ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「安全運転支援システム」最新記事一覧

外観など刷新:
ホンダ、新「オデッセイ」を先行公開
ホンダは、11月にマイナーチェンジするミニバン「オデッセイ」の情報を先行公開した。(2017/9/28)

押し出し強いフロントに:
ホンダ、「ステップ ワゴン」をマイナーチェンジ
ホンダがミニバン「ステップ ワゴン」をマイナーチェンジ。(2017/9/28)

TechFactory 人気記事TOP10【2017年7月版】:
自動運転に出会ったMIPS
TechFactoryコンテンツランキングTOP10、2017年7月は「自動運転車は売れるのか?」という自動車に携わる人ならば誰でも気になるテーマの記事が人気を集めました。また、Appleの取引停止宣言に端を発するMIPSアーキテクチャの栄枯盛衰をたどる記事も人気でした。(2017/8/17)

車両デザイン:
ホンダ新型「シビック」、セグメントトップクラスの空間で「究極のFFスポーツ」
ホンダは、「シビック」シリーズの3タイプ「ハッチバック」「セダン」「TYPE R(タイプR)」の新モデルを2017年9月29日から日本で発売する。Cセグメントでトップクラスの「操る喜び」を提供することを目指し、さまざまなシーンでの運動性能を高次元で実現するプラットフォームを新開発した。(2017/7/28)

外装を黒、内装をシルバーで:
SUBARU「フォレスター」にカラー変更の特別仕様車
SUBARUのSUV「フォレスター」に、特別仕様車の「2.0XT EyeSight Smart Edition」「S-Limited Smart Edition」が登場。(2017/7/25)

Honda SENSINGも搭載:
ホンダ、北米向け新型アコードを発表 今秋発売
ホンダが北米向け新型「アコード」を発表。前モデルから出力・燃費性能、乗り心地、安全性などを向上させた。(2017/7/18)

Honda SENSING搭載:
ホンダ、新「フィット」発売 先進安全技術を充実
ホンダが、コンパクトカー「FIT(フィット)」をマイナーチェンジし、6月30日に発売する。(2017/6/29)

SUBARU「アイサイト」が進化 自動運転レベル2相当に 今夏の新車から標準搭載
安全運転支援システム「アイサイト」の高速道路向け前車追従機能を強化。後退時の自動ブレーキも新たに搭載する。(2017/6/19)

ホンダセンシングを標準装備化:
ホンダ、25年めどに一般道の自動運転実現
ホンダは2025年をめどに、一般道でもドライバーが関与せず走行できる市販車での自動運転技術(レベル4)の実現を目指す。(2017/6/8)

「グレイス」も公開:
ホンダ、新「フィット」を先行公開
ホンダはコンパクトカー「フィット」マイナーチェンジモデルを先行公開した。(2017/5/11)

各社、実用化に向けて実験加速:
自動運転よりも“無人運転”が注目される理由
「無人運転車」と「自動運転車」は、それぞれ目指すゴールが違う。自動運転は個人が買って乗ることを前提としているが、無人運転には社会インフラを支える大きな役割が期待されている。(2017/4/12)

ミニバン初の10速AT:
ホンダ、北米向け新型オデッセイを初披露
ホンダは、北米向けミニバンの新型「オデッセイ」を北米国際自動車ショーで初披露した。(2017/1/10)

北米モデルを改良:
ホンダ、1月の北米ショーで新型「オデッセイ」初公開
ホンダは2017年1月に米国で開かれる「北米国際自動車ショー」で、新型「オデッセイ」を世界初公開すると発表。(2016/12/20)

デトロイトモーターショー2017:
北米でホンダ「オデッセイ」が全面改良、ミニバン首位キープを狙う
ホンダは、「北米国際自動車ショー2017」において、ミニバン「オデッセイ」の新モデルを世界初披露すると発表した。(2016/12/20)

ロボットをビジネスに生かすAI技術(8):
自動運転技術とは――課題、安全基準レベル、ロボットタクシー、その現状と未来
Pepperや自動運転車などの登場で、エンジニアではない一般の人にも身近になりつつある「ロボット」。ロボットには「人工知能/AI」を中心にさまざまなソフトウェア技術が使われている。本連載では、ソフトウェアとしてのロボットについて、基本的な用語からビジネスへの応用までを解説していく。今回は、人工知能によって、人が運転しなくても自律的に動く自動車で使われる自動運転技術について。(2016/12/21)

