ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「SQL Server 2012」最新記事一覧

開発コードネームは「Denali」

「えっ、わが社がライセンス違反?」とならないために:
PR:クラウド、仮想化、サーバ更新、モバイル利用――複雑化するIT環境で気を付けたいライセンス管理の盲点
クラウドやサーバ仮想化、モバイルデバイスからのアクセスなどが一般的になったことで、ソフトウェアのライセンス管理が複雑化している。「正規ライセンスを購入しているから大丈夫」ではなく、知らないうちにライセンス違反……といったケースもあるのだ。正しくライセンスを管理するには、どういった対応や仕組みが必要なのだろうか。(2016/4/25)

当事者が語る2年半の成果
“風通しの良い”企業はDevOpsにMicrosoft製品をどう使うのか
DevOps業務にMicrosoft製品をどのように採用しているのか。米国の自閉症・関連障害センターで最高技術責任者(CTO)を務めるアルバ・パウエル氏に話を聞いた。(2016/3/24)

Tech TIPS:
一目で分かる、SQL Server 2005〜2014とService Packのサポート終了時期
2016年4月にサポートが終わるSQL Server 2005。だが、それより新しいSQL ServerでもService Packレベルによってはすでにサポートが終了していることも。一目で分かる図で終了時期を明らかにする。(2015/12/4)

Microsoft Azure導入事例
ライセンス管理ポータルを独自開発した大学がMicrosoft Azureを選んだ理由
通信教育を行っている英公立大学「オープン大学」は、教材に含まれる音声や映像の著作権管理に頭を悩ませていた。そこでライセンス管理ポータルの独自開発に着手。基盤にMicrosoft Azureを選んだ理由とは?(2015/11/11)

アラスカ州知事の要請が40年越しで実現 北米最高峰「マッキンリー」が「デナリ」に名称変更
アラスカの先住民が何世紀にもわたって使用している「Denali(デナリ)」という名称に。(2015/8/31)

ユーザー企業/組織の読者が選んだ、2015年上半期記事ランキング(データ分析編)
次のトレンドは「セルフサービスBI」? 2015年上半期、データ分析で最も読まれた記事は
ビジネスユーザーがデータを分析・可視化する「セルフサービスBI」が次のトレンド? 2015年上半期に公開した、データ分析の記事ランキングを紹介します。(2015/8/13)

今の給与システムはそのままでOK 「Attack Board」マイナンバー対応版
アグリーメントが、Excel統合運用ソリューション「Attack Board」にマイナンバー対応機能を実装したアプライアンス用ソフトウェアを開発。現在の人事給与システムはそのままにマイナンバー対策がとれる。(2015/5/26)

特集:Forguncy Proの新機能を活用する:
第3回 外部データベース接続機能とUpdate 2
本稿ではForguncy Proでサポートされる外部データベース接続機能と、Update 2で追加された機能を見る。連載完結。(2015/5/26)

特集:フレッシュマン企画:
無料で入手できるドキュメント/電子書籍で勉強しよう
インターネット上で無料で公開されているドキュメントや電子書籍を使って、自分のスキルや知識を向上させよう!(2015/5/22)

Database Expertイベントリポート:
DBアプリケーションを速くするハードウエア活用の最前線
DBパフォーマンスを改善するハードウエア技術を紹介したイベントから、鍵となるテクノロジーをダイジェストで紹介する。(2015/5/15)

週間記事ランキング
思わず二度見する「SQL Server」の意外な移行先
最新版のSQL Server 2014ではなく、SQL Server 2012を選択する理由とは? 直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。(2015/5/1)

SQL Server 2012を推す7つの機能を紹介【後編】
「SQL Server 2012」へ移行しても大丈夫? 不安を消し去る注目機能とは
前編に引き続き、サポートが終了した「SQL Server」の移行先として、SQL Server 2012へのアップグレードをお勧めする理由を解説する。後編では残りの4つの機能を詳しく説明する。(2015/4/30)

