ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

  • 関連の記事

「dynabook T551」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「dynabook T551」に関する情報が集まったページです。

2012年PC春モデル:
東芝、256GバイトSSDを搭載した「dynabook R731」など直販限定モデル2機種
東芝のWebオリジナルモデルとして「dynabook R731」と「dynabook REGZA PC D711」が登場。薄型軽量ノートのdynabook R731は、256GバイトSSDやBlu-ray Discドライブなど、量販店向けモデルよりもハイスペックな構成を選択できる。(2012/1/24)

2012年PC春モデル:
REGZA連携、スリムSSDノートなど、主力4シリーズを一新──東芝「dynabook」の春商戦向け新モデル
東芝が2012年春商戦向けのdynabookシリーズ新モデルを発表。REGZA連携のテレビチューナー搭載モデルや13.3型モバイルノートPCの基本性能を高めた。【春モデル情報追加】(2012/1/23)

東芝がノートPC“節電ツール”を提供開始、夏モデル全機種対応に
東芝は「東芝ピークシフトコントロール」の無償提供を開始した。「dynabook Qosmio T551」「dynabook T551」「dynabook T351」で利用できる。(2011/7/8)

2011年PC夏モデル:
東芝、「dynabook/dynabook Qosmio」夏モデル――CPUやテレビ機能を強化、“節電”にも対応
東芝が2011年PC夏モデルを発表、5月20日より順次発売する。Netbookを除く全モデルでSandy Bridge世代のシステムに移行したほか、テレビ機能の強化や“節電”に対応しているのもポイントだ。(2011/5/16)

2011年PC夏モデル:
高性能スタンダードノートがデザインを一新して基本スペックを強化――「dynabook T551」
クアッドコアCPUを搭載する高性能15.6型ワイドノートPC「dynabook T551」は、新デザインを採用するとともに、メモリ容量を8Gバイトに倍増した。(2011/5/16)

低消費電力、地デジ対策もOK:
“ほぼ全部入り”の地デジPC──「dynabook Qosmio D711」実力チェック
REGZAゆずりのデザインとテレビ&レコーダー機能、そしてSandy Bridge対応を特徴とする、東芝「dynabook Qosmio D711」のパフォーマンスと使い勝手をチェックする。(2011/4/8)

東芝、「dynabook T551」などIntel 6不具合の対策済み製品を販売再開
東芝は、Intel 6シリーズの不具合を受けて一時出荷を停止していた「dynabook T551」と「dynabook Satellite T551」の受注を再開した。(2011/2/22)

2011年PC春モデル:
東芝、新世代Core i7を採用した「dynabook Satellite」などWeb直販モデルを拡充
東芝は、先日公開した2011年PC春モデルに続き、Web直販モデルを発表した。Sandy Bridge世代の15.6型ワイドノートPC「dynabook Satellite T551」など3機種5モデルを投入する。(2011/1/19)

それは深海のブルー:
写真で見る「dynabook Qosmio T750」
東芝が発表した2011年PC春モデルに、東レの加飾技術「PICASUS」を採用した「dynabook Qosmio T750」が登場した。フォトリポートをお届けしよう。(2011/1/19)

すばらしいメイドインジャパンが一番重要:
吉田社長、「日本から優れたタブレットデバイスが近いうちに登場する」
インテルはSandy Bridge世代のCPUを訴求する「Intel Forum 2011」を開催。同社社長の吉田和正氏は、タブレットデバイスでも日本メーカーの技術力に期待する。(2011/1/18)

2011年PC春モデル:
東芝がPC春モデルを発表――“Sandy Bridge”世代の「dynabook」など全21モデル
東芝が個人向けPC「dynabook/dynabook Qosmio」の2011年春モデルを発表した。第2世代Core iプロセッサ搭載機や、NVIDIA GeForce GT 540Mを採用した3D立体視対応ノートPCを投入する。(春モデル第2弾追加)(2011/1/17)

2011年PC春モデル:
3D+BD対応、クアッドコアCPU搭載の高性能ノートPC──「dynabook T551」
東芝のハイスタンダード志向なA4ノートPC「dynabook T551」は、インテルの最新CPUで性能を強化。外部GPU搭載のNVIDIA 3D Vision対応モデルも用意する。(2011/1/17)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。