ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「動的」最新記事一覧

いま求められるソフトウェア静的解析・動的解析 第1回:
組み込みソフトウェア開発者に贈る「静的解析・動的解析」の必要性
組み込みソフトウェア開発における「静的解析」「動的解析」を、“なんとなく”行っていないでしょうか。開発効率の向上や品質改善に欠かせないこれらを活用するため、まずはその必要性について解説します。(2016/5/20)

ホワイトペーパー:
次世代サービスマネジメント製品導入戦略ガイド
ITサービスマネジメントの未来は、マシンデータの静的な分析から動的なビッグデータ運用インテリジェンス分析、そしてリアルタイムで反応できるデータ分析に基づいて全く新しい製品を創出できる能力へと重点が移りつつある。(2016/4/18)

マルチレイヤー/マルチドメイン構成のネットワーク制御を効率化:
広域ネットワークのSDN基盤技術を確立。日本企業5社が共同で
NEC、NTT、NTTコミュニケーションズ、富士通、日立製作所の5社は、広域ネットワーク上の資源を動的に確保するSDNの基盤技術を確立した。(2016/3/10)

自動化/自律化が実現するのは、人の「代替」ではなく「アシスト」:
自動運転トラクターに学ぶ、「運用自動化」と「運用自律化」の本質
ITシステムに、これまでの「静的な運用」ではなく、変化に応える「動的な運用」への変革が求められている。しかしこれを具体的に、どのように実現すれば良いのか。既に実践する他業種やエキスパートの取り組みから、そのヒントと具体策を探る。(2016/3/11)

車両デザイン:
スバルの新プラットフォームは日本車価格で欧州車の走りを超える
富士重工業は2025年までに採用する次世代プラットフォームの概要を公開した。“動的質感”と安全性能を向上して「スバル史上最高レベルの総合性能進化」(富士重工業)を実現した。(2016/3/8)

特集:「差別化」をリードする、アジャイル時代のプロジェクト管理(1):
ウオーターフォール中心の企業が見直すべき4つの課題
先が読めないニーズの変化に対応しながらITサービスを開発するためには、どのようにプロジェクトを管理すれば良いのだろうか? 手作業中心の「静的な管理」がもはや通用しない理由と、今求められる「動的な管理」の要件を考える。(2016/3/1)

製造ITニュース:
業界特化型サプライチェーンソリューションの新版を発売
インフォアジャパンは、業界特化型サプライチェーンソリューションの新版「Infor SCE 10.4」の提供を開始した。フルフィルメントに対応した動的なスロッティング機能などを搭載している。(2016/2/18)

コードネームは“Over the Hills and Far Away”:
インフラ自動化ツール「Ansible 2.0」が正式版がリリース
インフラ自動化ツール「Ansible」がメジャーバージョンアップ。リファクタリングによるアーキテクチャの整理に加え、Block文や動的なIncludeなどの新機能が含まれています。(2016/1/13)

柔軟で効果的な商品訴求を実現:
プラットフォーム・ワンのDSP、ユーザーの行動履歴を基にした広告クリエイティブの動的変更に対応
プラットフォーム・ワンは、同社のDSP「MarketOne」でユーザーの行動履歴を基に広告クリエイティブを動的に変更するダイナミッククリエイティブの配信に対応したと発表した。(2015/11/25)

標的型攻撃の分析速度を3倍に向上:
ファイア・アイが攻撃対策アーキテクチャを刷新、分析速度が3倍に
ファイア・アイが、攻撃の有無を動的に検出する次世代アーキテクチャを発表。Webトラフィックの分析アルゴリズムを高速化するなどして、全体の分析速度を3倍に向上させたという。(2015/11/16)

システムの動きと通信データを可視化、組み込み製品の最終評価に
横河ディジタルコンピュータが、システム(ソフトウェア)の動きと通信データの流れを可視化・検証する、動的テスト/解析ツール「TRQerAM」を開発した。(2015/11/11)

より生物に近い機械学習の実現を目指し:
IBM研究所、動的なパターンを学習できる人工ニューラルネットワークモデルを開発――自動車事故の予測や、作曲、文章校正にも応用できる可能性
IBM東京基礎研究所は2015年9月16日、従来の人工ニューラルネットワークをさらに発展させ、より生物に近い学習を実現するためのモデル「動的ボルツマンマシン(DyBM)」を開発したと発表した。(2015/9/17)

