ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

  • 関連の記事

「DWHアプライアンス」最新記事一覧

Database Watch(2016年6月版):
データベースから「データ」に目を向け始めたIBM
「IBM DB2」最新版のリリースと前後し、最近、IBMの主眼がデータベース製品から「データそのもの」に軸足を移してきている。今回はこの重要な“変化”に目を向けて、その動きや狙いを確認する。(2016/6/28)

SQL Server 2005のEOSも目前に控える
SSDを柱にハード最適化を目指す「SQL Server SSD Appliance」が存在する意味
処理性能を高め、導入コストを抑える工夫を凝らした「Microsoft SQL Server SSD Appliance」。この製品はどのようなものか。また、今後のロードマップとは。(2016/1/22)

IoT時代に不可欠な、データの在りかを問わない分析環境の作り方:
PR:常に流れ込んでくるデータ、ハイブリッド環境に散在するデータをどう蓄積・分析するか?
IoTが本格化しつつある中で、センサーなどを使って「現実世界からデータを収集する」ことがフォーカスされがちな側面もあるが、本当に大切なのは「収集した後」だ。フォーマットがバラバラなデータが間断なく流れ込んでくる中で、どうすればデータを無駄にせず有効活用できるのだろうか? IoT時代の分析環境の作り方を、日本アイ・ビー・エム ソフトウエア アナリティクス事業部の土屋敦氏に聞いた。(2016/1/14)

Computer Weekly製品導入ガイド
誇大宣伝を越えたアプライアンスの普及
アプライアンスはそのシンプル性とビッグデータの流行によって普及が促進され、サプライヤーはクラウドサービスの統合に力を入れている。(2016/1/25)

基盤刷新でさらに加速:
データ分析で変わる、みずほ銀行の“オムニチャネル”戦略
コールセンターでのWatson導入や店舗へのPepper設置など、業界の中でも先進的なIT活用で注目される「みずほ銀行」。同社は増え続けるデータへの対策やオムニチャネル施策の重要性も認識しており、5年以上の歳月をかけてデータ分析基盤の刷新を続けている。(2015/10/29)

「インサイトエコノミーの時代」そこにデータを資産とする思想はあるか?:
PR:企業価値向上につながるインサイトをIT技術者はどう提供していけるか
クラウドインフラの活用や企業活動データの蓄積が当たり前となったいま、データをどう使い、どう生かすかが問われる時代になった。企業価値向上につながるインサイト(洞察)を提供するプラットフォームは、データに対する思想抜きに選択することはできない。(2015/9/28)

PR:「まるで友だちのように」── 顧客起点、社員起点で「らしさ」を失わないZOZOTOWN
元プロミュージシャンの創業者が自らの感性を信じ、愚直に続けてきたZOZOTOWNが、この12月には10周年を祝う。日本最大級のファッションショッピングサイトに成長したZOZOTOWNだが、「まるで友だちのように」一人ひとりの顧客に向き合う「らしさ」は今も失われていない。同社の強みと、それを支える「カスタマー・フレンドシップ・マネジメント」やユニークな組織マネジメントについて話を聞いた。(2014/12/8)

IBM Enterprise 2014 Report:
どっこい、メインフレームやPowerこそが企業の競争優位の基盤に
ラスベガスのベネチアンホテルで「IBM Enterprise 2014」が開幕した。多くの企業は、モバイルやソーシャル、ビッグデータといった新しいテクノロジーの波に乗る準備がいまだ十分ではない。IBMは、古臭いイメージのメインフレームをモダン化し、Powerをオープンイノベーションで生まれ変わらせ、デジタル時代の最適なITインフラとして売り込む。(2014/10/7)

次世代のデータウェアハウス基盤はOracle Exadataで!:
PR:「データ活用のリアルタイム化」「OLTPとの統合」を可能にする性能の秘密に迫る
昨今、データウェアハウス(DWH)基盤の性能や運用コストに課題を感じる企業が増えているようだ。また、ビジネススピードの向上を目的に、より鮮度の高いデータの活用をDWH基盤に求める声も強まっている。これらの課題/ニーズに応えるDWH基盤として、世界中の企業で採用が進んでいるのが「Oracle Exadata」だ。[プライベートクラウド/データベース統合][Engineered System](2014/7/14)

“ベンダー中立の選定眼”と業務知識がキモ
ベストなDWHアプライアンスはどれだ? 三菱東京UFJ銀行の事例に学ぶ選定・導入の勘所
高速なデータ処理基盤として、複数のメーカーが提供しているDWHアプライアンス製品。各社が提示する製品資料を読み比べるだけでは、最適な1台を選ぶことは難しい。失敗しない製品選定・導入のポイントとは何か?(2014/1/17)

