ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「先進国」最新記事一覧

「日本を人工知能研究の先進国に」――東大に研究者育成講座 ドワンゴ、トヨタなどが9億円寄付
東京大学が人工知能領域の研究者を育成する寄付講座を設置。ドワンゴ、トヨタなどから9億円の寄付を受け、産学連携で取り組む。(2016/6/7)

太陽光:
エネルギー先進国ドイツが認めた日本の技術、集合住宅の電力自己消費を実証
NEDOは、NTTドコモ、NTTファシリティーズ、日立化成、日立情報通信エンジニアリングと共同で取り組む「ドイツ連邦共和国におけるスマートコミュニティ実証事業」において、太陽光パネル、蓄電池、ヒートポンプ、HEMSを組み合わせたシステムの実証運転を開始した。(2016/6/1)

フランスの旅行客は年間8000万人以上:
民泊大国フランスの惨状を見よ! 「パリは人の住めない街になってしまった」
「民泊」の規制緩和をめぐり、宿泊施設業界が“反撃”に乗り出した。全旅連がフランスの業界団体を招いて「緊急フォーラム」を開催。世界一の観光大国・フランスの現状は、「観光先進国」を目指す日本にとっての反面教師といえそうだ。(2016/4/25)

自然エネルギー:
再生可能エネルギーの投資額が過去最高に、2015年に全世界で35兆円
先進国と発展途上国の双方で再生可能エネルギーの投資が拡大している。国連の環境問題を担当する機関が各国の投資状況をまとめたところ、2015年の投資額は全世界で35兆円に達して、過去最高だった2011年を上回った。日本は中国と米国に次いで3番目に多く、投資額は4兆円にのぼった。(2016/4/4)

眠らない国、日本――睡眠時間は先進国中最低レベル?
日本人の睡眠時間は世界でも少ないといわれており、近年減少傾向に。日本人の睡眠を知るために、都道府県別の睡眠時間ランキングなどをご紹介します。(2015/12/13)

電子ブックレット/電力供給サービス:
世界が選んだ再生エネ、見通しの暗い日本
IEA(国際エネルギー機関)などが、発電関連の調査結果を2つ発表した。1つ目は再生可能エネルギーが世界規模で第2の電力源に成長したこと。先進国、発展途上国に共通した流れだ。2つ目は2020年に運転を開始する発電所の発電コスト予測。原子力が最も有利であり、再生可能エネルギーは急速に追い付いているとした。日本でも原子力が低コストだが、他の先進国と比較では割高であり、化石燃料や再生可能エネルギーでも同様だという。(2015/10/14)

電力供給サービス:
再生エネが2位に浮上、発電量でガスを抜く
IEA(国際エネルギー機関)は、再生可能エネルギーが電力源として、天然ガスを抜き第2位に浮上したと発表した。先進国では化石燃料の利用が減少する中、再生可能エネルギーが増え、途上国では石炭と再生可能エネルギーが増加している。(2015/9/14)

海外医療技術トレンド(3):
欧州連合のeヘルス戦略は社会課題解決のパッケージ輸出を狙う
ベビーブーマーの高齢化に挑む米国の「ヘルスIT」。これに対して、医療・介護福祉分野の課題解決先進国が顔をそろえる欧州連合(EU)が推進するのが「eヘルス」だ。(2015/9/8)

自然エネルギー:
太陽光発電を加速させる米国政府、再生可能エネルギーの出遅れ挽回へ
米国のオバマ大統領が新たな再生可能エネルギーの拡大策を発表した。家庭と企業の双方に向けて融資制度を拡充するほか、太陽光発電のコストを低下させる技術開発プロジェクトを促進する。欧州の先進国と比べて出遅れている現状を改善して、温室効果ガスの削減につなげる狙いだ。(2015/8/27)

法制度・規制:
エネルギーミックスの改善で温室効果ガスを削減、2030年までに26%
政府が2015年内に世界各国と合意する温室効果ガスの削減目標が固まった。CO2を主体にした温室効果ガスの排出量を2030年までに2013年比で26%削減して、欧米の先進国と同等の貢献を果たしていく。電力をはじめエネルギーの生産・利用に伴って排出するCO2の削減が中心になる。(2015/5/4)

