ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  E

  • 関連の記事

「e-文書法」最新記事一覧

いいことばかりじゃない?:
PR:スマホ時代の改正e-文書法、導入前に知っておきたいメリット、デメリット
2015年に規制が大幅に緩和され、対応のハードルが大きく下がったe-文書法。2016年にもスマートフォンによる証憑の撮影が可能になるとみられ、さらに導入の気運が高まるとみられている。しかし、改正内容を見てみるといいことばかりではないようで……。(2016/7/19)

PR:2度の改正でe-文書法はどう変わるのか 検討前に知っておきたい運用効率化のポイント
2度目の改正で、対応を検討する企業が増えると予想されるe-文書法への対応。しかし、その効果を最大限に引き出すためには、改正の詳細を知り、自社の運用管理フローにどう組み込むかをしっかりと検討する必要がある。導入を成功に導くポイントはどこにあるのか。(2016/7/19)

PR:増え続けるアーカイブデータの保管に最適な光ディスクという選択肢
現在の企業や組織には取っておかなければならないアーカイブデータが膨大にあり、その長期保管へのニーズが高まっている。そこで注目されているのが、光ディスクだ。富士通の光ディスクライブラリ「FUJITSU Storage ETERNUS DA700」は、アーカイブデータの保管に必須ともいえる3つの要件を満たし、データ活用も視野に入れたソリューションを提供する。(2016/7/19)

ITソリューション塾:
「クラウドなんか使って大丈夫か?」と言われたら
「クラウドなんか使って大丈夫なのか?」――。経営層が、パブリッククラウドへの移行を検討する情報システム部門にこんな疑問を投げかけてきたら、どう答えればいいのでしょうか。(2016/7/13)

J-SUMMITS 連載コラム「電気羊はユーザーメードがお好き!?」
電子カルテの3原則を、「機密性」「完全性」「見読性」「検索性」の4原則に変えよう
医療情報の電子保存の3原則としては「見読性」「真正性」「保存性」が長らく意識されてきた。だが情報セキュリティやe-文書法の要件と比べると重要な視点が欠けているのではないか、と筆者は説く。(2016/6/15)

クラウド会計サービスが電子帳簿保存法に対応
経理部の紙のやりとりがなくなる? 中小企業向けスキャナー保存制度のはじめかた
中堅・中小企業向けクラウド会計サービス各社は、スキャナー保存制度に対応した機能を組み込んだアップデートを提供している。スキャナー保存制度を開始するための行政手続をベンダーが支援するケースもある。(2016/2/9)

既存ERPとの連係がやはり鍵に
真のペーパーレスを実現、e-文書法のスキャナー保存にどう対応するか?
規制緩和によって全ての契約書や領収書のスキャナー保存が可能になった。これまで紙に悩まされてきた経理現場のペーパーレス化が一気に進みそうだ。スムーズに運用するためのベストプラクティスを紹介しよう。(2016/1/27)

NEWS
コンカーが中堅・中小企業向けの出張・経費精算クラウドサービスを発売
大企業向けの経費・交通費管理のクラウドサービスで多くの実績を持つコンカーが、中堅・中小企業向けのサービスを開始した。基本機能は大企業向けと同じで、導入費用は無償だ。(2015/11/20)

SOHO/中小企業に効く「ドキュメントスキャナ」の選び方(第3回):
即戦力の「ドキュメントスキャナ」を利用シーンごとに選んでみた(A4据え置きモデル編)
紙の書類を効率よくデジタルデータ化するのに欠かせない「ドキュメントスキャナ」。その選び方を紹介する本連載の第3回目は、A4据え置きタイプのおすすめモデルを紹介する。(2015/11/10)

PR:金融や小売の現場で導入が進む「電子サイン」 が紙文書完全電子化へのカギを握る
企業業務のIT化の一環として進められてきた紙文書の電子化だが、現実に目を転じると紙文書は今でもいたるところで利用されて、あまり進んでないのが実情だ。その最たる理由が、契約書などに署名する際にはこれまでに人々が慣れ親しんできた紙が最も好まれたからだ。ただし、「電子サイン」の登場がこの状況を大きく変えることになる。(2015/10/14)

職場で役立つデジタル化レシピ:
紙の書類を瞬時にデータ化 Android用スキャナアプリを試す(TurboScan編)
紙の書類をデジタルデータに変換する方法としてもっとも手軽なのは、スマホのカメラ機能を使っての撮影だ。こうしたスマホ向けのスキャナアプリのうち、今回はAndroid用アプリ「TurboScan」を紹介する。(2015/10/7)

職場で役立つデジタル化レシピ:
PCレスでNASからNASへデータを引っ越し “Rsync機能”を試す
新しく手に入れたNASに旧来のNASのデータを移行する際、Rsync機能を使えば、PCに負荷をかけることなく大容量のデータを移行できる。メーカーが異なるNAS間で利用できるのも利点だ。(2015/9/16)