SQL Server 2012を推す7つの機能を紹介【前編】
サポート終了の「SQL Server」、移行先の本命は“あの製品”
「Microsoft SQL Server」の各製品がサポート終了を迎える中、その移行先に最新版のSQL Server 2014ではなく、SQL Server 2012を選択するケースがある。SQL Server 2012へのアップグレードをお勧めする理由を解説する。(2015/4/28)

vCloud Air入門(3):
vCloud Air上の仮想マシン環境構築の手順――「vCloud Airカタログ」による新規調達
ヴイエムウェアが提供するパブリッククラウドサービスである「VMware vCloud Air」では、仮想マシンイメージのテンプレート集「vCloud Airカタログ」を使うことで簡単に新しい仮想マシンが作れます。今回は仮想マシンの作成やネットワーク設定が、vCloud Airでは簡単にできることを見てみましょう。(2015/4/6)

連載:「○○してみた」日記:
【速報】Forguncy Proに触ってみた
2015年2月にリリースされた直後のForguncy Proを使用して、外部データベース接続とカスタムJavaScriptがどんなものかを試してみた。(2015/2/18)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(6):
新しいHyper-Vは「メモリ割り当て」も柔軟になる!
Windows Server Technical Previewの「Hyper-V」には、さまざまな新機能と強化点がすでに実装されており、実機で評価できます。今回は、Hyper-Vの「メモリ割り当て」の新機能に注目し、現行バージョンとの違いを明らかにします。(2015/2/9)

Tech TIPS:
各Windows OSで利用できるSQL Serverのバージョンを知る
数年おきに新バージョンがリリースされるWindows OSとSQL Server。どの組み合わせならインストールできるのか、一目で分かるように整理してみた。(2014/9/5)

革新を生み出すPLM【前編】:
PR:イノベーションへ導く仕掛けに! ──アラスジャパンが目指すPLMのカタチとは?
「エンタープライズ・オープンソース・ビジネスモデル」という革新的なビジネスモデルでPLM市場に新たな波を起こす米国Aras。グローバルで躍進するオープンソースPLMの真価とは何か? また、「イノベーションを導く仕掛け」としてのPLMとはどういうモノなのだろうか? アラスジャパンの社長を務める久次昌彦氏に話を聞いた。(2014/9/1)

デル株式会社提供ホワイトペーパー
クラウドとローカル運用で比較、データベース運用のTCOが安いのはどちら?
代表的なパブリッククラウドサービスと、ローカル運用のコンパクトデータセンターソリューションとで、トランザクションデータベースワークロードの比較テストを実施。5年間の総所有コスト(TCO)を比較したところ、驚きの差が出ることが分かった。(2014/8/6)

Database Watch(2014年7月版):
Oracle Database In-Memory/Amazon Kinesisが日本国内に
ついに、Oracle Database In-Memoryが日本国内でも提供スタート。Amazon Kinesisは東京リージョンが選択できるようになった。ぞれぞれをウォッチした。(2014/8/6)

「SQL Server 2012 SP2」は2014年後半にリリース
終了近づく「SQL Server 2008」のメインストリームサポート、気になる影響は?
米Microsoftはブログで「SQL Server 2012 SP2」を2014年中に提供すると発表した。2014年春に「SQL Server 2014」が正式提供される一方で、「SQL Server 2008」のメインストリームサポート終了が近づいているのをご存じだろうか?(2014/4/11)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2014/3/24)

PLMニュース:
Aras、ファイル交換機能強化し高速化した「Aras Enterprise PLM」新版リリース
10倍の高速化を図り、メモリ使用量を10分の1に抑えたという。さらにクラウドベースのセキュアなファイル交換ツールを組み込み、セキュアなファイル共有・交換・トラッキングを可能にした。(2014/1/29)

追加コストは不要! 標準機能だけでOLTP、DWH、BIを高速化:
PR:データベースの性能課題を解決に導く SQL Server 2014のインメモリ機能に迫る
ついにマイクロソフトのSQL Serverが本格的なインメモリDBに進化する。開発コード名「Hekaton(ヘカトン)」で知られていたインメモリOLTP機能が、「Microsoft SQL Server 2014」の標準機能として利用できるのだ。アプリケーションを変更せずに平均で10倍の高速化を実現するこの機能は、多くの企業ユーザーが抱えているDBの性能課題を解決に導くだろう。(2014/1/16)

