ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「安全運転支援システム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「安全運転支援システム」に関する情報が集まったページです。

ミニバンからワゴンに:
ホンダ「ジェイド」マイナーチェンジ 2列シート5人乗り追加
ホンダが「ジェイド」をマイナーチェンジ。(2018/5/17)

自動運転技術:
トヨタ子会社のTRI、高度安全運転支援の開発強化でテストコース新設
トヨタ自動車の子会社で人工知能の研究開発を行うToyota Research Institute(TRI)は、米国ミシガン州に自動運転開発用の新たなテストコースを建設することを発表した。2018年10月から稼働する。(2018/5/10)

大容量な荷室:
ホンダの「N」に新しい仲間 軽バン「N-VAN」先行公開
ホンダは、今夏に発表する軽バン「N-VAN」(エヌバン)の情報を同社Webサイトで先行公開した。(2018/4/20)

駐車時の録画に対応:
ホンダ、「STEP WGN Modulo X」一部改良 ナビが進化
ホンダがミニバン「STEP WGN Modulo X」を一部改良し、発売した。価格(税込)は369万4680円〜371万6280円。カーナビを従来の9インチから「高画質ステップ ワゴン専用10インチナビ」に変更した。(2018/4/19)

電気自動車:
燃料電池車のレンタカー、横浜のスマートシティで開始
ホンダは、同社レンタカーサービス「EveryGo」のステーションを「Tsunashimaサスティナブル・スマートタウン」に設置し、燃料電池車「CLARITY FUEL CELL」を2018年秋に導入する。(2018/3/29)

「RS」2列シートに:
ホンダ、新「ジェイド」を先行公開
ホンダがミニバン「ジェイド」のマイナーチェンジモデルを先行公開。(2018/3/8)

Honda SENSING標準装備:
ホンダ、SUV「ヴェゼル」をマイナーチェンジ
ホンダが人気SUV「ヴェゼル」をマイナーチェンジして発売。(2018/2/15)

渋滞運転支援を初搭載:
ホンダ、「レジェンド」をマイナーチェンジ デザイン一新
ホンダがフラッグシップセダン「レジェンド」をマイナーチェンジ。(2018/2/8)

「Honda SENSING」標準装備:
ホンダの新「ヴェゼル」、ネットで先行公開
ホンダがSUV「ヴェゼル」のマイナーチェンジ版をWebサイトで先行公開。(2018/1/25)

高級SUVにあの”VTEC”を搭載!? ホンダ、新型「RDX」「インサイト」を初公開、2018年夏以降発売へ
RDXは10速ATにVTECターボエンジン、インサイトは5人乗りセダンスタイルに変化。(2018/1/19)

車載ネットワーク:
次世代の車載ネットワーク「CAN FD」とは
セキュリティ対応や自動運転などの車両の高機能化に伴い、より高速な車載ネットワークが求められている。本稿では次世代の車載ネットワークの1つとして考えられているCAN FD導入の背景やプロトコルの概要ついて紹介する。(2018/1/24)

ホンダ、最上位セダン「レジェンド」を刷新 渋滞走行アシスト機能を初搭載、2018年2月発売
渋滞走行を支援する「トラフィックジャムアシスト」を初搭載。(2017/12/7)

力強い顔に:
ホンダ「オデッセイ」、マイナーチェンジして発売
ホンダは上級ミニバン「オデッセイ」をマイナーチェンジして発売した。(2017/11/16)

「東京モーターショー2017」開幕 テクノロジーで変わる、クルマ社会の姿に熱視線
「第45回東京モーターショー2017」が一足早く、報道陣向けに公開された。(2017/10/25)

0〜100キロ加速3.4秒:
BMW、超高性能セダンの新型「M5」受注開始
BMW日本法人が超高性能セダン「M5」の受注を始めた。(2017/10/24)

外観など刷新:
ホンダ、新「オデッセイ」を先行公開
ホンダは、11月にマイナーチェンジするミニバン「オデッセイ」の情報を先行公開した。(2017/9/28)