職場で役立つデジタル化レシピ:
紙の書類を瞬時にデータ化 Android用スキャナアプリを試す(Fast Scanner編)
紙の書類をデジタルデータ化するのにもっとも手軽なのは、スマホのカメラで撮影する方法だ。こうしたスマホ向けのスキャナアプリのうち、今回はAndroid用アプリ「Fast Scanner」を紹介する。(2015/9/9)

職場で役立つデジタル化レシピ:
紙の書類を瞬時にデータ化 iPhone用スキャナアプリを試す(Scanbot Pro編)
紙の書類をデジタルデータ化するのにもっとも手軽なのは、スマホのカメラで撮影する方法だ。こうしたスマホ向けのスキャナアプリのうち、今回はiPhone用アプリ「Scanbot Pro」を紹介する。(2015/9/2)

職場で役立つデジタル化レシピ:
スキャナ不要 カメラを使って紙資料からテキスト抽出するには
紙の書類をデータ化してテキストデータを抽出したいが、手元にスキャナはなく、スマホアプリだと精度がイマイチ――。そんな時に試してみたいのが、デジカメと「Adobe Acrobat DC」を使う方法だ。(2015/8/26)

職場で役立つデジタル化レシピ:
紙の書類を瞬時にデータ化 Android用スキャナアプリを試す(Quick PDF Scanner編)
紙の書類をデジタルデータ化するのにもっとも手軽なのは、スマホのカメラで撮影する方法だ。こうしたスマホ向けのスキャナアプリのうち、今回はAndroid用アプリ「Quick PDF Scanner」を紹介する。(2015/8/19)

職場で役立つデジタル化レシピ:
紙の書類を瞬時にデータ化 iPhone用スキャンアプリを試す(SharpScan Pro+OCR編)
紙の書類をデジタルデータ化するのにもっとも手軽なのは、スマホのカメラで撮影する方法だ。こうしたスマホ向けのスキャナアプリのうち、今回はiPhone用アプリ「SharpScan Pro + OCR」を紹介する。(2015/8/12)

職場で役立つデジタル化レシピ:
わずか1時間でテラバイト級データを引っ越し NASの“ドライブ差し替え移行”を試す
NASの買い替えでもっとも労力がかかるのはデータの移行だ。その点、ドライブの差し替えによる移行をサポートしている製品は、データのコピーなどを行う必要もなく、環境設定も含めて新しいNASへとすばやく移行できる。SynologyのNASを例に、ドライブの差し替えによる移行を試した。(2015/8/5)

職場で役立つデジタル化レシピ:
書類を手軽にデータ化できるAndroid用スキャナアプリを試す(PDF Scanner PRO編)
紙の書類をデジタルデータに変換する方法としてもっとも手軽なのは、スマホのカメラ機能を使っての撮影だ。今回はAndroid用アプリ「PDF Scanner PRO」を紹介する。(2015/7/29)

職場で役立つデジタル化レシピ:
紙の書類を瞬時にデータ化 iPhone用スキャンアプリを試す(Scanner Pro 6編)
紙の書類をデジタルデータに変換する方法として最も手軽なのは、スマホのカメラ機能を使った撮影だ。スマホ向けのスキャンアプリのうち、今回はiPhone用アプリ「Scanner Pro 6」を紹介する。(2015/7/22)

職場で役立つデジタル化レシピ:
スマホのカメラでPDF化 スキャナアプリのトレンド機能6選
紙の書類をデジタルデータに変換する方法としてもっとも身近なのは、スマホのカメラ機能を使っての撮影だ。今回は、スマホ向けのスキャナアプリに搭載されている機能のうち、現在トレンドとなっている機能をまとめて紹介する。(2015/7/15)

今の業務システム、そのまま“e文書法対応”に PFUがソリューション提供へ
大幅なコスト削減効果が期待できるe文書法対応を支援。タイムスタンプ対応やスキャンデータのファイリング、既存システムとの連携など、e文書法に対応するために必要な機能をパッケージで提供する。(2015/7/9)

職場で役立つデジタル化レシピ:
A3、B4の大判書類、スキャナを使ってデータ化するには
A3、B4など、大判サイズの書類がスキャンできずに困ったことはないだろうか。今回は、大判書類を効率よくスキャンする方法をまとめた。スマホアプリを使った方法もある。(2015/7/8)

職場で役立つデジタル化レシピ:
“e文書法仕様”のスキャン、ボタン1つで ScanSnapの「e文書モード」を試す
「e文書法」は2015年9月末の改正で、3万円以上の帳票についても電子化が認められるようになる。このe文書法に対応した読み取りが手軽に行える、PFUのドキュメントスキャナ「ScanSnap」シリーズに新たに追加された「e文書モード」を試してみよう。(2015/7/1)

