ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「電子透かし」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「電子透かし」に関する情報が集まったページです。

リテールテックJAPAN2018:
レジ自動化はどこまで可能か、生体認証やRFID、画像認識でレジレスにたどり着け
「リテールテックJAPAN 2018」で注目を集めたのが、レジの自動化につながるソリューションの展示だ。NEC、富士通、日立製作所、SCSK/サインポスト、ヴィンクス/パナソニック、大日本印刷のレジ自動化関連の展示についてレポートする。(2018/3/16)

「iOS 11」でApple Pay以外にもNFCを開放
iPhoneが待望のNFC対応、IoTの世界を一変させる理由
「iOS 11」以降はNFCタグの読み取りが可能になる。スマートフォンを持つユーザーの大多数がNFCタグを読み取れるようになることで、IoTの世界はどう進化するだろうか。(2017/9/28)

鍵になるのは「検索性」
「達人」が伝授、生産性が上がる社内文書活用のポイント
スピーディーかつ柔軟な検索、リアルタイムの情報共有、タブレットの活用。電子化された文書を生かしてどう業務を効率化するか。エキスパートと共に考える。(2016/8/23)

GYAOと漫画家赤松健がJコミックテラス設立 無料電子コミックサービス「マンガ図書館Z」の提供を開始
「絶版マンガ図書館」がサービス拡充してリニューアル。(2015/8/3)

赤松健さんが語る「マンガ図書館Z」の狙い 「あらゆる作家が潤い、海賊版が絶滅する世界を」
赤松健さん率いるJコミ「絶版マンガ図書館」がGYAOとの提携で「マンガ図書館Z」にリニューアル。海賊版撲滅と漫画家の収入源確立を目指し、さらに事業を拡大していきたいと意気込む。(2015/8/3)

赤松健さんとGYAOが無料マンガ配信に新たな一手 「マンガ図書館Z」始まる
Jコミの「絶版マンガ図書館」を継承・リニューアルする形でサービス開始。絶版作品だけでなく、インディーズからの作品投稿も受け付けるサービスに進化した。(2015/8/3)

赤松健さんとGYAO、無料漫画配信サービス「マンガ図書館Z」開始 Jコミ事業引き継ぎ
GYAOと漫画家の赤松健さんが、無料で漫画をネット配信する「マンガ図書館Z」を始めた。Jコミの事業を引き継ぐ。(2015/8/3)

オランダの中古電子書籍ストア「Tom Kabinet」、裁判所の判断を受け電子透かしを導入
デジタル古書の売買は、それが海賊版などでないことが明らかなら、サービスとしては成り立つことになりそうだ。オランダの判決より。(2015/2/24)

音に埋め込まれた電子透かしからコンテンツを受信、DNPが配信するアプリに新機能
Beacon電波を受信する機能も追加した。(2015/2/17)

「デジタル古書」の未来を占う判決、1月13日まで延期に
電子書籍の転売は実現するか。昨年末に判決予定だったが1月13日まで延期となった。(2015/1/5)

音に電子透かしを埋め込むサービス、DNPが開発 店内放送や楽曲からスマホに情報配信
店内放送や楽曲に電子透かしを埋め込み、音源を通してスマホに情報配信するサービスをDNPが開発。新宿の街頭ビジョンによる情報配信に採用された。(2014/12/11)

電子書籍が紙の書籍を超えるには?
電子書籍はあと数年で紙の書籍を超えると多くのアナリストが主張している。そのためには実現すべきことが幾つかありそうだが、どんなことが必要だろう?(2014/12/1)

Adobe DRMに代わる電子透かしが急拡大中
ソーシャルDRMとも呼ばれる電子透かしの採用は欧州で拡大している。DRMは今後どういった方向に進むだろうか。(2014/11/18)

「Jコミ」が「絶版マンガ図書館」へ名称変更、作家支援と海賊版撃滅を強化
名称変更に際して記者会見を開催。これからの取り組みが発表された。(2014/7/10)

「漫画版YouTubeを」――読者が漫画ファイルをアップ、作者の許可得て無料公開 Jコミ「絶版マンガ図書館」で海賊版を撃滅へ
「Jコミ」が「絶版マンガ図書館」に改名。ユーザーが持っている絶版漫画の電子書籍ファイルを、作者の許諾を得て無料配信する新サービスを始め、ラインアップの拡充と海賊版の撲滅につなげる。漫画のセリフ検索機能も導入し、利便性・収益性を強化する。[update](2014/7/10)

赤松健さん「Jコミ」を「絶版マンガ図書館」に大幅バージョンアップ宣言 「古今東西全てのマンガ収集」「絶版マンガ海賊版を撃滅」
詳細は7月10日に発表。これは楽しみだ!(2014/7/7)

単行本化されてない漫画をオンデマンド印刷 「Jコミで印刷できるってよHD」開始
「Jコミ」に掲載されている単行本化されていない作品について、オンデマンドで印刷して読者の手元に届ける「Jコミで印刷できるってよHD」が正式にスタートした。(2014/5/16)