CCENT/CCNA 試験対策 2015年版(18):
ディスタンスベクター型のルーティングプロトコル
シスコの認定資格「CCENT/CCNA」のポイントを学ぶシリーズ。今回は動的ルーティングについて学習します。(2015/7/9)

「BidIQ」の最新バージョンを導入:
AdRoll、ネット広告の視認性を37%、CTRを46%改善するアルゴリズム変更を実施
リターゲティングプラットフォームのAdRollは2015年5月21日、ダイナミック(動的)入札アルゴリズム「BidIQ」の最新バージョンを導入したことを発表した。(2015/5/21)

ESEC2015:
IARシステムズは「静的」と「動的」で手戻り削減を目指す
IARシステムズはESEC2015にて、多くにパートナー企業とともに「ツールで何ができるか?」の具体例を紹介している他、開発の手戻り削減を狙うツールも紹介している。(2015/5/14)

HPレーザープリンタ史上最大の革新:
日本HP、新技術「ジェットインテリジェンス」導入の法人向けレーザープリンタ発表
新開発のトナーや機構改善、非純正トナー検知機能、そして、定着処理の動的温度管理で、HPのレーザープリンタの性能は大幅に向上したという。(2015/4/16)

「HP Operations Bridge Version 10」開発責任者に聞く、運用管理の新要件:
日本HP、「動的に変化するインフラには、動的な運用管理アプローチが不可欠」
仮想化、クラウドでシステムインフラが複雑化する一方、ビジネスや開発サイドは運用管理に一層のスピード、柔軟性、安定性を求めている。「システムは変わらない」ことを前提としたこれまでの運用管理では対応が難しい中、一体どうすればビジネスの期待に応えられるのか? 日本HPの統合運用管理製品「HP Operations Bridge Version 10」の開発責任者に、運用管理の新要件を聞いた。(2015/3/23)

ローデ・シュワルツ Automotive Radar Target Simulator:
複数のパラメータ評価を可能にした、車載レーダー向けシミュレータ
ローデ・シュワルツ・ジャパンは、米ITSと独miro-sysが開発した「Automotive Radar Target Simulator」を発売した。車載レーダー試験のシナリオ向けに、複数ターゲットの距離/速度/サイズを動的に設定できるシミュレーション環境を提供する。(2015/3/5)

テレダイン・レクロイ MDA800シリーズ:
8チャンネル/12ビット高分解能のモータードライブ解析用オシロスコープ
テレダイン・レクロイ・ジャパンは、3相モータ・ドライブ向けのモータ・ドライブ・アナライザ「MDA800シリーズ」を発表した。定常状態での静的3相電力の計測に加え、動的な動作も解析できる。(2015/2/17)

ゲーム開発初心者のためのUnity入門(12):
UnityでGameObjectをPrefab化し、スクリプトで動的にインスタンス生成するには
Unityで3Dゲームを作るまでのいろいろな処理を解説する連載。今回は、引数で指定したゲームオブジェクトのインスタンスを作成する「Instantiate」関数の使い方を中心に、物理演算に関するさまざまなテクニックを解説する。(2015/2/12)

動的メモリ、VMのライブバックアップなど
「Hyper-V」がLinux VM対応を拡張、新たに使える6つの機能とは?
米Microsoftの「Hyper-V」の最新版では、Linux仮想マシンのサポートが拡張された。「動的メモリ」や「ライブVMのバックアップ」といった高度な機能がLinux VMでも使えるようになる。(2015/2/9)

22万人規模のユーザー調査で進化する:
インテル、“Broadwell”と“RealSense”のアドバンテージを日本でアピール
きょう覚えてもらいたいのは「システム全体で最適化を図る動的な熱および電力管理」だ。(2015/2/4)

刻々変わる脅威情報に基づきダイナミックにポリシー適用:
ジュニパー、クラウドベースの脅威情報と次世代ファイアウォールを動的に連携
ジュニパーネットワークスは、クラウドベースの脅威情報データベース「Spotlight Secure」の機能を拡張した。これまでのWebアプリケーションセキュリティ製品に加え、次世代ファイアウォール「SRXシリーズ」も、Spotlight Secureのフィードと動的に連携できるようになる。(2014/11/10)

