ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「開発プロセス」最新記事一覧

ソフトウェア開発方法論の1つで、最も基本的、一般的な開発モデル。プロジェクト全体をいくつかの工程に分割し、各工程での成果物(仕様書や設計書などのドキュメント)を明確に定義し、その成果物に基づいて後工程の作業を順次行っていく開発モデル。
ウォーターフォール・モデル − @IT情報マネジメント用語事典

Makuake 木内氏、プロトラブズ新社屋を訪問:
PR:2つのインターネットモノづくりで、メーカーの商品企画段階から介入し開発プロセスを革新する
商品企画段階からの介入、資金調達後の販売や事業拡大に関するサポートも手掛けるクラウドファンディングサービス「Makuake」と、インターネット上の試作・小ロット専門メーカー「プロトラブズ」、2つのインターネットモノづくりが、商品開発プロセスの革新を力強く後押しする。Makuakeを取り仕切る木内文昭氏は、その革新において大事なことは「意思決定の迅速化」だと語る。(2016/11/24)

製造ITニュース:
開発プロセス効率化のソリューションを国内外企業が協調して開発
図研は、米Arasとパートナーシップを締結し、電気・電子設計データなどにおいて、設計から製造までのプロセスを管理する方法を協調して開発していくと発表した。(2016/9/15)

LIVEWORX 2016:
ハードウェアのアジャイル開発は可能か、開発効率を80%向上できた事例も
PTCは、年次ユーザーカンファレンス「LIVEWORX 2016」において、ソフトウェアで一般的なアジャイル開発をハードウェアに適用するための開発プロセス管理ツール「AgileWorx」を発表した。ハードウェアへのアジャイル開発の適用では、開発効率が80%向上した事例もあるという。(2016/6/22)

物理モデリング環境「Simscape」で支援:
PR:1Dシミュレーションで実現する車載システム開発のフロントローディング
自動運転技術をはじめ自動車の進化は加速している。その進化を実現するには、詳細設計における個別最適だけでなく、車載システム全体の最適を図る必要がある。その手法として注目を集めているのが、開発プロセス上流で行う「1Dシミュレーション」だ。(2016/6/15)

PTCジャパン Creo:
ボトムアップ設計からトップダウン設計へ、EIZOが新開発プロセスの採用で革新
PTCジャパンは、EIZOが特定用途向けモニターの設計開発に3次元CAD「PTC Creo」と、3次元設計オプション「PTC Creo Advanced Assembly Extension」を採用したことを発表した。(2016/6/6)

PTC Creo活用事例 ―EIZO―:
PR:“重厚感のある”EIZOモニターが流麗なデザインに生まれ変わった理由
モニターのトップブランドとして知られるEIZOは、新たな開発プロセスの導入によって市場投入する製品の革新に成功した。高品質の映像表示の一方で“重厚感のある”イメージがあったEIZOモニターは、今や流麗なデザインに変わりつつある。その新たな開発プロセスに大きく貢献したのが、PTCの3D CAD「Creo」と、その3D設計オプション「Advanced Assembly Extension」だ。(2016/6/3)

開発プラットフォームは助けになるか
「モバイルアプリ開発者はどこに行った?」、企業が実感する採用難と解決法
クロスプラットフォーム対応のモバイル開発ツールを利用すれば、開発者はアプリを1本作成するだけで各種のプラットフォームに対応させることができる。モバイルアプリの開発プロセス簡素化が可能だ。(2016/3/31)

いまさら聞けない 車載セキュリティ入門(5):
車載セキュリティに対応する開発プロセスとセキュリティ評価手法
車載セキュリティに対応するには、車載システムの開発プロセスそのものを変えていく必要がある。さらにその車載システムのセキュリティレベルを評価する仕組みも整備しなければならない。(2016/3/25)

