ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「電力計」最新記事一覧

NIのカスタム計測器「CompactRIO」を活用:
たまたま生まれたIoTが工事現場の電力を2割削減
日本ナショナルインスツルメンツ(NI)は、カスタム計測器「CompactRIO」を活用したIoTシステムの事例を公開した。試験的に導入したトンネル工事現場では、消費電力を約2割削減することを実現している。日本NIの岡田一成氏は、「IoTは何をしたらいいか分からないという企業が多いなか、企業の課題を解決するために構築したシステムが結果的にIoTとなった」と語る。(2016/5/12)

TECHNO-FRONTIER 2016:
モーター駆動回路、過渡状態の解析も1台で対応
テレダイン・レクロイ・ジャパンは、「テクノフロンティア 2016」で、モータードライブアナライザー「MDA800シリーズ」を用いた、モータードライブパワー解析ソリューションのデモ展示を行った。(2016/4/22)

デジタル PM3250:
既存の製造設備の電力値データを管理する保全ソリューション
デジタルはプログラマブル表示器とダイレクトに接続し、既設機器の電力値データを管理する電力計「PM3250」を発売した。(2016/4/20)

FAニュース:
既設機器の電力値データを管理する電力計を発売
デジタルは、既設機器の電力値データを管理する電力計「PM3250」を発売した。現場の表示器とPM3250をModbus通信でダイレクトに接続し、コントローラー報と共に電力値データの取得が可能だ。(2016/4/11)

IT導入完全ガイド:
4年後には16兆円市場に! IoTの“魅力”とは何か!?
「IoT(Internet of Things:モノのインターネット)」を理解し活用するための基礎知識として、IoTの全体像を整理する。(2016/4/11)

伊藤忠テクノソリューションズ PI System:
センサー情報を過去・現在・未来で見える化するPIMSソリューション
伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は、米OSIsoftと販売代理店契約を締結し、設備や機器に取り付けたセンサーからリアルタイムでデータを収集・保存し、管理・分析を行うオンプレミス型ソフトウェア「PI System」の提供を開始した。(2016/1/26)

エネルギー管理:
米国の全発電量の60%を支えるソフトウェア、IoTで日本の電力網を安定化
再生可能エネルギーの最適な需給調整などをはじめ、エネルギー分野での活用に注目が集まるIoT技術。伊藤忠テクノソリューションズは米国の総発電量の約60%に利用されているというOSIsoft社の「PI System」を日本国内で販売開始した。(2016/1/26)

電力供給:
東北電力管内のスマートメーターに不具合、1500世帯で料金を誤徴収
東北電力が設置を進めているスマートメーターの一部機種に、計量機能の不具合が起きていたことが分かった。家庭の電力使用量や、東北電力への太陽光発電設備で発電した電力の売電量などを誤って計測していたという。(2016/1/21)

自然エネルギー:
風力激増、30%を再生エネから得たドイツ
欧州の工業国ドイツは、電力源の構成を20年以上にわたって変化させてきた。2014年には再生可能エネルギーが電力源の首位となり、2015年には総発電量に占める比率が30%にまで高まった。立役者は風力、それも陸上風力だ。残る課題は褐炭の削減である。(2015/12/28)

電線が揺れない秘密は“ゴルフボールの凸凹” アルミ電線で関電節約志向
関西電力は、送配電網を銅製からアルミ製に切り替えている。ゴルフボールの原理を応用することで揺れやすさを克服した。(2015/12/15)

調達コストを2〜3割カット:
電線が揺れない秘密は“ゴルフボールの原理”
関西電力は11月から、電気を送る送配電網を銅製からアルミ製に切り替えている。アルミ電線は調達コストを2〜3割カットでき、軽量で交換や保守の作業もしやすいためで、管内の電線を30年程度かけて交換していく。(2015/12/11)

IoTのためのWi-Fi:
サブギガヘルツ帯Wi-Fi「IEEE 802.11ah」とは
規格策定が進む新しい無線LAN/Wi-Fi規格「IEEE 802.11ah」。802.11ahとは一体、どんなWi-Fiなのか。ユースケースや使用周波数帯といった基本からドラフト仕様、計測/試験における課題までを紹介する。(2015/9/8)

自然エネルギー:
停電少ないドイツ、再生エネでも品質維持
火力発電と比較したとき、再生可能エネルギーを利用した発電は不安定だと考えられている。大量導入したとき何が起こるのか。再生可能エネルギーの導入比率が日本の2倍以上に及ぶドイツの事例が参考になる。ドイツは2014年、停電時間の最短記録を達成した。(2015/9/7)