Design Ideas 信号源とパルス処理:
バスを5V 信号から保護する回路
電圧を自動的に検出して、3.3V対応のPCIなどのバスを5V振幅の信号から保護する回路を紹介する。保護ダイオードや終端抵抗を用いて適切な終端電圧を設定すれば、1バス・サイクル以内でバスの信号振幅をある値に設定する回路としても使える。(2014/10/30)

特集:運用自動化ツールで実現する、クラウド時代の運用スタイル(1):
運用自動化、ツールの種類やOSS/商用の違いを問わない運用設計の作り方、進め方
システム構成が動的に変化する仮想化・クラウドの浸透により、もはや人手だけによる運用管理は難しくなっている。本特集では、ビジネス展開に即応するインフラ整備の必須要件、運用自動化のポイントをツール面、設計面などあらゆる角度から掘り下げていく。(2014/8/27)

もいちど知りたい、セキュアコーディングの基本(7):
動的メモリ管理に関する脆弱性(その2)
今回は動的メモリ管理に関する脆弱性の続きです。unlinkテクニックと呼ばれる古典的な攻撃手法を紹介します。(2014/7/7)

ESEC2014:
無線メッシュ通信で建機の稼働データを収集、村田機械のM2Mデバイス
村田機械の無線LAN対応の車載M2M通信デバイスは、車両内や工場内のネットワークに用いられているCANの通信データを、Wi-Fi経由で外部に送信できる。最大の特徴は、このデバイス間で動的な無線メッシュネットワークを構築できることだ。(2014/5/19)

設計開発ツール:
燃料タンクの試験に最適な8自由度加振テーブル、フィアットが採用
日本ムーグは、燃料タンクの動的機能試験などに用いる8自由度の電動加振テーブルを発表。既にFiat Group Automobiles(フィアット)が採用しているという。(2014/5/9)

Windows TIPS:
Windows 8/8.1のライブタイルをオフにする
Windows 8/8.1の[スタート]画面の「ライブタイル」は、ニュースの見出しや写真、映像などが動的に更新されるため、アプリを起動しなくても情報が得られ便利だ。しかしメールなどのタイトルが他人に読まれてしまうこともあり、場合によっては更新を止めたいことがある。その方法は?(2014/4/2)

ホワイトペーパー:
クラウド、モバイル、ビッグデータがもたらしたネットワーク可視化の課題
クラウドや仮想化、モバイル、ビッグデータといった現在のIT潮流の中で、従来のネットワーク可視化のアプローチは限界に来ている。ネットワークトラフィックを広範かつ動的に可視化するためには、どのような管理方法が適切だろうか。(2014/3/18)

Windows Server 2012 R2パワー:
第3回 Hyper-Vの主要な改善点
Windows Server 2012 R2のHyper-Vでは仮想マシンのアーキテクチャが更新されたり、仮想ディスクの帯域管理や動的リサイズなどのSLA向上、拡張セッションモードによる使い勝手の向上、自動アクティベーションなど、多くの機能強化が行われている。(2014/2/27)

もいちど知りたい、セキュアコーディングの基本(6):
動的メモリ管理に関する脆弱性
本連載の第2回と第3回では主にスタックバッファオーバーフローについて説明しました。今回はそれに関連して、スタックバッファオーバーフロー検知の仕組みに関する話を紹介し、その後、動的メモリ管理に関連する脆弱性を見ていきたいと思います。(2014/1/23)

SCSKがモバイル開発環境の最新版、Windows RTに対応
「Caede Ver2.1」ではさまざまなディスプレイサイズに対して自動的にレイアウトを調整する機能などが追加された。(2013/10/22)

組み込み開発/テスト:
カメラ撮影した動画と関数を同期表示できる動的テストツール「CodeRecorder」
コンピューテックスは、組み込み製品の品質向上と開発期間の短縮に寄与する動的テストツール「CodeRecorder(コードレコーダー)」の販売を開始した。(2013/10/15)

Web制作支援ツール:
HTML5を使ったサイト制作を支援するUIデザインツールをGoogleが公開
HTML5コンテンツ制作支援ツールをGoogleが発表。動的な制作が可能なツールが無償ダウンロードできる。(2013/10/1)

dynamic tag management:
Satelliteの技術を統合、動的なタグ管理機能を強化、アドビ
アドビ システムズは9月19日、同社が提供するマーケティング・プラットフォーム「Adobe Marketing Cloud」のための動的タグ管理機能(dynamic tag management)を発表した。(2013/9/20)

