ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「NTTドコモ 2015年夏モデル」最新記事一覧

ドコモ、「Xperia Z4」や「ARROWS NX」など2015年夏モデル10機種を発表――Androidケータイも登場
ドコモは、Xperia Z4/Xperia Z4 Tablet、虹彩認証対応のARROWS NX、指紋認証に対応したAQUOS ZETAなど、夏モデル10機種を発表した。OSにAndroidを採用したフィーチャーフォンも用意している。

ドコモ、「Xperia Z4 SO-03G」をAndroid 6.0にバージョンアップ 「Xperia Z5」シリーズにもソフト更新
NTTドコモが「Xperia Z4 SO-03G」のOSバージョンアップを開始した。また、OSバージョンアップ済みの「Xperia Z5」シリーズには、「STAMINAモード」の復活を中心とするソフトウェア更新の配信を開始した。(2016/4/19)

ドコモ、Galaxy S6 edge/S6のAndroid 6.0バージョンアップを開始
NTTドコモの「Galaxy S6 edge SC-04G」「Galaxy S6 SC-05G」に対するAndroid 6.0へのバージョンアップが始まった。OSのバージョンアップに合わせて、端末独自の機能も追加・改善される。(2016/3/17)

あまりにもあっけなかった:
オンラインで手続きかんたん! ドコモ2015年夏モデルの「SIMロック」を解除してみた
2015年5月発売の機種から原則義務化された「SIMロック解除」。NTTドコモはそのルールを一部変更し、条件を満たせば購入から6カ月を待たずに端末のSIMロックを解除できるようになった。その「条件」に当てはまる筆者は、自前の「ARROWS NX F-04G」のSIMロック解除に挑戦してみることにした。(2015/8/12)

和魂洋才?:
LINEやドコモメールもOK! 新世代のドコモケータイ「ARROWSケータイ F-05G」を使うべき理由
スマートフォン全盛のこのご時世。コミュニケーションツールも当然スマホシフト。コミュニケーションが全く取れないのは困るけどスマホはちょっと、という人のために生まれたのが「ARROWSケータイ F-05G」だ。現役iモードケータイユーザーでもある「ARROWSジャーナリスト」(他称)がその使い勝手をレビューする。(2015/8/11)

ドコモ、「ARROWS NX F-04G」の販売を再開 基板を改善
NTTドコモは、「ARROWS NX F-04G」の販売を8月5日に再開する。販売停止の原因となっていた基板不良が解消したため。(2015/8/4)

ドコモ「ARROWS NX F-04G」販売再開 ハード改善で不具合解消
富士通製スマホ「ARROWS NX F-04G」の販売再開。ハードの改善により不具合を解消したという。(2015/8/4)

PR:ケータイユーザーに聞いてみました――「AQUOS ケータイ SH-06G」「AQUOS K SHF32」はココが魅力!
まだまだユーザーが多い従来型ケータイ(フィーチャーフォン)だが、機種変更したい機種がない、対応サービスが減っているなど悩みも多い。そこで、シャープの新世代ケータイ「AQUOS ケータイ SH-06G」と「AQUOS K SHF32」をケータイユーザーの代表3人に使ってもらい、率直な感想を聞いてみた。(2015/7/31)

ドコモ、「ARROWS NX F-04G」を販売停止 基板の接続不良で不具合
ハードウェアの一部不具合により、カメラが起動できない、電源が入らない、再起動を繰り返す、画面の表示が乱れるなどの症状が発生する場合を確認したため。(2015/7/28)

ドコモ「ARROWS NX F-04G」販売停止 電源が入らない・再起動を繰り返すなど不具合
ドコモが富士通製スマートフォン「ARROWS NX F-04G」の販売を停止。電源が入らなかったり再起動を繰り返すなどの事象が発生する場合があるという。(2015/7/28)

PR:これぞ新世代の携帯電話!――LINEもできる「AQUOS ケータイ SH-06G」ってどんなケータイ?
スマホにしたいけどケータイの使い勝手も捨てがたい。でもスマホみたいにLINEやfacebookを使ってみたい……。そんな声に応えるのが、シャープの新世代ケータイ「AQUOS ケータイ SH-06G」なのだ。(2015/7/17)