グローバル企業が相次ぎ採用
いよいよ始まった「マイナンバー制度」、世界の“国民ID先進国”が使うアプリとは?
「マイナンバー制度」が始まった。企業にとってはこれからが正念場だ。その中、世界各国の国民ID制度などへの対応で注目されるグローバル企業向けのクラウド型人事アプリケーションが日本に上陸した。その特徴とは?(2015/4/1)

佐野正弘のスマホビジネス文化論:
日本の技術が貢献 “スマホ以外”で先進国開拓を目指すFirefox OS
KDDIと「Fx0」を開発し、さらに新カテゴリー端末の共同開発構想も打ち出したMozilla。これからのFirefox OSはどう進化していくのか? Mozillaのアンドレアス・ガルCTOに聞いた。(2015/3/31)

セキュリティインシデントに立ち向かう「CSIRT」:
米国にみるセキュリティ人材とCSIRT強化の課題解決
CSIRTを構築する企業が増える一方、セキュリティ人材の不足といった悩み声も聞かれる。サイバーセキュリティ先進国とのイメージが強い米国でも同様の課題が生じているが、解決に向けて企業が様々な取り組みを始めているという。(2015/3/19)

電力供給サービス:
日本の電気料金は先進国の平均レベル、ドイツやイタリアよりも安い
電力会社の相次ぐ値上げによって電気料金が上昇しているが、米ドルで換算すると他の先進国と比べて決して高くない。ドイツやイタリアよりも安くて、イギリスとほぼ同じ水準だ。円安による換算レートの影響があるとはいえ、国際競争力を阻害するほどの要因にはなっていない。(2015/2/18)

宇宙ビジネスの新潮流:
宇宙ビジネス先進国の法整備はいかに進んでいるか
2015年初に政府が決定した「宇宙基本計画」では、今後10年間の宇宙関連産業の政策方針が定められた。この分野で日本の先を行く米国では、どのような政策や法整備がなされているのだろうか。(2015/1/24)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
社会課題の解決にビッグデータを活用するデンマークの取り組み
EU諸国は、スケールメリットを生かした低コスト戦略が主流のクラウド上で、ビッグデータならではの付加価値サービスを開発し、独自性を発揮しようとしている。今回は北欧の社会課題の解決先進国であるデンマークの事例を紹介する。(2015/1/14)

スマートシティ:
太陽光発電の先進国ドイツに「自己消費モデル」、日本の蓄電・蓄熱技術を生かす
再生可能エネルギーの比率が20%を超えたドイツでは、太陽光発電のコストが電力会社の電気料金よりも低くなった。もはや売電するメリットは薄れて、新たに地産地消による「自己消費モデル」の確立が求められている。日本の蓄電・蓄熱技術を生かした実証事業が2015年に始まる。(2014/12/10)

「〈進め!たかめ少女!〉始まるよ〜!」 萌の先進国・台湾、今度は地下鉄がやらかす
台湾は相変わらずすごいな!(2014/11/27)

ビジネスニュース 企業動向:
世界3位のスマホメーカー シャオミ、躍進の理由を探る
スマートフォンメーカーとして、Samsung Electronics(サムスン電子)、Appleに次ぐ第3位の位置に付いたXiaomi(シャオミ)。世界の大手メーカーで経験を積んだエンジニアたちが集結して立ち上げた中国企業は、先進国におけるスマートフォン市場の成熟に伴い、成長の一途にある。(2014/11/5)

エコカー技術:
ヤマハ発動機の次世代エンジン「BLUE CORE」、従来比で燃費が50%向上
ヤマハ発動機は、二輪車用の次世代小型エンジン「BLUE CORE」を開発した。2014年8月にベトナムで発売した女性向けスクーター「Nozza Grande」の排気量125ccの空冷エンジンが第1弾で、今後新興国および先進国に導入するさまざまな二輪車に搭載し、2020年には3タイプのエンジンで年間500万台の生産を目指す。(2014/9/12)