フリースケール開発者会議(FTF)レポート(6):
インターネットの明日を詰め込んだ大型トレーラー「IoT Truck」(後編)
今回は、先進運転システムやスマート・シティ向けのIoT技術の他、ベンチャー企業が開発したバッテリ内蔵リュックサックや、スマートフォンに取り付ける赤外線カメラが展示された。別のコーナーでは、RFパワートランジスタを採用した電子レンジや、生ビールの残量をモニタリングするプレートなど、ちょっと変わった開発品も並んだ。(2015/7/10)

電力供給サービス:
電力の大口顧客に限定した新サービス、海外のエネルギーコストを10%削減
小売全面自由化の影響は家庭だけにとどまらない。市場が活性化して企業も安い電力を購入しやすくなる。中部電力は大口の顧客を維持する戦略の一環で、海外の工場や店舗を対象に省エネの提案サービスを開始する。現地に社員を派遣して設備調査を実施することで顧客をつなぎとめる狙いだ。(2015/6/4)

TECHNO-FRONTIER 2015:
“コンマ数パーセント”が問われるモータ/インバータの効率改善に効く基本確度±0.04%の電力計
横河メータ&インスツルメンツはTECHNO-FRONTIER(テクノフロンティア)2015」で、「業界最高の電力基本確度」(同社)という電力計を展示した。(2015/5/21)

マイクレル MIC28511/MIC28512/MIC28513:
入力電圧が4.6〜70Vの同期整流式降圧レギュレータ、サイズは3×4mm
マイクレル・セミコンダクタ・ジャパンは、ピン・機能互換性がある高電圧(HV)同期整流式降圧スイッチングレギュレータ製品の「MIC28511」「MIC28512」「MIC28513」を発売した。4Aの出力電流と4.6〜70Vまでの広範な供給電圧を提供する。(2015/4/21)

FAニュース:
データロギングソフトウェアを機能強化、OPC-UAに対応
横河電機は、データロギングソフトウェア「GA10」の機能を大幅に強化した「GA10 リリース2」を発売した。リアルタイム演算機能、レポート印刷機能、上位システムとの連携機能がオプションで装備できる。(2015/2/1)

FAニュース:
1台で最大4回路まで計測できる小型電力量モニタが発売
オムロンの発売する「小型電力量モニタ(KM-N1)」は、上位システムとの親和性を追求し、「マルチユニット通信システム」を搭載した。1台で複数回路の計測が可能で、電灯・OA機器などの回路は最大4回路、動力回路は最大2回路まで計測できる。(2015/1/6)

テレダイン・レクロイ HDO8000:
三相モータのパワー解析に最適、レクロイのオシロ向けソフトウェア
テレダイン・レクロイ・ジャパンは、オシロスコープ「HDO8000」シリーズ向けモータドライブ・パワー解析ソフトウェアを発表した。EVや空調システム、電動工具、工作機械などに搭載される三相モータやその駆動装置、制御システムなどの開発/評価用途に向ける。(2014/10/1)

電力供給サービス:
KDDIがマンション一括受電に参入、割引率は5%か50%
KDDIは2014年9月からマンション向けの電力小売り事業に参入し、「auエナジーサプライ」と呼ぶ高圧一括受電サービスの提供を開始する。専有部(各戸)の電気料金を約5%割り引くプランか、共用部を最大約50%割り引くプランのどちらかを各マンションが選ぶ。(2014/8/29)

TECHNO-FRONTIER 2014:
オシロのメリットを融合した電力計、無線給電分野にも応用が可能に
横河メータ&インスツルメンツは「TECHNO-FRONTIER 2014」(テクノフロンティア 2014)で、電力測定器や波形測定器の最新製品群を展示した。電力計とオシロスコープの長所を併せ持つ電力測定器「プレシジョンパワースコープ PX8000」は、無線給電やロボットといった分野で高い評価を得ているという。(2014/8/4)

TDK CCTシリーズ:
既存の設備にも装着可能なクランプ型の交流電流センサー
TDKは2014年、クランプ型の交流電流センサー「CCTシリーズ」を発表した。家庭やオフィスなどに向けた電力見える化システム用の電流(電力)センサーとして展開する。(2014/4/18)

電力供給サービス:
電力小売事業に必要な3つのサービス、クラウドでも提供
電力完全自由化が近い将来に見えている現在、関連サービスが充実しつつある。オージス総研と両毛システムズは、電力小売事業に必要なサービスを開発、2014年4月から提供を開始する。電気料金の計算や請求、回収に役立つサービスであり、顧客の契約情報やメーターなどの設備情報の管理も可能だ。(2014/3/24)