ドコモ、「Xperia Z4 Tablet SO-05G」を7月17日に発売
10.1型ディスプレイを搭載したドコモ向けタブレット「Xperia Z4 Tablet SO-05G」が、7月17日に発売される。(2015/7/14)

シャープのVoLTE対応7型タブレット「AQUOS PAD SH-05G」、7月17日に発売
ドコモが、シャープのタブレット「AQUOS PAD SH-05G」を7月17日に発売する。7型以上のタブレットでは世界最軽量を実現した。(2015/7/14)

ドコモ、「Xperia Z4 SO-03G」のタッチパネル不具合を解消するアップデート
NTTドコモのスマートフォン「Xperia Z4 SO-03G」がアップデートを実施。タッチパネルに関する不具合を解消する。(2015/7/9)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
2015年夏も超シンプル路線――カンタンだけど高画質 「ARROWS NX F-04G」のカメラを徹底検証
ARROWS X F-02E以来、ずーっと超シンプルなカメラ撮影機能を貫いているARROWSシリーズのスマートフォン。その最新作である「ARROWS NX F-04G」でも、例に漏れず超シンプルなカメラで、誰でもかんたんに高画質な写真が撮れる。ただし、自撮りは“ある事情”から注意を要する。(2015/6/30)

グワッと見開かなくても大丈夫:
“一瞬”のマジックに酔いしれる――「ARROWS NX F-04G」の虹彩認証「Iris Passport」徹底レビュー
「ARROWS NX F-04G」といえば、スマホ世界初搭載となる虹彩認証「Iris Passport」が話題だ。便利なのか、それとも不便なのか。他称「ARROWSジャーナリスト」が検証する。(2015/6/29)

ドコモ、Android搭載の「AQUOSケータイ SH-06G」を6月26日に発売
ドコモは、Androidを搭載したシャープ製フィーチャーフォン「AQUOSケータイ SH-06G」を6月26日に発売する。(2015/6/23)

携帯販売ランキング(6月8日〜6月14日):
各キャリアから「Xperia Z4」発売、「SO-03G」が初登場即1位に
夏モデルの本命「Xperia Z4」が3キャリアから続けて販売開始に。NTTドコモの「Xperia Z4 SO-03G」とau「Xperia Z4 SOV31」が初登場でワンツーフィニッシュ。(2015/6/19)

ドコモのAndroidケータイ、ついに始動:
ドコモ、「ARROWSケータイ F-05G」を6月19日に発売 長時間利用も安心なフィーチャーフォン
ドコモの富士通製フィーチャーフォン「ARROWSケータイ F-05G」が、6月19日に発売される。大容量バッテリーと、スマホで培ったヒューマンセントリックテクノロジーによる稼働時間の長さが特徴だ。(2015/6/15)

コスパ重視の戦略モデル:
ドコモ、「AQUOS EVER SH-04G」を6月19日に発売 機種変更で実質1万円程度
ドコモのシャープ製Androidスマホ「AQUOS EVER SH-04G」が、6月19日に発売される。契約変更・機種変更時の実質価格が1万円程度で、価格面での戦略機種に位置付けられる。(2015/6/15)

「今」を詰め込んだ、コンパクトスマートフォン:
ドコモ、「Xperia A4 SO-04G」を6月18日に発売
ドコモのソニーモバイルコミュニケーションズ製Androidスマホ「Xperia A4 SO-04G」が、6月18日に発売される。2014年冬モデルの「Xperia Z3 Compact SO-02G」をベースとしたコンパクトなスマートフォンで、フィーチャーフォンからの機種変更にもおすすめだという。(2015/6/15)

ドコモ、「Xperia Z4 SO-03G」の発売日にソフトウェア更新を実施
発売されたばかりのXperia Z4 SO-03Gに不具合が発覚。ドコモがソフトウェア更新を提供している。(2015/6/10)

MNPなら実質1万円ちょっと:
ドコモ、「Xperia Z4 SO-03G」を6月10日に発売 オンラインショップの一括販売は9万円台
NTTドコモは、ソニーモバイルコミュニケーションズ製Androidスマートフォン「Xperia Z4 SO-03G」を6月10日に発売する。ドコモオンラインショップでの一括販売価格は9万3312円となる。(2015/6/8)