Windows Server 2012 R2時代のHyper-Vサーバ設計術:
第4回 クラスタリングとライセンス・コストを考慮した全体設計
Windows Server OSのHyper-Vの性能を最大限に引き出すための仮想化システム設計ガイドの最終回。今回は次世代の高速インターフェイスとして普及が見込まれるInfiniBandと、冗長化のためのクラスタリング手法、ミドルウェアのライセンス・コストを削減するためのクラスタ設計手法についてまとめておく。(2013/12/5)

無料で始める企業向けIaaSクラウド入門:
企業向けIaaSに求められる6つの要件と環境構築
IaaSの概要や企業向けIaaSに求められる6つの要件、無料試用版のある「Windows Azure仮想マシン」の環境を構築する手順、PowerShellを使った日本語化、RDBについて解説する。(2013/12/5)

憧れのフラッシュストレージをWindows Serverで実現:
PR:R2の活用はフラッシュメモリとご一緒に
利用エリアが広がる分散ストレージ。アプライアンス製品が多数登場しているこの分野に、実はWindows Server 2012 R2がしっかり使える。IBMが注目するR2の新機能は、ファイルと記憶域サービスだ。(2013/11/21)

ハードウェアを代えるだけで業務システムの性能と安定性が劇的に改善:
PR:フラッシュメモリストレージで今抱える問題を解決する SSD Applianceで継続的な性能向上を
業務の拡張やデータ増によって基幹系システムのパフォーマンスが悪化し、業績や顧客満足度に悪影響が出そう――。このような状態を低コストかつ短期間で解消できるのが、パッケージソフトウェアを高速化するデータベース(DB)アプライアンス「Microsoft SQL Server SSD Appliance」だ。特徴は、複雑なチューニングを行わずとも、多彩なワークロードを短期間に高速化できることにある。(2013/11/19)

米Microsoftのアーキテクトが解説
SQL Serverが「2012 R2」ではなく「2014」になる理由
米Microsoftのアーキテクトに、インメモリ技術を導入したMicrosoft SQL Server 2014の目玉機能と、SQL Server 2012よりも前のバージョンから2014に移行する場合の検討ポイントを聞いた。(2013/8/14)

PLMニュース:
オープンソースPLM「Aras Innovator」の新版がリリース――CAD管理を迅速化
アラスジャパンは、同社が展開するオープンソースPLMソフトウェアの最新バージョン「Aras Innovator 9.4」をリリースしたことを発表した。マルチCAD管理におけるファイル移行のパフォーマンス向上やマイクロソフトの最新プラットフォームへの対応が特徴だ。(2013/8/12)

導入事例:
名古屋銀行、Windows Server 2012などで基盤統合とCRM刷新を実施
Microsoftの「Windows Server 2012 Hyper-V」および「SQL Server 2012」を東海3県の企業では初めて採用している。(2013/8/5)

導入事例:
日本パレットレンタル、物流ソリューションシステムにSQL Serverを採用
新物流ソリューションシステムの構築に「Microsoft SQL Server SSD Appliance」を採用して、TCO削減を見込む。(2013/7/8)

「デバイス&サービス分野では挑戦者」 マイクロソフト・樋口社長
日本マイクロソフトは事業戦略説明会を開催。今年度はタブレットPCやクラウドサービスのさらなる拡大を図っていく。(2013/7/2)

導入事例:
医療グループの徳洲会、電子カルテデータのバックアップシステムを構築
日本最大規模の医療グループの医療グループの徳洲会は、電子カルテデータをリアルタイムにバックアップする環境を構築した。(2013/6/7)

Database Watch(2013年4月版):
「データ」をめぐって聞こえてきた2つの新しいメッセージ
今回はデータプラットフォームについて、直近で製品発表のあった2社のトレンドをウォッチ。いずれも“データ”の扱い方について、新しいメッセージを示すものとなりました。(2013/5/10)

無料Excelアドイン:
ビッグデータ時代におけるマーケターの救世主 ビッグデータ分析ができるExcelアドイン
昔も今も、マーケターの課題の1つとして挙げられるのが、「データを有効活用するにはどうすればいいか」という問題だ。(2013/5/8)

