ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

  • 関連の記事

「Microsoft Dynamics」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Microsoft Dynamics」に関する情報が集まったページです。

Boston Dynamics、四足「SpotMini」を2019年に発売へ
ソフトバンク傘下のBoston Dynamicsが、四足歩行ロボット「SpotMini」を2019年に量産し、販売する計画を明らかにした。(2018/5/13)

4足歩行ロボット「SpotMini」、工場内を“散歩” 人間の助けは借りず
Boston Dynamicsは、4足歩行ロボット「SpotMini」がオフィスや工場内を自律的に“散歩”する動画を公開した。人間の助けは借りず、障害物を避けながら歩く。(2018/5/11)

設計開発ツール:
車両制御開発にもっとシミュレーションを、モデルベース開発とゲームエンジンで
MathWorksが2018年3月に発表した「Simulink」の新バージョン「Release 2018a」は、車両運動のシミュレーションを強化している。新機能の「Vehicle Dynamics Blockset」では、ゲームエンジンによって構築した仮想3次元環境で車両モデルを走らせ、クルマの走る・曲がる・止まるの制御を検証することができる。(2018/5/9)

医療機器ニュース:
流体力学を活用して心臓の超音波画像を解析するソフトウェア
Cardio Flow Designは、心臓超音波画像の研究用ソフトウェアパッケージ「Echo Flow Dynamics」の提供を開始した。心臓血流を可視化し、心臓の圧較差を計測する2つのソフトを含んでおり、流体力学による心臓の超音波画像解析が可能となる。(2018/2/23)

Boston Dynamics、ドアを開けたいロボットを邪魔する動画がいじめにしか見えない
Boston Dynamicsが、自分でドアを開けて出ていけるロボット「SpotMini」の頑強製をテストしているという動画を公開した。必死にドアノブに首(腕?)を伸ばすロボットの“しっぽ”を引っ張って邪魔する様子はいじめに見えるが同社はいじめではないとしている。(2018/2/21)

Boston Dynamicsの4足ロボット「SpotMini」、ドアを開けて「お先にどうぞ」
Boston Dynamicsが商品化を予定している4足歩行ロボット「SpotMini」が、背中のアームでドアを開け、部屋を出て行く動画が公式YouTubeチャンネルで公開された。(2018/2/13)

PR:グローバル展開に向くDynamics 365を“日本向け”に 「会計テンプレート」の可能性
大企業向けERPパッケージを国内外の拠点や子会社に展開するのはコスト的に見合わない。でも、中小企業向け製品や現地ベンダー製のマイナーなパッケージでは明らかに物足りない――。そんな悩みにぴったりなのがマイクロソフトの「Dynamics 365」だが、1つ致命的な弱点があるという……。(2018/2/2)

CES 2018:
三井住友カード、「ロック機能付きクレジットカード」発表 カード番号を液晶で表示
三井住友カードと米Dynamicsは、「ロック機能付きクレジットカード」を2018年に日本で展開すると発表した。(2018/1/9)

CRM製品に何を求めるべきか
徹底比較:Salesforce vs. Dynamics 365、長所と短所を見極めて選択する
Salesforce.comの「Salesforce」とMicrosoftの「Dynamics 365」。いずれかを初めて導入するにせよ、一方から他方へと移行するにせよ、両製品の長所と短所が組織のニーズに合っている必要がある。(2017/12/20)

“ロボットいじめ”から“バク宙ロボ”まで 注目の米Boston Dynamics、怒涛の1年を振り返る
ソフトバンクグループが6月に買収を発表したロボット企業「Boston Dynamics」に関するニュースを振り返る。(2017/12/11)

製造ITニュース:
ERPはオンプレからクラウドへ、「Microsoft Dynamics NAV 2018」を発表
パシフィック ビジネスコンサルティングは中堅・中小企業向けERPシステムの「Microsoft Dynamics NAV 2018」を販売開始。2018年4月から、日本などアジア各国の言語や商習慣に対応した機能などに対応する。生産性と業務プロセスをベースに製品改良した。(2017/12/7)