PR:手になじむツールを自在に選択可能、目的を達成するためのデータ分析環境とは?
ビッグデータの利用機運が本格的な盛り上がりを見せている。ただし、ビッグデータにより成果を上げる企業がある一方で、利用に戸惑い、活用が進まぬ企業も少なくない。では、こうした差が生まれる理由はどこにあるのか。また、状況を打開するために何が求められているのか。ビッグデータ活用に向けたポイントと、企業導入が進んでいる日本IBMの関連ソリューションを紹介する。(2013/9/12)

日本HP、Excelでビッグデータ分析できるDWHアプライアンスを発売
日本HPは、分散ファイルシステム上のデータをMicrosoft ExcelやWebブラウザ上で活用できるアプライアンス製品を発売した。(2013/4/23)

ホワイトペーパー:
他社DWHユーザーがNetezzaへ移行するわけ
DWHアプライアンスの代表格、TeradataとNetezzaを徹底比較。現在の分析担当者の行動を考えれば、ビッグデータ時代に必要なDWHの姿が見えてくる。(2013/3/26)

ホワイトペーパー:
真のデータウェアハウス用途に適した製品はどっちだ?
クエリパフォーマンス、運用簡易性の観点から「Oracle Exadata」と「IBM Netezza」を徹底的に比較。大量データの照会・分析という真のDWH用途に適したアプライアンスはどちらだろうか?(2013/3/26)

NEWS
HadoopとDWHを組み合わせて高速分析、日本マイクロソフトがアプライアンス新版
日本マイクロソフトはDWHアプライアンスの新版を発表。HadoopとDWHのデータを共通のSQLで操作できるのが特徴だ。加えて、Hadoopのクラウドサービスも提供する。(2013/3/21)

Database Watch(2013年2月版):
PureData3兄弟、誰が誰の子?/SQL2016策定の動向は? 芝野先生に聞いた
いろいろ出てきたPureSystems製品群のうち、PureDataラインアップの特徴を整理しよう。後半はSQL標準策定の動向を識者に突撃取材。(2013/2/26)

PureSystemsが生まれたワケ:
第3回 新たなパラダイムを生むPureApplication System、パターンで企業の情報システムを変革
続々と新たなモデルが追加されるPureSystemsファミリー、それはハイブリッド化されたzEnterpriseメインフレームと同じ思想で開発され、オープン系分散型システムの混沌を解決しようと生み出された。短期連載の最後は、パターンで情報システムを劇的に変えるPureApplication Systemを中心に見ていこう。(2013/2/15)

ホワイトペーパー:
「ビッグデータ」を「スモールスタート」する段階的なシステム構築
ビッグデータ分析のために高価なDWHアプライアンス製品を採用したとしても、それを将来使い切ることができるかどうか、導入時には誰にもわからないケースが多い。「ビッグデータ」を「スモールスタート」し、かつ利益を生み出すコツはあるか。(2013/2/13)

PureSystemsが生まれたワケ:
第2回 メインフレーム譲りの包容力と仮想化のベストプラクティスが自慢のPureSystems
PureSystemsが生まれた背景を探る短期連載の第2回は、「Fabric-based Architecture」を採り入れ、zEnterprise譲りの包容力と仮想化環境のベストプラクティスが盛り込まれたIaaS基盤の「PureFlex System」を中心に見ていこう。(2012/12/25)

日本HPがDWH事業を強化へ、ソフトウェアの単体展開も
日本HPはデータウェアハウス(DWH)ビジネスの「Vertica事業本部」を設立。IBMやTeradata、EMCに挑む。(2012/12/19)

PureSystemsが生まれたワケ:
第1回 「恐竜」の再発明? データセンターを丸ごと1つのコンピュータに集約するzEnterprise
IBM PureSystemsは、テクノロジーの進化に伴って登場したアーキテクチャー、「Fabric-based Architecture」を採り入れてデザインされた全く新しいコンピュータ。先ずは2010年に同じアーキテクチャーによって生まれ変わったzEnterpriseメインフレームを見ていこう。(2012/12/17)

ソフトウェア+汎用ハードで拡張性と汎用性を確保
「DWH構築ならアプライアンスが最適」が間違いである理由
DWH市場で存在感を増しつつあるDWHアプライアンスだが、拡張性や汎用性に課題がある。DWHソフトウェアと汎用ハードウェアの組み合わせが、こうした課題の有力な解決策となる。(2012/11/26)

