ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

  • 関連の記事

「DM008」最新記事一覧

野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:
“聴き疲れしないイヤフォン”はどう進化した?――アルミボディーの「DM008P」を聴く
ボディー背面の大きな“L”、“R”の文字。聴き心地の良い整ったサウンドで人気の「DM008」に、オールアルミボディーの上位モデル「DM008P」が登場した。その違いをチェックしていこう。(2014/10/3)

アルミ削り出しハウジング:
サエクコマース、カナル型イヤフォン「DM008」の上位機となる「DM008P」発売
サエクコマースは7月10日、韓国Dynamic Motion製カナル型イヤフォン「DM008」の外装を削り出しのアルミ合金で作り、再びチューニングしたプレミアムモデル「DM008P」を発売した。(2014/7/10)

野村ケンジの「ぶらんにゅ〜AV Review」:
“聴き疲れ”しにくい快適さ、ダイナミックモーション「DM008」
OEMメーカーとして豊富な実績を持つ「DynaminMotion」(ダイナミックモーション)の武器は“振動板”。そのためか、「DM008」は聴き疲れしない音響特性を持っていた。(2013/11/26)

独自の振動板技術で“クラスを超える”、サエク&Dynamic Motion
サエク コマースは、韓国Dynamic Motionのカナル型イヤフォン「DM008」を国内販売する。独自の振動板技術を本に「サイズを超えた音」を目指した。(2013/10/28)

ディズニー・モバイル「DM007SH」「DM008SH」登場、スマートフォンも来春に発売
ウォルト・ディズニー・ジャパンがディズニー・モバイルの新モデル「DM007SH」と「DM008SH」を発表。DM007SHを11月12日、DM008SHを12月上旬に発売する。あわせて、スマートフォンを2011年春に発売することも発表した。(2010/11/1)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。