米Boston Dynamics、4足歩行ロボット「SpotMini」商品化へ 警備・建設分野に需要
米Boston Dynamicsは、4足歩行ロボット「SpotMini」の商品化を進めている。(2017/11/22)

Boston Dynamics、“ロボットいじめ”動画で話題の2足歩行ロボット「Atlas」と4足歩行ロボット「Spot」を日本初展示
米Boston Dynamicsのロボット「Atlas」と「Spot」が日本初展示された。(2017/11/22)

バック宙を決めてバンザーイ! Boston Dynamicsの人型ロボット、ジャンプも達者に
動画の最後にはNGシーンまで。(2017/11/17)

今度は子犬っぽくてちょっとかわいい てくてく歩く4足歩行ロボット「SpotMini」に新型
Boston Dynamicsの4足歩行ロボット「SpotMini」に新型。今度はちょっとかわいい……かも。(2017/11/14)

Boston Dynamics、家庭用ロボット「SpotMini」の新モデル動画
犬型ロボットで知られるBoston Dynamicsが、家庭向け小型ロボット「SpotMini」の新型の動画を公開した。(2017/11/14)

CRMとコンテンツ管理を強化:
「Adobe Experience Manager」と「Microsoft Dynamics 365」の統合が実現
Adobe Systemsは、「Adobe Experience Manager」とMicrosoftが提供する統合型CRMアプリケーションサービス「Microsoft Dynamics 365」の統合を実現したと発表した。(2017/11/9)

ソフトバンクら、Pepperだけでない「ロボット」のイベント開催 50体を展示
イベントでは、Boston Dynamicsのロボットも見ることができそうだ。(2017/10/3)

「人を超えるロボット作る」 Boston Dynamicsの4足歩行ロボット「SpotMini」来日
4足歩行ロボット「SpotMini」のデモンストレーションが行われた。(2017/7/20)

ソフトバンク、ロボット企業Boston DynamicsとSchaft買収 Google親会社から
ソフトバンクグループは6月9日、Google親会社・Alphabet傘下のロボティクス企業Boston DynamicsとSchaftをそれぞれ、子会社を通じて買収すると発表した。(2017/6/9)

Googleから:
ソフトバンク、ロボット開発の米ボストン・ダイナミクスを買収
ソフトバンクは、米Alphabet(アルファベット)傘下のロボット開発会社、Boston Dynamics(ボストン・ダイナミクス)を買収する。(2017/6/9)

2017年7月に顧客への提供開始:
ソフトバンク・テクノロジー、チャットbotを利用したB2B向け営業支援ツールを開発
ソフトバンク・テクノロジーは、チャットbotを利用したB2B向け営業支援ツール「Dynamics 365 活動報告用 BOT」を開発し、自社へ先行導入したと発表した。(2017/5/23)

Microsoft、「Dynamics 365 for Sales」と「LinkedIn Sales Navigator」を統合
Microsoftが、CRM/ERPサービス「Dynamics 365」とLinkedInの潜在顧客絞込ツール「Sales Navigator」を統合すると発表した。(2017/4/25)

「インテリ機能搭載 統合ビジネスアプリ」
日本マイクロソフトはパートナーとどう「協業」するつもりか
日本マイクロソフトが展開する「Microsoft Dynamics Partner Starter Program」は、今までとは異なる「協業」型のプログラムだ。同社との「協業」メリットはどこにあるか。その特長を解説する。(2017/3/30)

Google子会社、新型不気味ロボ「Handle」を披露 暴れ馬が2本足で駆け回るような姿に戦りつ走る
あの不気味な四足歩行ロボ「BigDog」のBoston Dynamicsが、またやってくれました。(2017/2/28)

垂直ジャンプもできる車輪付き2本足ロボット「Handle」、Boston Dynamicsが動画公開
犬のように4足で走るロボットで知られるBoston Dynamicsが、2本の車輪付きの足で時速約14キロで走り、120センチの高さにジャンプもできるロボット「Handle」の動画を公開した。(2017/2/28)