現行体制でも十分に戦える!:
TI、車載向けの豊富な製品群と参照設計を提供
TIは、幅広い製品ポートフォリオや半導体プロセス/パッケージの技術革新などにより、車載半導体事業の拡大を図る。(2016/6/20)

自動走行実用化に向け「ダイナミックマップ」を整備 地図会社、自動車メーカーなど15社が新会社
自動走行・安全運転支援システムの早期実用化に向け、地図会社や自動車メーカーなどが新会社「ダイナミックマップ基盤企画」を6月に設立する。(2016/5/19)

自動運転車市場に攻勢をかける:
NXP、自動運転車向けプラットフォームを公開
NXP Semiconductorsが米国テキサス州で開催中の開発エンジニア向けイベント「NXP FTF Technology Conference」で、同社は自動運転車向けのオープンプラットフォームを発表した。自動運転レベル2〜4の自動車を製造できるとする。(2016/5/18)

セキュリティ業界、1440度(18):
「車載セキュリティ」研究の最前線――「2016年 暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2016)」レポート
2016年1月19日から22日にかけて開催された「2016年 暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2016)」の中から、「車載セキュリティ」関連の発表をピックアップして紹介します。(2016/2/17)

「自動運転レベル2、3を超えることができる」:
ルネサス 自動運転車の頭脳となる次世代SoC発表
ルネサス エレクトロニクスは2015年12月2日、車載情報システム向けSoC「R-Carシリーズ」の第3世代品を発表した。2018年以降に市販される自動車への搭載を見込んだ製品群。第1弾製品として同日、サンプル出荷を開始した「R-Car H3」は“自動運転時代のSoC”と位置付けたハイエンド品で、最先端となるTSMCの16nm世代FinFET+プロセスを採用し、高性能な処理能力を盛り込んだ。(2015/12/2)

エコカー技術:
新型「レクサスRX」は自然吸気エンジン用意せず、ターボとハイブリッドのみ
トヨタ自動車は、高級車ブランドレクサスの主力SUV「レクサスRX」の新モデルを発売した。国内市場では、排気量2.0lの直噴ターボエンジン搭載の「RX200t」とハイブリッドモデルの「RX450h」の2モデルで展開する。(2015/10/23)

自動運転技術:
760MHz帯の車車間・路車間通信が始まる、トヨタが新型車への搭載を発表
トヨタ自動車は、日本国内のITS(高度道路情報システム)向けに利用可能な760MHz帯の専用周波数を使った車車間・路車間通信を用いる運転支援システム「ITS Connect」を近日中に国内で発売する車種に搭載する。2015年内をめどに、ITS Connectを搭載可能な車両を3車種まで増やす計画だ。(2015/10/1)

安倍政権の命運を左右する?:
アベノミクス第3の矢を実現する10のイノベーション【前編】
安倍政権が推し進める経済再生政策の「第3の矢」を実現する上で重要な役割を担っているのが、「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)」だ。年間予算がそれぞれ数十億円に達するSIPの10のプログラムについて、「SIPシンポジウム」の講演内容に沿って前後編に分けて紹介する。(2014/12/5)

ビジネスニュース 企業動向:
「制御とITの融合技術」で「一歩先の世界へ」――ルネサス DevCon基調講演リポート
ルネサス エレクトロニクス(以下、ルネサス)は、「一歩先の世界へ〜Keeps you ahead of the challenges〜」をテーマにしたプライベート展「Renesas DevCon Japan 2014」を開催した。同社幹部による基調講演や多くのセミナー、製品展示などを通じて、「制御とITの融合技術を推進」することで実現可能となる「一歩先の世界」を提案した。(2014/9/3)

ITS世界会議東京2013:
ヤマハ発動機がゴルフカート向けステレオカメラを開発、高精度に歩行者を検知
ヤマハ発動機は、「第20回ITS世界会議東京2013」において、電磁誘導式ゴルフカート向けに開発中のステレオカメラを展示した。高い歩行者検知精度を武器に、ゴルフカート以外の車両の運転支援システム向けにも提案していく。(2013/10/22)