豆蔵/東京農工大学 共同研究:
産業用ロボットの新規開発期間を大幅短縮! 3Dモデルによるバーチャル試作・検証
豆蔵と東京農工大学は、「産業用ロボットアーム」の開発期間を短縮するための開発プロセス/設計手法に関する共同研究をスタート。開発コストの削減や早期市場投入に貢献していきたい考えだ。(2016/2/25)

CADニュース:
3次元モデルを活用したバーチャル試作で、ロボットの実機試作回数を削減
豆蔵は、産業用ロボットアームの開発期間を短縮するための開発プロセス/設計手法に関する研究を、東京農工大学と共同で開始したことを発表した。(2016/2/24)

その可能性と弱点と新しい技を習得すべし
モバイルアプリで知っておきたいHTML5の「完全無欠ではない」ポイント
HTML5を使用すると、モバイルアプリの開発プロセスをシンプルにできる。ただし、パフォーマンスがネイティブアプリに及ばないなどの弱点も、使いやすいアプリ開発のためには知っておきたい。(2016/2/9)

製造ITニュース:
新ソリューションの提供で設備開発プロセスの同時進行化を支援
ラティス・テクノロジーは、製造用の設備や装置開発のコンカレント化を支援する新たなXVL/Vmechソリューションの提供を開始した。(2016/1/27)

山浦恒央の“くみこみ”な話(79):
統計の食わず嫌いを直そう(その7)、「鎌倉時代の平均ワイン消費量」と「平均値の検定」
「効果がある」と言うためには比較が必要です。新旧開発プロセスの生産性や品質の平均値を比べるためには、「平均値の差の検定」が必要となります。(2015/10/29)

ESEC2015特別企画ブースリポート(イーソル):
PR:RTOSプラットフォームから開発プロセス支援まで、ソリューションの幅を広げたイーソル
国産リアルタイムOSとして初めてISO 26262とIEC 61508の最高安全水準のプロダクト認証を取得するなど、組み込みソフト開発をリードするイーソルがESEC2015に出展。機能安全開発支援はもちろん、メニーコア向けRTOSや画像処理・認識ライブラリまで、組み込みソフト開発者ならば見逃せない展示が来場者の関心を集めていた。(2015/6/15)

製造ITニュース:
組み込みソフトの開発プロセス管理や医療機器の米国規制にも対応したPLMを発売
NECは、製品技術情報を一元管理するPLMソフト「Obbligato III」をバージョンアップした新製品「Obbligato III R3.1」を発売した。組み込みソフト開発プロセスの管理や利用機器の米国法規制に対応したことが特徴。(2015/5/26)

世界で勝てる革新的な製品を生み出すには:
PR:NECが目指した新しい設計・開発基盤とは?
企業グループ内にある強い技術やノウハウを結集して、グローバル市場をリードする新しい製品やサービスを創り出したい――。そんな思いをかなえるために、NECでは全グループを対象とする大規模な開発プロセス改革に着手し、その基盤となるPDMステムも1つに統合した。NECグループの取り組みを紹介する。(2015/2/24)

製造IT導入事例:
自社実践で知見を獲得! NECが設計開発基盤を刷新し自社ソフトを導入
NECは、自社グループ全体の開発プロセス改革の一環として、設計図面・仕様書・部品表などの製品技術情報を一元管理する統合PDM(Product Data Management)システムの統合を行う。(2015/2/17)

テラスカイに聞いた:
LightningはSalesforceアプリの開発プロセスを変えるのか
2014年10月に米セールスフォース・ドットコムが開催した「Dreamforce 2014」で発表された「Salesforce1 Lightning」。そのメリットとインパクトについて、テラスカイの佐藤秀哉氏と今岡純二氏に、会場で取材した。(2014/11/7)

ホワイトペーパー:
アジャイル開発にパフォーマンス検証をスムーズに統合するには
全てのソフトウェア開発プロジェクトで必須の作業となるパフォーマンステスト。アジャイル開発プロセスにパフォーマンステストを統合する方法と、今すぐ活用できる実践的なアドバイスを示す。(2014/10/28)