職場で役立つデジタル化レシピ:
Adobe Acrobat ReaderでPDFが変換できる「Adobe PDF Pack」を使ってみた
PDFビューア「Adobe Acrobat Reader DC」に、サブスクリプション「Adobe PDF Pack」を追加すれば、OfficeファイルをPDFに変換したり、PDFをWord/Excelに書き戻せるようになる。具体的な使い方を紹介しよう。(2015/6/24)

“領収書の手貼り”をやめれば「年6000億円のコスト削減」 改正e文書法のインパクト
領収書を“のりで貼って提出する”手間や、原本保管のコストがなくなれば、日本全体で6000億円のコスト削減になる――。こう話すのはコンカー取締役の三村真宗氏。e文書法のさらなる改正で、それが実現する日も遠くないようだ。(2015/6/22)

職場で役立つデジタル化レシピ:
機器の買い換えや設定変更なしに、今より高速スキャンするためのワザ5選
大量の紙資料をスキャンする場合、機器の占有時間はなるべく減らしたいもの。読取設定を変更するなどスキャン品質を下げることなく、また機材も買い替えないという条件のもと、なるべく高速にスキャンを行うためのワザを集めてみた。(2015/6/17)

ウイングアーク1st株式会社主催 帳票ソリューションセミナー
新しい法制度で加速する帳票電子化の大きな波 〜マイナンバー制度やe-文書法の規制緩和で変わる帳票運用
【東京:7/17(金)】【福岡:7/24(金)】【名古屋:7/29(水)】【大阪:7/31(金)】(2015/6/16)

職場で役立つデジタル化レシピ:
ここが変わった、最新Adobe Reader「Adobe Acrobat Reader DC」(機能編)
PDFビューア「Adobe Reader」の最新バージョンとなる「Adobe Acrobat Reader DC」は、従来バージョンとどこが変わったのか。今回は機能面の違いに迫る。(2015/6/10)

PFU、スキャナに“e-文書法最適化”モード 面倒な設定が不要に
20機種に、面倒な設定の手間なくe-文書法に最適化したスキャンを行える仕組みを実装する。(2015/6/8)

職場で役立つデジタル化レシピ:
どこが変わった? 最新Adobe Reader「Adobe Acrobat Reader DC」(インタフェース編)
PDFビューア「Adobe Reader」の最新バージョンとなる「Adobe Acrobat Reader DC」は従来バージョンとどこが変わったのか。今回はインタフェースの違いを探る。(2015/6/3)

職場で役立つデジタル化レシピ:
不慮の事故でも安心 NASのデータを守る外部バックアップの種類と特徴
電源部などの故障で複数ドライブがまとめて損傷を受けた場合、災害で本体ごと破損・喪失してしまった場合などは、RAIDでデータを復旧させることはできない。こうした場合に有効な、外部ドライブへのバックアップ方法をまとめた。(2015/5/20)

職場で役立つデジタル化レシピ:
5分で分かる、NASの耐障害性を高める「RAID」の種類とその特徴
複数台のハードディスクを組み合わせることで、万一のディスクの障害の際にもデータを復元できるようにする「RAID」。RAIDの基本的な特徴に加え、各RAIDのメリットとデメリット、および実際にドライブを構成した場合に使用できる容量をまとめた。(2015/5/13)

職場で役立つデジタル化レシピ:
注釈を表示した状態でPDFの書類を印刷するには
注釈が入ったPDFをプリントする際、初期設定のままだと印刷時にはすべて閉じた状態になってしまう。今回、紹介する2種類の注釈入り書類のプリント方法は、用途に合わせて使い分けると便利だ。(2015/4/22)

職場で役立つデジタル化レシピ:
最適なスキャン方法、書類のタイプで選んでみると
書類をデータ化するための機器にはさまざまなものがあり、スキャナも多種多様なものがラインアップされている。今回は書類のタイプごとに、どんなスキャナが適しているかを見ていこう。(2015/4/15)

職場で役立つデジタル化レシピ:
機器ごとに特徴もさまざま 書類をPDFに変換できるデバイスまとめ
「紙の書類をPDFデータに変換する」とひとくちに言っても、実際にはさまざな方法が存在している。今回は、書類をPDFデータに変換するスキャナなどのデバイスについて、それぞれの特徴をまとめてみた。(2015/4/9)

職場で役立つデジタル化レシピ:
スキャンの大敵、裏写りを目立たなくするテクニック3選
スキャンの大敵とも言えるのが、両面印刷などの裏写り。今回はスキャンの前工程および後工程で、なるべく裏写りを発生させない、および裏写りが発生した場合に目立たなくするためのテクニックを紹介する。(2015/4/1)