ITS世界会議東京2013リポート:
自動運転、車車間通信、スマホ活用――国内自動車メーカーが示すクルマの未来像
「第20回ITS世界会議東京2013」の展示会場では、国内自動車メーカーがそろって、ITS(高度道路交通システム)を活用した安全システムや自動運転技術への取り組みを披露していた。いずれも2015〜2020年以降にかけて市販車への搭載が想定されている。(2013/10/18)

今井優杏のエコカー☆進化論(4):
サイクリストのハートをわしづかみ、ボルボとスバルは自転車にもぶつからない
自動車ジャーナリストの今井優杏さんが、独自の切り口で最新のエコカーや搭載技術を紹介する本連載。今回は、クルマや歩行者だけでなく、自転車との衝突も回避できる、ボルボの「サイクリスト検知機能」とスバルの「アイサイト」を取り上げる。(2013/9/27)

世界初の公道実証実験:
マツダ、路面電車と通信する「アテンザ」で交通事故を未然に回避
自動車と路面電車の間で通信を行い、自律的に衝突を未然に防ぎ、スムーズな交通を目指す実証実験が広島市で行われる。「第20回ITS世界会議東京2013」ではデモ走行も行う。(2013/9/3)

和田憲一郎の電動化新時代!(6):
自動運転についてロボットとセンサーの視点から考える
最近になって「自動運転」という言葉を聞く機会が増えている。しかし、話題が先行するばかりで、その課題がいまひとつはっきりしていないように見受けられる。そこで、自動車メーカーからの視点ではなく、ロボットメーカーやセンサーメーカーからの視点で、自動運転を実現させるための課題を追った。経済産業省の担当者へのヒアリング結果も併せて紹介しよう。(2013/8/1)

モノづくりにおけるITをもう一度考える(3):
ITは便利です、でももっと大事なのは「人間の感性」なんです
モノづくりにおける「ITの価値」について考察する本連載。最終回となる今回は、「1人完結型デジタルセル生産」を作り上げた筆者が、ITとモノづくりの理想的な関係について紹介する。(2013/7/29)

ITS世界会議:
「ITSの普及を加速する」、国会議員がITS世界会議の東京開催に向けて決意表明
「第20回ITS世界会議東京2013」の開催に向けて、同会議の成功に協力する国会議員の会の総会が衆議院議員会館で開かれた。総会に参加した議員は、政財界が一致団結して、グローバル市場におけるITS(高度道路交通システム)の普及促進を一層加速していく決意を表明した。(2013/5/31)

ベンツが「SLK」クラスで21年ぶりにMTモデルを導入する狙いは?
メルセデス・ベンツ日本は、後輪駆動の2シーターオープンカー「SLK 200 BlueEFFICIENCY MT」(493万円)を発売した。同社としては21年ぶりのMTモデルの設定。日本法人からドイツ本国への働きかけという。(2013/2/20)

ベンツ、Eクラスにプリクラッシュセーフティを装着した限定モデル
メルセデス・ベンツがプリクラッシュセーフティの日本導入1周年を記念した限定モデルを発売した。AMGスポーツパッケージを装着するEクラスのセダンとワゴンの3モデルだ。(2013/1/10)

ベンツ、Eクラスセダンに安全とスポーティさを充実した特別仕様車
メルセデス・ベンツ日本は7月24日、Eクラスセダンの特別仕様車2モデルを発売した。レーダーセーフティパッケージなどを備える。価格は735万円と810万円。(2012/7/25)

レクサス、SUVの「RX」をマイナーチェンジ――F SPORTも設定
スピンドルグリルになり次世代レクサスらしい存在感をアピールする。社会インフラと協調して安全運転をサポートするナビゲーションシステムなど先進機能も導入した。(2012/4/13)

ビジネスニュース 無線通信技術:
アナログテレビ放送の跡地を有効活用、700MHz帯を用いたITSの実証実験が開始
モバイルマルチメディア放送局「NOTTV」をはじめ、アナログテレビ放送の“跡地”の有効活用が始まっている。715〜725MHzの周波数帯、いわゆる700MHz帯を使ったITSについても、2012年3月から公道走行実験を始めることが決まった。(2012/2/22)

