ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「連載「セキュリティ・ダークナイト ライジング」」最新記事一覧

セキュリティ・ダークナイト ライジング(外伝):
「言葉では言い表せない絶望感だった」――ランサムウェア被害者が語る
「サイバー攻撃者の手法」を解説する本連載。今回はその「外伝」として、ランサムウェア被害者へのインタビューをお届けする。感染に気付いてから復旧に至るまでの“ランサムウェア被害の生々しい実態”をぜひ知ってほしい。(2016/5/16)

セキュリティ・ダークナイト ライジング(5):
Metasploitによる「受動的攻撃」――侵略を拡大せよ
「Metasploit Framework」を使って「攻撃者の手法」を解説する本連載。前回は、Metasploitを用いた「受動的な攻撃」により、攻撃対象のコンピューターを乗っ取る手順を紹介した。今回はさらに歩を進め、攻撃者が対象のコンピューターを「自分にとって都合の良い環境」に仕立て上げていくプロセスを解説しよう。(2015/12/15)

セキュリティ・ダークナイト ライジング(4):
Metasploitによる「受動的攻撃」――獲物を待ち受けろ
「Metasploit Framework」を使って「攻撃者の手法」を解説する本連載。前回までは、Webサーバーに対する能動的な攻撃手法を紹介してきた。今回からは、「メールによる攻撃サイトへの誘導」や「水飲み場型攻撃」に代表されるような、「受動的な攻撃」の手法を紹介しよう。(2015/12/7)

セキュリティ・ダークナイト ライジング(3):
ファンタスティックな4つのMetasploitペイロード
この連載では、効率よく守る方法を考えることを目的に、実際に手を動かし、攻撃がどのように行われるかを知るため、「Metasploit Framework」のインストール方法と実際の攻撃の流れを紹介してきた。今回は、Metasploit Frameworkに用意されているいくつかのペイロードを紹介しよう。(2015/7/1)

セキュリティ・ダークナイト ライジング(2):
Metasploit――大いなる力と責任を体感する
前回は、Metasploit Frameworkをダウンロードし、導入するまでの手順を紹介した。今回は攻撃を受ける環境も準備し、実際に攻撃を行うことで、いわゆる「制御の奪取」がどのように行われるかを体感してみよう。(2015/5/11)

セキュリティ・ダークナイト ライジング(1):
Metasploit――大いなる力を手に入れる
あのダークナイトが再び這い上がり、帰ってきた! ペンテスターとしての豊富な経験を踏まえ、自らの、そして周りの人々を守るために知るべき「攻撃者のやり方」を解説していく。(2015/4/28)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。