「ARROWS NX F-04G」の一括価格は税込で9万円台 「シェア特割」適用可能
世界初の虹彩認証・TransferJet内蔵スマホ「ARROWS NX F-04G」が発売された。一括価格は税込で9万円台となっている。「シェア特割」を適用すると、条件次第で実質価格は2万円を切る。(2015/6/1)

「ARROWS NX F-04G」先行レビュー:
未来は、ここから起動する――国産ハイスペックスマホ「ARROWS NX F-04G」の実力に酔う
ドコモの15年夏モデル「ARROWS NX F-04G」が、いよいよ発売を迎える。ITmedia Mobileが誇る、他称“ARROWSジャーナリスト”が、先んじてその魅力に迫る。(2015/5/28)

PR:AQUOSスマートフォン最高峰モデル――「AQUOS ZETA SH-03G」で進化した4つのポイント
シャープのAQUOSスマートフォンが、また一歩、大きな進化を遂げた。「AQUOS ZETA SH-03G」は、3辺狭額縁のIGZO液晶ディスプレイを継承しつつ、カメラとエモパーが強化され、最新技術も惜しみなく盛り込んでいる。そんなSH-03Gの魅力を見ていこう。(2015/5/28)

商用サービスを5月27日開始:
パスワードのいらない世界へ――NTTドコモ、「FIDO Alliance」のボードメンバーに
ドコモの2015年夏モデルの注目点のひとつである、生体情報を使ったオンライン認証。ドコモは、その規格を策定した「FIDO Alliance」にボードメンバーとして参加することを明らかにした。(2015/5/26)

ドコモ、ディズニースマホ第8弾「Disney Mobile on docomo DM-01G」を5月29日に発売
スワロフスキー・クリスタルの輝くフリップ型カバー「ミッキーウィンドウカバー」をセットにした「Disney Mobile on docomo DM-01G」が5月29日に発売する。(2015/5/25)

ドコモ15年夏モデル:
NTTドコモ、「ARROWS NX F-04G」を5月28日に発売 虹彩認証とTransferJetを世界初搭載
NTTドコモは、富士通製Androidスマホ「ARROWS NX F-04G」を5月28日に発売する。販売価格は26日に明らかになる予定だ。(2015/5/25)

スーパースロー映像を撮影できる「AQUOS ZETA SH-03G」、5月28日発売
ディスプレイ、カメラ、スマホの性能を向上させたシャープ製のドコモスマホ「AQUOS ZETA SH-03G」が、5月28日に発売される。(2015/5/25)

どこまで近づいたかな?:
「ARROWSケータイ F-05G」の“ケータイ度”をチェック
ドコモから6月下旬に発売予定の富士通製フィーチャーフォン「ARROWSケータイ F-05G」は、従来のSymbian OSベースから、Androidベースのプラットフォームに移行している。どれだけ“ケータイ”しているのか、従来のiモードケータイと比較してみた。(2015/5/25)

ミヤビックス、ドロイド君を描いたXperia A4 SO-04G専用ケースを発売
ミヤビックスは、背面にAndroidのマスコットキャラクター「ドロイド君」をデザインしたXperia A4 SO-04G専用ケースを発売。(2015/5/22)

Nexus 7とも比べた:
ケータイ連携で2台持ちがはかどる 世界最軽量クラスの「AQUOS PAD SH-05G」
7型タブレットとして世界最軽量クラスの「AQUOS PAD SH-05G」がドコモから登場。着信通知の転送など、ケータイとの2台持ちに便利な機能を多数搭載している。(2015/5/21)

Z4とはココが違う:
“ツートップ”からの機種変に――お手頃&コンパクトだけど、かなり高性能な「Xperia A4」
ドコモが販売するソニーモバイルの「Xperia A4 SO-04G」。フラッグシップのXperia Z4や従来のXperia Aシリーズとの違いはどこにあるのだろうか。(2015/5/21)