画像認証など認証方法が多様化
ID不正利用を払拭する「ワンタイムパスワード製品」10選
パスワード漏えいによる不正利用をいかに防ぐか。一度限りのパスワードを動的に発行する「ワンタイムパスワード」は、その有力な武器となる。主要な10製品をまとめた。(2013/6/13)

3分LifeHacking:
本当にやりたい仕事を明確にする3ステップの自己分析法
今の仕事が嫌で、衝動的に仕事を辞めようと思ったり、やみくもに転職活動をしたりしていませんか? ますはしっかりと自己分析をして本当にやりたい仕事を見極めましょう。(2013/5/10)

Windows Insider用語解説:
Software-Defined Network(SDN)とは何か?
ネットワーク構成をソフトウェアで動的に設定・変更できる「Software-Defined Network(SDN)」。いま注目を集めているのはなぜか? そのメリットや標準化の動向などを解説する。(2013/4/8)

Cloud Platformチームに統合:
Google、動的WebアプリケーションサーバのTalariaを買収
米Googleが、動的Webアプリケーションサーバの構築を手がける米Talaria Technologiesを買収した。(2013/3/18)

WinRT/Metro TIPS:
GridView/ListViewのアイテムの外観を変えるには?(その2)[Win 8]
データ・テンプレートやアイテム・コンテナ・スタイルを動的に切り替える「セレクタ」を使ってGridView/ListViewコントロールの外観を大きく変化させる方法を説明する。(2013/3/14)

Androidで動く携帯Javaアプリ作成入門(40):
動的クラスローディングでAndroidアプリ“裏”開発
アプリ実行時の可能性を拡げるClassLoaderの使い方をサンプルとともに解説。JARをDEXに変換する方法や4つの注意点も。(2013/2/18)

WinRT/Metro TIPS:
ライブ・タイルを簡単に利用するには?[Win 8]
スタート画面に表示されるアプリのタイルの表示内容を動的に切り替えるには? 標準的なコーディング方法と、あるライブラリを使った簡易な方法の2通りを解説。(2013/1/31)

ホワイトペーパー:
ストレージを簡単かつ柔軟に運用し、トータルコスト削減を実現するストレージ管理ソフトウェア
データセンターのコストを削減するためにストレージを集約化・仮想化して利用効率を高めるプライベートクラウド。しかし、集約したストレージは多種多様な業務で利用することになるため管理が複雑になります。ストレージ管理ソフトウェア「Hitachi Command Suite」はストレージ運用を簡単かつ柔軟、動的に行うことでストレージシステムのトータルコスト削減を実現します。(2012/12/13)

ホワイトペーパー:
Webアプリにマップチャートを実装する技術資料
グレープシティの提供するJavaチャートコンポーネント“WebCharts3D”を利用し、データベースなどから動的に値を取得してマップチャートを表示するWebアプリの開発方法をコードレベルで解説(2012/10/22)

分散ストレージでのアクセス集中を平準化する新技術、富士通研が開発
分散ストレージで人気データへのアクセス集中を自動的に解消し、アクセス時間の悪化を抑える技術を富士通研究所が開発した。(2012/7/30)

物理メモリ不足を軽減するスマートページングとは?
仮想マシンの集約率を高める、Hyper-V 3.0の動的メモリ機能
Hyper-V 3.0の動的メモリ機能には、最小メモリ設定とスマートページング機能が提供される。これらの機能は、仮想環境に柔軟性をもたらす他、仮想マシンの集約率を高める効果がある。(2012/6/29)

SMB向けストレージ製品紹介:日本IBM
ストレージの利用率向上を階層型プールで実現する「IBM Storwize V7000」
現在、ストレージの利用率向上を課題に抱えている企業は多い。「IBM Storwize V7000」は階層型プール方式によるデータの動的再配置などでその課題解決を支援する。(2012/5/11)

製品リリース/デバッガー:
Atom E600番台対応の動的解析ツール「adviceLUNA システムマクロトレース」登場
横河ディジタルコンピュータは、組み込み機器開発者向け動的解析ツール「adviceLUNA システムマクロトレース」のインテル Atom プロセッサ E600番台対応モデルを発表した。(2012/4/23)

「人は常に坂に立つ」――生きる意味を考える
『生命を捉えなおす』(清水博)・『動的平衡』(福岡伸一)の2冊、そしてベルグソンの言葉、『徒然草』の一話から「生命・生きること」について改めて考えた。(2012/3/2)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。