押し出し強いフロントに:
ホンダ、「ステップ ワゴン」をマイナーチェンジ
ホンダがミニバン「ステップ ワゴン」をマイナーチェンジ。(2017/9/28)

TechFactory 人気記事TOP10【2017年7月版】:
自動運転に出会ったMIPS
TechFactoryコンテンツランキングTOP10、2017年7月は「自動運転車は売れるのか?」という自動車に携わる人ならば誰でも気になるテーマの記事が人気を集めました。また、Appleの取引停止宣言に端を発するMIPSアーキテクチャの栄枯盛衰をたどる記事も人気でした。(2017/8/17)

車両デザイン:
ホンダ新型「シビック」、セグメントトップクラスの空間で「究極のFFスポーツ」
ホンダは、「シビック」シリーズの3タイプ「ハッチバック」「セダン」「TYPE R(タイプR)」の新モデルを2017年9月29日から日本で発売する。Cセグメントでトップクラスの「操る喜び」を提供することを目指し、さまざまなシーンでの運動性能を高次元で実現するプラットフォームを新開発した。(2017/7/28)

外装を黒、内装をシルバーで:
SUBARU「フォレスター」にカラー変更の特別仕様車
SUBARUのSUV「フォレスター」に、特別仕様車の「2.0XT EyeSight Smart Edition」「S-Limited Smart Edition」が登場。(2017/7/25)

Honda SENSINGも搭載:
ホンダ、北米向け新型アコードを発表 今秋発売
ホンダが北米向け新型「アコード」を発表。前モデルから出力・燃費性能、乗り心地、安全性などを向上させた。(2017/7/18)

Honda SENSING搭載:
ホンダ、新「フィット」発売 先進安全技術を充実
ホンダが、コンパクトカー「FIT(フィット)」をマイナーチェンジし、6月30日に発売する。(2017/6/29)

SUBARU「アイサイト」が進化 自動運転レベル2相当に 今夏の新車から標準搭載
安全運転支援システム「アイサイト」の高速道路向け前車追従機能を強化。後退時の自動ブレーキも新たに搭載する。(2017/6/19)

ホンダセンシングを標準装備化:
ホンダ、25年めどに一般道の自動運転実現
ホンダは2025年をめどに、一般道でもドライバーが関与せず走行できる市販車での自動運転技術(レベル4)の実現を目指す。(2017/6/8)

「グレイス」も公開:
ホンダ、新「フィット」を先行公開
ホンダはコンパクトカー「フィット」マイナーチェンジモデルを先行公開した。(2017/5/11)

各社、実用化に向けて実験加速:
自動運転よりも“無人運転”が注目される理由
「無人運転車」と「自動運転車」は、それぞれ目指すゴールが違う。自動運転は個人が買って乗ることを前提としているが、無人運転には社会インフラを支える大きな役割が期待されている。(2017/4/12)

ミニバン初の10速AT:
ホンダ、北米向け新型オデッセイを初披露
ホンダは、北米向けミニバンの新型「オデッセイ」を北米国際自動車ショーで初披露した。(2017/1/10)

北米モデルを改良:
ホンダ、1月の北米ショーで新型「オデッセイ」初公開
ホンダは2017年1月に米国で開かれる「北米国際自動車ショー」で、新型「オデッセイ」を世界初公開すると発表。(2016/12/20)

デトロイトモーターショー2017:
北米でホンダ「オデッセイ」が全面改良、ミニバン首位キープを狙う
ホンダは、「北米国際自動車ショー2017」において、ミニバン「オデッセイ」の新モデルを世界初披露すると発表した。(2016/12/20)

ロボットをビジネスに生かすAI技術(8):
自動運転技術とは――課題、安全基準レベル、ロボットタクシー、その現状と未来
Pepperや自動運転車などの登場で、エンジニアではない一般の人にも身近になりつつある「ロボット」。ロボットには「人工知能/AI」を中心にさまざまなソフトウェア技術が使われている。本連載では、ソフトウェアとしてのロボットについて、基本的な用語からビジネスへの応用までを解説していく。今回は、人工知能によって、人が運転しなくても自律的に動く自動車で使われる自動運転技術について。(2016/12/21)

