市場に参入
イスラエルのモバイル広告プラットフォームTapticaは、モバイルマーケティングのアドイノベーションとの提携を発表した。(2017/2/2)

キャリアデータを活用した高精度なターゲティングを実現:
マイクロアド、「SoftBank Ads Platform」のDSPサービスに動画広告配信機能を追加
マイクロアドは、ソフトバンクと共同開発した広告配信プラットフォーム「SoftBank Ads Platform」におけるDSPサービスの拡張機能として、マルチデバイスに対応した動画広告配信サービスを開始する。(2017/1/30)

マイクロアド、ジーニーと協業:
ソフトバンク、キャリアデータを活用した広告配信を実現する「SoftBank Ads Platform」を提供開始
ソフトバンクは、高精度なターゲティングデータに基づいた最適な広告配信を実現する「SoftBank Ads Platform」の提供を開始した。(2016/10/14)

アウストリーム型動画広告の配信量を拡大:
SSP「fluct」、動画広告DSP「ONE by AOL: Video」と連係開始
AOLプラットフォームズ・ジャパンは動画広告DSP「ONE by AOL: Video」とfluctのSSP「fluct」の連係を開始。fluct提携メディアへのアウトストリーム動画広告の配信を可能にした。(2016/8/31)

デモグラフィック/サイコグラフィック情報を活用:
インティメート・マージャー、4億件のオーディエンスデータをDSP「Logicad」に提供開始
インティメート・マージャーは、ソネット・メディア・ネットワークスのDSP「Logicad」へのオーディエンスデータの提供を開始した。(2016/8/19)

トレンドキーワードを知る:
運用型広告――インターネット広告は「枠から人へ」、費用対効果を運用で改善する
固定の広告枠を買い取るのではなく、アドテクノロジーにより掲載先や料金が変動するインターネット広告を、総じて「運用型広告」と呼ぶ。入札によって広告料金が変動するという特徴があり、運用によっては広告効果が短期間で改善するというメリットがある。(2016/8/1)

動画広告の 配信も可能:
DSP「Logicad」がダイナミックネイティブアドの「カメレオン」と連係
ソネット・メディア・ネットワークスは、DSP「Logicad」において、ヒトクセが運営する「カメレオン」との連係を開始した。(2016/7/28)

メディアのデザインと親和性の高い表現へクリエイティブを自動変換:
「KANADE DSP」がスマートフォン向けディスプレイ広告枠へのネイティブ広告の配信を開始
京セラコミュニケーションシステムは、広告配信サービス「KANADE DSP」がスマートフォン向けディスプレイ広告枠へのネイティブ広告の配信を開始すると発表した。(2016/7/26)

「MicroAd COMPASS」とRTB接続を開始:
ScaleOut 、国内DSPとして最大級の月間広告在庫2200億インプレッションを突破
Supershipは自社のDSPである「ScaleOut DSP」において、マイクロアドが提供するSSP「MicroAd COMPASS」とRTB接続し、RTBを経由した広告配信を開始したと発表した。(2016/7/20)

広告枠の買い付けから配信後の効果測定までワンストップで提供:
サイバーエージェント、ブランド効果に特化した運用型広告「CA本部DSP」を提供開始
サイバーエージェントはブランドリフトやリアル店舗への来店率最大化を図るブランド広告企業向け配信サービス「CA本部DSP」を提供開始した。(2016/7/20)

休日日中のCTRは通常比2.2倍にも:
テレビCM放映直後のスマートフォン向け広告配信の効果は? 実証実験の結果を公表
ソネット・メディア・ネットワークスは、「Logicad テレビCMリアルタイム連動型広告配信」における2度目の実証実験の結果を公表した。(2016/4/29)

マスメディアとWeb広告の相乗効果を最大化する:
電通が「STADIA(β版)」を開発、ユーザーのマスメディアへの接触行動を特定して最適な広告配信
電通は2016年3月4日、マスメディアとウェブ広告の相乗効果を最大化する統合マーケティングプラットフォーム「STADIA(β版)」(スタジア・ベータ版)を開発したと発表した。(2016/3/4)

転換期を迎えた企業のデジタルマーケティング:
テクノロジーの進化で個客マーケティング時代が幕を開ける【前編】
矢野経済研究所では、国内の主要ECサイト事業者18社の協力を受け、各社のデジタルマーケティングに関する取組動向と展望を集計・分析したレポートを上梓している。本稿はそこで解説しきれなかった部分を補足しつつ、2回にわたってお伝えする。(2016/2/18)

アドテク業界の「どうなってるの?」に答える(2016年版):
進化か? 衰退か? 2016年のアドテクはこうなる!
成長が続く一方でネガティブに語られることも増えてきたアドテクノロジー。2016年はどうなるのか。広告主側とパブリッシャー側双方の事情をよく知るマイクロアド COMPASS事業部 部長 福田裕也氏が解説。(2016/2/3)