みんなに“ちょうどいい”:
使い勝手とコスパを重視した5型スマホ「AQUOS EVER SH-04G」
シャープ製の「AQUOS EVER SH-04G」は、ケータイからの乗り換え組やライトユーザーの利用を想定した、使い勝手とコストパフォーマンス重視のスマートフォン。防水ボディに5型液晶を搭載した。【写真追加】(2015/5/13)

spモードケータイ登場:
Android採用で「LINE」通話も可能な折りたたみFOMA「AQUOS ケータイ SH-06G」
「AQUOS ケータイ SH-06G」は、Androidを採用した次世代のドコモケータイ。スマホと同じ感覚で使用できるWebブラウザやLINEなどに対応した。キャリアメールはiモードメールではなく、ドコモメールを利用する。【写真追加】(2015/5/13)

UIをシンデレラ仕様に:
スワロ輝くミッキーのフリップカバーを同梱――「Disney Mobile on docomo DM-01G」
ドコモのディズニースマホ第8弾は、スワロフスキーをちりばめ、ミッキーの“小窓”を用意したフリップ型のスマホカバーを同梱。作品ごとのイルミと一緒に、サブディスプレイ感覚でさまざまな情報を確認できる。【写真追加】(2015/5/13)

世界最軽量クラスで通話もOK:
7型IGZO液晶搭載のAndroidタブレット「AQUOS PAD SH-05G」
ドコモは、シャープ製のAndroidタブレット「AQUOS PAD SH-05G」を発表した。7型のIGZO液晶を搭載し、210グラム台の軽量ボディを実現した。VoLTE通話やおサイフケータイにも対応している。(2015/5/13)

ディスプレイとカメラがもっと“きれい”に――5.5型IGZOスマホ「AQUOS ZETA SH-03G」
シャープの「AQUOS ZETA SH-03G」は、前モデル「SH-01G」を継承したEDGESTスタイルのスマートフォン。ディスプレイとカメラを強化したほか、エモパーもバージョンアップ。スマホとしての性能も上がっている。【画像追加】(2015/5/13)

Z3 Compactベース:
手のひら収まる4.6型コンパクトスマホ「Xperia A4 SO-04G」
ドコモは、ソニーモバイルコミュニケーションズ製のAndroidスマホ「Xperia A4 SO-04G」を発表した。2014年冬モデルの「Xperia Z3 Compact SO-02G」をベースとしており、ボディとOSを変更している。(2015/5/13)

10.1型の“世界最薄・最軽量”タブレット「Xperia Z4 Tablet SO-05G」――ドコモから
ワイドQXGAディスプレイやAndroid 5.0を搭載したソニーモバイルの高性能タブレット「Xperia Z4 Tablet」を、NTTドコモが発売する。【画像追加】(2015/5/13)

ソニーモバイルの“完成形Xperia”がドコモから登場――「Xperia Z4 SO-03G」
ソニーモバイルが4月に一足早く発表した「Xperia Z4」が、ドコモから発売される。基本仕様やデザインはグローバル版と同じ。おサイフケータイやフルセグが利用できるほか、POBox Plusも強化された。【画像追加】(2015/5/13)

中身はSymbian→Androidに:
待受時間900時間オーバーのAndroidケータイ「ARROWS ケータイ F-05G」
ドコモは、Androidを採用したフィーチャーフォン「ARROWSケータイ F-04G」を発表した。LINEやドコモメールに対応したほか、スマホベースになることで、ヒューマンセントリックテクノロジーを活用し、省電力化を実現した。(2015/5/13)

虹彩認証とTransferJet搭載:
セキュリティ重視のハイスペックスマホ「ARROWS NX F-04G」
ドコモは、世界初の虹彩認証機能を搭載した富士通製Androidスマホ「ARROWS NX F-04G」を発表した。虹彩認証だけでなく、ディスプレイ、カメラ、通信、どこを取ってもハイスペックさが際立つモデルとなっている。【画像追加】(2015/5/13)

携帯販売ランキング(4月20日〜4月26日):
「Galaxy S6 edge」をNTTドコモとauが発売、ランキング順位は?
4月23日、2015年初夏モデルの先陣を切って「Galaxy S6 edge」がNTTドコモとauから発売となった。総合ランキングにはNTTドコモ「Galaxy S6 edge SC-04G」が9位に初登場。(2015/5/2)

ドコモ、「Galaxy S6」「Galaxy S6 edge」4月23日発売
ドコモはAndroidスマートフォン「Galaxy S6 SC-05G」「Galaxy S6 edge SC-04G」を4月23日に発売する。(2015/4/8)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。