ダッソー・システムズ:
流体解析ソフトウェア「XFlow」の開発元を買収
仏ダッソー・システムズは、流体解析ソフトウェア「XFlow」を開発するスペインのNext Limit Dynamicsを買収したことを発表した。(2017/1/26)

製造ITニュース:
日本の商習慣に合わせた会計/製造業務が可能なテンプレートを提供
コベルコシステムは、日本マイクロソフトが提供するERP/CRM統合クラウドサービス「Microsoft Dynamics 365」向けのテンプレート「HI-KORT 365 for Operations」の提供を開始した。日本特有の商習慣に対応した会計/製造業務が可能になる。(2017/1/11)

CAEニュース:
流体解析シミュレーションの強化に向けた買収を発表
仏ダッソー・システムズは、流体解析ソフトウェア「XFlow」の開発元であるスペインのNext Limit Dynamicsを買収した。同買収により、3Dエクスペリエンス・プラットフォーム上の流体解析シミュレーションを強化する。(2017/1/5)

製造ITニュース:
日系企業の会計処理に対応したグローバル製造業向けの原価管理テンプレート
日立ソリューションズは、マイクロソフトのERPソリューション「Microsoft Dynamics 365 for Operations」用の「グローバル製造業向け原価管理テンプレート for Microsoft Dynamics 365」を開発した。(2016/12/27)

日立ソリューションズ:
日系企業特有の配賦や棚卸資産評価に対応する、グローバル製造業向け原価管理テンプレート
日立ソリューションズは、「Microsoft Dynamics 365 for Operations」上で動作する「グローバル製造業向け原価管理テンプレート for Microsoft Dynamics 365」の販売を2017年4月1日から開始する。(2016/12/21)

Weekly Memo:
なぜ、MSは「Dynamics 365」でERPとCRMを統合したのか
マイクロソフトがERPとCRMを統合したクラウド型業務アプリケーション「Microsoft Dynamics 365」を提供開始した。両分野を統合した製品が登場したのはこれが初めてだ。同社の狙いはどこにあるのか。(2016/12/5)

Microsoft、企業向けモバイルアプリ開発ツール「PowerApps」を正式公開
Microsoftが4月にプレビュー公開した企業向けアプリ開発ツール「Microsoft PowerApps」を公式版として公開した。「Office 365」および「Dynamics 365」利用企業は無料で利用できる。それ以外のユーザーは1人当たり月額760円で利用できる。月額4350円の上位プランもある。(2016/11/1)

Dynamics CRMとDynamics AXを統合:
マイクロソフト、基幹業務向けの新クラウドサービス「Microsoft Dynamics 365」を発表
マイクロソフトは、ビジネスアプリを提供するクラウドサービス「Microsoft Dynamics 365」を発表した。現行のCRM/ERPアプリケーションを統合し、「Office 365」との互換性も持つという。(2016/7/8)

Boston Dynamics、ガラスのコップをくわえて運べる犬型ロボット「SpotMini」を披露
足蹴にされても踏ん張る犬型ロボット「Spot」の小型版「SpotMini」は、オプションのアーム(首に見える)でものを掴んで運んだり、バナナの皮で滑って転んでも自力で立ち上がれる(動画あり)。(2016/6/24)

PR:日進月歩で変化するビジネス業務、きちんとシステム面で支援できていますか?
ビジネス環境の変化がますます激しくなる中、企業には他社との競争を勝ち抜くために業務改革が日々求められている。ただし、いくら業務が進化していっても、それを支えるシステムが変わらなければまるで意味がない。その解決策として日本マイクロソフトが提供するのが、クラウド型顧客情報管理ツール「Microsoft Dynamics CRM Online」 のサービスの1つである「簡易業務アプリケーション基盤(XRM)」だ。(2016/5/23)

Azure上のサービスとの親和性も:
ERP導入、設計、構築、運用の手間を削減する「Dynamics AXクラウド」
日本マイクロソフトは、クラウド型ERPアプリケーションの最新版「Dynamics AXクラウド」の提供を開始した。(2016/3/23)