田中克己の「ニッポンのIT企業」:
オープンデータの市場創出に尽力するjig.jp
福井県鯖江市に拠点を構えるjig.jpの福野社長は、日本をオープンデータ先進国にする計画を練る。オープンデータの虜になるきっかけは、W3Cへの参加だったという――。(2014/9/9)

データで見る世界と日本のエネルギー事情(5):
日本の電気料金は欧米の約2倍、ガス料金では米国が圧倒的に安い
化石燃料を輸入に頼る日本の電気料金は欧米の先進国と比べて約2倍の水準だ。震災後に相次いだ値上げが影響して、電力需要は減り続けている。一方で販売量が伸びているガスの料金は米国の4倍以上も高い。天然ガスの輸入拡大によって電力とガスの両方が安くなる期待は大きい。(2014/9/8)

NISC三角氏に聞いた政府の方向性:
いま、脅威となるサイバーセキュリティに備える
成立すれば先進国初となるサイバーセキュリティに関する法案「サイバーセキュリティ基本法案」が現在審議中だ。果たして、政府はサイバーセキュリティをどう考えているのか?(2014/8/28)

データで見る世界と日本のエネルギー事情(2):
再生可能エネルギーが20%を突破、日本は水力と太陽光で第5位
先進国を中心に再生可能エネルギーの導入が進んで、全世界の発電量の20%以上に拡大した。そのうち約8割は水力発電だが、風力発電と太陽光発電の伸びも著しい。国別の導入量では、水力と風力で中国がトップ、太陽光ではドイツが最大だ。日本は水力と太陽光で第5位に入っている。(2014/8/18)

【連載】ソーシャルギフトって何?:
第3回 ソーシャルギフトを受け取る/使う文化――ソーシャルギフト先進国韓国
前回はソーシャルギフトサービスに商品を出品する企業のメリットについて解説をさせていただきました。今回は、企業がソーシャルギフトを使ってどのようなキャンペーンを行うことができるか、ソーシャルギフト先進国の韓国の事例を踏まえてお話しさせていただきます。(2014/8/8)

第21回小学館ノンフィクション大賞が発表、大賞作品は出ず
優秀賞には、宮下洋一さんの『産めない先進国―世界の不妊治療現場を行く』と、角岡伸彦さんの『ゆめいらんかね―やしきたかじん伝』が選ばれた。(2014/7/29)

電力供給サービス:
再エネ比率が2013年度に10.7%へ上昇、欧米の先進国に一歩近づく
太陽光や風力などの再生可能エネルギーによる発電量が2013年度に大幅に伸びたことで、国内の総発電量に占める割合は前年度の1.6%から2.2%へ急上昇した。従来からの大規模な水力発電を加えると10.7%になり、アメリカやイギリスと同等の水準になってきた。(2014/6/23)

津田建二の技術解説コラム【海外編】:
PR:知ってるつもりの外国事情(3)――ジャーナリストから見たエレクトロニクス広報の日米の違い
今回は少し毛色の変わった分野として、エレクトロニクス企業の広報について、日米を比較してみます。長い間、ジャーナリストという仕事をしていますと、広報部門とは長く付き合ってきました。広報は英語ではPublic Relation(PR)と言いますが、日本語でPRといえば、宣伝のことを指すことが多いようです。しかし、広報(PR)は文字通り広く知らしめるという意味で、自分の有利な方向に導く「宣伝」とは違います。米国は広報やジャーナリズムの先進国です。日本とは何がどう違うのでしょうか。(2014/6/9)

法制度・規制:
先進国中最低レベルの日本、2020年の省エネ基準も徹底せず
電力などのエネルギーをいかに作り出し、維持するかについて、議論が続いている。だが、エネルギーを使う側、特に長期間エネルギーを使い続ける住宅に対する取り組みが遅れていることはあまり知られていない。国土交通省の調査結果を紹介する。(2014/5/28)