電子書籍に欠如する所有権についての理解
電子書籍・電子教科書・電子コミック・電子マンガの所有権が存在しないのは書籍のさらなる電子化を進める障害の1つとなっている。(2014/2/18)

連載漫画の公開&販売が無料で簡単にできる「Manga Stadium」スタート
ビジョナリーが、無料会員登録で漫画の配信と閲覧ができるプラットフォームを開始。有料配信時の印税は70%だ。(2013/11/15)

CEATEC JAPAN 2013:
普通の机でタッチ操作? 富士通の投影型3次元UI「FingerLink」――最新“らくらくスマホ”も展示
CEATECの富士通ブースでは、ドコモ向けの「らくらくスマートフォン プレミアム」と同社が運営する「らくらくコミュニティ」をアピール。新世代の3次元UI「FingerLink」も注目だ。(2013/10/5)

Jコミ、漫画家・海明寺裕さんの義援目的でJコミFANディングを実施
5月に脳梗塞で倒れた漫画家の海明寺裕さんのリハビリ支援目的で、JコミがJコミFANディングの特別版「海明寺裕 応援FANディング」を募る。(2013/6/28)

ファンコミュニティー、違法なコミック共有に対して呼びかけ
北米で日本の漫画・アニメの翻訳出版などを手掛けるViz Mediaが運営する「SuBLime」のコピーライト保護システムは2つの部分から成立している。1つは電子透かし、もう1つが忠実な読者コミュニティーだ。(2013/5/22)

DRMフリー「奇面組」など限定販売 漫画家支援「JコミFANディング」第2弾
漫画家支援ビジネス「JコミFANディング」の第2弾は、「奇面組」シリーズなどをそろえた新沢基栄さんのセットなど、6作家の作品を販売する。(2013/4/26)

プレミアム電子漫画を販売する「JコミFANディング」第2段 新沢基栄や鈴木みそら豪華作家陣が集結
ファンは絶対見逃せない。(2013/4/26)

まつもとあつしの電子書籍セカンドインパクト:
「マニフェスト 本の未来」著者が語る電子書籍の現状と未来
2013年、電子書籍は新たな局面に直面していた。そんな変化の最前線を行く人々にその知恵と情熱を聞くこの連載。今回は、米国の電子書籍市場の知見がつまった『マニフェスト 本の未来』の著者、そして日本語版の発行人であるボイジャーの萩野正昭氏に聞いた。(2013/4/11)

モバイルクラウド:
モバイルクラウド時代の6つのビジネスヒント
スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末がビジネスの場面にも普及してきた時代、押さえておくべき6つのポイントを紹介する。(2013/3/1)

Gumroad、PDF電子書籍ファイル向けに簡易電子透かし機能
Gumroadで販売するPDFファイルに簡易な電子透かしが無料で付けられるようになった。(2013/1/25)

Jコミ、JコミFANディングを正式スタート――漫画にライブ感を持ち込めるか
Jコミが9月にβテストを実施し好評を得ていた「JコミFANディング」の正式版を発表。少数のファンから「少しお高いお布施」をもらうモデルは飛躍するか。(2012/12/20)

スバヤイサーが買える:
テレビ画面に電子透かし、初の実証実験を通販番組で
三重テレビ放送、オークローンマーケティング、NTTの3社は、テレビの通販番組とインターネット上の情報をスマートフォンでつなぐ実証実験を行うと発表した。(2012/12/6)

ET2012 展示会場リポート:
IT・家電ジャーナリストが見た、次世代の“スマート家電”を担う最先端技術
2012年11月14〜16日の3日間、下半期最大規模の組み込み関連技術イベント「Embedded Technology 2012/組込み総合技術展(ET2012)」がパシフィコ横浜で開催された。本稿では、今後、家電製品に搭載されていくとみられる最先端技術や、身近に触れる機会のありそうな最新ソリューションなどを多数の写真を交えて紹介する。(2012/12/3)

スマホマーケティングはいまだ黎明期:
実用的なメリットとエンターテインメント性の両立が息の長い取り組みを実現する〜スマートフォンマーケティングのいまとこれから〜
BtoC分野のビジネスを展開する企業においては、将来的にスマホへの対応がコミュニケーション戦略の成否を大きく左右する可能性が高い。(2012/11/22)

漫画家支援「JコミFANディング」 DRMフリーの漫画セット+直筆サインで2100円
絶版漫画の無料公開サイト「Jコミ」で閲覧された漫画が1000万冊を突破。新たに、DRMフリーの漫画と作家の直筆サインをセットにし、限定販売するビジネスを始める。(2012/9/14)

作家と読者の新しい関係:
Jコミ、「JコミFANディング」βテスト開始をアナウンス
Jコミが、DRMフリーの電子書籍と複数の特典を付けたものを限定的に販売するモデルを採った「JコミFANディング」のβテストを開始する。(2012/9/14)

ハリー・ポッターの日本語版電子書籍、Pottermoreでこの夏に発売決定
ハリー・ポッターの日本語版電子書籍がこの夏から発売されることが発表された。静山社から刊行されているものから一部挿絵を抜いてPottermoreからEPUB3フォーマットで販売する。(2012/7/4)