製造ITニュース:
「国内ユーザーの半数は製造業」、マイクロソフトのERPがクラウド化
日本マイクロソフトがクラウドベースのERP「Microsoft Dynamics AX クラウド」を発表。クラウド「Microsoft Azure」上でERPの全機能を利用できるようにするとともに、ライセンス形態をユーザー単位の月額課金となるサブスクリプションモデルに変更した。(2016/3/23)

MSがクラウドERPをリリース、“使いやすさ”訴求でシェア拡大を狙う
ERP製品「Dynamics AX」の最新版の提供を開始した。Windows Azureベースとなったことで、柔軟性の高いシステムの構築や変更、BI連携やモバイルフレンドリーなUIなどの特徴を訴求する。(2016/3/22)

Google、“ロボットいじめ”動画で話題のBoston Dynamicsの売却検討か
Googleが、2013年に買収したロボットメーカーBoston Dyamicsの売却を検討しているとBloomobergが報じた。売却先としてAmazon.comやトヨタが候補に挙がっているという。(2016/3/18)

自社で培った4年間の運用ノウハウを凝縮:
ソフトバンク・テクノロジー、「Microsoft Dynamics CRM Online」導入支援を開始
ソフトバンク・テクノロジーは2016年3月15日、「Microsoft Dynamics CRM Online 導入サービス」を開始すると発表した。(2016/3/15)

ロボット犬とリアル犬がストリートファイト
「人間にいじめられる二足歩行ロボット」動画に続いて、「犬と対決するロボット犬」動画が公開された。おなじみBoston Dynamics製のSpot君だ。(2016/3/2)

クラウドERPで経営を可視化:
PR:Soup Stock Tokyoが選んだMicrosoft Dynamics® AXの新しい魅力とは?
変化と競争のスピードが激しい飲食業界。「Soup Stock Tokyo」を運営するスマイルズは、経営の可視化を目指してMicrosoft Dynamics AXを選択した。最新クラウドERP導入の舞台裏とメリットを紹介する。(2016/3/9)

2足歩行ロボットがドアを開けて外に、滑る雪原を歩く新世代「Atlas」
米Boston Dynamicsが二足歩行ロボット「Atlas」新バージョンの映像を公開した。「ドアを押して外に出る」「滑る雪原を2足歩行で進む」など、人間に酷似した動きを実現している。(2016/2/24)

Boston Dynamicsの犬型ロボット、サンタのソリのトナカイに
犬型ロボットがトナカイの角を付けてサンタのソリをさっそうと引く動画を、Google傘下のロボットメーカー、Boston DynamicsがYouTubeで公開した。(2015/12/23)

各種データをMicrosoft Dynamicsで一元管理
Microsoftとの提携はLotus F1チームに勝利をもたらすのか
Microsoftと提携し、SkypeやMicrosoft Dynamicsを活用するLotus F1チーム。データの収集と分析に注力する同チームの努力は実るのか?(2015/9/10)

Computer Weekly:
Microsoftとの提携はLotus F1チームに勝利をもたらすのか
Microsoftと提携し、SkypeやMicrosoft Dynamicsを活用するLotus F1チーム。データの収集と分析に注力する同チームの努力は実るのか?(2015/9/2)

製造IT導入事例:
ディーラー業務管理システムで3社が協業開始
プライスウォーターハウスクーパースは、日本マイクロソフト、Annataと協業し、Annataのディーラー業務管理システム製品「Dynamics IDMS」の日本展開サービスを開始した。(2015/9/1)

Microsoft、営業ゲーミフィケーションツールを買収し、Dynamics CRMに統合へ
Microsoftが、企業の営業業務をゲーム化することでチームの生産性向上を支援するプラットフォーム「FantasySalesTeam」のメーカーIncent Gamesを買収した。「Dynamics CRM」に統合する計画だ。(2015/8/4)

APIを使わずにクラウドサービスからデータ取得:
グレープシティ、データ接続ツール「CData」の新製品を発表――Google Analytics、Dynamics CRMなどに対応
グレープシティは2015年7月29日、Office製品などとクラウドサービスを接続する「CData」シリーズに新製品を追加したと発表した。Google AnalyticsやDynamics CRMからのデータ取得が可能になる。(2015/7/29)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。