アジャイル+ウォーターフォールでコードを自動生成、NECが新ツール
NECは、ハイブリッド開発プロセスを採用してプログラムコードやシステム設計書の自動生成機能を持つ業務システム構築基盤新製品を発売する。(2014/9/25)

スマホアプリが対象になるケースも:
IBM、改正薬事法に対応したソフトウェア開発のための管理テンプレートを提供
日本国内でも改正薬事法の施行により、Webアプリ・モバイルアプリの開発プロセスにも医療機器業界のルールが適用される。厳密なトレーサビリティが求められる中、ソフトウエア開発環境側での対応が進む。(2014/8/7)

人とくるま展2014 開催直前情報:
多様化する自動車開発プロセスを一元化、NIのグラフィカルシステム開発環境
日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)は、「人とくるまのテクノロジー展2014」において、自動車開発の課題を克服するとともに、高い競争力を備えた製品や技術を創出できるプロセスイノベーションに貢献するグラフィカルシステム開発環境を紹介する。(2014/5/13)

製造IT導入事例:
パナソニックの住宅設備事業部、販売システムとPDMを連携し開発プロセス効率化
2011年春からシーメンスPLMソフトウェアのシーメンスPLMソフトウェア「Teamcenter」を導入。開発部門に点在する設計関連情報を集約・一元化し、販売システムと連携させることで、開発プロセスの自動化と効率化を進めてきた。(2014/5/12)

JIRAから開発状況を一元的に把握:
JIRA+Gitリポジトリ管理で開発プロセス全体を最適化、アトラシアン
アトラシアンは2014年2月28日、Gitリポジトリ管理製品「Stash」と課題管理ソフトウェア「JIRA」を組み合わせた統合開発支援サービス、「アトラシアン Git Essentials」を発表した。(2014/2/28)

「デバイス&サービス企業」へ転換するマイクロソフト、開発プロセスも刷新 アジャイルも導入
日本マイクロソフトが研究・開発の最新動向を発表した。開発部門を製品別から機能別に刷新し、研究部門と密に協力しながらデバイスとサービスを横断し効率的にアップデートしていくという。(2014/1/27)

NECソフト、「UXイノベーション戦略室」新設 開発プロセス標準化や研究開発を全社で推進
NECソフトがUXイノベーション戦略室を新設した。開発プロセスの標準化や組織体制作りに全社的に取り組み、研究開発も行う。(2014/1/6)

面談不要の加工・成形屋さん(10):
PR:時短はしても妥協しない! ビーサイズの製品開発を支えるプロトラブズ
ビーサイズの新製品・ワイヤレス充電器「REST」の開発プロセスには、たくさんの乗り越えるべき課題があった。理想の家電を実現するために妥協しない小さな家電メーカー ビーサイズの挑戦を支えたプロトラブズの利点とは。(2013/11/27)

ホワイトペーパー:
開発工数約60%削減 ブックオフのビジネススピードを支える開発プロセスとは?
「BOOKOFF」を全国展開するブックオフコーポレーション。新事業を次々生み出すビジネススピードは他社の追従を許さない。その秘密は同社における属人化を防ぐ開発プロセスにあった。(2013/11/13)

視点:
今こそ問われる新規事業開発の在り方
製品・サービスの陳腐化が加速度を増す中、新規事業開発の重要性が増している。ありがちな失敗パターンは、在るべき開発プロセス・体制は何かを探る。(2013/10/21)

製造ITニュース:
キヤノン、製品開発の解析シミュレーションで富士通製スパコンを導入
キヤノンは、製品開発プロセスの解析シミュレーション用途で、新たに富士通のスーパーコンピュータシステムを導入することを決めた。(2013/8/7)