ハリー・ポッター日本語版電子書籍、ソニーから独占販売で静山社は蚊帳の外
ソニーが、「出版界のビートルズ」などと表現される世界的ベストセラー『ハリー・ポッター』シリーズの日本語版電子書籍を独占的に販売することが判明した。紙の書籍は、日本でもベストセラーになっているだけに、日本の電子書籍ビジネスの行方に少なからず影響を与えそうだ。(2012/7/3)

出版社はPottermoreモデルを採用できるか
ハリー・ポッターシリーズで知られるJ.K.ローリング氏が立ち上げたPottermore。出版業界で誰も成し得なかったことを成し遂げた格好だが、出版社が同じモデルで勝負することはできるのだろうか?(2012/5/28)

EnThrill、EPUB/MOBIに対応した新型ウォーターマークシステム「PackaDRM」を発表
カナダの電子書籍ベンチャーEnThrill Distributionが、EPUB/MOBI向けの電子透かしシステム「PackaDRM」を発表した。(2012/5/11)

ハイビジョン映像に画像処理でも消えない電子透かし NHKと三菱電機が新技術
ハイビジョン映像に電子透かしを高速に埋め込む技術を、NHKと三菱電機が開発。サイズを縮小するなどの画像処理をしても読み出しが可能という。(2011/7/19)

ライトワンス型SDカード「SD WORM」の可能性
サンディスクのライトワンス型SDメモリーカード「SD WORM」はデータの改ざんが行えないという特徴を持つために日本の警察へ導入されたほか、医療や建設などへの利用も期待される。来日した米サンディスク幹部に製品の狙いを尋ねた。(2010/6/25)

アナリストの視点:
ネットワークセキュリティ市場の現状と展望
セキュリティの脅威が巧妙・複雑化するなか、企業のセキュリティ対策はコンプライアンスの証明や事業継続性を含む包括的なリスク管理へと発展している。IT投資の抑制傾向にあっても、同分野への投資は活発化しつつある。(2009/12/2)

組織を跨いだ情報漏えいの経路を追跡する技術、早大らが実証へ
早稲田大学を中心とする研究チームが、電子データや紙文書による情報伝達の経路を追跡する技術を開発した。情報漏えいの経路調査や抑止効果などが期待されるという。(2009/11/30)

Webサービス図鑑/画像編集:
pho-go
phogoは、画像に自動で電子透かしを入れられるサービス。PCでも携帯電話からでも利用できます。ブログや写真共有サイトへ画像を投稿する際に、自分で撮影した写真の著作権を明示したいときに便利です。専用の転送メールアドレスに画像を添付して送信すると、透かし入りで送り返してくれる仕組みで、コピーライトマークの有無や署名のフォントなども選択できます。(2009/10/30)

日本ユニシス、電子透かしの機能をSaaSで提供
日本ユニシスは、ドキュメント内に2種類の電子透かしを埋め込むサービスをSaaSで提供する。(2009/10/1)

盗撮した映画に“見えない”光くっきり──目とセンサーの違い利用し新技術
肉眼では見えないがカメラには写る赤外線のノイズ光をスクリーンに重ね、実質的に映画盗撮を防止する技術をNIIの越前准教授らが開発した。(2009/9/18)

クリプトン、CD以上音質の24bit/96kHz配信サービスを開始
クリプトンは、CDを越える音質での配信サービスを6月より開始する。カメラータ・トウキョウとの協業で、クラシックやジャズを配信する。(2009/3/30)

ソリューション探訪:
社外に出たMS Officeドキュメントをコントロールする
得意先やパートナー企業とのコラボレーション作業で、どうしても気になるのが、競合企業には知られたくない情報を含んだ文書の取り扱いだ。信頼関係を損なわず、安全に重要情報をやり取りするにはどうすればいいのだろうか。(2009/3/20)

情報漏えいリスクの軽減に期待? :
富士通研、紙文書の暗号化と復号化ができる新技術を開発
富士通研究所は、印刷物の機密情報を暗号化/復号化できる新技術を開発した。閲覧権限に応じて復号化を制限する機能も持つ。(2008/6/10)

日立INS、電子透かし付き文章の印刷をきれいにした新製品発売
日立INSは、電子透かし付き文章の印刷ソフトウェア「e-紙紋II」を発売した。(2008/4/7)

動画の全フレームに電子透かし、画質損ねず C4Tが開発
シーフォーテクノロジー、動画の全フレームに電子透かしを挿入できる仕組みを発売した。画質を損ねず高速に埋め込めるのが特徴。「自社が製作した動画がYouTubeに違法アップロードされる」といった悩みを抱えるコンテンツ企業向けに売り込む。(2008/3/24)

情報漏えい被害を最小限に食い止めろ:
PR:電子文書の情報漏えい防止 SaaSでできる手軽な本格対策
情報漏えい対策強化の必要性が久しく叫ばれながら、情報漏えい事故はいまだ相次いでいる。NECビッグローブが開始した「BIGLOBEドキュメントコントロールサービス」は、配布した電子文書のコントロールを可能にするSaaS型のサービスだ。(2008/2/21)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。