700MHz帯の通信インフラを活用:
トヨタ、「インフラ協調による安全運転支援システム」の公道走行実験を豊田市で実施
トヨタ自動車はインフラ協調による安全運転支援システム開発の一環として、「安全運転支援システム」の実証実験に参画。2012年3〜5月の約3カ月間、愛知県豊田市の交通事故多発交差点において公道走行実験を実施する。(2012/2/22)

広がるITSの輪、DSSSレベルIIへの対応で事故発生を抑制へ
(2011/10/5)

フルモデルチェンジしたカムリ、全グレードがハイブリッドに
トヨタ自動車は9月5日、4ドアセダン「カムリ」をフルモデルチェンジして発売した。価格は304万円〜380万円。(2011/9/5)

ドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルがそろって登場:
第1回 国際自動車通信技術展 基調講演プログラムなどが確定
10月20日から22日に幕張メッセで開催予定の第1回 国際自動車通信技術展の講演プログラムやATTTアワードの詳細が明らかになった。講演にはNTTドコモやKDDI(UQコミュニケーションズ)、ソフトバンクモバイルのキーパーソンも登壇する。(2009/8/28)

アイシン精機 常務役員 加藤 喜昭氏:
電子技術で自動車の基本機能と付加価値を高める
自動車は、単なる移動手段から、移動可能な住空間の1つとなっている。このために、「環境」、「安全」、「快適」への要求に応えつつ、健康やライフスタイルといった住生活を理解して、そのつながりを深めて行くことも重要となる。アイシン精機を核とするアイシングループは、自動車部品を事業基盤に、住生活関連商品やエネルギー関連商品、バイオ関連機器へとその領域を拡大してきた。自動車部品も生活関連事業の一環と位置づけ、機械工学や電子工学に加え、人間工学や生理学も探求し、その技術を商品に反映している。アイシン精機の常務役員を務める加藤喜昭氏に、自動車部品における電子化の役割やHEV/EV用部品への取り組みなどを聞いた。(2009/1/1)

神尾寿の時事日想:
高齢者ドライバー問題は「今、そこにある危機」
年をとれば、とっさの場合の認知・操作能力が落ち、事故を起こす危険が高まる。警察では高齢者ドライバーに自主的な運転免許証の返納を求めるなどしているが、複合的な事情や背景があり、なかなか進まないのが現状だ。(2008/5/2)

マツダ、広島でITS公道実証実験
マツダは、ITS車載器を搭載した3台の実験車両で公道を走行、データの収集・分析を開始する。(2008/1/25)

神尾寿の時事日想:
700MHz帯は誰のもの――ぶつからない車、それとも携帯向け放送?
各地で「ITS公道実証実験」が始まっている。中でも目玉なのが、通信インフラを使った安全支援機能だ。将来的にはアナログテレビ終了後の700MHz帯を使うというが、700MHz帯を狙っているのはクルマだけではない。(2007/6/22)

歩行者の安全をサポート──沖電気が「安全携帯端末」を試作
沖電気工業が、DSRC車々間通信システムを携帯電話に組み込む「超小型DSRC無線モジュール」を開発し、同モジュールを搭載した歩行者安全支援用途の小型携帯電話の試作に成功した。(2007/5/28)

歩行者の安全を高めるモバイル端末向けモジュールを開発、沖電気
沖電気が携帯電話へ組み込み可能な超小型DSRC無線モジュールを開発した。GPSや車両間通信を利用して歩行者を守る仕組みが実現する。(2007/5/28)

人とくるまのテクノロジー展:
「香り」で安全運転? 次世代のドライビングアシスト
自動車技術の展示会「人とくるまのテクノロジー展」。インターネットやGPS、さらには「香り」を使った目に見えない情報で、安全なドライビングをサポートする技術が展示された。(2007/5/23)

神尾寿の時事日想:
アナログテレビ終了後の帯域争奪戦、ポイントは「モバイル向け放送」と「クルマ」(後編)
700MHz帯を狙っているプレイヤーは携帯・放送関連業界だけではなく、自動車業界も名乗りを上げている。複数の業界をクロスオーバーすることで、新しい市場が順調に立ち上がるとするならば、その仲立ちにふさわしいのは携帯事業者ではないだろうか。(2006/12/1)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。