MONOistオートモーティブセミナーリポート:
トヨタ自動車も使っている、JasParのISO26262活動成果とは?
MONOistオートモーティブフォーラム主催のセミナー「ISO26262対応から始める、日本流・車載開発プロセス改善とは」の基調講演に、車載ソフトウェアの標準化団体JasParの運営委員長を務めるトヨタ自動車 制御システム基盤開発部長の畔柳滋氏が登壇した。本稿では、畔柳氏の講演を中心に、同セミナーのリポートをお送りする。(2013/7/17)

車載ソフトウェア:
NIが車載ソフト開発でIBMと連携、「テストコンポーネントの再利用」を拡大へ
計測モジュール「PXI」やグラフィカルシステム開発環境「LabVIEW」を展開するNational Instruments(NI)が、車載ソフトウェアの開発プロセスに対する関わりをさらに深めようとしている。IBMのRational製品群との連携を拡大し、開発効率を高める「テストコンポーネントの再利用」を促進させたい考えだ。(2013/6/14)

前田真一の最新実装技術あれこれ塾:
第24回 EMI対策と対策部品
実装分野の最新技術を分かりやすく紹介する前田真一氏の連載「最新実装技術あれこれ塾」。第24回は、EMI対策でも必要になる「フロントローディング」という考え方と、開発プロセスの各段階で行うEMI対策やEMI対策部品について解説する。(2013/5/29)

ISO26262:
ダッソーの要件管理ツール「Reqtify」、アイシン精機のISO26262認証取得に貢献
大手ティア1サプライヤであるアイシン精機は、自動車向け機能安全規格ISO 26262に準拠したソフトウェア開発プロセスを構築する際に、Dassault Systemesの要件管理ツール「Reqtify」を採用した。(2013/5/8)

CloudStackによるプライベートクラウド構築術(11):
Apache CloudStackの開発プロセスを知ろう
Apache CloudStackプロジェクトにパッチを投稿してコミットしてもらうには? プロジェクトの開発プロセスを見ていこう。(2013/4/25)

ISO26262:
アイシン精機がソフト開発プロセスでISO26262認証を取得、グループ子会社と
アイシン精機とアイシングループのソフトウェア開発子会社であるアイシン・コムクルーズは、両社のソフトウェア開発プロセスが、自動車向けの機能安全規格であるISO 26262に準拠しているという第三者認証を取得したと発表した。(2013/3/11)

いまさら聞けない 適合プロセス入門(前編):
日本の自動車メーカーの強さ、その源泉は「適合プロセス」にあり
日本のモノづくりの衰退が叫ばれる中で、自動車産業は、世界市場で互角以上に渡り合う強さを維持している。この日本の自動車メーカーの強さを支えているのが、製品開発プロセスとしてあまり注目されることのない「適合プロセス」なのである。(2012/12/10)

電子ブックレット(オートモーティブ):
「ISO26262」の管理プロセスと検定プロセスを読み解く
自動車分野向けの機能安全規格「ISO26262」。本稿では、システム開発、ハードウェア/ソフトウェア開発など、ISO26262に準拠した開発プロセス全般と関係してくる「ISO26262 Part.8 支援」の中でも、日本のソフトウェア業界が苦手とする管理プロセスと、注目されているものの実施が難しい検定プロセスについて取り上げる。(2012/11/28)

電子ブックレット(オートモーティブ):
「ISO26262」の全体像とソフトウェア開発プロセス
自動車分野向けの機能安全規格「ISO26262」。本稿では、正式発行を控え、日本の自動車業界でも対応作業が本格化し始めているこのISO26262の概要・全体像についてあらためて説明する。加えて、国内でも実施されており、比較的プロセス改善に着手しやすいISO26262の“ソフトウェア開発”とその“手法”について詳しく解説する。(2012/11/21)

いまどきエンジニアの育て方(12):
コンセプトメイキングを若手育成の場に、“魂が宿るモノづくり”を目指す
開発プロセス。そこには“設計”だけが含まれるのでしょうか。製品のコンセプトを練る段階も開発プロセスの一部と考え、新人や若手をコンセプトメイキングに積極的に参加させている企業があります。こうすることで、“エンドユーザーを意識したモノづくり”ができるエンジニアを育て上げているのです。(2012/10/2)