現行体制でも十分に戦える!:
TI、車載向けの豊富な製品群と参照設計を提供
TIは、幅広い製品ポートフォリオや半導体プロセス/パッケージの技術革新などにより、車載半導体事業の拡大を図る。(2016/6/20)

自動走行実用化に向け「ダイナミックマップ」を整備 地図会社、自動車メーカーなど15社が新会社
自動走行・安全運転支援システムの早期実用化に向け、地図会社や自動車メーカーなどが新会社「ダイナミックマップ基盤企画」を6月に設立する。(2016/5/19)

自動運転車市場に攻勢をかける:
NXP、自動運転車向けプラットフォームを公開
NXP Semiconductorsが米国テキサス州で開催中の開発エンジニア向けイベント「NXP FTF Technology Conference」で、同社は自動運転車向けのオープンプラットフォームを発表した。自動運転レベル2〜4の自動車を製造できるとする。(2016/5/18)

セキュリティ業界、1440度(18):
「車載セキュリティ」研究の最前線――「2016年 暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2016)」レポート
2016年1月19日から22日にかけて開催された「2016年 暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2016)」の中から、「車載セキュリティ」関連の発表をピックアップして紹介します。(2016/2/17)

「自動運転レベル2、3を超えることができる」:
ルネサス 自動運転車の頭脳となる次世代SoC発表
ルネサス エレクトロニクスは2015年12月2日、車載情報システム向けSoC「R-Carシリーズ」の第3世代品を発表した。2018年以降に市販される自動車への搭載を見込んだ製品群。第1弾製品として同日、サンプル出荷を開始した「R-Car H3」は“自動運転時代のSoC”と位置付けたハイエンド品で、最先端となるTSMCの16nm世代FinFET+プロセスを採用し、高性能な処理能力を盛り込んだ。(2015/12/2)

エコカー技術:
新型「レクサスRX」は自然吸気エンジン用意せず、ターボとハイブリッドのみ
トヨタ自動車は、高級車ブランドレクサスの主力SUV「レクサスRX」の新モデルを発売した。国内市場では、排気量2.0lの直噴ターボエンジン搭載の「RX200t」とハイブリッドモデルの「RX450h」の2モデルで展開する。(2015/10/23)

自動運転技術:
760MHz帯の車車間・路車間通信が始まる、トヨタが新型車への搭載を発表
トヨタ自動車は、日本国内のITS(高度道路情報システム)向けに利用可能な760MHz帯の専用周波数を使った車車間・路車間通信を用いる運転支援システム「ITS Connect」を近日中に国内で発売する車種に搭載する。2015年内をめどに、ITS Connectを搭載可能な車両を3車種まで増やす計画だ。(2015/10/1)

安倍政権の命運を左右する?:
アベノミクス第3の矢を実現する10のイノベーション【前編】
安倍政権が推し進める経済再生政策の「第3の矢」を実現する上で重要な役割を担っているのが、「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)」だ。年間予算がそれぞれ数十億円に達するSIPの10のプログラムについて、「SIPシンポジウム」の講演内容に沿って前後編に分けて紹介する。(2014/12/5)

ビジネスニュース 企業動向:
「制御とITの融合技術」で「一歩先の世界へ」――ルネサス DevCon基調講演リポート
ルネサス エレクトロニクス(以下、ルネサス)は、「一歩先の世界へ〜Keeps you ahead of the challenges〜」をテーマにしたプライベート展「Renesas DevCon Japan 2014」を開催した。同社幹部による基調講演や多くのセミナー、製品展示などを通じて、「制御とITの融合技術を推進」することで実現可能となる「一歩先の世界」を提案した。(2014/9/3)