ヘルスケア、モンスタートラック、教育、環境問題、海洋調査に進出するJava、そして宇宙へ……JavaOne 2013まとめレポート(後編)
Java開発者の年次カンファレンス、JavaOne 2013のコミュニティキーノートの模様を中心に、さまざまな話題をお伝えする。Java SEが標準バンドルとなったRaspberry Piディストリビューションや“MTaaS(Monster Truck as a Service)”、Javaで動かすレゴマインドストーム、10歳の驚愕Javaハッカーなどが注目だ。そして今年も、最後にあの人がやって来た!(2013/11/19)

電気料金を安くする5つのステップ:
もっとスマートに節電しよう!(3)システムで自動化する
節電を効率的に実施するためには、人手に頼るよりもシステムの力を借りるのが得策だ。このところ導入事例が増えているBEMS/HEMS(ビル/家庭向けエネルギー管理システム)が代表的なもので、あらかじめ設定した条件に従って空調や照明を自動的に制御することができる。(2013/9/19)

FAニュース:
日本ラントロニクス、M2M向け組み込み用Wi-Fiデバイスサーバ「xPico Wi-Fi」発売
24×16.5mmと小型ながら、ネットワーク化に必要なソフトウェアを搭載済み。ソフトAPモードとクライアントモードの同時使用にも対応する。(2013/9/6)

クラウド ビフォア・アフター:
パブリックデータを活用した新たな街づくり
医療や教育などの社会問題の解決に向けて、パブリックデータの活用に注目が集まっている。われわれは多種多様かつ膨大なデータをいかに扱っていくべきだろうか。(2013/8/28)

FAニュース:
パナソニック デバイスSUNX、計測精度を高め、電力品質管理機能を追加した簡易電力計を受注開始
従来は電流/電圧で0.5%、有効電力で1%だった計測精度を、電流/電圧で0.2%、有効電力0.5%と簡易電力計としては高精度の計測を可能にした。(2013/8/6)

ニュースからひもとくエンジニア求人動向:
注目のクリーンエネルギー分野に転職! 門戸が広がり、パワエレの知識・経験がなくても採用の可能性あり
再生可能エネルギーに注目が集まっている今、関連企業への転職を希望する人も増えてきているのではないでしょうか。今回はクリーンエネルギー分野の求人動向をお伝えします。(2013/7/12)

注目製品/エネルギー管理:
ビル用省エネシステム、空調設備の組み合わせ制御が可能
セイコーソリューションズ、2013年6月11日発売(2013/6/13)

小寺信良が見たモノづくりの現場(3):
オムロン逆転の発想、「カイゼン」と「省エネ」は同じことだった
生産のQCD(品質、コスト、納期)を見直すカイゼン活動は、現場力の見せ所だ。一方、省エネはこれまで現場から離れた工場の管理部門の役割だとされてきた。QCDと省エネを同じ目線で捉えると何ができるのだろうか。オムロンの事例を小寺信良が紹介する。(2013/3/21)

注目製品/エネルギー管理:
配電盤にセンサーをはさむだけで、消費電力が見える電力計
サンワサプライ、2013年3月18日発売(2013/3/21)

エネルギー管理:
マンションにスマートメーターを導入、高圧一括受電で電気料金を削減
大手デベロッパーの長谷工グル―プが新築・既築のマンションに次世代電力計のスマートメーターを導入して電気料金を削減するサービスを開始する。年間に5万〜6万戸の住戸に米GE製のスマートメーターを設置する計画で、当初は首都圏・近畿・中部を中心に展開する。(2013/1/30)

エネルギー管理:
スマートメーターの開発プロジェクト、5月から一斉に開始へ
今後の電力ネットワークを変革するスマートメーターの開発計画が東京電力を中心に具体的に進んできた。中核になるメーターの計量部、メーターからの通信ネットワークに続いて、メーターから収集したデータを管理するシステムの開発会社の募集が始まった。(2012/12/18)

台北国際エレクトロニクス見本市:
台湾エレクトロニクス産業の“いま”を知る――TAITRONICS 2012リポート
台湾・台北市の台北世界貿易中心南港展覧館で「TAITRONICS 2012(台北国際エレクトロニクス見本市)」がこのほど開催された。TAITRONICSは電子部品や電源、計測器などの見本市だ。台湾のエレクトロニクス業界の“いま”をリポートする。(2012/11/28)

FTF Japan 2012:
フリースケールのスマートエネルギー向け新製品群、電力計測と無線接続に対応
スマートメーター用に最適化した電力計測用マイコン群「Kinetis KM3xシリーズ」と、無線トランシーバを集積した通信処理マイコン群「Kinetis KW01シリーズ」である。さらに、MAN(Metropolitan Area Network)領域のスマートエネルギーアプリケーションに向けた開発キット「TWR-METRO-KIT-NA/JA」も用意した。(2012/10/22)