ISO26262:
車載ソフト開発プロセスの上流から下流まで網羅、dSPACEがデータ管理ツールを投入
dSPACEが発表した新ツール「SYNECT」は、車載ソフトウェアの開発に関わるさまざまなデータを管理できる。2012年9月末までにテスト関連のデータを管理する機能が利用可能になる。その後も順次機能を拡張する予定だ。(2012/6/12)

ISO 26262:
東芝とパナソニックがISO 26262の認証取得で協力、仲介役はヴィッツ
東芝、パナソニック、ヴィッツの3社は、ISO 26262に準拠したソフトウェア開発プロセスに関する認証を共同で取得した。開発プロセスはそれぞれが独自に構築したものだが、コストを削減したり、情報収集の機会を増やせたりすることから、認証取得のための活動で相互に協力した。(2012/3/29)

NEWS:
ソフトウェア領域を手に入れたPTC、Integrityで車載ソフトウェア開発プロセスをカバー
2011年5月、PTCはソフトウェア開発プロジェクト管理ツールベンダーMKSを買収した。ソフトウェア領域の統合管理ツールを自社ポートフォリオに組み込んだPTCは、自動車業界を始めとする組み込みソフトウェア業界にどのようなアプローチをしていくのだろうか。(2011/11/25)

情報マネジメント用語辞典:
ソフトウェア開発プロセス(そふとうぇあかいはつぷろせす)
development process / 開発プロセス / 開発工程(2011/9/9)

グローバルPLM〜世界同時開発を可能にする製品開発マネジメント(8):
実録! 製品設計・開発の業務改善 “成功者”の掟
前回までで設計・開発プロセスの失敗パターンを見てきました。今回は、「じゃあ、どうしたらうまくいくの?」という疑問に答えます。(2011/8/24)

グローバルPLM〜世界同時開発を可能にする製品開発マネジメント(5):
“新市場で大ヒット”はこう作れ! 脱・縦割り型開発
新商品が売れない理由はガチガチの縦割り業務分担のせい!? 日本的デザインレビューの慣習を超えて「ステージゲートモデル」の開発プロセスを実現するためのヒントを紹介します。(2011/4/12)

拡がる電子機器設計の熱対策:
PR:熱設計でよく使われる解析の機能とメリット
多層化高密度化するプリント基板の配線パターンを反映した放熱分布を細かく見たい、あるいは放熱ファンモジュールの小型化と高効率を同時に実現したい-そのような課題を抱える電子機器の設計チームにとって、流体解析ツールによる熱設計の検討は、身近で必須の開発プロセスになりつつある。(2010/12/1)

NEWS
テクマトリックス、開発プロセス可視化ツール「AccuRev」を販売
テクマトリックスが米AccuRevのソフトウェア構成・変更管理ツール「AccuRev」の国内販売を開始。(2010/10/21)

ISO 26262 準拠に向けての課題を探る:
「機能安全」の導入で何が変わるのか?
自動車向けの機能安全規格ISO 26262の策定作業が最終段階に入った。この規格では、機能安全を実現し、それを証明するために必要となる開発プロセスが定められる。では、その新たな開発プロセスは、従来の開発プロセスとどのように異なり、それを適用する際にはどのようなことが課題になるのだろうか。本稿ではまずこの点を明らかにする。加えて、機能安全を実現する上でポイントとなるマイコンについて、各メーカーの取り組みの様子を紹介する。(2010/10/1)

体験! MBD&MDDによる組み込みシステム開発(4):
制御の世界のモデルベース開発とは?
簡単な制御モデルを使って“制御の世界”の開発プロセスを解説。また、モデリングで使用するツールについても紹介!!(2010/6/29)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。