ITS世界会議東京2013:
ヤマハ発動機がゴルフカート向けステレオカメラを開発、高精度に歩行者を検知
ヤマハ発動機は、「第20回ITS世界会議東京2013」において、電磁誘導式ゴルフカート向けに開発中のステレオカメラを展示した。高い歩行者検知精度を武器に、ゴルフカート以外の車両の運転支援システム向けにも提案していく。(2013/10/22)

ITS世界会議東京2013リポート:
自動運転、車車間通信、スマホ活用――国内自動車メーカーが示すクルマの未来像
「第20回ITS世界会議東京2013」の展示会場では、国内自動車メーカーがそろって、ITS(高度道路交通システム)を活用した安全システムや自動運転技術への取り組みを披露していた。いずれも2015〜2020年以降にかけて市販車への搭載が想定されている。(2013/10/18)

今井優杏のエコカー☆進化論(4):
サイクリストのハートをわしづかみ、ボルボとスバルは自転車にもぶつからない
自動車ジャーナリストの今井優杏さんが、独自の切り口で最新のエコカーや搭載技術を紹介する本連載。今回は、クルマや歩行者だけでなく、自転車との衝突も回避できる、ボルボの「サイクリスト検知機能」とスバルの「アイサイト」を取り上げる。(2013/9/27)

世界初の公道実証実験:
マツダ、路面電車と通信する「アテンザ」で交通事故を未然に回避
自動車と路面電車の間で通信を行い、自律的に衝突を未然に防ぎ、スムーズな交通を目指す実証実験が広島市で行われる。「第20回ITS世界会議東京2013」ではデモ走行も行う。(2013/9/3)

和田憲一郎の電動化新時代!(6):
自動運転についてロボットとセンサーの視点から考える
最近になって「自動運転」という言葉を聞く機会が増えている。しかし、話題が先行するばかりで、その課題がいまひとつはっきりしていないように見受けられる。そこで、自動車メーカーからの視点ではなく、ロボットメーカーやセンサーメーカーからの視点で、自動運転を実現させるための課題を追った。経済産業省の担当者へのヒアリング結果も併せて紹介しよう。(2013/8/1)

モノづくりにおけるITをもう一度考える(3):
ITは便利です、でももっと大事なのは「人間の感性」なんです
モノづくりにおける「ITの価値」について考察する本連載。最終回となる今回は、「1人完結型デジタルセル生産」を作り上げた筆者が、ITとモノづくりの理想的な関係について紹介する。(2013/7/29)

ITS世界会議:
「ITSの普及を加速する」、国会議員がITS世界会議の東京開催に向けて決意表明
「第20回ITS世界会議東京2013」の開催に向けて、同会議の成功に協力する国会議員の会の総会が衆議院議員会館で開かれた。総会に参加した議員は、政財界が一致団結して、グローバル市場におけるITS(高度道路交通システム)の普及促進を一層加速していく決意を表明した。(2013/5/31)

ベンツが「SLK」クラスで21年ぶりにMTモデルを導入する狙いは?
メルセデス・ベンツ日本は、後輪駆動の2シーターオープンカー「SLK 200 BlueEFFICIENCY MT」(493万円)を発売した。同社としては21年ぶりのMTモデルの設定。日本法人からドイツ本国への働きかけという。(2013/2/20)

ベンツ、Eクラスにプリクラッシュセーフティを装着した限定モデル
メルセデス・ベンツがプリクラッシュセーフティの日本導入1周年を記念した限定モデルを発売した。AMGスポーツパッケージを装着するEクラスのセダンとワゴンの3モデルだ。(2013/1/10)

ベンツ、Eクラスセダンに安全とスポーティさを充実した特別仕様車
メルセデス・ベンツ日本は7月24日、Eクラスセダンの特別仕様車2モデルを発売した。レーダーセーフティパッケージなどを備える。価格は735万円と810万円。(2012/7/25)

レクサス、SUVの「RX」をマイナーチェンジ――F SPORTも設定
スピンドルグリルになり次世代レクサスらしい存在感をアピールする。社会インフラと協調して安全運転をサポートするナビゲーションシステムなど先進機能も導入した。(2012/4/13)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。