アドテク業界の「どうなってるの?」に答える(2016年版):
買いたたかれる広告枠、アドテクはメディアの敵か味方か
ネット広告の発展は良質なコンテンツ供給と健全な収益化の仕組みがあってこそ。2011年よりSSP事業に従事するマイクロアド 中野伸飛氏が、望まれる次世代の「メディア」と「広告枠」の在り方について解説します。(2016/1/27)

川口洋のセキュリティ・プライベート・アイズ(57):
Web広告からのマルウエア感染「Malvertising」にどう対処すべきか
セキュリティベンダーの調査結果などから、昨今特に増加している攻撃として注目を集めるようになってきた「Malvertising」。複雑なアドネットワーク経由でWebサイト閲覧者にマルウエアが送り込まれるこの攻撃に対して、各関係者はどのような対策を講じるべきなのか。川口洋氏が独自の調査結果を踏まえながら考察します。(2015/12/21)

ソネット・メディア・ネットワークスのデータ分析事例
“宝の山”を有効活用できるのはオンプレミスだった――広告データ分析基盤をAWSから移行したワケ
ソネット・メディア・ネットワークスは、広告配信の効果測定などを行う分析環境をAWSで構築した後、オンプレミス環境へ置き換えた。同社にとって、ログデータの活用は事業の生命線である。この分析環境移行の狙いとは。(2015/11/19)

特集:OpenStack超入門(8):
「分かる、できる、本当に使える、OpenStack超入門」セミナーリポート〜ユーザー、ベンダーが本音で語った「できること、変わること」〜
2015年6月16日、編集部が開催した「分かる、できる、本当に使える『OpenStack』超入門」。OpenStackユーザーとソリューションベンダーが全方位的にOpenStackの導入・活用の勘所を掘り下げた。(2015/7/10)

日本国内で初:
インティメート・マージャー、Google「DoubleClick Bid Manager」の外部データパートナーに
3億超のオーディエンスデータを有する大手DMP専業のインティメート・マージャーは3月26日、Googleが提供するDSP(Demand Side Platform)の「DoubleClick Bid Manager」と連携し、データ提供を開始したことを発表した。(2015/3/27)

多彩な広告配信オッケー:
スケールアウトのSSP、台湾のAppier運営のDSP「Appier」とRTB接続始める
スケールアウトは1月5日、同社が運営する媒体社向け広告配信プラットフォーム(Supply Side Platform)「Ad Generation」(以下、アドジェネ)が、台湾のAppierが運営するDSP(Demand Side Platform)「Appier」と接続し、RTB取引を開始したことを発表した。(2015/1/5)

【連載】インサイトをめぐる冒険:
第5回 コンテンツマーケティングの未来予想図――潜在興味を追求する冒険は続く
広告会社が生き残るにはどうすればよいのでしょうか。広告会社本来の機能を見つめ直し、テクノロジーに対して適切な対応をしたうえで、アナログ的なスキルを磨くことが必要です。その時に最も重要な鍵となるのがデータなのです。(2014/10/2)

【連載】実践! データマーケティング:
第1回 なぜ、いま、DMPなのか?
最近のデジタルマーケティング分野における重要キーワードにDMP(Data Management Platform)がある。DMPとは、企業が持つ顧客データやマーケティングデータ、ネット上だけではなくリアル店舗などのオフラインのデータも含めたさまざまなデータを統合的に管理することにより、マーケティング活動全体を最適化するためのプラットフォームを指す。本連載では、プライベートDMP導入の課題から、DSPと連携することで可能となるデータマーケティング戦略の現在と未来をお伝えする。(2014/7/28)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
ソーシャルメディアで加速するビッグデータ利活用とガバナンス課題
インターネットを介した情報流通の拡大と利活用の広がりは、様々なイノベーションと新たな課題を生じさせてきた。今回はソーシャルメディアを中心に、ビッグデータの利活用や課題を掘り下げる。(2014/6/18)

事業譲渡:
ミクシィマーケティング、@cosmeのアイスタイル社と事業譲渡に係る基本合意書を締結
ミクシィマーケティングは1月21日、同社が運営するオンライン広告取引プラットフォームの「Vantage」および各種ソリューションの事業の一部を、化粧品口コミサイト「@cosme」を運営するアイスタイル社およびアイスタイル社のグループ会社に譲渡する基本合意書を締結したことを発表した。(2014/1/22)

ミクシィマーケティング、DSP「Vantage」など事業の一部をアイスタイルに譲渡
ミクシィマーケティングは、SNSでのユーザー属性を利用したオンライン広告取引プラットフォーム「Vantage」を含む事業の一部を「@cosme」を運営するアイスタイルに譲渡する。(2014/1/21)

RTBによる最適な広告配信:
ソネット・メディア・ネットワークスのDSP「Logicad」、Platform IDのSSPへの広告配信を開始
Logicadが接続している「SMN SSP」など複数のSSPやアドエクスチェンジを併せ、広範囲な広告枠に対してRTBによる最適な広告配信が可能。(2014/1/9)