エネルギー管理:
電力見える化システムのよく効く使い方 後編 「データを集めてさらに節電」
後編では、具体的に見える化システムを活用した例を紹介する。見える化システムで課題を洗い出した例のほか、見える化システムを使って初めて大きな無駄を見付けたという例などを取り上げ、解説する。(2012/5/16)

エネルギー管理:
高くなる電気料金を削減へ、メニュー見直しとピーク制御が効果的
東京電力が電気料金を値上げしたことで、企業や自治体、マンションの管理組合でも対応策に追われている。ところが電気料金の仕組みは意外に知られていない。正確に理解して最適なコスト削減策を講じる必要がある。(2012/4/11)

Ultrabookで3Dゲームをするぞー!ホントだぞー! :
Aspire Timeline Ultra M3に搭載した“モバイルなKepler”で遊ぶ
GeForce GTX 680の発表と時を同じくして、ノートPC向けGPU「GeForce GT 640M」が登場した。Kepler世代のアーキテクチャはモバイルPCをどう変えるのか?(2012/4/6)

法制度・規制:
今夏からの節電を促進する、国のアクションプランが固まる
総理直属の機関である国家戦略室の「エネルギー・環境会議」(2012年3月29日開催)において、今後の電力需給バランスを安定させるためのアクションプランが確定した。特に節電を促進する具体策が盛り込まれている点に注目しよう。(2012/3/30)

スマートグリッド:
本気を出した東電、年間300万台のペースでスマートメーター導入へ
スマートメーターとHEMS(Home Energy Management System)の普及が急速に進みそうだ。東京電力はスマートメーターを一般競争入札で安価に調達し、年間300万個のペースで既存の電力計と交換していく。経済産業省はスマートメーターとHEMSとのインタフェースを2011年度中に確定。どの電力会社を利用していても、自宅で直接電力情報を利用できるようになる。(2012/2/29)

エネルギー技術 スマートグリッド:
電力線通信方式のG3-PLCをITUが標準化、仏大手電力がスマートメーターに採用
G3-PLCは電力線通信(PLC)の方式の1つで、家庭のエネルギー管理システムと分電盤の間や、電力網側のデータ集約機と家庭の電力メーターの間をつなぐ用途に向けたものだ。同方式の普及に取り組む業界団体は、ITUの標準規格として承認を受けたことで導入に弾みがつくと期待を寄せている。(2012/1/27)

CEATEC 2011:
機器が待機状態なら消費電力はほぼゼロ、省エネACアダプタをタムラが展示
タムラ製作所の新型ACアダプタは、ノートPCなどの機器がシャットダウンされると待機状態に切り替わり、無駄な消費電力を抑える機能を備えている。待機時の消費電力は、一般的なACアダプタの1/100以下だという。(2011/10/6)

CEATEC JAPAN 2011:
スマートメーター自体は重要ではない、自律制御が肝だ
携帯電話機がつながりやすいかどうかは、基地局をどのように設置するかで決まる。スマートメーターが大量に普及した将来、似たような課題が表面化するだろう。電力需要が急変したときにも対応できる、そんなスマートメーター網を作るにはどうすればよいのか。パナソニック電工によれば、自律制御がカギだという。(2011/10/3)

「データセンター省エネ特別セミナー」リポート(前)
グリーン・グリッドが認めたデータセンター省エネ化策
グリーン・グリッド日本支部が8月25日に開催した「データセンター省エネ特別セミナー」では、データセンターの電力削減や効率改善の取り組み事例が紹介された。(2011/8/31)

クラウド ビフォア・アフター:
スマートシティ、スマートコミュニティが変える地域社会
震災から復興し環境に配慮した都市を創るために、スマートグリッドを活用したスマートシティ、スマートコミュニティを構築する官民協働一体となった取り組みが必要だ。(2011/8/4)

エア流量モニターEWA1シリーズ:
エアコンプレッサの能力を最適に保って消費電力削減を
工場内のエアコンプレッサの能力を監視し、最適化する流量モニター製品が登場。保全だけでなく、電力消費量の改善にも効果があるという。(2011/8/1)

Maximoベースの設備監視で電力可視化:
製造業専用の「エネルギーの見える化ソリューション」
製造設備や製造拠点の電力監視を考慮したエネルギーマネジメントソリューションが登場。エクサのノウハウを生かした業界特化のテンプレートが特徴。(2011/7/5)

製造業向けのエネルギー可視化サービス、日本IBMらが提供
日本IBMとエクサは、工場やオフィスのエネルギー関連データを定期的に収集、算出して可視化するサービスを開始した。(2011/7/5)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。