2014年度も「Silver to Gold」戦略を継続
2025年、“課題先進国”日本の医療ITはどうなっている? GEヘルスケアの発表で占う
GEヘルスケア・ジャパンは4月7日、2014年度戦略発表と新製品群を発表。2025年を見据え、医療機器に加えて超高齢社会で求められる医療サービスの提供を目指す。(2014/4/15)

「プリペLTEの都で使う」海外定額データ通信:
海外プリペイドSIM導入マニュアル──「スウェーデン・ストックホルムLTE 2014年」編
先進国で着々と導入が進むLTE。実は世界初の商用LTEサービスが開始されたのが2009年12月のスウェーデンだった。今回はそのスウェーデンはストックホルムで、プリペイドLTEサービスを使ってみた。(2014/2/26)

ビジネスニュース 業界動向:
飽和し始めたタブレット市場、今後は成長が減速
破竹の勢いで成長してきたタブレット端末市場だが、やはり陰りが見え始めてきたようだ。新興国では力強い成長が続いているものの、先進国、特に米国では飽和状態に近づいているという。(2014/2/3)

海外進出企業に学ぶこれからの戦い方:
持てる力を現地で立証することで先進国市場を攻略 日立鉄道事業
グローバル化、海外進出というと成長性の高い新興国に目が向きがちである。しかし、現存するマーケット規模から考えると、先進国をターゲットとしてビジネスを展開することも1つの重要なオプションとなる。(2014/1/10)

【連載】デジタルの時代にマーケターが知るべきこと:
第7回 「デジタルマーケティングをしている」と勘違いしていませんか?
「アジアの中でなら日本は先進国」という認識を日本人の多くは持っているかもしれない。しかし、アジア地域諸国に比べても、日本のデジタルマーケティングの取り組みは遅れているという調査結果がある。この結果に、調査協力をした筆者自身、予想外の衝撃を受けた。(2013/12/19)

JETROに聞く:
製造業の米国回帰を後押しする“4つの波”とは?
日本からは中国やASEANなど低コスト国への工場の流出が続いているが、同じ高コストの先進国である米国では工場を米国内に戻す動きが増えているという。早くに製造業の空洞化が指摘された米国で何が起きているのか。JETRO海外調査部北米課に聞いた。(2013/10/9)

歯垢除去率がグンと上がる? スウェーデン式“究極”の歯みがき法
歯磨きは誰もがエチケットとして毎日行っているでしょう。だからこそ、正しい歯みがきの仕方は知っておきたいもの。今回は、予防歯科の先進国であるスウェーデンで普及している歯みがきの特徴を紹介します。(2013/10/8)

ウイークエンドQuiz:
原油を輸入するなら中東以外にどこから?
日本の原油輸入先を見ると、中東依存度が8割を超えている。先進国で8割を超えているのは日本と韓国だけだ。日本が他に頼れる国はないのだろうか。今回は中東以外で最大の原油輸入先はどこかという問題だ。(2013/9/6)

「LTEも1日約100円」な海外定額データ通信:
海外プリペイドSIM導入マニュアル──「フィリピン・マニラ 2013年」編
各国のLTE普及は先進国から途上国にも広がりつつある。フィリピンでも2012年にLTEサービスが始まったが、2013年はようやくプリペイドでも利用できるようになった。使い勝手はどうかを早速チェックする。(2013/8/29)

視点:
新興国市場での成功の鍵――「FRUGAL」製品の可能性と落とし穴
先進国を凌駕しうる非常に大きなポテンシャルを持つ新興国において、いかにして成功するか。新興国進出において、日本企業が陥りやすい3つの落とし穴について考えてみる。(2013/7/29)

ビジネスニュース オピニオン:
やはり過酷なスマホ市場、NECは撤退か
一部の報道によれば、NECがスマートフォン事業から撤退するという。真偽の程は定かではないが、頼みの綱であるLenovoとの提携交渉が暗礁に乗り上げたようだ。スマートフォン市場は今後も成長が見込まれているが、先進国では飽和状態に近いとも言われている。スマートフォンメーカー各社が、厳しい戦いを強いられているのは確かである。(2013/7/22)