新Opteron6300は前モデルよりDB性能で20%高速:
PR:低コストでDB性能向上! SSD併用で物理サーバと同等以上の仮想環境を実現
仮想化技術によるサーバの仮想化と集約が進むなか、性能評価の重要性が増している。今回、AMD Opteron6200および6300シリーズを搭載したHP ProLiantサーバ上で、仮想化環境のデータベース検索性能をベンチマークテストで測定。約20%性能が向上することを確認できた。さらにSSDをHDDのキャッシュとして利用可能な新技術を取り入れることで、ディスク性能向上も可能だ。(2013/4/30)

日本HP、Excelでビッグデータ分析できるDWHアプライアンスを発売
日本HPは、分散ファイルシステム上のデータをMicrosoft ExcelやWebブラウザ上で活用できるアプライアンス製品を発売した。(2013/4/23)

ホワイトペーパー:
SQL Serverのパフォーマンスは新機能「AlwaysOn」とEMCストレージでどれだけ改善するか
業務データの信頼性の向上とデータの活用を同時に実現するには? Microsoft SQL Server2012の新機能「AlwaysOn Availability Group」が実現するOLTPとOLAPの分離によるパフォーマンスの向上のテスト結果は?(2013/4/18)

ホワイトペーパー:
ビッグデータ活用に最適なストレージとは?
ついに提供された「Microsoft SQL Server 2012」。その主要機能とともに、ビッグデータ活用の際のサービスレベルを支えるためのストレージソリューションについて解説する。(2013/4/17)

Excelで業務部門もビッグデータ分析が可能に マイクロソフト
SQL Serverを基盤にしたビッグデータソリューションを日本マイクロソフトが発表。Hadoopとの連携や、ExcelやWebブラウザを使った分析機能を強調した。(2013/3/21)

NEWS
HadoopとDWHを組み合わせて高速分析、日本マイクロソフトがアプライアンス新版
日本マイクロソフトはDWHアプライアンスの新版を発表。HadoopとDWHのデータを共通のSQLで操作できるのが特徴だ。加えて、Hadoopのクラウドサービスも提供する。(2013/3/21)

連載:いまどきのソース・コード管理:
第1回 TFS Expressで始めるソース・コード管理
ソース・コード管理のオンライン・サービス「Team Foundation Service」とTFS/Gitなどのオンプレミス・ツールを解説する連載スタート。(2013/3/1)

Database Watch(2013年1月版):
Redshiftがもたらすデータ分析環境の新時代/私的2012年の業界まとめ
2012年末に発表されたAmazon Redshift。ついにデータウェアハウスも格安のWebサービスの1つとして選択できるようになった。今月はRedshiftをウォッチ!(2013/1/24)

ホワイトペーパー:
SQL Server 2012リリース直前、コスト高を招かない賢い導入方法
SQL Server 2012は大幅な機能強化が成されているが、注意したいのはライセンスモデルの変更だ。利用環境によっては現行SQL Serverよりもコスト高を招く恐れがある。(2012/12/18)

SQL Server SSD Appliance、まずは6社から一斉に提供開始
SQL Server 2012のSSDアプライアンス提供がスタート。組み合わせは6社製品から選択できる(2012/12/17)

MSと6社、SQL Server SSD Applianceを発売
SQL Server 2012とSSDを利用するデータベースアプライアンスを、SCSK、ソフトバンク・テクノロジー、デル、東芝ソリューション、日本HP、日本ユニシスが販売する。(2012/12/17)

提供開始は2014年以降か
次期SQL Serverに搭載されるインメモリ機能「Hekaton」の実力は?
大量データの高速処理が求められる企業に向けて、米Microsoftは次期SQL Serverにインメモリデータベース機能「Hekaton」を搭載する。どのくらいの処理速度の向上が見込めるのだろうか。(2012/12/13)

導入事例:
エン・ジャパン、Microsoft SQL Server SSD Applianceを採用
求人情報サービスの迅速かつ効率的な提供を目的に、SQL Serverのアプライアンスを導入している。(2012/11/19)

パフォーマンスは最大で50倍に:
Microsoft、次期SQL Serverにインメモリ技術「Hekaton」搭載へ
米Microsoftは11月7日、SQL Serverの次期メジャーリリースに、コードネーム「Hekaton」と呼ばれるインメモリ機能を組み込むと発表した。(2012/11/8)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。