職場で役立つデジタル化レシピ:
“Adobe Readerなし”でできる、PDFへのテキスト記入方法
Webサービス「PDFescape」を使えば、既存のPDFにテキストを追加記入できる。Adobe ReaderがインストールされていないPCでもWebブラウザさえあれば利用でき、また図も貼り付けられるなど多機能だ。(2015/3/26)

職場で役立つデジタル化レシピ:
Adobe Readerの操作をスピーディに――覚えておきたいショートカット5選
キーボードを使ってAdobe Readerをより素早く操作するための、選りすぐりのショートカットを5つ紹介する。(2015/3/18)

職場で役立つデジタル化レシピ:
目的に応じて使い分ける、WebページをPDFで保存する2つの方法
WebページをPDF化して保存したい場合、大きく分けて2つの方法がある。テキストや画像を選択できる状態で保存する方法と、ページ全体を1枚の画像として保存する方法だ。目的に応じてどちらも利用できるようにしておくと便利だ。(2015/3/11)

職場で役立つデジタル化レシピ:
PDFから“手間をかけずに”ロゴや図表を抜き出すには
このPDFの図版、プレゼン資料に使いたい――。そんなとき、手間をかけずに抜き出せる機能がAdobe Readerに用意されている。(2015/3/4)

職場で役立つデジタル化レシピ:
Adobe Readerだけでできる、PDFへのテキスト記入方法
既存のPDFに対するテキストの記入は、Adobe Acrobatなどの編集ソフトがなくても、Adobe Readerさえあれば問題なく行える。申込書などをわざわざ印刷してから記入せずとも画面上で入力することが可能だ。(2015/2/27)

職場で役立つデジタル化レシピ:
買い替えで退役になったNASの「現実的な使い道」3選
大容量モデルへの買い替えなどで“お役御免”になったNASはどのように活かすべきか。現実的な3つの使い道を考えてみよう。(2015/2/20)

職場で役立つデジタル化レシピ:
PDFを前回の続きから自動で開く方法
作業中にいったんPDFを閉じなくてはいけなくなった場合、環境設定の「文書を再び開くときに前回のビュー設定を復元」という項目にチェックを入れておけば、次回開いた時も同じページを自動的に開いてくれるので便利だ。(2015/2/13)

職場で役立つデジタル化レシピ:
AcrobatがインストールされていないPCでPDFを出力する裏ワザ
Adobe AcrobatなどのPDF作成ソフトを用いず、手持ちのファイルをPDFに変換する裏ワザを紹介。対応フォーマットは一部に限られるが、急場しのぎには重宝するはずだ。(2015/2/6)

投資の優先順位が高いのに、実際には手が付けられない理由:
日本の風土にマッチしたECMとは?
ITRの「IT投資動向調査2014」によると、「全社的なコンテンツ管理インフラの整備」「情報・ナレッジの共有/再利用環境の整備」といった、ECMに関連するトピックに高い関心を示す企業は多い。にもかかわらず実際の投資にまで至らないのはなぜだろうか。(2014/3/27)

「後出し」でコントロール可能なIRMでECMを補完:
PR:情報を「活」かしながら「守」る
事業のグローバル化が進む中、海外の拠点や企業との間で、自社の競争力に直結するような重要なデータをやりとりするシーンが増えている。ECMによって、よりスピーディかつ効率的にデータを共有しながら、保護すべき情報を確実に漏洩から守るためには、どんな仕組みが必要だろうか? その有力な解が「IRM」だ。(2014/3/24)

「とりあえずファイルサーバに放り込む」で安心していませんか?:
PR:ライフサイクルを見据えたこれからの文書管理とは
「ペーパーレス」というと「ああ、そういえば昔そんな言葉が流行ったよね」と感じる人がいるかもしれない。しかしこれは決して過去の流行語ではない。むしろ、グローバル展開を見据えて、今着実に進みつつある取り組みなのだ。「とりあえずデータをファイルサーバに放り込む」式のコンテンツ管理から脱却して、訴訟リスクへの対応やライフサイクル管理も見据えた文書管理とはどうあるべきだろうか(2014/2/12)

ペーパーレスから統合管理へ:
5分で分かる「ECM」
企業がコンテンツを管理するための取り組み全般を指す「ECM(Enterprise Content Management)」の存在価値が、ここに来て再びクローズアップされつつあります。あらためてその役割と効果について整理してみましょう。(2014/2/5)

暗号化とトークナイゼーション:
データを置くなら知っておきたい、クラウドセキュリティの基本
SaaSをはじめ、クラウドコンピューティングの利用が拡大する中、企業は難しい課題に直面しています。自社でコントロールできない「クラウド」上にあるデータを、いかに保護するかという問題です。その解答の1つを紹介します。(2013/4/18)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。