小飼弾×松井博、どこへ行く? 帝国化していく企業(5):
壮大な“実験国家”米国から何を学べばいいのか
巨大化する企業と弱体化する国家。特に先進国では福祉が国家予算を圧迫し、どこも火のクルマだ。そんな中、本当に国がやるべき仕事とは何なのか。(2013/7/1)

クラウド ビフォア・アフター:
新たな国家IT戦略の肝となるオープンデータ
日本は国際的地位の後退、少子高齢化や社会保障給付費増大、社会インフラの老朽化、東日本大震災における震災復興など、多くの課題を抱える“課題先進国”といっても過言ではない。こうした現状の閉塞を打破するため、政府は持続的な成長と発展に向けた戦略の柱として、特にビッグデータやオープンデータ、クラウドを新たなIT戦略のエンジンとしている。(2013/6/26)

小飼弾×松井博、どこへ行く? 帝国化していく企業(3):
先進国にとっての労働は「暇つぶし」なのか
モノ余りの時代、必要とされるサービスは先進国ではほぼ提供されている。人々は何のために「働く」のか。労働の意味とは何か。一方でまだ残る貧困をどう解決していけるのか。(2013/6/24)

【連載】日本の未来を切り拓くBtoBマーケティング:
第8回 日本をマーケティング先進国にする2つの強み
日本国内でのマーケティングが実績を上げ始めると必ず言われることが、「同じ仕組みで海外のマーケティングはできますか?」ということです。答えはもちろん「Yes!」です。(2013/3/19)

NTT DATA Innovation Conference 2013リポート:
課題先進国ニッポンを再生するNTTデータのサービス・イノベーション
技術力と問題解決力により、既存のサービスをより高度なサービスに革新するのがサービス・イノベーション。課題先進国ニッポンを待ち受ける難題を解決するカギとなるサービス・イノベーションによって創造されたソリューションは、世界にも展開できるソリューションだ。(2013/3/5)

法制度・規制:
「エネルギー最先進国」へ、原子力発電の活用などを経済産業大臣が表明
新政権が推進する産業競争力会議で、重点分野のひとつになっているエネルギー政策の方針を経済産業大臣が明らかにした。電力を中心とするエネルギーの生産・流通・消費の3段階に分けて政策を進める考えで、生産面では「安全が確認された原子力発電の活用」を掲げた。(2013/2/22)

2013年は動画RTB広告元年?:
動画/動画RTB広告が日本に定着する課題と条件
DACとオムニバスは相次いで動画RTB大手チューブモーグルとの提携を発表した。現在、日本において動画RTB市場は未形成である。日本に動画広告が根付く条件とは何か。動画広告先進国であるアメリカと日本の違いや、国内の動画/動画RTB広告をとりまく環境などをまとめた。(2013/2/15)

中村伊知哉のもういっぺんイってみな!:
炎上対策、おたくは大丈夫?
日本は「炎上先進国」。そのノウハウを海外に教えてあげる、くらいの対応が求められている。「炎上データベース」を基に問題点を分析し、リスクマネジメントの指針となるような手引書の開発が必要だ。(2012/12/31)

ヤフーがネット広告について考えていること:
ヤフー友澤大輔氏インタビュー、「Yahoo! JAPANが変わることで、日本のデジタル広告市場は進化できる」(後篇)
ヤフー マーケティングイノベーション室 室長 友澤大輔氏へのインタビューの後篇。「Yahoo! Japanのすべてを使ってネット広告の効果検証をする」「アドテク先進国の米国を反面教師をすればいい」などの発言の真意とは。(2012/12/27)

米国の政治家はどのようにイメージ作りしているのか――『完璧なイメージ』著者に聞く
衆議院総選挙の投票日まであと少しとなったが、多くの人の支持を集めなければならない政治家にとって重要なのがイメージ戦略。映像先進国である米国の政治家はどのようなことを行っているのだろうか。『完璧なイメージ: 映像メディアはいかに社会を変えるか』の著者であるキク・アダット氏に尋ねた。(2012/12/11)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。