ウイングアーク、BIツール「MotionBoard」の最新版を提供
ウイングアークがBIツール「MotionBoard」の最新版を提供。ダッシュボード機能を強化し、作成できるチャートの種類や表現の幅を広げたという。(2012/11/15)

“第3のPureSystems”――日本IBM、ビッグデータ処理向け「PureData System」発売
日本IBMがデータ処理製品群「IBM PureData System」の3機種を発売した。同社が提唱する「エキスパート・インテグレーテッド・システム」構想に基づきハードウェアとソフトウェアを高度に統合したことで、ビッグデータの処理を高速化するという。(2012/10/10)

PureSystemsファミリーのデータ分析アプライアンス:
ビッグデータ処理に特化した「IBM PureData System」
日本アイ・ビー・エムは、ビッグデータ処理・分析に特化した新製品群を発表した。SIコストが掛からない「パターン」による早期立ち上げが強みだ(2012/10/10)

ビッグデータトレンドの今:
ビッグデータが“バズワード”から脱せない背景
クラウドに次ぐキーワードとして、“ビッグデータ”という言葉は多くの企業にだいぶ浸透した。だがそのメリットの認知度は向上しても、ビッグデータ活用の具体的な手段となるとまだまだ認知度は低い。では、いつまでもバズワードから脱せない理由はどこにあるのだろうか。今あらためてビッグデータ活用の課題を探る。(2012/8/6)

ビッグデータ活用のためのBIシナリオ【前編】
【市場動向】企業システムの変遷に見るビッグデータ潮流の背景
なぜこれほどまでにビッグデータとそれを取り巻くテクノロジーが注目を集めているのか。ビッグデータ潮流の背景と、今現在企業が活用したいデータ、ビッグデータへの期待をガートナーの講演を基にまとめる。(2012/7/27)

アナリストビュー:
企業のデータ分析力を支える3本柱
日本企業がデータ活用によってビジネスを活性化するために必要なものとは何だろうか。(2012/6/29)

ビッグデータいろはの「い」:
経験や勘では勝てない、「マネーボール」が物語る洞察のチカラ
かつてオークランドアスレチックスは膨大な過去のデータを活用して文字通り戦い方を変えて成功した。今やビッグデータがエネルギー、医療、証券など、さまざまなビジネスやサービスを変革しようとしている。(2012/6/27)

望遠鏡や顕微鏡のようなパラダイムシフト
【技術動向】韓国LGのCTOが語るビッグデータ分析ツールの4つの特徴
ビッグデータという言葉の流行に伴って、分析ツールも目覚ましい進化を遂げている。ビッグデータ時代に求められる分析ツールはかつてのBIやDWHと何が違うのか。韓国LG CNSのCTO、キム・テグ氏が語る。(2012/6/12)

BI導入事例:SAS Marketing Automation
【事例】オリコカードのBIによる顧客管理基盤刷新の狙いとは
オリエントコーポレーションは、クレジットキャンペーン業務の改善と与信精度の向上を目的としたシステム更改に「SAS Marketing Automation」を活用。業務負担を大きく改善しつつある。(2012/6/8)

BI導入事例:SAS Enterprise Guide
【事例】なぜアムウェイ商品は売れるのか? 同社の顧客分析基盤に迫る
「ダイレクトセリング」という独自の販売方式で安定した売り上げを誇る日本アムウェイ。その陰には同社だからこそ取得できる顧客属性データをフル活用する分析基盤があった。(2012/6/1)

クラウドビッグデータ元年のPaaS動向【後編】
パブリッククラウドのHadoop対応状況を比較する──IBM、Microsoftの場合
最も自動化が進んだクラウドベースのHadoopビッグデータ分析サービスを提供するベンダーはどこか。前編に続いて、IBM、MicrosoftのHadoop対応を見ていこう。(2012/5/30)

ホワイトペーパー:
DWHアプライアンスの真実 Oracle Exadata と IBM Netezza 1000(TwinFin) の比較
Oracle ExadataとIBM Netezza 1000(TwinFin)の基本部分から詳細まで、具体的な事例を取り上げて徹底比較。(2012/5/21)

ホワイトペーパー:
マーケティングDBをIBM Netezzaで構築 メール開封率を5倍、CVRを10倍に向上
日本最大級のファッションショッピングサイト「ZOZOTOWN」の株式会社スタートトゥデイがIBM Netezza DWH アプライアンスを選定したワケは?!(2012/5/18)