専門スタッフがマネジメント:
電通、運用型広告サービス「トレーディング・デスク・サービス」の提供開始
電通は12月19日、リアルタイム自動入札(RTB:Real Time Bidding)を利用した運用型広告を最適に管理し、パフォーマンスを最大化する新サービス「トレーディング・デスク・サービス」の提供開始を発表した。(2013/12/20)

「ダイナミックリターゲティング広告」:
ブレインパッドの「Rtoaster Ads」とマイクロアドのDSP「MicroAd BLADE」を連携
データ分析サービスを提供するブレインパッドと、広告プラットフォーム業を手掛けるマイクロアドは12月10日、両社の提供する広告配信ソリューションを連携することを発表した。(2013/12/11)

ヤフー、ビッグデータとアドテク活用でマーケティング事業強化 ビデオ広告にも本格参入
ヤフーは、ビッグデータとアドテクを活用したマーケティング事業を強化する。各分野の企業計5社と協業し、ビデオ広告事業にも本格参入する。(2013/11/15)

導入率が高い「LPO施策」:
データアーティスト、企業のWebマーケティングに関する調査結果を発表
20〜69歳の法人経営者ならびに正社員Webマーケティング担当者を対象に6つのマーケティング施策「SEO」「SEM」「DSP」「DMP」「LPO」の認知度などを調査した。(2013/10/25)

mixiのデータを活用:
ミクシィマーケティング、DSP「Vantage」PC版の提供を開始
ミクシィマーケティングは10月7日、オンライン広告取引プラットフォーム(DSP:Demand Side Platform)「Vantage(ヴァンテージ)」PC版の正式販売を開始したことを発表した。(2013/10/8)

電通、運用型デジタル広告専業の新会社「ネクステッジ電通」設立
電通は、運用型広告を専門に取り扱う新会社「ネクステッジ電通」を設立。検索連動型広告やDSP広告などを扱い、今後2〜3年で350億円以上の売り上げを見込む。(2013/5/24)

ミクシィ、オンライン広告取引プラットフォーム「Vantage」テスト配信を開始
SNS「mixi」のユーザー属性を活用して外部サイトでのターゲティングが可能なDSP「Vantage」のテスト配信がスタート。(2013/4/8)

これからのことがよく分かるコラム:
どうなっているの? ネット広告の今と未来
ネット広告といえば「検索連動広告」が市場を引っ張ってきましたが、最近は「バナー広告」が注目を浴びています。「ちょっと古いなあ」と思うかもしれませんが、バナー広告が再燃している背景に迫ってみました。(2012/12/26)

モバイル広告の業界マップ:
広告テクノロジー業界マップ2012日本版 (モバイル広告)
日本のアドテクノロジー企業の相関関係が分かる「広告テクノロジー業界マップ」のモバイル広告版を紹介します。(2012/12/19)

成功報酬の広告運用サービス:
CPC課金のディスプレイ広告出稿横断サービス機能を提供、DAC
DACはディスプレイ広告メニューの課金形態に関わらず、広告の一括管理を行うサービスを発表した。CPC 課金である点と 運用手数料が成功報酬型である点が特長。(2012/11/22)

オンライン動画広告の業界マップ:
日本版、広告テクノロジー業界マップ2012 (オンライン動画広告)
アドテクノロジー企業の相関関係が分かる「広告テクノロジー業界マップ」のオンライン動画広告版と米国のオンライン動画広告の状況を併せて紹介します。(2012/11/21)

連携が進むSSPとDSP:
モーションビートのスマートフォン向けSSP「AdStir」がフリークアウトDSP「FreakOut」と連携開始
モーションビートは同社スマートフォン向けSSPをフリークアウトのDSPと連携させると発表した。同社はスマートフォン向けのSSPとしては国内最大級のRTBマーケットを提供できるとアピールする。(2012/11/6)

動画広告DSP:
トランスコスモス、米国動画広告DSP提供会社TubeMogul と販売契約を締結
トランスコスモスはTubeMogulと提携し、動画広告DSPの取り扱いを開始した。(2012/10/31)

【連載】ビッグデータという未来:
第3回 触媒としてのビッグデータ――例えば、オウンドメディアのCRMとDSP広告配信エンジンをつなぐ
ビッグデータとは単なるデータの蓄積ではなく、既存のメディア、デバイス、あるいはサービスの垣根を取り払ってそれぞれを連携させ、新たなイノベーションを生み出す、いわば「触媒」なのである 。(2012/10/23)

【連載】これで分かる! アドテクノロジー入門:
第2回 徹底解説! DSP活用で広告効果を向上させるためのPDCA
第1回「進化するアドテクノロジー――『枠から人』への変化」では、スマートフォン広告における「広告主」「メディア」「ユーザー」という3者の立場から見たアドテクノロジーの特徴を説明しました。今回は、「広告主」にスポットを当て、マーケティング担当者の間で話題となっている「DSP」「RTB」について説明し、同時にDSPの運用方法についても解説します。(2012/9/24)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。