ホワイトペーパー:
MicroAd 広告配信システムに IBM Netezza DWH アプライアンスを採用
IBM Netezza DWH アプライアンスで広告効果分析システムを構築。業務改善の意識改革を実現。(2012/5/17)

ホワイトペーパー:
IBM Netezza DWH アプライアンスで自動販売機の販売・在庫データを一元化、業務効率向上を実現
ネオス株式会社 IBM Netezza DWH アプライアンス導入事例(2012/5/9)

ユーザー自身の「解」の発見を支援:
ビッグデータ活用のヒント――BIの4モデルとは
ビッグデータの活用で新たなビジネス価値を模索する動きが活発化している。顧客のニーズを明らかにし、その実現を支えるCEPやHadoopなどの基盤技術について、NTTデータのキーマン3人に話を聞いた。(2012/4/27)

言うほど簡単ではないビッグデータ計画
ビッグデータ活用、インフラ選択前の5つの検討課題
ビッグデータ計画を実行に移すためには、まずビッグデータを理解することから始めなければならない。ビッグデータインフラを選択する前に検討すべき5つの課題を挙げる。(2012/4/19)

読者の「知りたい」にベンダーが答える!
ビッグデータは企業の分析環境をどう変えるのか?
TechTargetジャパンの読者調査では、データ活用の課題として「人材問題」と「リアルタイム性」などが多く挙げられた。この課題解決を支援するコンテンツを集めた。(2012/4/19)

情報系アプリケーション投資動向2012【DWH編】
高まるDWHへの投資意欲、「砂金探し」のビッグデータ活用を成功させるには
ビッグデータ活用の流れに乗ってDWHへの投資意欲が増している。しかし「データ分析システムを単独で構築するだけでは、ビジネス上の実効性はない」とアナリストは指摘する。(2012/4/11)

DWH製品紹介:サイベース
Sybase IQ導入企業がDWH環境を段階的に拡大させていくわけ
カラムインデックス機能でデータ量の圧縮と超高速検索を両立する「Sybase IQ」。ユーザー企業がアプライアンスでなくソフトウェアソリューションのSybase IQを選ぶ理由とは。(2012/4/4)

“ビッグデータ”が経営を変える:
金融業界が抱える5つの課題
ビッグデータへの対応を含め、金融業界では新たなデータマネジメント手法の確立が喫緊の課題となっているという。(2012/3/27)

ビッグデータが変える企業の分析基盤
注目を集める「ビッグデータ」。ビッグデータを活用してビジネスに生かすためには、自社における分析環境の再考が必要になるだろう。ビッグデータ活用にフォーカスしたコンテンツを集めた。(2012/3/1)

データウェアハウス(DWH)製品紹介
企業内外データの分析のためのコアとなるデータウェアハウス(DWH)。主要DWHベンダーへの取材を基に、各製品のコンセプトやテクノロジー、特徴を紹介する。(2012/2/28)

DWH製品紹介:EMCジャパン
「Greenplum」でEMCが目指すビッグデータ時代の「UAPコンセプト」
他社アプライアンス製品とは一線を画すEMCのデータ分析ソリューション「Greenplum」。ソフトウェア型DWH用データベース「Greenplum Database」とHadoopディストリビューション「Greenplum MR」を紹介する。(2012/2/23)

ホワイトペーパーレビュー
ビッグデータ活用のための分析基盤が分かる3つのホワイトペーパー
ビッグデータ活用のための分析基盤のアプローチは幾つか存在する。リアルタイムデータ活用の課題に対するエグゼクティブへの調査結果や、Hadoop、DWHアプライアンスなどの技術解説のホワイトペーパーを紹介する。(2012/2/13)

問題は価格?
Oracleのビッグデータアプライアンスへの疑問と期待
米Oracleがリリースした「Big Data Appliance」。アナリストはその価格や柔軟性に疑問を投げ掛ける一方で、Hadoopサポートのためには同アプライアンスに含まれるCloudera Managerのようなソフトウェアが重要と語る。(2012/1/30)

DWH製品紹介:日本テラデータ
全社規模のDWH統合を実現するTeradataの「EDW」構想
DWH専業ベンダーのテラデータがビッグデータ時代のデータ活用基盤として提唱するのが「エンタープライズ・データウェアハウス」(EDW)だ。同社の製品概要と併せてその構想を紹介する。(2012/1/27)

インメモリテクノロジーのインパクト
超高速DB「SAP HANA」を武器に進化するSAPのアプリケーション群
SAPがビッグデータ時代に投入した「SAP HANA」。同製品で採用されているテクノロジーの概要と、それを武器とするSAPの最新戦略を紹介する。(2012/1/25)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。